【例文付き】転職の面接でのキャリアプランの答え方の3つのポイント

【例文付き】転職の面接でのキャリアプランの書き方・答え方

  • 『自分のキャリアプランが分からない』
  • 『面接でキャリアプランを聞かれたらどう答えればいいの?』

と思っていませんか?

面接でキャリアプランを聞く際には、企業は「ミスマッチがないか」「目標設定・実行ができるか」「採用するメリットがあるか」をチェックしているので、きちんと答えられないと評価が下がってしまいます

この記事では、転職の面接でのキャリアプランの答え方の3つのポイントを例文付きで解説するので、評価されるキャリアプランの答え方が分かりますよ!

面接が不安な人は...

面接でのキャリアプランや志望理由の答え方に不安があるなら、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

模擬面接や面接でのアドバイスをしてもらえるので、選考の通過率が格段に上がりますよ!

以下の記事でおすすめの転職エージェントを紹介しているので読んでみてください。

あわせて読む:転職エージェントおすすめランキングTOP5|求人数・特徴を徹底比較

転職の面接でのキャリアプランの答え方

転職の面接でキャリアプランを聞かれたときは、以下のように答えましょう。

  1. その業界・職種での目標
  2. 3年後・5年後の具体的な目標
  3. 現在の達成度・取り組んでいること
例文
  • 私は〜を目指したいと考えています。3年後には〜を達成し、5年後には〇〇になりたいです。現在は、〜しているところです。さらに〜することで〜していきたいです。
  • 現在、〜ができますが、さらに〜することで〇〇になりたいです。3年後には〜し、5年後には〇〇を目標としています。

キャリアプランの答え方の3つのポイント

ただし、キャリアプランを聞く際には、自社とマッチするかや目標設定・達成能力があるかチェックしているので、以下の3つのポイントがあります

  1. 求人票に書いている内容に合致する内容を話す
  2. 実現可能な具体的な目標を設定する
  3. スキル・実績をアピールする

ポイント1:求人票に書いている内容に合致する内容を話す

前提として、会社は、転職者がどのように会社に利益を与えてくれるかによって採用するかを判断するため、そのキャリアプランを歩むことで、会社にとってもメリットがないと採用してもらえません

プライベートを重視した目標を話したり、その会社の方針と異なることを話してしまうとマイナス評価となってしまいます。

なので、その会社がどのような人材を求めているのか、目標を達成することで自分だけでなく会社にとってメリットがあるかチェックするようにしましょう

求める人材像を調べるには...
企業がどんな人材を求めているか調べるには、求人票を見ておきましょう。

会社側は求人票に記載している条件に近い人を採用したいと思っているので、欲しい人材の要件について書いている求人票はしっかり読み込んでおきましょう!

ポイント2:実現可能な具体的な目標を設定する

キャリアプランを聞く際には、目標設定・達成能力があるかや、求職者にとって長期的に働くメリットがあるかを見ているので、目標が曖昧であったり、実現が不可能なもの、その会社で出来ないことを答えてしまうと評価が下がってしまいます

なので、目標を達成するためにどんなスキルや行動が必要なのか、その会社でどのように実行するのか考えておきましょう

目標が分からない人は...

自分のキャリアの目標が分からない、実現するためにどうすればいいのか分からないという人は、キャリアコーチングを受けてみましょう

転職のプロがありたい姿を言語化し、アクションプランの設計をサポートしてくれますよ!

無料体験を受けるだけでもキャリアの方向性や目標が明確になるので、まずは申し込んでみてください。

\まずは 無料相談をしてみよう!

