採用代行(RPO)とは?どんなことを依頼できる?依頼するメリット・デメリットは?おすすめの採用代行サービス

採用手法の多様化・採用活動の長期化に伴って採用代行(RPO)に依頼する会社も増えてきています。

「採用代行(RPO)ってどんなことを依頼できるの?」

「採用代行に依頼するとどんなメリット・デメリットがあるの?」

「おすすめの採用代行サービスは?」

といった疑問にお答えします!

採用代行とは?

採用代行とは、RPO(Recruitment Process Outsourcing)とも呼ばれ、採用に関する業務をアウトソーシングできるサービスです。

どんなことを依頼できる?

採用代行では、採用業務の一部または全業務をアウトソーシングでき、最大限に面接への呼び込みを行い、採用効率を上げることができます。

採用代行の業務内容
  • 募集方法の選定
  • 媒体選定・紹介会社選定
  • 母集団形成・応募受付対応
  • 応募者情報の管理
  • 面接日時設定・リマインド
  • 問い合わせ対応
  • ステータス管理
  • 内定通知・内定受託確認

依頼するメリット・デメリットは?

求人やメールの管理などのノンコア業務をアウトソーシングすることで、コアな面接や選考に注力することができ、採用業務の効率化が期待できます。

また、近年求人広告や媒体の種類だけでなく、ダイレクトリクルーティングやオファー型採用など、採用手法も多様になってきているため、どの手法を利用すれば費用対効果が高いのか選ぶのも大変です。

経験豊富なプロに採用手法や媒体の提案を行ってもらうことで、より効率的に優秀な人材を採用することができます。

採用代行を利用するメリット
  • 事務作業や調整作業を省け、面接などのコア業務に注力できる
  • 多様な採用手法の中から最適なものを選んでくれ、優秀な人材の採用が期待できる
  • 市場動向に合わせて採用手法の見直しや整理をしやすい
  • 複数の求人広告会社・人材紹介会社からの情報をまとめて得られる
  • コスト削減になる

一方で、ノンコアの業務を委託してしまうことで、社内でノウハウが蓄積されないといったデメリットや、認識のズレ・連絡にラグが生じてしまうといったデメリットもあります。

採用代行のデメリット
  • 採用業務のノウハウが蓄積されない
  • 応募者と直接の連絡ができないため、認識のズレが生じる可能性がある
  • 応募者との連絡にラグが生じてしまう
  • 採用コストがかかってしまうことがある

これらのメリット・デメリットを考慮して、それでも採用代行を利用するメリットの方が大きければ利用してみてください。

採用代行一括.jpのような見積り比較サイト使うと同時に比較検討出来るので、個別で連絡をすることを考えるととっても楽です!

おすすめの採用代行サービス

ネオキャリア

おすすめポイント
  • 土日祝日もお問い合わせ対応ができる
  • 迅速・丁寧な対応ができる
  • 10,000社以上の導入実績があり、安心できる
  • 「新卒」「中途」「アルバイト/パート」それぞれに合わせた対応ができる
業務範囲・採用計画・戦略策定・ブランディング
・募集/母集団形成
・選考/応募者対応・歩留まり改善
・内定連絡
・内定者フォロー
からカスタマイズ可能
料金月額10万円〜 (要問い合わせ)
参考 採用代行(RPO)|サービスネオキャリア公式ホームページ

マンパワー

おすすめポイント
  • 採用のプロによるコンサルティングを受けることができる
  • 担当者が常駐するオンサイト型と常駐しないオフサイト型、ハイブリット型を選択できる
  • 人材派遣・人材紹介などの提案もしてもらえる
  • ニーズに合わせて料金を選べる
業務範囲・募集媒体手配・管理
・応募受付
・書類選考・合否判定(オプション)
・合否連絡
・面接調整
・面接・試験実施(オプション)
・合否判定(オプション)
・合否連絡
・入社手続き
料金(要問い合わせ)
参考 採用代行・採用コンサルティング(RPO)マンパワー公式ホームページ

採用代行会社紹介サービス

「たくさんの採用代行サービスがあって自社のニーズと料金にあうものをなかなか選べない」という方には採用代行紹介サービスがおすすめです。

採用代行一括.jp

採用代行一括.jpは、採用代行に熟知したプロが自社にぴったりの採用代行を提案してくれます。

利用手数料ゼロ・登録不要で簡単にお問い合わせできるのでぜひ利用してみてください。

画像参照元:採用代行一括.jp公式サイト

まとめ

採用代行とは、採用に関わる全業務又は「お問い合わせ対応」や「日程調整」「選考結果通知」などのノンコア業務をアウトソーシングすることができます。

自社が抱える課題や予算に合わせてぴったりの採用代行サービスの導入を検討する必要があることはご理解いただけたのではないでしょうか。

そして、そういった比較検討するには採用代行一括.jpのような見積り比較サイト使うと個別で連絡をすることを考えるととっても楽です!