【例文付き】女性のキャリアプランの考え方・転職面接での答え方

【例文付き】女性のキャリアプランの考え方・転職面接での答え方

  • 『自分のキャリアプランが分からない』
  • 『キャリアプランはどうやって考えればいいの?』

と思っていませんか?

特に女性は結婚や出産といったライフイベントがキャリアに大きく影響するため、どう考えればいいのか悩む方も多いのではないでしょうか?

この記事では、キャリアプラン女性のキャリアプランの考え方の手順を例文付きで解説するので、あなとのキャリアの方向性が明確になりますよ!
この記事を書いたのは
プロフィール背景画像
プロフィール画像

五十嵐美貴

キャリアカウンセラー歴13年:2級キャリア・コンサルティング技能士(国家資格)、キャリアコンサルタント(国家資格)、CDA(キャリアディベロップメントアドバイザー)。高校生から中高年までの幅広い年齢層の就職・転職支援、相談業務に従事。高校や大学での面接指導、職業訓練校や就労移行支援事業所での講師兼キャリアコンサルタント、就職・転職フェアでの相談コーナーにて、求職者を支援。

    キャリアプランが思いつかないなら…

    キャリアプランが思いつかない、自分の将来に漠然とした不安を感じているなら、オンラインでのキャリア相談がおすすめです!

    キャリアのプロが、自己分析やキャリア設計をサポートしてくれるため、キャリアの方向性が明確になり、自分の人生を変えるきっかけとなりますよ!

    当サイトがおすすめする相談先は、ポジウィルキャリアです。女性のコーチも多く、ライフイベントと仕事の両立など、女性特有の悩みを相談しやすく、女性に人気のキャリア相談サービスです。

    人生・キャリア設計をプロに相談でき、無料相談を受けるだけでもキャリアの方向性が明確になるので、まずは面談を予約してみてください。

    無料相談はこちら!

    他にもおすすめのキャリア相談先を知りたい方、キャリアコーチングと転職エージェントの違いについて知りたい方は以下の記事も併せて読んでみてください。

    関連記事:女性の転職キャリア相談先おすすめ19選|無料利用・体験できるサービスを比較

    女性のキャリアプランの考え方の3つの手順

    キャリアプランは以下の手順で考えてみましょう。

    1. 自己分析・目標設定
    2. 現状とのギャップの明確化
    3. アクションプランへ落とし込む

    キャリアプランの考え方1:自己分析・目標設定

    まずは、自己分析を行い、どんなキャリアを目指したいか目標を設定しましょう

    これまでの経験でどんな部分にやりがいを感じるか、どんなことを強みとするか考えたり、先輩社員を思い受けべてどんな人に憧れるかなどについて考えることで、5〜10年後の自分の理想の姿を明確にしてみましょう

    また、出産や結婚を考えている場合は、仕事とのバランスをどうとりたいのか考えておきましょう!

    チェックポイント

    • どんなときにやりがいを感じたか
    • どんなスキルを伸ばしたいか
    • どんな先輩社員に憧れるか
    • どんな働き方をしたいか
    キャリアの目標の例
    • 〜ができる管理職をめざしたい
    • いろんな業界・サービスの〇〇に携わり、〇〇の専門性を磨きたい
    • 親和性のある異業種に挑戦して専門領域を広げたい
    • ワークライフバランスを取りながら働き、〇〇を目指したい
    • 出産・子育てが落ち着いたら復職し、〜を目指したい
    目標が分からない人は...

    自分のキャリアの目標が分からない、実現するためにどうすればいいのか分からないという人は、キャリアコーチングを受けてみましょう

    転職のプロがありたい姿を言語化し、アクションプランの設計をサポートしてくれますよ!

    無料体験を受けるだけでもキャリアの方向性や目標が明確になるので、まずは申し込んでみてください。

    \まずは 無料相談をしてみよう!

    キャリアプランの考え方2:現状とのギャップの明確化

    目標を設定できたら、それを実現するためにどんなスキル・経験が必要なのか、現状でどのぐらい達成できているのか考え、現状とのギャップを明確にしましょう

    現状とのギャップの例
    • 既存顧客との関係構築スキルは身についたが、新規顧客から潜在ニーズを引き出すスキルが足りない
    • 〇〇の業務を覚え、ミスなくこなすことができるが、効率よくこなすことができていない
    • 現場での経験を積み、〜できるようになったが、リーダーに必要な統率力が足りない
    • 今の会社、業界、職種ではワークライフバランスが取りにくい
    • 仕事に慣れてきて業務をこなせるようになったが、転職や再就職で困らないよう、さらに実績を上げたい

    キャリアプランの考え方3:アクションプランへ落とし込む

    目標を達成するために必要なスキルや経験を整理したら、3年・5年の目標を立て、どのように実行するのか具体的な計画を立てていきましょう

    3年後・5年後の目標の例
    • 3年後には部署内での売上1位を達成する。5年後にはノウハウをチームに共有することでチーム全体での売上向上を図り、マネージャーを目指す
    • 現職で開発の経験を積み、3年後に上流工程から携われる会社に転職し、ヒアリング・提案スキルを身につけることで5年後にはプロジェクト全体を統括できるようになる
    • 営業職で得た顧客のニーズを分析し、改善を重ねる経験を活かしてマーケティング職に転職し、3年後には〜の専門性を身につけることで売上の向上につなげたい、5年後には〜ができる管理職を目指したい
    • 簿記2級を取得して転職活動を行い、3年後には決算書(財務諸表)作成、連結決算、納税申告ができるようになることを目指し、5年後にはリーダーとして進捗管理や関係部署との調整を行えるようになる