ポイント3:スキル・実績をアピールする

キャリアプランについての質問は、スキルや実績をアピールできるチャンスです

自己PRと同様に、会社側にとって採用したいと思ってもらえるようにアピールしましょう。

目指したい姿を達成するために、これまでどんな努力をしてきて、現状どんなスキル・実績があるかを話すことで、目標に対する実行力があることや、入社後にどのような活躍できるかをアピールすることができますよ

しろくま先生

以下の記事でキャリアプランの考え方を具体的に解説しているので、あわせて読んでみてください。

あわせて読む:キャリアプランがない人必見!キャリアプランの考え方【例文付き】

キャリアプランは職種によっても異なるので、次はそれぞれの職種での例文を紹介します。

【職種別】キャリアプランの答え方の例文

営業職のキャリアプランの答え方

営業職のキャリアプランでは、現職でどんなことを得意とするか、どんな実績があるかアピールし、それを活かして3年後・5年後にどんな目標を持っているのか具体的に答えましょう!

管理職を目指す場合の例文

私は営業部門のリーダーを目指したいと考えています。現職では〜を得意とし、月間売上〇〇円を達成しています。このスキルを活かして、〜し、3年後には部署内での売上1位を達成したいと考えています。そして、5年後にはノウハウをチームに共有し、新人育成にも携わりたいです。まずは御社の商品や顧客についての知識を身につけながら個人成績を伸ばし、部署全体の業績を上げられるリーダーになりたいと考えています。

スペシャリストを目指す場合の例文

私は、新しい市場を開拓できる営業になりたいと考えています。既存顧客への提案営業で磨いた顧客との関係構築スキルや、提案スキルを活かして〇〇の新規開拓営業を行うことで交渉力を磨き、3年後には〜し、新規成約〇〇件を目標とします。5年後には潜在顧客へのアプローチも積極的に行い、潜在ニーズを引き出せるようになりたいと考えています。

あわせて読む:【例文付き】営業職のキャリアプランの考え方・答え方の3つのポイント

事務職のキャリアプランの答え方

事務職では、リーダーを目指す場合と、経理事務や金融事務、貿易事務など、より専門性が高い事務職を目指す場合があります。

専門性が高い事務職を目指す場合は、どんな業務を行えるかや、業務に役立つ資格をアピールしましょう

リーダーを目指す場合の例文

現職では、事務処理をミスなく丁寧にこなすスキルを活かし、さらに業務を効率化に努め、3年後にはリーダーとして業務の管理や業務改善の提案を行えるようになりたいです。そして、さらに新しい業務にチャレンジすることで自分のできる領域を伸ばし、5年後にはバックフィス全般を統括できるようになりたいです。

専門的な事務職を目指す場合の例文

私は経理事務として専門性を高めたいと考えています。現職で経理の補助業務を行いながら資格勉強をし、簿記2級を取得しました。ミスなく入出金管理や帳簿作成、年次決算をできるようになり、3年後には効率的に業務をこなせるようになり、5年後には経理・財務など知識の幅を広げたいです。

経理のキャリアプランの答え方

専門スキルが求められる経理職の場合、どんな業務を行えるかアピールし、3年後・5年後にはリーダーとしてマネジメントを行えるようになりたいのか、さらに専門領域を広げて経理のスペシャリストを目指すのか回答しましょう

管理職を目指す場合の例文

私は経理職として5年間日次経理業務から決算書(財務諸表)作成、連結決算、納税申告などを行ってきました。今後は〜し、3年後には新人育成にも携わり、ミスの防止に努めたいです。さらに予算管理や経営状況を分析できるようになり、5年後にはリーダーとして進捗管理や関係部署との調整を行い、ゆくゆくは経理部門の統括をできるようになりたいと考えています。

スペシャリストを目指す場合の例文

現職で2年間行ってきた日次経理業務・年次決算の経験を活かして、決算書(財務諸表)作成、連結決算、納税申告なども担当することによって、3年後には経理のプロフェッショナルを目指したいと考えています。そして、5年後には豊富な実務経験を活かし、イレギュラーな案件にも柔軟に対応できるよう努めたいです。

