なぜ評価制度を導入するか?その意味・目的について

社員の働きを正当に評価し、昇給や昇進に繋げることは、社員のモチベーションを維持し、業績をあげる上でとても重要なことです。

評価すると言っても何を基準に評価をするかによっても社員の行動や社内文化も大きく変わります。

評価制度とは

評価制度とは、人事制度の1つで公平に人材育成、評価、処遇を与えるための人事に関わる様々なルール・仕組みのことです。どんな基準を設けるか、どんな行動を評価するかは役職・等級・職種によって異なります。

評価制度の役割

  1. 人材育成
  2. 処遇決定のための公平な基準
  3. 適材適所を実現する

評価制度には、「人材育成」と「処遇決定のための公平な基準」「適材適所を実現する」といった役割があります。

人事評価は面倒な作業と捉えられ後回しにされることも多いので、社員に人事評価制度を行う目的と重要性を理解させることが重要です。

人材育成

従業員を会社が求める人材に成長させるには、各部署・職種において何が求められていて、何を基準に評価するかを明確にすることが不可欠です。

どのような行動・成果をあげれば評価され、給料アップ・キャリアアップに繋がるのかを知ることで、社員に目標ができ、努力し成長しようとするモチベーションを高めることができます。

また、評価制度を利用し、より優秀な人材を育成させるためには、フィードバックと評価基準に基づいた教育を行うことも重要です。

評価基準と社員の働きのギャップを見つけ出し、フィードバックや教育を経て改善を繰り返すことで社員の成長へと繋がり、業績もアップします。

処遇決定のための公平な基準

評価制度は、等級制度や賃金制度と連動させることが多く、評価を元に等級や報酬が決まります。

共通のものさしで評価することで、公平かつ正当に給与額やポスト・ポジションを決定することができます。

公平・正当に評価し、処遇に反映させることは、社員の満足度や会社への信頼に繋がります。

自分よりも怠けている社員が高い報酬をもらっていたり、上の地位についていたりすると社員の不満やモチベーションの低下を引き起こしてしまいますよね。

ただし、評価基準が明確になっており、評価シートが用意されているだけでは評価者によって基準が変わり、公平に評価することができません。

評価者に訓練を行い、評価者の基準を一貫させることも重要です。

編集

等級制度について更に詳しく知りたい方は下記の記事を読んでみてください!
等級制度とは?意味・目的・種類について

適材適所を実現する

社員にも得意不得意があります。仕事に対する評価をつけることで、社員の適性を把握することができます。

そして、適した人材が適した役職・部署につくことで、人材の能力を最大限に活かし、業績を上げることができます。

また、自分の能力を最大限に活かせる場で活躍することができれば、社員のモチベーションや仕事へのやりがいにも繋がり、離職や転職を防ぐことができます。

評価制度の種類

評価制度には主に以下の3種類があります。

  1. 目標管理制度MBO
  2. コンピテンシー評価
  3. 360度評価

OKRの運用ツールをお探しなら。コミュニケーション型目標達成サービスGoalous

まとめ

評価制度について理解できましたか?

評価制度には、従業員の育成・公平な処遇を決定する・適材適所の実現といった重要な役割があります。

自社の経営方針にあった評価制度を設け、評価制度の重要性を社内に浸透させ、社員一丸となって評価制度を実施することで、会社の人材を最大限に活かし、会社の利益に繋げることができます。

これを機に、自社の評価制度についても検討してみてください。