給与計算ソフトにはどのようなメリット・機能があるのか?給与計算ソフトの選び方とおすすめ3選

最近では、基本給、残業代や各種手当の計算、税金、保険料の控除など、複雑な給与計算の業務負担を軽減したいと給与計算ソフトを導入する企業が増えています。

一度導入してしまうと変更するのが大変な給与計算ソフトは、後悔のないものを選ぶことが重要です。

「給与計算ソフトを導入したいけれど、たくさんあってどれがいいのかわからない…」

「どういう基準で選べばいいのかわからない」

という方も多いのではないでしょうか?

今回は、給与計算ソフトにはどのようなメリットがあり、具体的にどのような機能があるのか。

また、給与計算ソフトを選ぶポイントとおすすめの3選をご紹介します。

編集

”給与計算”の仕組みについて知りたい方は下記の記事を読んでみてください!
給与計算の仕方はどうするの?事前にやっておくべきこと・注意すべきポイントは?給与計算の仕方はどうするの?事前にやっておくべきこと・注意すべきポイントは?

給与計算ソフトのメリット

給与計算ソフトには、以下のようなメリットがあります。

  • 給与を自動で計算してくれる
  • 計算ミスを減らせる
  • 残業や深夜手当などの割り増し賃金も自動で計算してくれる
  • 給与明細を自動で作成してくれる
  • 年度更新、算定基礎、月額変更届を自動で作成してくれる
  • 年末調整業務を自動化できる
  • 従業員情報の更新を自動で給与計算に反映させられる(人材管理システムと連携した場合)
  • 最新の法制度・税制に自動で対応できる

給与計算は、毎月締め日から支給日までに計算業務と振り込み手続き業務が集中し、業務の負担が大きいですよね。

そんな給与計算の業務負担を軽減し、ミスを減らすことができるので、給与計算ソフトを利用するのがおすすめです。

給与計算ソフトを選ぶポイント

たくさんの給与計算ソフトの中から自社にぴったりのものを後悔なく選ぶには、以下のポイントに注意してみてください。

  • 機能は十分か
  • 自社の規模にあっているか
  • 自社の勤務形態・給与形態にあっているか
  • 他システムと連携できるか
  • 価格が予算に合うか

企業によって会社の規模やフレックス制や裁量労働制など勤務形態や給与形態が異なるので、合わないものを選んでしまうと機能が不十分であったり、必要以上にコストがかかってしまったりします。

給与計算ソフトの主な機能

給与計算ソフトの主な機能には、以下のようなものがあります。

  • 給与計算
  • 賞与計算
  • 給与明細・賞与明細の作成・発行・公開
  • 年度更新、算定基礎、月額変更届
  • 年末調整
  • 源泉徴収票の作成

給与計算ソフトは、給与計算だけでなく、これらの業務や手続を、自動で行ってくれます。

給与計算

給与計算では、勤怠管理によって得た情報や従業員情報などを元に、基本給・諸手当・保険料・所得税などを計算し、給与額を自動で計算してくれます。

労働基準法上割増して支払う必要のある、時間外労働や深夜労働の賃金も勤怠管理データを使って自動で割増して計算してくれます。

賞与計算

賞与計算では、毎月支払う給与だけでなく、一般的に年に二回支払うボーナスを計算します。

従業員ごとに異なるボーナスの支給額を計算し、社会保険料と所得税を控除して賞与額を計算します。

給与明細・賞与明細の作成・発行・公開

決定した給与や賞与をそのまま明細に反映させ、発行したりWEB上で公開させることができます。

明細を手入力で作成する必要がないため、業務を効率化できます。

年度更新、算定基礎、月額変更届

年度更新:労働保険料(労災保険、雇用保険)を確定して給付するための手続き。

算定基礎届:健康保険料や厚生年金保険料などの社会保険料を決定するために、必要な手続です。

月額変更届:算定基礎で届け出た標準報酬月額は、年の途中に給与額が変わった時に必要な手続です。

これらの手続は年に一度期限内に行わなければなりません。

給与データをそのまま年度更新・算定基礎・月額変更届に自動で反映させることで業務を効率化できます。

年末調整

年末調整とは、本来徴収すべき所得税の一年間の総額と実際に納めた所得税の「過不足金額」を調整することです。

年末調整は、税金の納付と従業員の金銭管理に関わることなので、正確に計算することがで必要です。

給与計算システムを使うと、年末調整の業務を自動化できる上に正確に計算することができます。

源泉徴収票の作成

源泉徴収票とは、1年間の給与等の金額と、自分が支払った所得税の金額が記載された書類です。

源泉徴収票は、退職時と年末調整後に従業員に発行し、転職の際や確定申告の際に必要となります。

源泉徴収票も給与データを元に自動で作成してくれ、業務の負担を軽減することができます。

おすすめの給与計算ソフト

人事労務freee

画像参照元:https://www.freee.co.jp/hr/

freee公式ホームページURL:https://www.freee.co.jp/hr/

[おすすめポイント]
  • 年末調整や算定基礎、労働保険の年度更新など年に一度の業務も自動で行ってくれる
  • 振込ファイルを自動で作成し、ワンクリックで振込ができる
  • 法定三帳簿を自動で作成できる
  • 入退社手続きも対応(ベーシックプラン以上)
  • 勤怠管理も行える(ベーシックプラン以上)
  • セキュリティが万全でマイナンバーの管理もできる
機能

