【例文付き】職種別の人事評価・自己評価の3つのポイント・コメントの書き方

この記事では、人事評価・自己評価のコメントの書き方にお悩みの方に向けて、

職種別の「大事な3つの評価項目」「評価コメント・自己評価の例文」について解説します。

人事評価・自己評価のポイントは、職種ごとに違うんですよ!

なぜなら、「営業職は売り上げを上げる」、「事務職は社員をサポートする」、というように、職種ごとに役割や求められる能力・行動が違うからです。

なので、職種の特徴に合わせた評価のポイントを理解し、フィードバックや目標設定に取り入れることで、より成果につなげることができますよ。

しろくま先生

評価項目や基準は各社異なりますが、職種ごとに共通する評価の3つポイントと、具体的にどんなコメントを書けばいいか例文を紹介していくので、最後まで読むと、為になるフィードバックができるようになりますよ

営業職・販売職の人事評価・自己評価

しろくま先生

営業職・販売職の仕事の特徴を踏まえると、人事評価・自己評価では、以下の3つのポイントがあるよ!

  1. 成果・定量目標達成度
  2. 信頼構築
  3. チームワーク

営業職の評価では、成果目標の達成度、結果に対してどういう取り組みを行っていたか、チームにどういう影響を与えたかをチェックしましょう。

なぜなら、営業職・販売職では、売り上げを上げることが求められているからです。

営業職・販売職では、顧客との接点の量や質、チームワークによって成果目標を達成できるかが変わってきます。

なので、営業職・販売職の評価では、数値目標の達成度や、成果を上げるために具体的にどのような行動をとっていたかに着目しましょう。

評価をワークさせるツールに関心のある方へ
業務の可視化、目標進捗管理にぴったり!
管理者が選ぶ目標管理ツールGoalous 導入を検討してみては?
まずは無料オンラインセミナー参加することをおすすめします!

チェックポイント

  • 売り上げ・前年比
  • アポイント・訪問・資料請求の件数
  • クレーム・解約件数
  • 成約率・リピート率
  • 顧客単価
  • 顧客のニーズ分析
  • 顧客とのコミュニケーション
  • チームでの情報共有

しろくま先生

以上のポイントを押さえて、評価コメント・改善コメントの例文を見てみよう!

評価コメントの例文

評価コメントの例文
  • 個人の営業目標を110%達成できていた。既存顧客のニーズを分析し、積極的に提案を行う姿勢が結果に繋がっていた。
  • 商品についての知識を積極的に学んでいる姿勢がいい。商品の魅力を顧客に丁寧に説明することで、商品の購入に繋がっていた。また、商品を比較した資料をチームに共有していたので、他の社員も商品の良さを伝えるようになった。

改善コメントの例文

改善コメントの例文
  • 新規顧客の獲得は順調だが、解約率が高くなってきている。既存顧客とのコミュニケーションをとり、新たな課題が発生していないか確認することを仕組み化しましょう。

しろくま先生

次は、自己評価・目標の例文を見てみよう!

自己評価の例文

自己評価の例文
  • 今期は、チーム全体の営業利益の前年比120%を達成した。これは、毎朝のミーティング前に獲得した情報をチャットに記入することを仕組み化したからである。チームの連携を強化することができ、新規訪問数を20%上げることができた。また、個人としても顧客や商品について理解を深めることで、成約率を10%上げることができた。
  • おすすめ商品の提案を積極的に行い、「提案した商品を週に5つ以上購入してもらう」という目標を80%の割合で達成できていた。その結果、店舗全体の売り上げ目標110%を達成することができた。

目標の例文

目標の例文
  • 顧客のニーズを聞き出し、最適なものを提案することで顧客との信頼関係を築き、成約率・リピート率を5%ずつ上げることを目標としたい。

接客業・サービス業の人事評価・自己評価

しろくま先生

接客業・サービス業の仕事の特徴を踏まえると、自己評価では、以下の3つのポイントがあるよ!

