面接で女性の働き方・活躍を聞く逆質問5選|注意点も解説!

面接で女性の働き方・活躍を聞く逆質問5選|注意点も解説!

  • 面接で女性の働き方や女性の活躍について聞きたい!
  • 制度や福利厚生について質問してもいいの?

と思っていませんか?

女性の働き方や活躍を聞く質問をすれば、自分自身が家庭と両立して働きたいという意欲が伝わりますよ!

ただし、聞き方によっては悪い印象を持たれる可能性があるので注意点もあります。

この記事では、女性の働き方や女性の活躍を聞くことができる、うまい逆質問の仕方と注意点を解説するので、これから面接を受ける方は読んでみてください。

面接で女性の働き方・活躍を聞く逆質問5選

面接で実際に働く女性の事例や制度の活用事例などを聞くことによって、女性の働きやすさや女性の活躍について知ることができます。

逆質問の例には、以下のようなものがあります。

女性の働き方・活躍を聞く逆質問
  1. 産休・育休取得後に復帰した社員はどんな仕事・働き方をしていますか?
  2. 自分と同世代ではどんな女性が活躍していますか?
  3. 〇〇の制度があるようですが、実際に活用された方はいますか?
  4. 〇〇の部署で働く女性の割合はどれくらいですか?
  5. (女性の面接官に対して)どんなキャリアプランを考えていますか?

面接で女性の働き方・活躍を聞く逆質問1:産休・育休取得後に復帰した社員はどんな仕事・働き方をしていますか?

出産後に復帰したとしても、肩身が狭いと感じたり、異動によってやりがいが感じられなくなる場合もあります。

なので、子育てをしながら働くことに理解を得やすい職場環境かどうかや、どんな部署・ポジションで働いているかを聞いておくことをおすすめします。

復帰後の働きやすさは、産休・育休を取得後に復帰した社員がいるかやその人がどんな働き方をしているかを質問することで知ることができます。

逆質問の例
  • 産休・育休取得後に復帰した社員はどんな仕事・働き方をしていますか?
  • 子育てをしながら働く女性はどんな部署に多いですか?

あわせて読む:ワーママの転職理由3選|面接での答え方の注意点を解説!

面接で女性の働き方・活躍を聞く逆質問2:自分と同世代ではどんな女性が活躍していますか?

同世代で活躍している女性の特徴を聞くことで、「若手の女性でも活躍できるか」や「女性の管理職がいるか」「子育てと両立しながら働く女性がいるか」などを知ることができます。

逆質問の例
  • 20代の女性はどんな人が活躍していますか?
  • 女性の管理職はいますか?どんな方ですか?
  • 子育てと両立しながら働いている女性社員はいますか?

面接で女性の働き方・活躍を聞く逆質問3:〇〇の部署で働く女性の割合はどれくらいですか?

男性ばかりの部署だと働きづらいと感じる女性も多いのではないでしょうか。

社員の男女比率は求人サイトやホームページに載っていることもありますが、部署や職種によって異なる可能性もあります

なので、部署・職種ごとの男女比や子育てをしながら働く女性がどんな部署にいるのかや同世代の女性がどんな仕事・働き方をしているかを聞いてみましょう。

逆質問の例
  • 〇〇の部署で働く女性の割合はどれくらいですか?
  • 営業職で子育てと両立しながら働く女性はいますか?
  • 30代前半の女性はどんな仕事・働き方をしていますか?
  • (女性の面接官に対して)どんなキャリアプランを考えていますか?

面接で女性の働き方・活躍を聞く逆質問4:〇〇の制度があるようですが、実際に活用された方はいますか?

子育て支援や働き方の制度がある場合は、実際に活用している事例を聞くのも良いでしょう。

逆質問の例
  • 社内に託児所があるそうですが、実際に活用している方はいますか?
  • ベビーシッター費用補助制度があるそうですが、ベビーシッターを活用している人はどれぐらいいますか?

以上のような質問をすれば、制度があるだけでなく実際に活用されていることや、子育てをしながら仕事を両立している社員がいるか、その人がどんな働き方をしているのか知ることができます

面接で女性の働き方・活躍を聞く逆質問5:(女性の面接官に対して)どんなキャリアプランを考えていますか?

面接官が女性の場合、その人自身のキャリアプランを聞いてみるのも一つの手です。

逆質問の例
  • 5年後・10年後はどんなキャリアプランを持っていますか?
  • 出産後はどんな働き方がしたいですか?

以上のような質問をすることで、女性のキャリアパスについてや子育てとの両立ができるかや女性が活躍することが可能か知ることができます。

面接で女性の働き方・活躍を聞く際の注意点

面接で女性の働き方・活躍を質問をする際には、以下の2つの注意点があります。
  1. 最初に福利厚生や条件を聞かない
  2. 求人票やホームページに載っている情報は聞かない

面接で女性の働き方・活躍を聞く際の注意点1:最初に福利厚生や条件を聞かない

逆質問を聞かれた時に、まず最初に福利厚生や条件、環境などについて質問すると、印象が悪いので避けるのが無難です。

なぜなら、「条件面を重視して転職先を決めているのではないか」「同じような条件の会社なら自社でなくても良いのではないか」と思われてしまうからです。

いきなり「有給の取得率はどれぐらいですか?」「残業時間はどれぐらいですか?」といった質問をする人よりも「一日の具体的なスケジュールを教えてください」「配属予定の部署ではどんな人が活躍していますか」という質問の方がやる気をアピールできます。

なので、最初は事業内容や仕事内容に関する質問をし、同時に仕事への意欲をアピールしましょう

面接で女性の働き方・活躍を聞く際の注意点2:求人票やホームページに載っている情報は聞かない

逆質問で求人票やホームページ上に載っている情報を聞いてしまうと、「自社のことを調べていない」「自社に興味がない」と思われてしまうため、注意が必要です。

なので、事前に調べた上で、求人票やホームページには載っていない情報や、面接官自身の意見や具体的な事例を聞くようにしましょう

逆質問は具体的な事例を聞こう!

この記事では、女性の働き方・活躍について知る逆質問の事例5選と逆質問をする際の注意点を解説しました。

逆質問は、求人サイトやホームページには載っていない、具体的な事例や活躍する女性の特徴を聞くのがポイントです。

履歴書・面接での答え方に自信がないという人は転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは、無料で求人の紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策を行ってくれますよ!

女性におすすめの転職エージェント
  1. doda
    育児と両立しやすい求人・幅広い世代の女性の転職支援実績が豊富!全国の20代〜50代の主婦におすすめ!
  2. パソナキャリア 
    女性に特化したチームがサポートしてくれる!関東・東海・関西の求人を探している20代〜50代の主婦におすすめ!
  3. マイナビエージェント 
    20代に信頼される転職エージェントNo.1!関東・東海・関西の求人を探している20代〜30代の主婦におすすめ!

あわせて読む:女性におすすめの転職エージェント5選|特徴・評判を徹底比較

女性の履歴書・職務経歴書の書き方、面接での質問への答え方は、以下の記事も参考にしてみてください!