販売職のキャリアプランの答え方

販売職では、販売スタッフ→店長→商品企画やスーパーバイザーなどのキャリアパスがあります。

販売スタッフや店長の業務を行う中で身につけた、商品企画やスーパーバイザーの仕事に役立つ知識やスキルをアピールするようにしましょう

商品企画を目指す場合の例文

私は商品企画に携わり、人気商品を作れるようになりたいと考えています。アパレルの販売職として〜をすることで購入単価や購入点数のアップに努めてきました。この接客スキルを活かし、さらに〜することで、3年後には店長として店舗売上で実績を作り、5年後には商品知識や接客経験を活かして商品企画に携わりたいと考えています。

スーパーバイザーを目指す場合の例文

私はスーパーバイザーを目指したいと思っています。現職では〇〇の販売や人員管理や人材育成を行っており、スタッフや取引先との折衝などが強みです。この経験を活かして副店長としてスタッフの採用や研修に携わることで指導力を身につけ、3年後には店長としてスタッフの育成による業績向上に努め、5年後にはスーパーバイザーとしてエリア全体の売上を向上すべく〜したいです。

あわせて読む:【例文付き】事務職のキャリアプランの考え方・答え方の3つのポイント

製造業・メーカーのキャリアプランの答え方

製造業・メーカーでは、業務の効率化や品質の向上スキルが求められるので、3年後・5年後の目標として個人またはチームでの品質・生産性の向上が例としてあります

リーダーを目指す場合の例文

現職で身につけた〇〇の製造知識を活かして〇〇部門との連携をとりながら〇〇の製造に挑戦することで、専門領域を広め、〜ができるようになりたいと考えています。3年後には〜し、5年後にはプロジェクトの製造工程の統括ができるようになりたいです。

品質管理・生産管理を目指す場合の例文

私は技術職としての現場経験を積み、チーム全体での統括ができるリーダーを目指したいと考えています。現職では〇〇の製造を〇〇年間行い、ものづくりの技術を学び、業務の効率化に努めてきました。今後はさらに現場経験を積みながら人材育成にも携わり、3年後にはリーダーとして現場の監督および人員管理ができるようになりたいです。そして、5年後には品質管理・生産管理ができるようになることを目標としています。

あわせて読む:【例文付き】製造業・メーカーのキャリアプランの考え方・答え方の3つのポイント

エンジニアのキャリアプランの答え方

エンジニアのキャリアプランは、人材育成やプロジェクトマネージャーを目指したいのかや、どんな製品の開発の経験があり、今後どんな開発に挑戦したいかを答えましょう

プロジェクトマネージャーを目指す場合の例文

現職での開発経験を活かしてクライアントと直接関わることでヒアリングスキルを身につけ、3年後には、クライアントと現場の意見を調整し、よりスピーディーに品質のいいサービスを提案できるようになりたいと考えています。さらに〜をすることで5年後には、プロジェクト全体の統括を行えるようになりたいです。

開発スキルを磨きたい場合の例文

現職では〇〇の開発を〇〇年行ってきました。〜が得意とし、〜を活かして3年後には〇〇を習得し、〇〇の開発もできるようになりたいです。さらに〜することで5年後にはエンジニアの育成や統括ができるようになりたいです。

デザイナーのキャリアプランの答え方

デザイナーのキャリアプランでは、これまでどんな製品のデザインを行ってきたのかや、要件定義やディレクションの経験をアピールし、今後マネジメントを行いたいのか、デザインスキルを更に磨きたいのか答えるのがポイントです

リーダー・プロジェクトマネージャーを目指す場合の例文

Webサイト制作会社に入社し、デザインとコーディングを行ってきました。この経験を活かしてさらにUI・UXの設計にも挑戦し、3年目には、要件定義やディレクションができるようになることを目指します。そして、5年後にはリーダーとしてプロジェクト全体のマネジメントができるようになりたいです。

専門領域を広げたい場合の例文

事業会社のデザイナーとして〇〇というサービス専任でデザインを担当してきました。現職での運用改善経験を活かし、多様な業界・サービスののデザイン経験を積むことでさらにデザインスキルを磨き、5年後にはクライアントの要望に合わせたデザインの作成や提案ができるようになりたいです。

しろくま先生

以上でキャリアプランの答え方の3つのポイントと例文の説明は以上です。キャリアプランをうまく伝えるには、転職エージェントを利用し、企業選びから選考対策までサポートしてもらうのがおすすめです!

