出社、退社、出勤、退勤とは?「出社と出勤」「退社と退勤」の違いは?

出社と出勤、退社と退勤は意味が似ているため、違いを知らずに使っている人も多いのではないでしょうか?

実は、少し意味が違い、勤怠管理給与計算業務に支障をきたすことがあるので、注意して使い分ける必要があります。この記事では、

「出社と出勤」「退社と退勤」の違い、正しく使い分ける重要性について解説します。

しろくま先生

どういう場面で使うか例をもとに解説するので最後まで読んでもらえれば用語の理解を深められますよ!

出社と出勤の違い

出社と出勤の違い

出社は”会社に出てくること”、出勤は”仕事を始めること”を表します。

つまり、出社時刻は会社についた時間のことで、出勤時刻は仕事についた時間となります。

例えば、朝8時に会社に着き、9時に仕事を始める場合は、「8時出社」「9時出勤」となります。

では、以下の場合はどうでしょうか?

「営業先・取引先に直行する場合」

「在宅勤務の場合」

営業の社員などの、会社に行かずに直接営業先に向かう「直行」や在宅勤務は、「出社」はしていませんが、「出勤」していることになります。

退社と退勤の違い

退社と退勤の違い

退社は”会社を出ること”、退勤は”仕事を終えること”を表します。

「退社・退勤」も「出社・出勤」と同様で、退社時刻は会社についた時間のことで、退勤時刻は仕事についた時間となります。

会社を16時に出て、17時に営業先から直接自宅に帰る場合は、16時退社・17時退勤となります。

また、在宅勤務の場合は、出社していないので退社はありませんが、退勤していることになります。

正しく使い分けないとどうなる?

「出社」と「出勤」、「退社」と「退勤」を正しく使い分けないと勤怠管理や給与の算出に影響が出たり、相手との間で行き違いが生じたりしてしまいます。

特に在宅勤務が増えているため、「出社する」と「出勤する」の認識の違いによるトラブルが発生しやすくなるので注意が必要です。

用語の認識に齟齬が出てしまうと、勤怠管理や給与計算などに影響することがあるので労務担当者は特に注意が必要です。

まとめ

POINT
  • 出社:会社に出ること
  • 出勤:仕事を始めること
  • 退社:会社を出ること
  • 退勤:仕事を終えること

「出社と出勤」「退社と退勤」は、非常に似ている言葉であり、間違って使ってしまいがちですが、それぞれ意味が違います。

退勤管理業務などでは、これらの微妙な意味の違いから給与計算などのミスに繋がることがあるので、誤解がないように注意して正しく使い分けましょう。