給与計算◎

賞与計算◎

給与明細・賞与明細の作成・発行・公開◎

月変算定、年度更新、算定基礎◎

年末調整◎

源泉徴収票の作成◎

対応可能な

勤務形態・給与形態

管理監督者・裁量労働制・フレックス制に対応(プロフェッショナルプラン以上)

他システムとの連携

ベーシックプラン以上は勤怠管理機能あり

CSVファイル形式で他社勤怠システムとの連携可能

エンタープライズプランは人材管理機能あり

こんな企業に

おすすめ

・従業員数が少ないため、従業員人数に応じた料金プランを希望する

料金

プランにより異なる

基本料金:1,980円/月〜(従業員3人まで)

+1人あたり300円/月(4人以上)〜
無料トライアルあり(一ヶ月)

[プラン]

画像参照元:https://www.freee.co.jp/hr/price/

jinjer給与

画像参照元:https://hcm-jinjer.com/payroll/

jinjer給与公式ホームページURL:https://hcm-jinjer.com/payroll/

  • 給与体系ごとに項目名や計算式の設定が可能
  • 給与明細・賞与明細・源泉徴収票を自動で作成、WEBで公開できる
  • 初めてでも導入しやすい低コスト
  • 勤怠管理や経費精算、労務管理などの欲しい機能を追加できる

機能

給与計算◎

賞与計算◎

給与明細・賞与明細の作成・発行・公開◎

月変算定、年度更新、算定基礎◎

年末調整◎

源泉徴収票の作成◎

対応可能な

給与形態・給与形態

計算式のカスタマイズ可能で多様な給与形態に対応
他システムとの連携

jinjer勤怠、jinjer人事との連携可能

他社システムとcsv形式で連携可能

こんな企業におすすめ

・従業員数が少ないため、社員人数に応じた料金プランを希望する

・必要な機能を選んで導入したい

料金

1ユーザー500円/月〜

無料トライアルあり

[プラン]

画像参照元:https://hcm-jinjer.com/payroll/

Money Forwardクラウド給与

画像参照元:https://biz.moneyforward.com/payroll

  • 振込連携をすることでワンクリックで振込ができる(みずほ銀行、SMBC)
  • 他社のシステムとも連携が可能
  • 会社の規模に合わせて最適なプランを選ぶことができる
  • 法人だけでなく、個人事業主のプランもあり
機能

給与計算◎

賞与計算◎

給与明細・賞与明細の作成・発行・公開◎

月変算定、年度更新、算定基礎◎

年末調整◎

源泉徴収票の作成◎

対応可能な

勤務形態・給与形態

月給制・日給制・時給制
他システムとの連携

マネーフォワードクラウドの他システムと連携可能

他社の勤怠システムとの連携も可能(API連携・csv連携)

他社の労務管理ソフト、タレントマネジメントソフト、福利厚生ソフトと連携可能

こんな企業におすすめ

・個人事業主・従業員数が少ない企業〜従業員数が多い企業

・他社のシステムと連携して利用したい

料金 [法人]基本料金:2,980円/月〜(従業員5人まで)
+1人当たり300円/月(6〜30人)

30人以上(要問い合わせ)

[個人事業主]基本料金:800円/月〜
+1人当たり300円/月〜(6人以上)

無料トライアルあり(1ヶ月)

[プラン]

画像参照元:https://biz.moneyforward.com/payroll/price

まとめ

給与計算ソフトのメリットや機能、選ぶポイントについて理解できましたか?

給与計算ソフトは、毎月の給与・年に2回の賞与の計算を自動で行ってくれるだけでなく、給与データを元に年度更新・算定基礎届・月額変更届・源泉徴収票などの必要な書類を自動で作成してくれます。

こういったシステムは一度導入すると変更しづらいので、自社の勤務形態や規模、予算などを元に比較検討し、納得する給与計算ソフトを選んでください。

また、給与計算は、給与計算ソフトを利用する以外にも、アウトソーシング会社や税理士、社労士に代行してもらうこともできるので、以下の記事も参考にご検討ください。

給与計算をアウトソーシング会社に代行してもらうメリットとは?おすすめのアウトソーシング会社3選を紹介!給与計算をアウトソーシング会社に代行してもらうメリットとは?おすすめのアウトソーシング会社3選を紹介!給与計算を依頼するなら税理士?社労士?依頼するメリット・デメリットとは?給与計算を依頼するなら税理士?社労士?依頼するメリット・デメリットとは?