【厳選3撰】社員の誕生日にお花を送ろう!福利厚生で花買うならどこ?

従業員の誕生日にお花を渡したいけど、お花屋さんが近くになくて。。。

従業員の誕生日にお花を渡したいけど、ネットで注文できればいいのに。。。

従業員の誕生日にお花を渡したいけど、これって経費計上できるの??

こんな風に悩まれている経営者の方や人事の方、いらっしゃるのではないでしょうか?

このページではお花のオンラインショップを3サービスを紹介します!

これを読めば、従業員の誕生日にお祝いのお花をオンラインショップで購入できます!

オンラインショップで誕生日にお花を送ろう!

HitoHana

HitoHana公式オンラインショップ

HitoHana(ひとはな)では”国内最大級”を謳うように花束・フラワーアレンジメント・スタンド花・リース・グラスブーケといった多彩なジャンルに加えて、お花の種類もたくさんの中から選ぶことが出来ます!

また、自分でセレクトをするのが難しい人向けにはおまかせ商品も用意されており、こういった商品を購入した経験が少ない方にも気軽に注文できる設計となっています。

参照元画像:HitoHana公式HP

このように無料でメッセージカードをつけてもらえるので、従業員さんへの感謝の気持ちを込めて渡すことも可能です!

メリット
・多彩なジャンル、花の種類から選べる

・花の種類をおまかせ出来る商品もある

・無料でメッセージカードをつけてもらえる

・原則、昼の12時までの注文で翌日の希望時間に受取可能

 ※一部地域は例外あるため、詳細はHitoHana公式ページを確認ください

・法人向け後払いあり(決済システムPaidを利用)

ギフトデお花屋さん

ギフトデお花屋さん公式オンラインショップ

ギフトデお花屋さんはアニマルのアレンジフラワーでよく知られています。ウサギやクマなどの可愛らしいアレンジメントを求めている方におすすめのオンラインショップです!

フジテレビフラワーネット

フジテレビフラワーネット公式オンラインショップ

フジテレビフラワーネットでは全国に1900店の店舗から花を買うような形となるので、即日配達も場合によっては可能という大きなメリットがあります!

また、Japan Florist of the yearの優勝者のような有名フラワーデザイナーの作品を購入出来ることもこのサイトの良い点です!

メリット
・『即日配達!お急ぎ便』がある

・オリジナルメッセージカードが無料で作成できる

・有名フラワーデザイナーの作品を購入できる

誕生日プレゼントって損金計上って出来るの?

社員等の誕生日に社内規程で定めたプレゼントを贈る場合、広く一般に社会的な慣習として贈られているもの(誕生日ケーキや花束など)であれば、福利厚生費として経費処理と認められるケースが多いです。

税務上の判断基準3点

1機会の平等性 ➡︎ 全ての社員等に対して機会が平等?

2社会通念性  ➡︎ 広く社会の一般慣習として行われているもの?

3実費の精算  ➡︎ 実費弁償の性質を持つもの?

但し、お祝い金として金銭(商品券などのように換価が容易なものを含む)を支給する場合や、高額なものをプレゼントする場合は所得税が課税されることがあるので注意ください。

注意
判断はケース・バイ・ケースの面があるので、最終的には顧問税理士などの専門家に相談することをおすすめします。

まとめ

ここで紹介した「HitoHana(ひとはな)」「ギフトデお花屋さん」「フジテレビフラワーネット」はネットで注文できるオンラインショップなので、ネットで気軽に注文できるのでぜひ活用をご検討ください!

従業員さんへ誕生日祝いの花を贈る時は、それぞれのサイトの特徴があるので種類や価格帯、緊急性などを元にどこで購入すると良いのか検討してもらえればと思います!

【決定版20撰】社員の誕生日プレゼントに何あげる?総まとめ!【福利厚生】