    20代女性のキャリアプランの考え方のポイント

    20代女性のキャリアと転職活動のポイント

    20代前半から中半にかけては、就活中であったり、入社後の仕事を覚えることで精一杯な時期。20代後半にかけては、20代の若いうちに転職に踏み切るかどうかを悩む時期でしょう。

    従って、長期的なキャリアプランを考える精神的な余裕はないかもしれません。特に女性は結婚・出産・子育ての有無などによって、多様な生き方の選択を迫られます

    加えて、人生100年時代といわれる昨今、今後の長い人生を20代のうちから考えておくのは仕事やプライベートを充実させるためにも重要なことです

    そこで、20代女性は仕事と家庭生活とどちらにどの程度の比重を置くのかも含め、20代~30代にかけての公私両面の人生設計を描いておくようにしましょう。

    20代女性のキャリアプランの例文

    ①   新卒就活生の場合(20代は仕事に集中。結婚後は商品企画やマーケティングに移行しようと考えているケース)

    私は、20代は様々な経験をし、多くの知識とスキルを身につけ、人間性を磨くために、がむしゃらに仕事をする年代だと思っております。そこで選択した職種が営業です。営業職は、自社製品の知識と営業としてのスキルを身につけることはもちろん、年齢も立場も好みも様々なお客様と接することで、人間的にも成長できると思うからです。お客様との信頼関係を築き、ニーズを的確につかめば、より良い提案ができますし、お客様のご要望からは、自社製品がより魅力的になるための改善点として新商品開発部への橋渡しもしていきたいと思います。将来的には、商品企画やマーケティングの仕事にも携わっていきたいと考えております。

    ②   社内ヘルプデスクとして勤務した後、将来的に在宅でも仕事が可能なプログラマーやSEを目指そうとしているケース

     私は3年間の社外ヘルプデスクの経験を活かし、プログラマーを経て、さらにSEを目指したいと思っております。マイクロソフトオフィススペシャリストと情報処理技術者の資格も取得いたしました。在職中から、プログラミングスクールにも通い続けております。これまで、パソコンの使い方からシステムのトラブルなどのお客様からのご相談に応じ、解決するまでサポートをして参りましたが。今度はシステムの提案者という立場でお客様のご要望に応じた提案をしていきたいと思いました。そのためにも新しい知識とスキルを吸収する努力を怠らず、便利で操作も簡単で人々の役に立つシステムの構築に尽力していきたいと思います。

    ③   残業が少なく、安定した仕事でワークライフバランス重視の生き方を望むケース

     私はこれまで派遣で事務の仕事をし続けてきましたが、正社員として事務職の仕事に就き、末永く御社の組織を下支えする事務のスペシャリストになりたいと思っております。これまで私は一般事務だけでなく、企業によっては、総務、経理、一般事務など複数の事務職を兼務したこともあります。また、パソコンのスキルを買われ、新卒採用時の学生への企業説明用プレゼン資料をパワーポイントで作成したり、営業事務と営業所長の秘書業務も兼務した経験もございます。複数の企業で複数の事務を経験したことで、どんな業界の事務系の仕事に柔軟に対応できることと、職場の環境にもすぐに溶け込めるのが私の強みだと思っております

    30代女性のキャリアプランの考え方のポイント

    30代女性のキャリアと転職活動のポイント

    30代の女性は、20代以上に結婚・出産・子育てのライフイベントに直面する時期です。

    結婚後も仕事を続けたいと思っていても、出産・子育てによって状況が一変し、それまでとは同様の働き方ができなくなる場合も。

    産休・育休後に元の職場に復職するのか、転職するのか、それとも完全に退職するのか、結婚せずに働き続けるのか、結婚後に子供をもたずに仕事を続けるのか等々、方向性を定めた上でキャリアプランの再構築をしましょう。

    転職の際は、企業から即戦力と専門性、マネジメント能力が期待されます。これまでの業務内容やスキル、知識、実績などのキャリアの棚卸しと仕事上の価値観の見直しも欠かせません。資金計画も重要ですよ。

    30代女性のキャリアプランの例文

    ①   夫の転勤と出産により退職→再就職

    私は夫の転勤と出産に伴い、前職の販売職を退職しました。子供も保育園に行くようになったことを契機に再び仕事をすることにしました。前職は輸入雑貨店の転院でしたので、マタニティーや幼児用品専門の御社とは扱う商品が異なりますが、出産と子育てを経験したことで、出産や子育てに悩むお母様方に寄り添い、商品選びのアドバイスだけでなく、同じ母親として相談にも応じることができるようにしたいと思っております。前職では、商品の買い付けやマーケティングにも携わっておりました。その経験も活かし、今後はマーケティングやイベント企画にも携わり、売り上げに貢献していきたいと思っております。

    ②   コールセンター業務から化粧品美容部員へ

    私はアレルギー体質で皮膚がかぶれやすく、化粧品選びには苦労しました。そんな時、御社の美容部員〇〇さんと出会い、御社の製品を使うようになってから、肌荒れが軽減され、化粧もできるようになりました。それ以来十数年、御社の製品だけでなく、○○さんのファンになりました。人前に出ずに済むコールセンター業務を続けてきましたが、長年の悩みも解消され、自信にもつながりました。私も〇〇さんのようなお客様に親身になって寄り添う美容部員となり、実体験も活かしつつ、私のような悩みのある方々のお役に立ちたいと思うようになりました。コールセンターでの経験も接客に十分に活かし、末永く御社に貢献できるように努める所存です。

    ③   企業の人事から転職エージェントへ

    私は人事課で主に新卒並びに中途採用関連業務や社内研修の企画運営に携わって参りました。その経験を活かし、今後は就職や転職支援の仕事に携わりたいと思うようになりました。私も新卒の就活中は就活エージェントにお世話になりましたし、今回の転職に際しても複数の転職エージェントのお世話になり、アドバイザーの方の仕事ぶりを拝見し、一人の人間の人生に関わる責任の大きさとやりがいのある仕事だと感じています。人事課での仕事経験から、就活中の方々に採用側の視点でのアドバイスもできると思います。また、キャリアコンサルタントの資格を取得し、知識とスキルアップ、情報収集に努め、企業と求職者双方のお役に立ちたいと存じます。

