マネジメント研修の内容とは|3つの種類と学ぶべき内容7点を徹底解説

この記事では、『マネジメント研修の内容って…?』と疑問を持っている方に向けて、

『マネジメント研修ではどんなことをするのか』『マネジメント研修は誰に対して行えば良いのか』などを解説していきます!

マネジメント研修について理解を深めることで、会社で実施するマネジメント研修の効果を向上させることができます。

この記事を最後まで読むと、マネジメント研修についての理解を深めることができるとともに、どういった会社にマネジメント研修を依頼すれば良いかを学ぶことかできますよ!

こんな人におすすめ!
  • どんな内容でマネジメント研修をすればいいか知りたい
  • どうすれば成果の上がるマネジメント研修が出来るか知りたい
  • マネジメント研修にどんな種類・依頼先の会社があるのか知りたい

マネジメント研修とは

マネジメント研修とは、経営者・経営幹部、管理職に対して行う、組織についてのマネジメントに対する能力を向上させる研修です。

新任研修として活用されることもあり、新任役員、新任管理職に対して役割を理解するために研修を行うことも多いです。

またマネジメントが指す範囲が広いため(経営とほぼ同義)、会計や法務、労務、戦略を基本的な考え方を学ぶという研修も存在します。

マネジメント研修内容

マネジメント研修は対象によって内容が変わり大きく3種類に分かれます。

マネジメント研修の種類
  • ❶経営者・役員(取締役、執行役員)研修
  • ❷管理職・マネージャー(部長・課長)研修
  • ❸マネジメント研修(❶、❷共通)

しろくま先生

まずは経営者・役員研修について説明していくよ!

マネジメント研修の種類1:役員(取締役、執行役員)向けマネジメント研修

しろくま先生

私も経営者・役員研修を受けたことがありますが、この役員としての責任とコンプライアンス・法律知識はかなりの時間を割いて説明がされました。法的な責任が生じる重要なポジションであることの認識をしてもらうことに意義があると感じました。

マネジメント研修の内容1:取締役・執行役員の責任とコンプラ・法律知識

役員は、自分たちが背負う責任や求められるコンプライアンス・法律知識について理解しておく必要があります。

なぜなら、役員(取締役)になれば善管注意義務を負うことになるからです。注意義務や任務を怠り、会社に損害をもたらしたときには、「善管注意義務」に背いたとして損害賠償を請求されることもあります。

具体的には、マネジメント研修において、その根拠となる法令について理解も必要です。また、他社における善管注意義務違反、判決の事例を知ることで同様の過ちを犯さないようにすることは重要です。

ですので、この責任とコンプラ・法律知識については、役員向けのマネジメント研修には必ず入っているべき内容かと思います。

しろくま先生

顧問弁護士さんに役員向けの役員の責任・コンプラ・法律研修を依頼するとかも良いかも知れませんね!場合によっては顧問料の範囲でお願いできるかも知れませんよ!

マネジメント研修の内容2:会計知識、人事労務知識

会計知識・人事労務知識についても、役員向けのマネジメント研修に重要なコンテンツの1つです。

なぜなら、経営者・役員においては、事業の数値を元にした意思決定や多くの人員をマネジメントする必要が出てくるからです。コーポレート管掌の役員でなくとも、会計知識、人事労務知識が必要となります。

具体的に言うと、会社・組織としての目標や成果を会計数値に基づき設定・分析する力(会計知識)は役員には必須の能力です。また、最新の労働基準法に則った人材マネジメントの知識やハラスメントや入社・退職トラブルなど実際に発生した人事労務問題への対処方法(人事労務知識)も必要です。

ですので、会計知識・人事労務知識についても役員向けマネジメント研修にあった方が良い内容かと思います。

マネジメント研修の内容3:経営戦略構築に関する知識

役員向けのマネジメント研修には経営戦略構築についても含まれることがあります。

なぜなら、役員は経営者の一人であり、経営目線での経営戦略構築が必要とされるからです。戦略構築が出来るようになると、マネジメントとしての意思決定能力の向上につながります。

ですので、経営戦略構築に関する知識は、役員のマネジメント力向上のためにマネジメント研修に入れても良い内容かと思います。

マネジメント研修の種類2:管理職(部長・課長)向けのマネジメント研修

マネジメント研修の内容4:管理職・マネージャーの役割についての理解

管理職・マネージャーは、上司としての役割と部下としての役割の2つの役割を理解する必要があります。

なぜなら、管理職は役員である上司と、メンバーである部下の間に挟まれている中間管理職として、上司と部下の2つの役割が存在するからです。

具体的なマネジメント研修の内容としては、

座学としての管理職に求められるマネジメントの概念について学ぶ座学

自分が部下ならどんな上司と働きたいか、自分が上司ならどんな部下と働きたいか、について考えるようなワークショップ

このあたりが良く実施される傾向にあります。

しろくま先生

ワークショップについては、自分の中にある理想の上司・部下について考える機会となるのでとても良い機会かも知れないですね!一般的な概念について学んだ後で、自分なりの理想の姿を考えてみるとより効果的です!