  1. 接客態度
  2. 柔軟・迅速な対応
  3. チームワーク

接客業・サービス業の評価では、顧客にとって気持ちのいい接客ができているか、イレギュラーな事態にも対応できるか、チームにどのように貢献しているかをチェックしましょう。

なぜなら、接客業・サービス業では、売り上げといった成果よりも、目の前のお客様に尽くし、顧客満足度を上げることが求められるからです。

接客業・サービス業では、スタッフ全員が明るく、丁寧な対応ができるかどうかで、お客様に満足してもらえるか、「また来たい」と思ってもらえるかが決まります。

なので、接客業・サービス業の評価では、お客様の前での行動や、チームで協力することができているか顧客満足度や顧客、従業員からの意見を元に評価しましょう。

チェックポイント

  • 笑顔で挨拶ができているか
  • お客様の話を最後まで聞けているか
  • ハキハキと話せているか
  • 声の大きさ・トーンが適切か
  • テキパキと行動できているか
  • お客様の要望を把握することができるか
  • イレギュラーな場面で、柔軟に判断ができ、迅速な対応ができているか
  • 困っている周りのメンバーに気づき、助けることができるか
  • メンバーとコミュニケーションをとり、連携によって業務を効率化できているか

しろくま先生

以上のポイントを押さえて、評価コメント・改善コメントの例文を見てみよう!

評価コメントの例文

評価コメントの例文
  • お客様に頼まれた商品が見つからず、困っているメンバーに声をかけてサポートしていた。また、新入社員に対しても丁寧に説明・フィードバックを積極的に行っていた。その結果、店舗の顧客満足度を70%から75%に上げることに繋がった。
  • 笑顔でお客様とのコミュニケーションを積極に取り、お客様の笑顔を引き出す接客ができていた。また、お客様が困っていることに気づき、お声かけを積極的に行っていた。イレギュラーなご要望にも柔軟に対応しており、お客様から感謝の電話をいただいた。

改善コメントの例文

改善コメントの例文
  • お客様からのクレームへの対応時に、すぐに上司に相談することで早めに対処することができた。次は、失敗を恐れず、自分で考えて対処してみましょう。

しろくま先生

次は、自己評価・目標の例文を見てみよう!

自己評価の例文

自己評価の例文
  • 今期の目標としていた、「お客様に丁寧に確認することでミスをなくす」は、意識することで達成できていた。その結果、お客様にも「安心できる」「また対応をお願いしたい」と言ってもらうことができた。
  • 周囲にも気を配れるようになり、「ついでに出来ることがないか」「自分に手伝えることはないか」考えて行動できるようになった。メンバーからも感謝してもらえることが増えてきた。

目標の例文

目標の例文
  • お客様と笑顔で落ち着いて話せるようになってきた。お客様の要望を把握し、要望に合わせた提案を一日3回以上行うことを目標にしたい。

事務職の人事評価・自己評価

しろくま先生

事務職の仕事の特徴を踏まえると、評価では、以下の3つのポイントがあるよ!

  1. ミスがないか
  2. 業務効率化
  3. 丁寧な応対

事務職の評価では、ミスがないようチェックができているか、部署全体での単純業務を効率化ができているか、社内外の人に対して丁寧な応対ができているかをチェックしましょう。

なぜなら、事務職の仕事は数値化できる成果が少なく、単純業務を着実に、効率的にこなすことが求められるからです。

事務職では、書類の作成・整理、データ入力、電話・来客応対など、他の社員がスムーズに仕事が出来るようサポートします。

なので、事務職の評価では、日頃の行動に着目しましょう。

チェックポイント

  • データ・数値の入力にミスがないか
  • 誤字脱字のチェックをしっかりしているか
  • 物の管理ができており、紛失していないか
  • ミスを減らす工夫をしているか
  • 締め切りまでに業務を完了できているか
  • 業務の効率化を図り、作業時間を短縮しているか
  • 業務効率案をチームに共有し、部署全体での業務効率化を図っているか
  • 笑顔で挨拶・対応ができているか
  • 相槌を打って話を聞いているか
  • 丁寧な言葉遣いができているか
  • 認識に齟齬がないか確認できているか
  • 落ち着いて対応できているか

しろくま先生

以上のポイントを押さえて、評価コメント・改善コメントの例文を見てみよう!

