会計ソフト3社(freee・マネーフォワード・弥生)のミッションと事業内容の違い

しろくま先生

会計ソフト三社(freee、マネーフォワード、弥生)のうち、freeeのミッションはどれでしょう?

ヒント!!

答えは…

しろくま先生

Bの「スモールビジネスを、世界の主役に」でした。

では、それぞれのミッションと事業内容の違いについて解説していきます。

しろくま先生

ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)について詳しく知りたい方は下記の記事を読んでみてください!

関連記事:MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)とは?どういった意味か理解をしよう

みなさんにおすすめ
人事の「学び」と「交流」をしたい方は
人事のオンラインサロン【人事倶楽部】
への加入をおすすめします!

しろくま先生

3社のミッションと事業内容の違いについて解説していくよ!

freeeのミッション・ビジョン・バリュー(MVV)

freeeは、「スモールビジネスを、世界の主役に」というミッションのもとクラウド会計ソフト「会計フリー」や人事労務ソフト「人事労務フリー」などのサービスを中小企業・個人事業主向けに提供しています。

freeeの創業者佐々木大輔さんは、ALBERTのCFOとして経験とGoogleでの中小企業向けのマーケティングを行った経験から、クラウド会計ソフトfreeeを開発したそうです。

Google でのキャリアを通じて、中小企業の経営の根幹をテクノロジー化し、小さなビジネスほど強くてかっこいい世の中をつくっていくことをつきつめたいと思い立ち、スタートアップでのCFOの経験から、経理を始めとするバックオフィスをクラウドで自動化することで、ビジネスのありかたを根本的に変えていくアイデアの実現にむけて、クラウド会計ソフト freee の開発に至った。

https://www.wantedly.com/companies/freee

「スモールビジネスを、世界の主役に」というミッションには、社長のこういった思いを表しています。

freeeのサービス

では、freeeはどんなサービスを展開しているのでしょうか?

  1. 会計フリー
    帳簿や決算書作成、請求業務を効率化できるクラウド会計ソフト
  2. 人事労務フリー
    給与計算・給与明細作成、年末調整、入社手続き、勤怠管理効率化できる人事労務ソフト
  3. 申告フリー
    税務申告書作成業務を効率化できるソフト
  4. マイナンバー管理フリー
    低コストでマイナンバーの収集。保管、利用、破棄がクラウド上で完結するソフト
  5. 会社設立フリー
    画面に沿って入力するだけで会社設立に必要な全ての書類を5分で作成できる無料サービス
  6. 開業フリー
    ガイドに沿って質問に答えるだけで書類作成でき、個人事業の開業手続きが簡単にできる無料サービス
  7. フリーカード
    Webで申し込みでき、創業時でも本人確認書類だけで審査が可能で最短4営業日で発行できるカード。

freeeは、会計ソフトだけでなくバックオフィス業務を効率化するソフト「人事労務フリー」「申告フリー」「マイナンバー管理フリー」や会社設立・開業手続きを簡単に行えるソフト「会社設立フリー」「開業フリー」「フリーカード」などのサービスを中小企業・個人事業主向けに展開しています。

ミッションに沿ってスモールビジネスを支援するサービスを展開していることが分かりますね。

そして、今後もミッション「スモールビジネスを、世界の主役に」を実現するためにスモールビジネスのためのクラウドサービスを開発していくようです。

今後は、クラウドの力を最大限に活用したスモールビジネスのためのプラットフォームを目指し、これまでにない新しい価値とビジネスを創出していきます。

https://www.wantedly.com/companies/freee

マネーフォワードのミッション・ビジョン・バリュー(MVV)

マネーフォワードは、「お金を前へ、人生をもっと前へ」というミッションで個人向けの家計簿管理アプリ・法人向けのクラウド会計ソフトを提供しています。

マネーフォワードの社長辻さんは、マネックス証券で働く中で日本人のお金に関する知識が不足していることを身近に感じ、マネーフォワードを設立したのではないでしょうか。

個人の多くが預貯金偏重であり、その個人が預けたお金を使って、銀行等が国の借金である国債を買うという流れは、日本の財政悪化の一因ともなっています。また、子供を持てない理由、結婚できない理由の一位は、「お金がないから」。お金に対する知識不足や不安は、結果として人口減少、未来の国力の低下をもたらすことになります。
今後給料は上がりにくく、少子高齢化が進むことによって社会福祉の負担は増え、年金もどうなるかわからない、という厳しい外部環境が続く中、人生に対する不安は、ますます大きくなることが想定されます。

https://corp.moneyforward.com/aboutus/message/

お金に対する知識や不安を解消し、個人をお金の面から一人一人のチャレンジを間接的にサポートし、日本社会に貢献したいと考えているようです。

一人ひとりのチャレンジを支えることに必要な「お金」という面において、特定の金融機関によることなく、中立的な立場で、真のユーザー目線で、ユーザーの問題を解決するようなサービスを提供することで、マネーフォワードが、個人のチャレンジを間接的にサポートすることができるのではないか、と考えています。

https://corp.moneyforward.com/aboutus/message/

「お金で前へ、人生をもっと前へ。」が表していることが見えてきましたね。

マネーフォワードのサービス

では、マネーフォワードはどんなサービスを展開しているのでしょうか?

