無料で使える!従業員数別おすすめの勤怠管理システム3選 それぞれのメリット・デメリットを紹介

勤務時間や有給休暇取得状況の管理などを効率化させるために、勤怠管理システムを利用するのがおすすめです。

「勤怠管理システムを導入したいけれどなるべくコストを抑えたい」

「従業員数が少ないので手軽に導入できる勤怠管理システムを導入したい」

「無料でも機能が揃った勤怠管理システムを利用したい」

という方に向け、無料で使える勤怠管理システム3選をご紹介します。

編集

「勤怠管理自体」について更に詳しく知りたい方は下記の記事を読んでみてください!
勤怠管理とは?何をどのように管理するのか?ポイントや注意点は? 勤怠管理とは?何をどのように管理するのか?ポイントや注意点は?

1〜10人の企業におすすめ「ジョブカン勤怠」

画像参照元;https://jobcan.ne.jp/

クラウド型勤怠管理システムの中でも人気のジョブカンは、機能や利用人数に制限がありますが、無料でも十分な機能が揃っています。

機能 (出勤管理、シフト管理、休暇・申請管理、労務アラート)
打刻方法 スマホアプリ(Slack、LINE)、WEBブラウザ
連携方法 csvデータ、PDF、Excel形式でデータダウンロード可能
料金

無料プランあり

1人あたり200円/月〜

30日間の無料トライアルあり

メリット
  • 多くの企業が利用しているので安心
  • 勤怠管理だけでなく、シフト管理、申請管理ができる
  • 労務アラート機能がついていて、残業時間の超過を防ぐことができる
  • データを入出力が簡単で他システムと連携しやすい
デメリット
  • 無料プランで利用できるのは10人まで
  • 無料プランだとデータの保存期間が30日間のみ
  • チャットでのサポートが利用できない
  • 申請一覧データをダウンロードできない。
参考 No.1勤怠管理・シフト管理システム「ジョブカン」ジョブカン公式ホームページ

1〜30人の企業におすすめ「スマレジ」

画像参照元;https://timecard.smaregi.jp/

スタンダードプランは30人まで無料で打刻・勤務時間管理ができます。

給与計算はエクセルで行い、勤怠管理機能だけを利用したい企業様におすすめです。

給与計算やシフト作成機能のついた有料プランもあり、60日間は有料プランの機能もお試しできます。

機能 スタンダード;勤怠管理
プレミアム;+シフト管理、休暇管理、給与計算
エンタープライズ;+労務アラート、年末調整、日報管理など
打刻方法 スマホアプリ、WEBブラウザ
料金 スタンダード;無料
プレミアム;2,000円/月(10人まで 10人〜:+300円/人)
エンタープライズ; 6,000円(10人まで 10人〜:+600円/人)
60日間のトライアルあり
メリット
  • パスコード、顔写真撮影、GPS記録で不正打刻を防ぐことができる
  • 休憩時間にも打刻でき、自動で実動時間を管理できる
  • 出勤時間の切り上げ、切り捨てを細かく設定できる
  • 交通費やその他手当を設定できる
  • 従業員グループ(雇用形態・部署など)で検索できる
  • 役職に応じて操作の権限を設定できる
  • チャットでサポートしてもらえる
  • データの保存期間に制限がない
デメリット
  • 無料プランで利用できるのは30人まで
  • 無料プランだと勤務実績データをCSVでダウンロードできないため、給与計算の際に手入力が必要
  • 無料プランだとシフト管理や休暇管理や明細の発行ができない
参考 スマレジ・タイムカードスマレジ公式ホームページ

 

〜1000人の企業におすすめ「IEYASU」

画像参照元:https://www.ieyasu.co/

iEYASUは、無料でも勤怠管理だけでなく明細等の作成もでき、十分な機能が揃っています。

また、csvで勤怠管理データをダウンロードできるため、エクセルや他システムとの連携が簡単です。

機能 打刻機能、予実管理、勤怠管理レポート、シフト管理、休暇管理、日報管理、給与明細・賞与明細・源泉徴収票の作成
打刻方法 スマホアプリ、WEBブラウザ(Slack、LINE)
料金

完全無料

有料プランあり(月額3,800円〜)

メリット
  • 打刻履歴や勤務実績をレポートやグラフで可視化できる
  • 残業や休日出勤の申請、承認ができる
  • 勤怠データ、集計データをcsvでダウンロードできる
  • 出勤時間の切り上げ、切り捨てを細かく設定できる
  • API連携ができ、他社の給与計算ソフトとの連携が可能
  • 人数に制限なく無料で利用できる
  • バナー広告あり
  • 無料プランだとデータの保存期間が1年
参考 無料のクラウド勤怠管理システム「IEYASU」IEYASU公式ホームページ

まとめ

興味を持った勤怠管理システムは見つかりましたか?

無料でも打刻機能を利用でき、勤怠管理、給与計算業務を効率化することができます。

無料なので使ってみて損はないのでぜひ登録して利用してみてください。