採用に活きる!企業公式YouTubeチャンネル事例厳選3選(メガベンチャー編)

スマートフォンやYouTubeが普及したことにより、採用活動にYouTubeを活用する企業が増えています。

新卒向け就職エージェント「career ticket (キャリアチケット)」と動画マーケティングのコンサルティングを行う株式会社プルークスが合同で就職活動生を対象に行った「就職活動におけるスマートフォンの活用と採用動画視聴に関するアンケート調査」によると

約5割の学生がYouTubeで採用動画を視聴し、

採用動画視聴により8割の就活生が志望度上昇

「採用動画があったほうがいい」と回答する学生は9割を超えた

というアンケート結果が出ています。

参考 約5割の学生が「You tube」で採用動画を視聴、就活時の採用動画視聴で7割が志望度アップレバレジーズ公式ホームページ

このように今後、採用活動に動画を活用する企業も増えてくることが予想されます。ですので、この記事では参考になるようなメガベンチャーのYouTubeチャンネル事例5選をご紹介します。

YouTubeチャンネル事例1:エン・ジャパン

エン・ジャパンのYouTubeチャンネル
MEMO
  • エン転職などを運営する人材ベンチャーエン・ジャパンが運営するYouTubeチャンネル
  • チャンネル登録者数1190人(2021年2月時点)
  • 2019年11月開設
  • エン・ジャパンに入社したばかりの社員に向けた情報を発信
  • 社長賞年間MVPを受賞した社員にインタビュー
  • 月3〜10本

YouTubeチャンネル事例2:楽天

楽天のYouTubeチャンネル
MEMO
  • インターネット関連サービスを展開するメガベンチャー楽天が運営するYouTubeチャンネル
  • チャンネル登録者数1300人(2021年2月時点)
  • 2016年6月開設
  • 就活講座・社員紹介動画を投稿
  • 投稿頻度:不定期

YouTubeチャンネル事例3:ミクシィ

ミクシィのYouTubeチャンネル
MEMO
  • ゲーム・メディア事業などを運営するメガベンチャー企業ミクシィが運営するYouTubeチャンネル
  • チャンネル登録者数584人(2021年2月時点)
  • 2018年5月開設
  • エンジニアの仕事内容や社員インタビュー動画を投稿
  • 月2〜10本

まとめ

MEMO
  • 社員インタビュー、就活情報、仕事内容などを発信
  • 更新頻度は月3〜10本ほど

メガベンチャーのYouTubeチャンネルにおいては社員インタビューや仕事内容の紹介、就活関連情報を発信しています。動画では社員の話し方や話す内容から人柄や会社の雰囲気をより丁寧に伝えることができますし、魅力的な人材を動画に登場させることで会社のファンを作ることも可能です!

企画設計や動画制作など工数が多くYouTubeの運用は大変ではありますが、再生数は少なくても、その動画を見た人の理解度を深め・志望度を高くすることが出来るため、採用の一助となるでしょうし、カルチャーフィットした人材を採用することが出来るでしょう。また、動画ですので一度作成すれば長期的に活用出来るコンテンツとなるのでYouTubeを運用する効果はあるのではないでしょうか!ぜひこれらの事例を参考に検討してみてください!

しろくま先生

ベンチャーのYouTubeチャンネル事例も参考にしてみてください。