    40代女性のキャリアプランの考え方のポイント

    40代女性のキャリアと転職活動のポイント

    40代になると、育児に専念していた女性もそろそろ復職したいと考える人も多いのではないでしょうか。

    現在は採用の際に年齢制限を設けることは法律で禁止されていますが、実際には20代や30代に比べると再就職のハードルが高くなっているのが現実です。

    企業からは即戦力として過去の仕事経験やスキルのみならず、マネジメント力、提案力、企画力、問題解決力、良好な人間関係の構築力、ストレス耐性なども重視されますよ

    また、この年代は子供の教育費や老親の介護問題も生じてくる時期です。

    経験を重ねたからこそ得られた新たな自分の強みの整理をし、資金計画も念頭に置いたキャリアプランの見直しを図りましょう。

    40代女性のキャリアプランの例文

    ①   介護職

     私は出産を機に退職し、2人の子育てに専念していましたが、子供の手もかからなくなったことと、両親も高齢となりましたので、そう遠くない将来介護の問題も生じた時に役立つだろうと考え、介護職を目指すことにしました。介護職は未経験ですが、既に介護職員初任者研修と介護職員実務者研修を終えております。御社で介護職として働きながら、まずは介護福祉士の資格取得を目指し、さらに経験を積んで、介護予防運動指導員やサービス提供責任者も目指したいと思います。介護職には他にも様々な資格があるので、必要に応じてチャレンジしていきたいと思っています。また、将来的にはケアマネジャーになるのが目標です。

    ②   コールセンター

    私はコールセンターで15年勤めた後、出産を機に退職しましたが、子供も手がかからなくなりましたので、再びコールセンターで働きたくなりました。前職で入社5年目にはコールセンターの責任者になり、正社員、アルバイト、派遣社員合わせて約100名の人員を束ねて参りました。教育担当として新人研修やクレーム対応研修を開催し、指導も行ってきました。シフト管理や業務改善にも取り組み、平均勤続年数を2年アップする事にも貢献できました。前職を辞めてから少々ブランクがありますが、実家の経営する〇〇店の手伝いを時々しており、まったく接客の勘は鈍っていないと自負しております。特にクレーム対応は得意としています。

    ③   インテリアコーディネーター

    私は住宅メーカーでインテリアコーディネーターの仕事を10年間務めた後、子育てのために退職しました。現在まで5年間のブランクがありますが、いつでも仕事に復帰できるように準備を整えておりました。この間もインテリアの最新流行や情報に常にアンテナを張り巡らせ、センスを磨く努力を怠りませんでした。また、CADの資格も取得しました。結婚したことで、独身の時には気づかなかった主婦としての視点や感覚も住まいづくりに活かすことができると思っております。さらに今後は住空間収納プランナーや、福祉住環境コーディネーターなどの資格も取得し、様々なお客様の多彩なご要望に応えられるようにしていきたいと思います。

    キャリアプランを考えるならキャリアコーチングがおすすめ!

    キャリアコーチングとは、コーチとマンツーマンで自己分析やキャリアの棚卸しによって理想のキャリアやそれを実現するためのアクションプランの設計を行うサービスです。

    キャリアコーチングの流れは、以下のような手順で行われます。

    キャリアコーチングの手順

    以上の手順で、第三者から客観的な意見をもらうことで、自分の強みや価値観、やりたいことが明確になりますよ!

    1人での自己分析やキャリア設計に限界を感じている方におすすめです。

    キャリアコーチングを受けるメリット
    自己分析やキャリア設計について相談できる人は周りにはあまりいないので、面白そうですね!

    女性におすすめのキャリアコーチングサービス5選

    1.ポジウィル キャリア2.マジキャリ3.きづく。転職相談4.キャリート5.ライフシフトラボ
    ポジウィルキャリアマジキャリきづく。転職相談キャリート ライフシフトラボ 
    コーチ・運営会社採用通過率1%を突破した
    トレーナーがサポート
    顧客満足度92%!
    年間3000名の転職支援実績
    をもつ
    アクシス株式会社が運営
    経験豊富なコーチが所属!
    若手はもちろん中堅社員・経営者の悩みにも対応!
    ・国家資格キャリアコンサルタント
    ・話しやすく、一人一人に寄り添ってくれる
    コーチ
    がサポート
    ・キャリア支援実績が豊富な
    40代や50代のコーチがサポート!
    コーチングの手法・キャリア心理学に基づいた
    コーチング
    ・幼少期からの人生の振り返り・
    キャリアの棚卸し・適職診断ツール
    経験豊富なコーチの知見に基づいた
    コーチング
    ・悩みや課題に合わせて
    カウンセリング、アドバイス
    ・複業の準備〜開始までの
    過程でアドバイス
    こんな人におすすめ理想のキャリアを明確にしたい
    企業選び・選考対策のサポート
    を受けたい
    ・今後のキャリアプランが決まっていない
    ・自分に合った職種や企業が分からない
    1ヶ月間、短期集中で転職活動に取り組みたい
    一度立ち止まって今後のキャリアのことを考えたい
    1人での自己分析に限界を感じている
    ・自分に合った仕事・働き方を見つけたい
    ・40代や50代からの転職や独立、
    退職後のキャリアについて考えたい
    ・40代や50代で新しい仕事に挑戦したい
    無料体験◎ 
    分割払い
    返金保証
    チャットサポート

    この5社の中でも、ポジウィルキャリアは女性のコーチも多く、女性の悩みを等身大で相談できるので、女性に人気です!