個人向け

  1. Money Forward ME
    銀行・クレジットカード・証券会社・FX・年金・ポイントの口座を自動でまとめ、家計簿を自動作成するアプリ
  2. Money Forward Mall
    個人向けのクレジットカードや証券口座開設などあらゆるお金のサービスを比較・検討、申し込みができるサービス
  3. Money Plus
    お金のことを伝えるくらしの経済メディア
  4. Sira Tama
    自動貯金アプリ
  5. Money Forward お金の相談
    お金の悩みをファイナンシャルプランナーに無料で相談できるサービス
  6. Money Forward おかねせんせい
    「マネーフォワード ME」のデータを分析し、「使う」「貯める」「増やす」、「未来の資産」という4つの観点から最適な行動をアドバイスをしてくれるサービス
  7. Money Forward Career
    求職者と求人企業をマッチングするキャリア支援サービス。

法人向け

  1. Money Forward クラウド会計
    会計業務を効率化する会計ソフト
  2. Money Forward クラウド会計Plus
    仕訳承認機能や仕訳更新履歴機能などの内部統制機能を追加したクラウド会計ソフト
  3. Money Forward クラウド確定申告
    個人事業主のための確定申告作業をラクにするクラウド型確定申告ソフト
  4. Money Forward クラウド請求書
    請求書の作成、送付、受取がまとめて管理できる請求書作成ソフト
  5. Money Forward クラウド給与
    面倒な給与計算が3ステップで完了できる給与計算ソフト
  6. Money Forward クラウド経費
    面倒な経費に関する作業を大幅に削減するクラウド型の経費精算システム
  7. Money Forward クラウドマイナンバー
    法人・個人事業主向けのマイナンバー管理システム
  8. Money Forward クラウド勤怠
    リアルタイムで従業員の勤怠状況を確認・集計・分析まで行うことができる勤怠管理システム
  9. Money Forward クラウド社会保険
    社会保険申請手続きに関する業務を効率化するサービス

freeeは中小企業や個人事業主をターゲットにしていたけれど、マネーフォワードは個人・法人問わず全ての人向けに事業展開していますね。

弥生のミッション・ビジョン・バリュー(MVV)

弥生は、1978年に日本オールシステムズとして設立し、「日本の中小企業、個人事業主、起業家の事業を支える社会的基盤(インフラ)として、日本の発展に能動的に貢献します」というミッションのもと、会計ソフトなどの業務ソフトウェアを提供しています。

今後は、ミッションに沿って業務ソフトウェアの開発・提供だけでなく、「事業コンシェルジュ」へ進化しはじめ、事業者の事業立ち上げから拡大していくまでを支援し、中小企業・個人事業主・起業家が成功することで日本経済の活性化に貢献しようと考えているようです。

弥生は今、業務ソフトメーカーから「事業コンシェルジュ」への進化を始めています。事業者の皆さまが事業を立上げ、進め、そして広げていく上で直面する様々な課題や悩みにお応えできるように、弥生は進化していきます。弥生が事業コンシェルジュとして皆さまを支えていくことにより、皆さまの事業の立上げと成功をより確実なものとしたい、ひいては、中小企業・個人事業主・起業家が成功することにより、日本経済の活性化に貢献したい、それが弥生の願いであり、使命です。

https://www.yayoi-kk.co.jp/company/message.html

ミッションである「日本の中小企業、個人事業主、起業家の事業を支える社会的基盤(インフラ)として、日本の発展に能動的に貢献します」と中長期的な目標として「共有・共生・共創の力を活かし、お客さまの事業の立上げと発展の過程で生まれるあらゆるニーズにお応えする「事業コンシェルジュ」」というバリューと一致していますね。

弥生のサービス

では、弥生はどんなサービスを提供しているのでしょうか?

  1. 確定申告ソフト
    (やよいの白色申告オンライン やよいの青色申告オンライン やよいの青色申告21)
  2. 会計ソフト
    (やよい会計オンライン 弥生会計21スタンダード 弥生会計21プロフェッショナル 弥生会計21ネットワーク)
  3. 給与計算ソフト
    (やよいの給与明細オンライン やよいの給与計算21 弥生給与21)
  4. 販売管理ソフト
    (やよいの見積・納品・請求書 21 弥生販売 21スタンダード 弥生販売 21プロフェッショナル 弥生販売 21ネットワーク
  5. 顧客管理ソフト
    (やよいの顧客管理 21)
  6. 見積・納品・請求書ソフト
    (Misoca)
  7. あんしん保守サポート
    弥生シリーズ購入後に提供する年間契約の有償サポート
  8. 弥生の簡単会社設立
    会社設立時に必要な書類作成サポートと、設立後の手続きを案内する無料Webサービス
  9. 会計事務所紹介サービス
    豊富な経験と実績のある税理士・会計事務所を、無料でご紹介するサービス
  10. ALTOA
    スモールビジネスの新しい選択肢となるオンライン融資サービス

弥生もfreeeと同様中小企業や個人事業主向けにサービスを展開していますね。設立年数が長いためサービスも豊富なのが特徴的です。

まとめ

まとめ
  • freee
    ➡︎「スモールビジネスを、世界の主役に。」というミッションのもと中小企業・個人事業主向けにバックオフィス業務を効率化するソフト・会社設立・開業手続きを簡単に行えるソフトを提供
  • マネーフォワード
    ➡︎「お金を前へ。人生を前へ。」というミッションのもと個人。法人向けに金融の課題解決を行うサービスを提供
  • 弥生
    ➡︎「日本の中小企業、個人事業主、起業家の事業を支える社会的基盤(インフラ)として、日本の発展に能動的に貢献します」というミッションのもと、業務ソフトウェア・事業コンシェルジュサービスを提供

同じ会計ソフトを提供している3社でも、それぞれの目的や事業内容が異なるのが面白いですね。

こんな感じでTwitter(@HR60318957)でMVVクイズを発信していくのでぜひフォローしてください。