マネジメント研修の目的は|3つの目的とその効果を徹底解説

この記事では、『マネジメント研修の目的って何なんだろう…?』と疑問を持っている方に向けて、

『マネジメント研修を実施する目的は何なのか』『マネジメント研修にはどういった効果があるのか』などを解説していきます!

この記事を最後まで読むと、マネジメント研修の目的や効果について知ることが出来るので、マネジメント研修を実施するかどうかを検討できますよ!

こんな人におすすめ!
  • マネジメント研修するための目的が何か知りたい
  • マネジメント研修の効果は何なのか知りたい

マネジメント研修の内容って?

  1. 取締役・執行役員の責任とコンプラ・法律知識
  2. 会計知識、人事労務知識
  3. 経営戦略構築に関する知識
  4. 管理職・マネージャーの役割についての理解
  5. 業務マネジメントの方法
  6. 人事評価によるマネジメント方法
  7. マネジメントとは何か?

マネジメント研修の内容としてはこの7点を挙げることができます。

このマネジメント研修の内容を見てみると、目的や効果が分かりますね!

しろくま先生

マネジメント研修の内容について詳しく知りたい方はこちらも読んでみてください!

マネジメント研修の目的は?

マネジメント研修の3つの目的
  1. マネジメントの役割を理解する
  2. マネジメントに必要な業務を知る
  3. マネジメントに必要な基礎知識を習得する

マネジメント研修の目的にはこの3つの目的があります!

しろくま先生

ここからマネジメント研修の目的に3点を1つずつ解説していきますね!

マネジメント研修の目的1:マネジメントの役割を理解する

マネジメント研修の目的は、マネジメントの役割とは何かについてを理解出来るようになることです!

なぜなら、メンバーとして働いていたときと役割が全く変わってしまうからです。優秀な営業マンがプレイヤーとして活躍したのちに、マネージャーに出世したときに活躍出来ないといった類の話は良く聞くと思います。このように、マネジメントは本来の役割を理解していないと組織において成果を出すことができないのです。

大きくは組織の目標を達成させることに役割は集約はされますが、それを達成させるために

会社全体の目標を達成するための組織目標・戦略策定したり

メンバーの指導を通じて成長を促したり

リソース分配や役割の割り当てを決めたり

といった役割について理解をする必要があります。

ですので、マネジメント研修においてはマネジメントの役割を理解してもらうことが重要な目的の一つです。

しろくま先生

こういった役割を知ることで、自分一人が頑張ると言うことではなく、チームとして・組織として目標達成をすることが重要だということも理解できると言う効果がありますよ!

マネジメント研修の目的2:マネジメントに必要な業務を知る

マネジメント研修では、マネジメントがどういった業務をしなければいけないのかを知ってもらうことも目的となります!

なぜなら、マネジメント層になるとメンバーのときには行ってこなかった業務を新たに取組む必要が出てくるからです。

具体的に言うと、マネジメント層になると

  • 組織・チームの戦略・目標を設定する
  • 業務の進捗管理をする
  • 業績・数値の管理分析をする
  • 課題を把握し業務改善を行う
  • メンバーの人事評価をする
  • 部下の指導・育成をする
  • 人材の採用を行う

こういった業務を行うようになるので、マネジメント研修では、マネジメントはどんな業務をする必要があるのかを学ぶことが重要です。

また、管理職・マネージャーの役割を理解することでスムーズにマネジメント業務に入っていける効果があります。

確かに、急に今までやってきていないことをやることになると上手くできないのは当然ですね…だからマネジメント研修が重要なんですね!

ペンギンくん

しろくま先生

そうなんですよ!やるべき業務を何も知らないのと、基本的な取組み方だけでも知っているのとでは大きな違いなんですよ!

マネジメント研修の目的3:マネジメントに必要な基礎知識を習得する

マネジメント研修の目的として、マネジメントに必要な基礎知識を習得することもあります。

マネジメント研修の目的2でも見たようにマネジメントするにあたって新たに取組む必要のある業務がありますが、そのマネジメント業務を遂行するにあたって必要な基礎知識があるのです。

例えば、

  • 組織の戦略を設計・構築についての知識
  • 業績・実績について分析するための会計についての知識
  • 労務トラブルが発生したときに必要な人事労務の知識

このあたりが代表的なマネジメントに必要な基礎知識の代表例です。

この知識は、意図的に学ぶことがなければ、多くの人は触れる機会も少ないので、基礎的知識でも良いので、広く浅くでも良いので、触れることで、マネジメントの役割を果たすことの大きな助けとなる効果があります。

ですので、マネジメントに必要な基礎知識の習得はマネジメント研修の目的として意外と重要なものとなります。

マネジメントをするには色々な知識を習得する必要があるんですね!

ペンギンくん

しろくま先生

そうなんです!身に付けていない人もいるにはいるんですが、成果を出すマネジメントをするには幅広い知識が必要なんですよ!

マネジメント研修を依頼するなら

しろくま先生

次は、マネジメント研修を依頼する時におすすめの会社を紹介します!組織やメンバーを成長させるという意味でおすすめなのはコーチングを学ぶことができるCoachEd(コーチェット)です!

CoachEd(コーチェット)|コーチングスキル習得

マネジメント力を高めたいなら【CoachEd】はコーチングスキルを身につけることで、マネジメント力を高めていくというマネジメント研修サービスです。メンバーのスキルや能力を成長させたい、 メンバーに主体的に動いて欲しい 、メンバーの強みや可能性を生かしたい、チームや組織を成長させたいという課題感がある方におすすめのマネジメント研修です。

こんな人におすすめ!
  • 部下に主体的・能動的に仕事をさせたい/li>
  • 部下のスキル・能力を向上させたい
  • チームや組織を成長させたい

CoachEd(コーチェット)が選ばれる理由

  1. コーチングが人を育てることに向いている
  2. 人とのコミュニケーションが円滑になる
  3. 自分自身もコーチングを受けられる
理由1:コーチングが人を育てることに向いている

コーチングでは、自分で考える力を育み、自主性や主体性を高めることができます!

CoachEd(コーチェット)では、マンツーマンで専属トレーナーがついてくれるので、マネジメントに重要なコーチングのスキルを身につけることができます。

本気でコーチングを学びたいならおすすめですよ!

理由2:人とのコミュニケーションが円滑になる

コーチングを学ぶと、人とのコミュニケーションが円滑になります

理由3:自分自身もコーチングを受けられる

CoachEd(コーチェット)では、コーチングスキルを身につけるのみならず、自分自身のコーチングもしてもらうことができます!

マネジメント研修を受けるのは経営層や管理職ですが、自分たち自身も悩みや課題を抱えています。そういった悩みや課題に対する対処方法や目標設定などのコーチングを受けることができることも選ばれる理由の一つです。

しろくま先生

マネジメント研修としてコーチングを活用したいと考える人はCoachEd(コーチェット)の無料コーチングを受けてみてください!

CoachEd(コーチェット)で無料コーチングを受けてみる

しろくま先生

他にはどんなマネジメント研修を提供しているかを知りたい方はぜひこちらの記事をあわせて読んでみてください!