    無料体験を受けるだけでもキャリアの方向性に関するヒントが得られるので、まずは面談を予約してみてください。

    無料相談はこちら!

    それぞれの特徴や口コミを紹介していくので、気になったサービスは無料体験を受けてみましょう!

    おすすめのキャリアコーチングサービス1:ポジウィルキャリア

    ポジウィルキャリア

    ポジウィルキャリアは、「どう生きたいか」という生き方視点で理想のキャリアを明確にし、実現をサポートしてくれるキャリアトレーニングサービスです。

    キャリア心理学に基づいた自己分析・キャリア設計を行ってくれるので、今の仕事を続けるべきか転職すべきか迷っている、自分らしいキャリア選択がしたいという方におすすめです。

    自己分析やキャリア設計を行うことで、キャリアの方向性が明確になり、すっきりしますよ。

    サービスのの特徴
    #キャリア心理学に基づいた自己分析 #キャリア設計 #選考対策 
    こんな人におすすめ

    理想の生き方を明確にしたい
    ・キャリアに本気で向き合い、後悔しないキャリア選択がしたい
    ・企業選びや選考対策のサポートを受けたい

    無料体験
    あり(45分)
    対応エリア
    全国(オンライン)
    メリット
    • やりたいこと・目標が見つかる
      • キャリア心理学に基づいた自己分析・キャリア分析ができる
    • 転職活動をスピーディーに進めることができる
      • 1ヶ月〜3ヶ月間、毎週面談を実施
      • プロのアドバイスにより企業選び、選考書類の作成、面接対策を効率よく行える
    38歳女性
    38歳女性

    現在育休中で、復帰後の働き方を相談したいと思いました。復帰してそのまま働くのがいいのか転職した方がいいのか悩んでいました。

    無料でしたが、有料レベルの対応だったかと思います。どんな質問に対しても親身に的確に提案してくれました。特にサービスの継続を勧められることもなかったので気楽に相談することができました。自分が悩んでいることを全て相談でき悩みを整理して何を決断すればいいかが見えてきました。ポジキャリアの方からも質問していただくことで、自分で気づかない部分も気づかせてもらうことで自分がどう考えて行動していけばいいかがわかりました。相談しなければ悩んだまま自分では何も考えられず決断できないまま現状維持で過ごしていたかと思います。今回の相談をきっかけに行動していきたいと思います。

    (引用元:HRtable独自のアンケート)

    初回の無料面談を受けるだけでも「どう生きるかが整理されてすっきりした」という口コミがありました。

    無料でプロのコーチによる本格的なキャリアコーチングが受けられるので、ぜひ体験してみてください!

    無料相談はこちら!

    あわせて読む:ポジウィルキャリアの評判・口コミはどう?無料相談・利用者の体験談を紹介!

    おすすめのキャリアコーチングサービス2:マジキャリ

    マジキャリ

    【マジキャリ】は、転職エージェントを運営するアクシス株式会社が運営するキャリアコーチングサービスで、「自分自身の人生やキャリアを見つめ直したい!」という方に向けたサービスです。

    幼少期からの振り返りやキャリアの棚卸しを通じて、自分自身の強み・弱み・価値観を分析し、自分がやりたいこと、将来どうありたいかを明確にすることができます。

    マジキャリのキャリアコーチングを受けることで、やりたいことが見つかった、選考でうまくアピールできるようになったと好評です。

    初回は無料でプロのキャリアコーチのコーチングが体験できるので、「現職辞めて転職すべきかどうか相談したい」「転職するならどんな仕事がいいか相談したい」といった方は気軽に受けてみてください!

    サービスのの特徴
    #自己分析 #適職診断ツールを用いたキャリア設計 #選考対策 
    こんな人におすすめ

    転職すべきか考えたい
    やりたいことを見つけたい
    ・プロから企業選びのアドバイスをもらいたい
    ・職務経歴書の添削・面接対策を受けて転職を成功させたい

    無料体験
    あり(悩みの相談:10分・自己分析:40分・フィードバック:10分)
    対応エリア
    全国(オンライン)
    メリット
    • 年間3,000名の転職支援実績を持つアクシス株式会社が運営
      • 最新の転職市場の情報を踏まえたアドバイスがもらえる
      • 企業選び、選考対策のノウハウが豊富
    • 顧客満足度92%
      • 満足度9.6点/10のプロの専属キャリアコーチがサポート
      • LINEでいつでも相談可能
      • 全額返金保証あり
      • 無理な勧誘がない

    初回無料相談を受けさせて頂きました。
    担当の方のヒアリング力が高く、多くの気付きを得られ、自分自身の次取るべきアクションが明確になりました。
    今回は、コース購入には至りませんでしたが、自分自身がマジキャリ様を必要な状況となった際は、是非お願いしたいと思います。

    出典:Googleマイビジネス

    あわせて読む:マジキャリの評判・口コミはどう?勧誘される?利用者の体験談を紹介!

    「無料の面談だけでも深い自己分析ができた」といった口コミがあります。無料相談では、悩みの相談(10分)、自己分析(40分)、フィードバック(10分)の手順で行われるので、まずは相談して自己分析をしてみましょう!

    無料相談はこちら!