評価コメントの例文

評価コメントの例文
  • 業務に集中して真面目に取り組んでおり、締め切りの3日前には作業を完了している。早めに業務を終わらせて、来客への対応マニュアルを作成し、作業の引き継ぎを効率化していた点が素晴らしい。
  • ミスしがちな項目を資料にまとめて部署全体に共有していた。その結果、細かいチェックをする習慣がついてきており、部署全体でもミスをすることが滅多になくなった。

改善コメントの例文

改善コメントの例文
  • 他部署への共有・確認漏れによってクレームやトラブルが発生していた。日頃からやるべきことを明確にする、他部署の代表とコミュニケーションを取ることによって改善しましょう。

しろくま先生

次は、自己評価・目標の例文を見てみよう!

自己評価の例文

自己評価の例文
  • 社員がファイルを探すのに時間がかかっていることに気づき、ファイルをカテゴリー分けして、ルールの周知徹底を促した。その結果、社員からファイルを見つけやすくなったと言ってもらえた。
  • 書類作成の際にダブルチェックのフォーマットを作成することによって、チーム全体でのミスをゼロにできた。

目標の例文

目標の例文
  • エクセルの時短ワザを習得することによって、月次で対応するデータ入力の作業時間を10%削減することを目標としたい。

技術職・エンジニアの人事評価・自己評価

しろくま先生

技術職・エンジニアの仕事の特徴を踏まえると、評価では、以下の3つのポイントがあるよ!

  1. 受注率・業務効率
  2. チームワーク
  3. スキルアップ

技術職・エンジニアの評価では、受注率や業務の効率化といった数値目標の達成度や、成果を上げるためのスキルアップやチームとの連携といった取り組みをチェックしましょう。

なぜなら、技術職・エンジニアは、専門的な技術を活用し、高品質な成果物をスピーディーに納品することが求められるからです。

せっかく案件を獲得したとしても、納期に間に合わなかったり、顧客の要望に沿わないものを納品してしまうと、顧客との信頼関係を築くことができません。結果として、受発注・リピート率が下がってしまいます。

なので、技術職・エンジニアの評価では、受注率、業務効率化目標の達成度、チームワーク、スキルアップを評価します。

チェックポイント

  • 業務効率を図り、納品期間を短縮できているか
  • 他部署・他職種との連携を図り、案件受注率・業務効率化に貢献しているか
  • メンバーへの指導を積極的に行い、能力アップを実現しているか
  • 顧客の業界、事業などについて積極的に学んでいるか
  • 専門スキルを磨いているか
  • セミナーへの参加、資格の取得に取り組んでいるか

しろくま先生

以上のポイントを押さえて、評価コメント・改善コメントの例文を見てみよう!

評価コメントの例文

評価コメントの例文
  • 顧客の業界・事業について積極的に学び、営業チームとの情報共有、顧客への提案を行ったことで、大型案件の獲得に繋がった。技術者の視点で顧客の課題をどう解決するか考えられていた。
  • 製品の設計手法の改善案を提出し、チーム全員に周知徹底することで業務の効率化を図っていた。その結果、業務時間が短縮され、トータル20%のコストカットを実現した。

改善コメントの例文

改善コメントの例文
  • チーム内では共有や確認ができているが、他部署とのコミュニケーション不足で、連絡の行き違いが発生していた。チャットでの伝え方を工夫したり、会話の機会を設けるようにして改善しましょう。

しろくま先生

次は、自己評価・目標の例文を見てみよう!

自己評価の例文

自己評価の例文
  • 不良品率の削減目標30%に対し、50%削減を達成した。これは、テスト工程でのチェック項目を細かく設定したことにより、あらかじめ欠陥を発見しやすくなったからである。原因を特定し、チーム全体に働きかけることができていた。
  • 月に一度定期的に顧客にヒアリングを行うことで、エラーに早めに気づき、トラブルの件数を月間5件から2件に減らすことができた。

目標の例文

目標の例文
  • 集中力を上げること、単純業務の自動化によって、業務時間を週に5時間削減する。そして、資格勉強の時間にあて、半年以内に〇〇の資格をとる。

まとめ

以上のように、人事評価・自己評価のポイントは、職種によって異なります。

それぞれの職種の役割や必要な能力・行動を振り返ることで、スキルアップに役立つフィードバックができ、成果につながります。

ポイントや例文を参考に評価・フィードバック・目標設定をしてみてください。