面接練習は転職エージェントを活用するのがおすすめ!

転職エージェントを使うべき理由

面接でキャリアプランをうまく伝えることも重要ですが、キャリアプランの実現でき、会社にとってもメリットがある企業を選ぶことが前提となります

転職エージェントに相談すると、あなたの希望に近い求人を紹介してくれたり、求人票や企業の採用ページでは知ることができない社風や制度について詳しい情報を教えてくれます

また、職務経歴書での職歴や志望動機の作成や面接対策もサポートしてくれるので、選考の通過率が上がりますよ!

おすすめの転職エージェント3選

転職エージェントを利用するなら、以下の3つの転職エージェントがおすすめです。

おすすめの転職エージェント3選
  1. リクルートエージェント
    求人数・転職実績No.1!まずは登録しておくべき!
  2. doda 
    転職満足度No.1!質の良い求人が豊富
  3. パソナキャリア 
    年収アップ率67.1%!ハイクラス・女性の転職に強い

おすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数・転職支援実績No.1の転職エージェントです。

全国各地の多様な求人を探すことができ、サポートも充実しているので、転職を考えるなら、まず登録しておいて間違いないでしょう。

求人の特徴
 #20代 #30代 #40代 #未経験OK  #上場企業 #地方
こんな人におすすめ

・選択肢を広げたい
・地方での転職希望者
・独自の企業分析や過去の選考情報を教えてもらいたい
・スピーディーに転職活動を進めたい

求人数
公開求人:120,369
非公開求人:184,252件
※2021年7月時点
対応エリア
全国
メリット
  • 求人数・転職実績No.1
    • 業界トップの20万件以上の求人、累計41万人以上の転職実績
    • 地方の求人や業界・職種未経験歓迎の求人も豊富
  • 経験豊富なアドバイザーによるスピーディーなサポートが受けられる
    • 職務経歴書・履歴書などの書類の添削、 独自に分析した業界・企業情報の提供、 志望企業への推薦など様々な転職サポートをしてくれる
    • スピード感のあるサポートに定評がある
利用者の口コミ

リクルートエージェントとの面談しました

自分の志向や自己PRの方法について相談に乗ってくれた!

必ずし転職しなければならない訳ではないって言ってたから、今の仕事がイヤなら相談だけでもして良かった!

転職するかはともかく、転職活動だけはしてみようかな

全滅だったら現職のままでいいし

出典:twitter

しろくま先生

リクルートエージェントは、求人数が最も多く、転職実績も豊富なので、いろんな求人から探したい、なるべく早く転職先を決めたいという方におすすめです。

おすすめの転職エージェント2:doda

doda

dodaは、転職者満足度No.1の転職エージェントで求人の質がよく、サポートも充実しています。

求人の特徴
#第二新卒 #20代 #30代 #40代 #未経験OK  #上場企業
こんな人におすすめ

・豊富な求人の中から質の良い求人を紹介してほしい
・大手・優良企業の求人が見たい
・気軽に参加できるセミナーで相談や選考対策がしたい

求人数
公開求人:91,505
非公開求人:33,738件
※2021年7月時点
対応エリア
全国
メリット
  • 総求人数が12万件以上
    • 業界No.2の求人数を誇り、求人の質もいい
  • 転職満足度No.1
    • 優良企業の求人が多いので、満足度が高い
  • 転職セミナーや手厚い転職サポートが受けられる
    • オンラインで気軽に参加できるセミナーで相談や選考対策ができる
    • 応募書類だけでは伝わらない人柄や志向を企業に伝え、選考通過を後押ししてくれる
利用者の口コミ
『現状以上』の転職を考えてる人に強く言いたい。 エージェント会社いっぱいあるけど、数があればいい訳じゃない。求人の質はめちゃくちゃ大事。 その点DODAは良かったぞ! 2大エージェントサービスを使って比較検討した結果、圧倒的にDODAの求人が良かった

出典:twitter

また、無料登録をすると職務経歴書を簡単に作成できる”レジュメビルダー”を利用できるので、登録して活用してみてください。

dodaのレジュメビルダー
無料登録してレジュメビルダーを使ってみよう!