    おすすめのキャリアコーチングサービス3:きづく。転職相談

    きづく。転職相談

    【きづく。転職相談】は、プロがキャリアの悩みを一緒に解決してくれるキャリアカウンセリングサービスです。

    きづく。転職相談は、1ヶ月プランから転職活動サポートを行なっている点が他社サービスとは異なり、1ヶ月で自己分析〜企業選び、選考対策を行えるので、短期集中で転職活動をしたい、すぐに転職活動を始めたいという方にもおすすめです。

    また、経験豊富なコーチが所属しているため、若手社員はもちろん、中堅社員や経営者など、幅広い世代・キャリアの方が満足できるサービスを提供できます

    サービスのの特徴
    #自己分析 #キャリア設計 #転職相談 #起業相談 #選考対策 
    こんな人におすすめ

    ・1ヶ月間、短期集中で自己分析・キャリア設計・選考対策をしたい
    ・一度立ち止まって今後のキャリアのことを考えたい

    無料体験
    あり
    対応エリア
    全国(オンライン)
    おすすめポイント
    • 経験豊富なキャリアの専門家がサポートしてくれる
      • キャリア支援経験が豊富なコーチに相談できるので、30代〜40代の女性におすすめ!
      • 転職や副業、起業・女性のキャリアなどの相談ができる!
    • 短期間で自己分析や転職活動のサポートが受けられる1ヶ月プランがある
      • すぐに転職活動を始めたい方、1ヶ月短期集中で転職活動をしたい方におすすめ!

    無料相談はこちら!

    近藤社長にインタビューさせていただきました!

    あわせて読む:きづく。転職相談の評判は?【代表に直接インタビュー!】|口コミ・メリットを解説!

    おすすめのキャリアコーチングサービス3:CAREET

    キャリート

    キャリートは、国家資格キャリアコンサルタントもしくはプロコーチ資格保持者に相談できるキャリアカウンセリングサービスです。

    初めて転職をする方はもちろん、転職回数が多いジョブホッパーや繊細な方(HSP)のキャリア支援実績も豊富です。

    また、「話しやすくあたたかい人間性」という基準で採用されたコーチがサポートしてくれるので、人には相談しづらい悩みを気軽に相談しやすいです

    サービスのの特徴
    #国家資格キャリアコンサルタントによる自己分析 #キャリア設計 #選考対策 
    こんな人におすすめ

    親身になってキャリアに向き合って欲しい
    1人での自己分析に限界を感じている
    自分に合った仕事・働き方を見つけたい
    納得のいく転職がしたい

    無料体験
    あり(60分)
    対応エリア
    全国(オンライン)
    メリット
    • 利用者の満足度4.71/5
      • コーチ全員が国家資格キャリアコンサルタントもしくはプロコーチ資格保持者がサポートしてくれる
      • 話しやすく、親身になってキャリアに向き合ってもらえる
      • 若手層や初めて転職する方はもちろん、ジョブホッパーやHSPの方への支援にも強みがある

    無料相談はこちら!

    キャリートの宗像社長のサービスへの想いやサポートの強みについて詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせて読んでみてください!

    おすすめのキャリアコーチングサービス5:ライフシフトラボ

    ライフシフトラボは、複業・社外活動を足がかりに転職・独立起業・定年後のセカンドキャリアなど人生後半の自律したキャリアをサポートする実践型のキャリアスクールです。

    40代や50代以降のキャリアについての相談や、複業や社外活動の準備〜開始までのアドバイスがもらえます。

    経験豊富な同年代のコーチがサポートしてくれるため、40代や50代のキャリアの悩みを等身大で相談できます。

    こんな人におすすめ・40代や50代の転職や独立、資格取得などを相談したい
    ・40代や50代で新しい仕事にチャレンジしたい
    ・退職後のキャリアを考えたい
    無料体験あり
    おすすめポイント
    • 40代〜50代向けの実践型キャリア自律スクール
    • 60日間の短期集中型プログラムの内容
       1. 自分の経験やスキルが誰に価値を持つかがわかり、自分を “商品化” できる
       2. 学ぶだけ・考えるだけで終わらず、複業活動を実際にスタートできる
       3. 複業を足がかりに、今後30年間のキャリア自律の活路が拓ける

    無料相談はこちら!

    あわせて読む:【ライフシフトラボの評判】受講生が感じた衝撃のメリット・特長を解説!

    キャリアコーチングと転職エージェントの違い

    転職エージェントとは、ビジネスモデルが違うため、「求人紹介をしない」「有料」といった特徴があります。

    転職エージェントは求人紹介をし、転職が成立したら手数料として企業から成果報酬を受け取るため、求職者は無料で利用することができます

    キャリアコーチングのビジネスモデル

    一方、キャリアコーチングは企業と提携しておらず、利用者はサービス料を支払う代わりに転職以外の選択肢を含めたキャリア相談や、転職を成功させるための手厚いサポート・アドバイスが受けられます

    ですので、キャリアコーチングは転職するか迷っている段階の人や、転職以外の選択肢を含めてじっくり自分のキャリアについて考えたいという人におすすめです。

    キャリアコーチングのビジネスモデル
    キャリアコーチング転職エージェント
    こんな人におすすめ・転職・キャリアについて気軽に相談したい
    ・自分のキャリアについて時間をかけてじっくり考えたい
    ・手厚い転職サポートを受けて転職を成功させたい
    ・転職の意思がある程度固まっている
    ・おすすめの求人を紹介してほしい
    ・企業毎の選考対策や条件の交渉をしてほしい
    現職の悩み相談
    自己分析
    キャリア設計
    転職アドバイス
    求人紹介×
    選考対策
    面談回数5〜15回1〜5回
    キャリアコーチングと転職エージェントはそれぞれメリットがあるんですね!どっちも使うことってできるんですか?

    転職エージェントとキャリアコーチングは両方使ってもいいですよ!

    転職エージェントで紹介してもらった求人を選定する際に、選び方のアドバイスがもらえますよ!

