【おすすめ3選】福利厚生として誕生日プレゼントを送ってみよう!【オンラインショップ】

福利厚生の一環として誕生日に従業員へ何かしてあげたいという経営者の方、結構いるのではないでしょうか?

それならば、感謝の気持ちを込めて従業員へプレゼントを送ってみるのはどうでしょうか?

ギフト専門セレクトショップTANP公式ホームページ

従業員の誕生日にプレゼントを送ろう!

体験型ギフトを送ってみる!ソウ・エクスペリエンス

体験ギフトのソウ・エクスペリエンス公式ホームページ

ソウ・エクスペリエンスはクルージングやホテルのアフタヌーンティー、オーダーメイドやエステなど、豪華な体験や普段なかなかできない体験を贈れる体験ギフトを提供しています。

体験を通じて、疲れを癒やしたり、気分転換したりなど、仕事のモチベーションにもつながります!

その人にマッチしたギフトを送ってみる!TANP(タンプ)

TANPではTHE BODY SHOP‎やDEAN & DELUCAといった200ブランドの商品を取り扱うギフト専門のオンラインショップで従業員さんにマッチしたプレゼントを探すことが出来ます!

その人が喜んでくれるプレゼントをチョイスすることで、プレゼントをくれた会社に対してより愛着・帰属意識を持ってくれるのではないでしょうか!

気軽に渡せる雑貨ギフトを送ってみる!HUMPTY DUMPTY

ライフスタイルギフトのハンプティーダンプティー公式HP

ハンプティーダンプティーは仕事で使えるPARKER(パーカー)のボールペンを名入れしてプレゼントしたり、マッサージクッションやヘッドスパなどの女性が喜ぶプレゼントを購入することが出来るライフスタイルギフトのオンラインショップです!

誕生日プレゼントって損金計上って出来るの?

社員等の誕生日に社内規程で定めたプレゼントを贈る場合、広く一般に社会的な慣習として贈られているもの(誕生日ケーキや花束など)であれば、福利厚生費として経費処理と認められるケースが多いです。

税務上の判断基準3点

1機会の平等性 ➡︎ 全ての社員等に対して機会が平等?

2社会通念性  ➡︎ 広く社会の一般慣習として行われているもの?

3実費の精算  ➡︎ 実費弁償の性質を持つもの?

但し、お祝い金として金銭(商品券などのように換価が容易なものを含む)を支給する場合や、高額なものをプレゼントする場合は所得税が課税されることがあるので注意ください。

注意
判断はケース・バイ・ケースの面があるので、最終的には顧問税理士などの専門家に相談することをおすすめします。

まとめ

損金計上が出来るかは顧問税理士への確認が必要ではありますが、それが出来る出来ないに関わらず従業員への誕生日プレゼントは様々なプラスの面があります。

  1. 会社への帰属意識の向上
  2. 体験型ギフトによるリフレッシュ
  3. コミュニケーション機会創出

このようにプラスの面がたくさんあるので、予算が許すのであれば従業員向けの誕生日プレゼントぜひ贈ってみてください!

そのときに最適なギフトを探すためにTANPソウ・エクスペリエンスをぜひ活用してみてください!

【決定版20撰】社員の誕生日プレゼントに何あげる?総まとめ!【福利厚生】