マネジメント研修の内容5:業務マネジメントの方法

管理職(部長・課長)になるということは、部や課といった組織についての業務進捗管理や数値進捗管理をする必要が出てきます。言い換えると、会社の中において、部や課について業務・数値について責任を負うということです。

そのため、管理職は業務マネジメント(業務進捗管理や数値進捗管理)をするためのテクニックや方法を知っておかなければ、求められている責任を果たすことが出来ません。

では、どのような内容のマネジメント研修が必要なのでしょうか。

  1. 業務マネジメントの流れを知ること
  2. 業務マネジメントに必要なフォーマットを知ること
  3. 業務マネジメントの流れを知ると言うのがどういうことか

具体的には、目標設定→業務割当→進捗管理→業務評価→業務改善といった一連の業務マネジメントのサイクルがあるので、それぞれの項目についてどういう考え方で取り組むべきなのかを学ぶことです。

業務マネジメントに必要なフォーマットを知ることはどういうことかというと、

実際の自組織業務を業務マネジメントのためのシート・フォーマットに当てはめてみることです。

内容としては

  • 業務内容
  • 業務担当
  • 業務の期限
  • 業務ステップイメージ
  • 現状の業務ステータス
  • 次の業務ステップ

このあたりが含まれていれば良いのではないでしょうか。

マネジメント研修の内容6:人事評価によるマネジメント方法

管理職(部長・課長)になると、部下の人事評価をすることになります。

ですので、管理職向けのマネジメント研修においては人事評価の方法や考え方について学ぶことが多いです。

具体的に言うと、「どのように目標設定及び評価をするかの考え方についての座学」や「評価時に行うコメントやフィードバックなどのコミュニケーション方法についてのワークショップ」をやることが多いです。

業績を上げるためには、適切な人事評価を行うことやそれによる人材育成が重要なので、人事評価によるマネジメント方法について管理職向けのマネジメント研修を実施します。

マネジメント研修の種類3:マネジメント研修(共通)

マネジメント研修の内容7:マネジメントとは何か?

マネジメント研修においては、そもそもマネジメントとは何かについて学ぶ必要があります。

ドラッカーの『マネジメント

ミンツバーグの『マネージャーの仕事

このあたりの本を課題図書として読んでもらうと基本的な考え方をキャッチアップ出来るのではないでしょうか。

マネジメント研修を依頼するなら

おすすめの会社1:CoachEd(コーチェット)|コーチングスキル習得

マネジメント力を高めたいなら【CoachEd】はコーチングスキルを身につけることで、マネジメント力を高めていくというマネジメント研修サービスです。

メンバーのスキルや能力を成長させたい、 メンバーに主体的に動いて欲しい 、メンバーの強みや可能性を生かしたい、チームや組織を成長させたいという課題感がある方におすすめのマネジメント研修です。

こんな人におすすめ!
  • 部下に主体的・能動的に仕事をさせたい
  • 部下のスキル・能力を向上させたい
  • チームや組織を成長させたい

CoachEd(コーチェット)が選ばれる理由

  1. コーチングが人を育てることに向いている
  2. 人とのコミュニケーションが円滑になる
  3. 自分自身もコーチングを受けられる
理由1:コーチングが人を育てることに向いている

コーチングでは、自分で考える力を育み、自主性や主体性を高めることができます!

CoachEd(コーチェット)では、マンツーマンで専属トレーナーがついてくれるので、マネジメントに重要なコーチングのスキルを身につけることができます。

本気でコーチングを学びたいならおすすめですよ!

理由2:人とのコミュニケーションが円滑になる

コーチングを学ぶと、人とのコミュニケーションが円滑になります

理由3:自分自身もコーチングを受けられる

CoachEd(コーチェット)では、コーチングスキルを身につけるのみならず、自分自身のコーチングもしてもらうことができます!

マネジメント研修を受けるのは経営層や管理職ですが、自分たち自身も悩みや課題を抱えています。そういった悩みや課題に対する対処方法や目標設定などのコーチングを受けることができることも選ばれる理由の一つです。

しろくま先生

マネジメント研修としてコーチングを活用したいと考える人はCoachEd(コーチェット)の無料コーチングを受けてみてください!

CoachEd(コーチェット)で無料コーチングを受けてみる

しろくま先生

他にはどんなマネジメント研修を提供しているかを知りたい方はぜひこちらの記事をあわせて読んでみてください!