    転職面接での女性のキャリアプランの答え方の3つのポイント

    転職面接でキャリアプランを聞く際には、自社とマッチするかや目標設定・達成能力があるかチェックしているので、以下の3つのポイントがあります

    1. 求人票に書いている内容に合致する内容を話す
    2. 実現可能な具体的な目標を設定する
    3. スキル・実績をアピールする

    ポイント1:求人票に書いている内容に合致する内容を話す

    前提として、会社は、転職者がどのように会社に利益を与えてくれるかによって採用するかを判断するため、そのキャリアプランを歩むことで、会社にとってもメリットがないと採用してもらえません

    プライベートを重視した目標を話したり、その会社の方針と異なることを話してしまうとマイナス評価となってしまいます。

    ですので、その会社がどのような人材を求めているのか、目標を達成することで自分だけでなく会社にとってメリットがあるかチェックするようにしましょう

    求める人材像を調べるには...
    企業がどんな人材を求めているか調べるには、求人票を見ておきましょう。

    会社側は求人票に記載している条件に近い人を採用したいと思っているので、欲しい人材の要件について書いている求人票はしっかり読み込んでおきましょう!

    注意
    結婚・出産の予定がある方、お子さんがいる方の場合、面接で家事・子育てとの両立について質問されることもあるので、どう両立するのか、具体的にどんな対策をとるかを考えておくと採用してもらえる確率が上がりますよ!

    ポイント2:実現可能な具体的な目標を設定する

    キャリアプランを聞く際には、目標設定・達成能力があるかや、求職者にとって長期的に働くメリットがあるかを見ているので、目標が曖昧であったり、実現が不可能なもの、その会社で出来ないことを答えてしまうと評価が下がってしまいます

    ですので、目標を達成するためにどんなスキルや行動が必要なのか、その会社でどのように実行するのか考えておきましょう

    目標が分からない人は...

    自分のキャリアの目標が分からない、実現するためにどうすればいいのか分からないという人は、キャリアコーチングを受けてみましょう

    転職のプロがありたい姿を言語化し、アクションプランの設計をサポートしてくれますよ!

    無料体験を受けるだけでもキャリアの方向性や目標が明確になるので、まずは申し込んでみてください。

    \まずは 無料相談をしてみよう!

    ポイント3:スキル・実績をアピールする

    キャリアプランについての質問は、スキルや実績をアピールできるチャンスです

    自己PRと同様に、会社側にとって採用したいと思ってもらえるようにアピールしましょう。

    目指したい姿を達成するために、これまでどんな努力をしてきて、現状どんなスキル・実績があるかを話すことで、目標に対する実行力があることや、入社後にどのような活躍できるかをアピールすることができますよ

    以下の記事でキャリアプランの考え方を具体的に解説しているので、あわせて読んでみてください。

    あわせて読む:キャリアプランがない人必見!キャリアプランの考え方【例文付き】

    キャリアプランは職種によっても異なるので、次はそれぞれの職種での例文を紹介します。

    【職種別】キャリアプランの答え方の例文

    営業職のキャリアプランの答え方

    営業職のキャリアプランでは、現職でどんなことを得意とするか、どんな実績があるかアピールし、それを活かして3年後・5年後にどんな目標を持っているのか具体的に答えましょう!

    管理職を目指す場合の例文

    私は営業部門のリーダーを目指したいと考えています。現職では〜を得意とし、月間売上〇〇円を達成しています。このスキルを活かして、〜し、3年後には部署内での売上1位を達成したいと考えています。そして、5年後にはノウハウをチームに共有し、新人育成にも携わりたいです。まずは御社の商品や顧客についての知識を身につけながら個人成績を伸ばし、部署全体の業績を上げられるリーダーになりたいと考えています。

    スペシャリストを目指す場合の例文

    私は、新しい市場を開拓できる営業になりたいと考えています。既存顧客への提案営業で磨いた顧客との関係構築スキルや、提案スキルを活かして〇〇の新規開拓営業を行うことで交渉力を磨き、3年後には〜し、新規成約〇〇件を目標とします。5年後には潜在顧客へのアプローチも積極的に行い、潜在ニーズを引き出せるようになりたいと考えています。

    あわせて読む:【例文付き】営業職のキャリアプランの考え方・答え方の3つのポイント

    事務職のキャリアプランの答え方

    事務職では、リーダーを目指す場合と、経理事務や金融事務、貿易事務など、より専門性が高い事務職を目指す場合があります。

    専門性が高い事務職を目指す場合は、どんな業務を行えるかや、業務に役立つ資格をアピールしましょう

    リーダーを目指す場合の例文

    現職では、事務処理をミスなく丁寧にこなすスキルを活かし、さらに業務を効率化に努め、3年後にはリーダーとして業務の管理や業務改善の提案を行えるようになりたいです。そして、さらに新しい業務にチャレンジすることで自分のできる領域を伸ばし、5年後にはバックフィス全般を統括できるようになりたいです。

    専門的な事務職を目指す場合の例文

    私は経理事務として専門性を高めたいと考えています。現職で経理の補助業務を行いながら資格勉強をし、簿記2級を取得しました。ミスなく入出金管理や帳簿作成、年次決算をできるようになり、3年後には効率的に業務をこなせるようになり、5年後には経理・財務など知識の幅を広げたいです。

    経理のキャリアプランの答え方

    専門スキルが求められる経理職の場合、どんな業務を行えるかアピールし、3年後・5年後にはリーダーとしてマネジメントを行えるようになりたいのか、さらに専門領域を広げて経理のスペシャリストを目指すのか回答しましょう

    管理職を目指す場合の例文

    私は経理職として5年間日次経理業務から決算書(財務諸表)作成、連結決算、納税申告などを行ってきました。今後は〜し、3年後には新人育成にも携わり、ミスの防止に努めたいです。さらに予算管理や経営状況を分析できるようになり、5年後にはリーダーとして進捗管理や関係部署との調整を行い、ゆくゆくは経理部門の統括をできるようになりたいと考えています。

