教育制度・研修制度にはどんな種類があるのか?それぞれのメリットとデメリットは?

教育制度・研修制度とは、業務に必要な知識・スキルを社員に習得させるための制度です。

せっかく採用した人材を育成し、最大限に活用することは会社の利益に繋がります。

また、社員が成長することで、社員の給与アップやキャリアアップに繋がり、モチベーションを高めることができます。

今回は、教育制度・研修制度を何のために行うのか、どのような種類の制度があるのかご紹介します。

教育制度・研修制度とは

教育制度・研修制度とは、人事制度の1つで、業務に必要な知識・スキルを社員に習得させるための制度です。

教育制度/研修制度の目的

  1. 業務の生産性を上げる
  2. 企業の業績アップに繋がる
  3. 経営戦略を実践する

教育制度/研修制度の種類

教育制度/研修制度には、主に以下の三種類があります。

  1. OJT
  2. Off-JT
  3. SD(自己啓発)

OJT

「OJT」とは、「On the Job Training」の略で、現場で実践しながら上司や先輩から直接指導・教育を受け、実践・反復することで、必要な知識やスキルを習得させることができます。

OJTの手順は以下のようになります。

  1. 上司・先輩が手本を見せる・説明する
  2. 部下が実践する
  3. フィードバックを受ける

OJTでは、マニュアルや研修・上司から学んだことを「一人でできるようになる」ことが最大の目的です。

教育者にもどのように説明すべきか、どこまで指導すべきかなどの研修やマニュアルも重要です。

OJTのメリット・デメリット

OJTは、現場社員に教育させることで、コストが低く、教育者の啓発にもなるメリットがあります。

しかし、その反面、教育者のスケジュールや能力・意欲によって、十分な指導を行われなかったり、単純な作業しか任されず、成長に遅れが生じることもあります。

メリットデメリット
日常業務を通して行える教育者が多忙になると後回しになる
業務に密着した指導ができ、
実践しやすい
部署や育成者によってばらつきが出る
教育者も啓発される育成者の能力や意欲に左右される
低コスト

Off-JT

「Off-JT」とは、「Off the Job Training」の略で、社内の集合研修やセミナーなどの業務外での研修によって知識・スキルを習得することができます。

Off-JTで学ぶ内容は、主に直接指導することが困難な知識・スキルです。

Off-JTの内容例は以下のようなものです。

  • ビジネスの基礎知識
  • マネジメント
  • コミュニケーション能力
  • 新卒社員研修
  • 中堅社員研修
  • 管理職研修

Off-JTのメリット・デメリット

Off-JTは、業務では習得することができない知識やスキルをインプットすることができる反面、実務に活かされない可能性もあるというデメリットがあります。

Off-JTを受ける社員の目的意識を上げることや、アウトプットを促すことが重要です。

また、外部の講師を呼んだり、社外のセミナーを受講させるにはコストがかかります。

メリットデメリット
基礎的・専門知識をインプットできるインプットにとどまり、実践されない可能性もある
一回で多数の社員を教育・研修できる
コストがかかる
業務から離れるため、
学ぶことに集中できる

業務を離れるため、
他の人材に負担がかかる
参加者同士の交流や情報交換ができる

SD(自己啓発)

「SD」とは、「Self Development」の略で、自己啓発をすることです。

具体的には、

  • セミナー・研修への参加
  • 書籍で学習
  • 検定
  • 通信教育

などがあります。

【30日間全額返金】ライザップがTOEICにコミット!ライザップイングリッシュ

SD(自己啓発)のメリット・デメリット

自己啓発は、知識が身につく一方、主に業務外で自主的に行われるため、社員の意欲に左右されるというデメリットもあります。

メリットデメリット
業務外で実施するため、業務に支障がない自己啓発を行う余裕がない
モチベーションが高まるモチベーションの維持が難しい
知識が習得できる興味・関心があるものに偏る
自主的で社員の意欲による

自己啓発を支援するため、福利厚生制度でセミナーの受講料や検定料・教材費を負担する企業もあります。

編集
編集

福利厚生制度について更に詳しく知りたい方は下記の記事を読んでみてください!

まとめ

教育制度・研修制度について理解できましたか?

教育制度・研修制度三種類のメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

種類メリットデメリット
OJT・日常業務を通して行える
・業務に密着した指導ができ、実践しやすい
・教育者も啓発される
・低コスト
・教育者が多忙になると後回しになる
・部署や育成者によってばらつきが出る
・育成者の能力や意欲に左右される
Off-JT・基礎的・専門知識をインプットできる
・一回で多数の社員を教育・研修できる
・業務から離れるため、
学ぶことに集中できる
・参加者同士の交流や情報交換ができる
・インプットにとどまり、実践されない可能性もある
・コストがかかる
・業務を離れるため、
他の人材に負担がかかる
SD(自己啓発)・業務外で実施するため、業務に支障がない
・モチベーションが高まる
・知識が習得できる
・自己啓発を行う余裕がない
・モチベーションの維持が難しい
・興味・関心があるものに偏る
・自主的で社員の意欲による

業種の特徴や社員に必要なスキルを考慮した教育制度を検討してみてください。

【30日間全額返金】2ヵ月で英会話を劇的に変える!