【3月15日発売開始】元CCC人事部長の西尾太(フォー・ノーツ代表 ) 新著『超ジョブ型人事革命』発売

総合人事コンサルティングのフォー・ノーツ株式会社(所在地:東京都港区)代表取締役社長 西尾 太の最新著書「超ジョブ型人事革命 自分のジョブディスクリプションを自分で書けない社員はいらない」が、3月15日株式会社 日経BPより発売されました。

「ジョブ型雇用」「DX」「テレワーク」「AI・RPA」「SDGs」「副業」「正社員の独立事業主化」「黒字リストラ」…。
現在、企業のHR(Human Resource Management=人的資源管理)を取り巻く環境には、急激な変化が押し寄せ、「第4次人事革命」とも言える大きな変革を迫られています。今後HRの重要性は益々高まり、HRにおいて適切な施策をできるかどうかが、企業の成長力や業績を左右するといっても過言ではありません。しかしながら、それぞれの企業によって最適解が異なるHRだからこそ、いきなりジョブ型などの制度を導入するといった方法ではなく、まずはHRの「考え方」を丁寧に整理することから始めることが重要です。
本書では、HRの領域で30年以上キャリアを重ね、人事コンサルタントとして400社以上の人事制度や教育研修に携わってきた著者が、「HRに今何が求められているのか」、それに対して「どう考えるべきか」、そして「何をしなければならないのか」について考察し提言します。

【目次】

はじめに 
第1章「第4次人事革命」がはじまっている
第2章対応すべき課題
第3章超ジョブ型プロフェッショナルの育成と受け入れ
第4章ビジネスモデル革新とHR戦略
第5章人事部トランスフォーメーション
第6章「やり方」ではなく「考え方」から始める
付録セルフジョブディスクリプションの記入フォーマット
  • 【著者プロフィール】フォー・ノーツ株式会社 代表取締役社長 西尾 太(にしお ふとし)

人事コンサルタント。「人事の学校」主宰。
いすゞ自動車労務部門、リクルート人材総合サービス部門を経て、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)にて人事部長、クリエーター・エージェンシー業務を行う クリーク・アンド・リバー社にて人事・総務部長を歴任。これまで1万人超の採用・昇格面接、管理職研修、階層別研修、人事担当者教育を行う。パーソナリティとキャリア形成を可視化する適性検査「B-CAV test」を開発し、統計学に基づいた科学的なフィードバック体制を確立する。中でも「年収の多寡は影響力に比例する」という持論は好評を博している。著書に「人事の超プロが明かす評価基準」(三笠書房)、「人事の超プロが本音で明かすアフターコロナの年収基準」(アルファポリス)などがある。1965年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。

  • DX対応、副業などHRの課題を解決 ビジネスモデル革新を支える人材を取り込む

「第4次人事革命」においては、コロナ禍となりにわかに導入が広がるジョブ型やテレワークなども含め、対応しなければならない様々な課題があります。ですが、そういった課題に対する施策は、それぞれ単独で考えるのではなく、HRのすべての領域との関連性を想定しながら展開していかなければなりません。
本書では、HR領域全体への影響についても考慮しながら、今HRが求められている課題について考察し、取るべき解決策を提示します。

●「第4次人事革命」の今、HRが求められる課題と解決策とは
「第4次人事革命」ともいえる大きな変革を迎えた今、企業のHRは、なにを求められているのか。各課題をどう考えるべきか、また、何をしなければならないのか。
本書では、①ジョブ型②テレワーク③契約形態の多様化④DX対応⑤黒字リストラ⑥副業⑦3年でやめる社員⑧労務リスク⑨管理職教育⑩脱・東京⑪SDGs⑫ワークライフバランス⑬上昇志向の低下⑭従業員シェアの14の課題について、HRは今「何を求められているのか」「どう考えるべきか」について詳細に考察し、「何をしなければならないのか」を具体的に提示します。

●「超ジョブ型プロフェッショナル」の育成と受け入れ
HRの究極的な目標は、社内に「どこでも通用する人材」を 作り、「あの会社に入れば、どこでも通用する人材になれる」と、優秀な人材が集まるようにすることです。
与えられたジョブをこなすだけの人材ではなく、ミッションと目標をしっかり認識し、自分のジョブを自分で定め、自ら成長していく、いわば「どこでも働ける人材」のことを、本書では「超ジョブ型プロフェッショナル」と呼びます。
そのような人材を作るには、HRはどうすればよいのか、また、そのような人材が自社に留まるような、働きやすい環境を整えるにはどうすればよいのか、著者の豊富な経験と知見に基づき、具体的に提示します。

●「人事部トランスフォーメーション」人事部は今どうあるべきか
HRの重要性が増し、HRの優劣が企業の将来を決めるようになった今、人事部はどうあるべきか。
本書では、人事担当者に必要な能力、人事部に必要な役割を改めて見つめなおし、いかにHR部門を構築していくかを、その「やり方」だけではなく、その基となる「考え方」から解説し、全ての企業で活用できる最適解を導きます。

  • 書籍概要

タイトル:「超ジョブ型人事革命 自分のジョブディスクリプションを自分で書けない社員はいらない」
著  者:西尾 太
定  価:本体1,980円(税込)
発  行:日経BP
ページ数:288ページ
発 売 日:2021年3月15日
I S B N :978-4-296‐00014-2
購入サイト:https://www.amazon.co.jp/dp/4296000144

  • 会社概要

フォー・ノーツは、人事制度・人材教育・人事管理・採用など各施策の関連性を考慮し、トータルに機能する人事施策を実施。人事部門の実務経験があるからこそ実現できる「トータル人事システム」を提案します。
[社 名]フォー・ノーツ株式会社
[代表者]代表取締役社長 西尾 太(にしお ふとし)
[創 立]2008年4月
[所在地]〒107-0052 東京都港区赤坂8-5-40 ペガサス青山310
[TEL]03-6447-1321(代表)
[URL]https://www.fournotes.co.jp/
[事業内容]
●人事コンストラクションサービス
・人事コンサルティング
・人事制度設計・運用支援教育研修企画・開発・実施
●人事担当者育成・交流事業
・人事の学校
・キャリア形成支援

  • フォー・ノーツ 代表取締役社長 西尾太の主な著書
<本リリースに関するお問い合わせ先>
フォー・ノーツ 広報事務局 PR会社アネティ 担当:真壁・仲村
Tel: 03-6421-7397  e-mail: makabe@anety.biz

プレスリリース元