    スペシャリストを目指す場合の例文

    現職で2年間行ってきた日次経理業務・年次決算の経験を活かして、決算書(財務諸表)作成、連結決算、納税申告なども担当することによって、3年後には経理のプロフェッショナルを目指したいと考えています。そして、5年後には豊富な実務経験を活かし、イレギュラーな案件にも柔軟に対応できるよう努めたいです。

    あわせて読む:【例文付き】事務職のキャリアプランの考え方・答え方の3つのポイント

    販売職のキャリアプランの答え方

    販売職では、販売スタッフ→店長→商品企画やスーパーバイザーなどのキャリアパスがあります。

    販売スタッフや店長の業務を行う中で身につけた、商品企画やスーパーバイザーの仕事に役立つ知識やスキルをアピールするようにしましょう

    商品企画を目指す場合の例文

    私は商品企画に携わり、人気商品を作れるようになりたいと考えています。アパレルの販売職として〜をすることで購入単価や購入点数のアップに努めてきました。この接客スキルを活かし、さらに〜することで、3年後には店長として店舗売上で実績を作り、5年後には商品知識や接客経験を活かして商品企画に携わりたいと考えています。

    スーパーバイザーを目指す場合の例文

    私はスーパーバイザーを目指したいと思っています。現職では〇〇の販売や人員管理や人材育成を行っており、スタッフや取引先との折衝などが強みです。この経験を活かして副店長としてスタッフの採用や研修に携わることで指導力を身につけ、3年後には店長としてスタッフの育成による業績向上に努め、5年後にはスーパーバイザーとしてエリア全体の売上を向上すべく〜したいです。

    製造業・メーカーのキャリアプランの答え方

    製造業・メーカーでは、業務の効率化や品質の向上スキルが求められるので、3年後・5年後の目標として個人またはチームでの品質・生産性の向上が例としてあります

    リーダーを目指す場合の例文

    現職で身につけた〇〇の製造知識を活かして〇〇部門との連携をとりながら〇〇の製造に挑戦することで、専門領域を広め、〜ができるようになりたいと考えています。3年後には〜し、5年後にはプロジェクトの製造工程の統括ができるようになりたいです。

    品質管理・生産管理を目指す場合の例文

    私は技術職としての現場経験を積み、チーム全体での統括ができるリーダーを目指したいと考えています。現職では〇〇の製造を〇〇年間行い、ものづくりの技術を学び、業務の効率化に努めてきました。今後はさらに現場経験を積みながら人材育成にも携わり、3年後にはリーダーとして現場の監督および人員管理ができるようになりたいです。そして、5年後には品質管理・生産管理ができるようになることを目標としています。

    あわせて読む:【例文付き】製造業・メーカーのキャリアプランの考え方・答え方の3つのポイント

    エンジニアのキャリアプランの答え方

    エンジニアのキャリアプランは、人材育成やプロジェクトマネージャーを目指したいのかや、どんな製品の開発の経験があり、今後どんな開発に挑戦したいかを答えましょう

    プロジェクトマネージャーを目指す場合の例文

    現職での開発経験を活かしてクライアントと直接関わることでヒアリングスキルを身につけ、3年後には、クライアントと現場の意見を調整し、よりスピーディーに品質のいいサービスを提案できるようになりたいと考えています。さらに〜をすることで5年後には、プロジェクト全体の統括を行えるようになりたいです。

    開発スキルを磨きたい場合の例文

    現職では〇〇の開発を〇〇年行ってきました。〜が得意とし、〜を活かして3年後には〇〇を習得し、〇〇の開発もできるようになりたいです。さらに〜することで5年後にはエンジニアの育成や統括ができるようになりたいです。

    デザイナーのキャリアプランの答え方

    デザイナーのキャリアプランでは、これまでどんな製品のデザインを行ってきたのかや、要件定義やディレクションの経験をアピールし、今後マネジメントを行いたいのか、デザインスキルを更に磨きたいのか答えるのがポイントです

    リーダー・プロジェクトマネージャーを目指す場合の例文

    Webサイト制作会社に入社し、デザインとコーディングを行ってきました。この経験を活かしてさらにUI・UXの設計にも挑戦し、3年目には、要件定義やディレクションができるようになることを目指します。そして、5年後にはリーダーとしてプロジェクト全体のマネジメントができるようになりたいです。

    専門領域を広げたい場合の例文

    事業会社のデザイナーとして〇〇というサービス専任でデザインを担当してきました。現職での運用改善経験を活かし、多様な業界・サービスののデザイン経験を積むことでさらにデザインスキルを磨き、5年後にはクライアントの要望に合わせたデザインの作成や提案ができるようになりたいです。

    あわせて読む:【例文付き】デザイナーのキャリアプランの考え方・答え方 の3つのポイント

    以上でキャリアプランの答え方の3つのポイントと例文の説明は以上です。キャリアプランをうまく伝えるには、転職エージェントを利用し、企業選びから選考対策までサポートしてもらうのがおすすめです!

    面接練習は転職エージェントを活用するのがおすすめ!

    転職エージェントを使うべき理由

    面接でキャリアプランをうまく伝えることも重要ですが、キャリアプランの実現でき、会社にとってもメリットがある企業を選ぶことが前提となります

    転職エージェントに相談すると、あなたの希望に近い求人を紹介してくれたり、求人票や企業の採用ページでは知ることができない社風や制度について詳しい情報を教えてくれます

    また、職務経歴書での職歴や志望動機の作成や面接対策もサポートしてくれるので、選考の通過率が上がりますよ!

    女性におすすめの転職エージェント3選

    転職エージェントを利用するなら、以下の3つの転職エージェントがおすすめです。

    女性におすすめの転職エージェント3選
    1. リクルートエージェント
      求人数・転職実績No.1!まずは登録しておくべき!
    2. Type女性の転職エージェント
      女性に人気事務職やIT業界に強い!
    3. for-woman
      女性の悩みを相談しやすい!女性に合った会社を紹介!