おすすめの転職エージェント3:パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、親身で丁寧なサポートが好評な転職エージェントです。 

女性の転職に特化したチームがサポートしてくれるので、特に女性におすすめです。

求人の特徴
#20代 #30代 #40代 #女性におすすめ  #未経験OK #ハイクラス転職に強い  #上場企業
こんな人におすすめ

・キャリアアップしたい、年収を上げたい
・ワークライフバランスを取りながら活躍したい女性
・転職活動のやり方や自己PRの仕方など、 丁寧にサポートしてほしい

求人数
公開求人:35,927
※2021年7月時点
対応エリア
関東・東海・関西

パソナキャリア公式サイト

メリット
  • 年収アップ率67.1%!
    • キャリアアップ・ハイクラス転職の実績が豊富
    • 履歴書・職務経歴書の添削から面接対策まで丁寧にサポートしてくれるので、選考に通りやすい
  • 女性の転職に特化したチームがサポートしてくれる
    • 女性社員が活躍している事例や、産休・育休から復帰した女性の数などを企業からしっかりヒアリングして伝えてくれる
    • 女性の転職支援実績が豊富
利用者の口コミ
パソナキャリアで転職活動したんだけど紹介してくださるお仕事先、どこも興味深かったし、ガツガツ来ないから自分のペースで転職できたしいくつか見比べた中で一番よかったからそっとおすすめしておく……。

出典:twitter

しろくま先生

パソナキャリアに相談すると、手厚くサポートしてくれるため、年収アップできる可能性がありますよ!

無料で利用できるので、まずは無料相談をしてみましょう!

パソナキャリア公式サイト

転職エージェントによって保有する求人は異なり、業界や職種、地域や属性などによって強み・弱みもあるので、複数社の転職エージェントに相談するのがおすすめです

複数社への相談がおすすめ

迷ったら相談すべき転職エージェント

複数社に相談するメリット

  1. たくさんの求人を比較検討できる
  2. 相性のいい担当者と出会いやすい

今回紹介した3社以外にも、業界や職種、属性などに特化した転職エージェントもあります。以下の記事でまとめて紹介しているので読んでみてください。

あわせて読む:転職エージェントおすすめランキングTOP5|求人数・特徴を徹底比較

キャリアプランは3つのポイントをおさえて答えよう!

この記事では、キャリアプランの答え方の3つのポイントと職種ごとの例文を紹介しました。

以下の3つのポイントを意識して答えることで、企業側の「うちの会社とマッチするか」「目標設定・実行ができるか」「採用するメリットがあるか」といった懸念を払拭することができ、選考の通過率が上がりますよ!

  1. その業界・職種での目標
  2. 3年後・5年後の具体的な目標
  3. 現在の達成度・取り組んでいること

今回紹介した例文を参考に、自分なりのキャリアプランを整理してみてください。

また、転職エージェントを活用し、現職での悩みを解決できる企業の紹介や、企業に刺さる志望理由・キャリアプランの回答をサポートしてもらうと選考の通過率がさらに上がりますよ!

しろくま先生

転職エージェントに登録するなら、以下の3社がおすすめです!
おすすめの転職エージェント3選
  1. リクルートエージェント
    求人数・転職実績No.1!まずは登録しておくべき!
  2. doda 
    転職満足度No.1!質の良い求人が豊富
  3. パソナキャリア 
    年収アップ率67.1%!ハイクラス・女性の転職に強い

どの転職エージェントに登録するか迷ったら、まずは求人数、転職支援実績No.1のリクルートエージェントと、転職満足度No.1のdodaに登録しておきましょう!

\まずは 無料相談をしてみよう!

しろくま先生

キャリアプランをうまく話せるようになり、転職活動がうまくいくよう応援しています!