    女性におすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

    リクルートエージェント画像
    • 求人を紹介してもらい、具体的な転職先を相談したい
    • 転職活動をサポートしてほしい
    無料相談あり
    対象20代〜50代
    エリア全国(オンラインまたは拠点での面談)
    メリット
    • 転職支援実績No.1!
      • 転職市場に精通したコンサルタントがキャリアプランを提案してくれる!
    • 企業ごとの選考対策をしてくれる!
    • 言い出しづらい年収や条件の交渉もしてもらえる!

    まずは無料相談してみよう!

    リクルートエージェントに関する口コミ

    リクルートエージェントは、求人数が最も多く、転職実績も豊富なので、いろんな求人から探したい、なるべく早く転職先を決めたいという方におすすめです。

    無料相談はこちら!

    Type女性の転職エージェント

    type女性の転職エージェントは、女性向けの求人に特化した転職エージェントです。

    女性の転職に人気の業界や職種を中心に扱っており、女性社員が多く、家庭に事情を理解してもらいやすい会社を紹介してもらえます。

    特にIT業界に強いので、SEやITコンサルタント、Webデザイナーで転職を検討している方にもおすすめです。

    • 女性が働きやすい会社を紹介してほしい
    • IT業界で転職を検討している方
    特徴女性に特化した転職エージェント
    エリア首都圏が中心
    メリット
    • 女性の転職支援実績が豊富
      • 女性に人気の事務職やIT業界の求人が豊富!
      • 女性ならではの転職先選びや転職活動のアドバイスがもらえる!
    • 女性の担当者が多く、相談しやすい

    無料相談してみよう!

    for-woman

    for-womanは、女性に特化した転職エージェントで、カウンセリングでは女性特有の悩みを気軽に相談することができます。

    女性が働きやすい会社、働きがいのある会社を紹介してくれるので、家事や子育てと両立しながら働ける会社への転職を検討している方におすすめです

    また、未経験の業界や職種への転職にも強いので、転職に不安を抱える方でも安心です。

    • 女性ならではの悩みを理解してくれるコンサルタントにサポートしてもらいたい
    • 女性が働きやすい会社、働きがいのある会社を紹介してほしい
    特徴20代女性に特化した転職エージェント
    エリア首都圏が中心
    メリット
    • 女性特有の悩みを相談しやすい!
      • 20代女性の転職希望者が選ぶ女性向け転職支援サービス部門「.安心して相談できると思うNo1」
      • 「女性ならではの悩みに深く共感してくれる」と好評
    • 女性におすすめの会社を紹介してくれる!

    無料相談してみよう!

    転職エージェントによって保有する求人は異なり、業界や職種、地域や属性などによって強み・弱みもあるので、複数社の転職エージェントに相談するのがおすすめです

    複数社への相談がおすすめ

    迷ったら相談すべき転職エージェント

    複数社に相談するメリット

    1. たくさんの求人を比較検討できる
    2. 相性のいい担当者と出会いやすい

    今回紹介した3社以外にも、業界や職種、属性などに特化した転職エージェントもあります。以下の記事でまとめて紹介しているので読んでみてください。

    あわせて読む:女性におすすめの転職エージェント5選|特徴・評判を徹底比較

    女性のキャリアプランは3つのポイントをおさえて答えよう!

    この記事では、女性のキャリアプランの考え方・答え方の3つのポイントと例文を紹介しました。

    女性のキャリアプランでは、結婚後、出産後にどういう働き方をしたいか、仕事でそういう姿を目指したいか明確にし、3年後・5年後の具体的なプランを決めておきましょう!

    以下の3つのポイントを意識して答えることで、企業側の「うちの会社とマッチするか」「目標設定・実行ができるか」「採用するメリットがあるか」といった懸念を払拭することができ、選考の通過率が上がりますよ!

    1. 自己分析・目標設定
    2. 現状とのギャップの明確化
    3. アクションプランへ落とし込む

    今回紹介した例文を参考に、自分なりのキャリアプランを整理してみてください。

    自分1人では、キャリアプランが思いつかない…という方は、キャリアコーチングを受けてみてください。
    おすすめのキャリアコーチング

    POSIWILL CAREER
    女性のコーチが多数在籍!人生設計・キャリ設計について相談できる

    きづく。転職相談
    30代から40代の女性におすすめ!キャリア支援経験が豊富なコーチに相談できる!
    ライフシフトラボ
    複業や退職後のキャリアについて相談したい40代〜50代の女性におすすめ!

    どのキャリアコーチングを受けるか迷ったら、女性のコーチに女性特有のキャリアの悩みを相談できるポジウィルキャリがおすすめです!無料相談では、キャリアの悩みの相談やアドバイスをしてもらえるので、まずは面談を予約してみてください。

    無料相談はこちら!

    また、転職エージェントを活用し、現職での悩みを解決できる企業の紹介や、企業に採用したいと思ってもらえる志望理由・キャリアプランの回答をサポートしてもらうと選考の通過率がさらに上がりますよ!

    転職エージェントに登録するなら、以下の3社がおすすめです!
    女性におすすめの転職エージェント3選
    1. リクルートエージェント
      求人数・転職実績No.1!まずは登録しておくべき!
    2. Type女性の転職エージェント
      女性に人気事務職やIT業界に強い!
    3. for-woman
      女性の悩みを相談しやすい!女性に合った会社を紹介!

    キャリアプランが明確になり、悩みが解消されるよう応援しています!

    あわせて読む:女性の転職キャリア相談先おすすめ19選|無料利用・体験できるサービスを比較