国内SaaSベンチャー/スタートアップのミッション&ビジョン &バリュー(MVV)の事例15選【2023年5月最新】

会社を経営する上で、指針となるミッション・ビジョン・バリューを設定することは欠かせません。また、社員を同じ方向に導くためにミッション・ビジョン・バリューの共有と浸透は重要です。

今回は、2022年注目の国内SaaSベンチャー・スタートアップがどのようなミッション・ビジョン・バリューを掲げているのかご紹介します。自社のMVV設定の参考としていただければと思います。

当サイトは、有料職業紹介(許可番号:13-ユ315371)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社かけるが運営しています。

SaaSとは

SaaS(Software as a Service)は、「サース」または「サーズ」と呼びます。

ベンダー(販売会社)が提供するクラウドサーバー上にあるソフトウェアを、利用者(クライアント)がインターネット経由で利用できるサービスです。

例えば、googleのGメールもSaaSの1つです。googleのソフトウェアサービスをインターネットに接続することでいつでもどこでもアクセスすることができますよね。

SaaS市場は、導入コストが低いため、ユーザーを獲得しやすく、スタートアップやベンチャーを中心に急成長を遂げています。

また、会社の端末でしか利用できなかった資料やデータもインターネットに接続すればどこからでもアクセスすることができるので、リモートワークの加速がSaaS市場の追い風となっています。

さらに、SaaSは毎月一定額の利用料が入ってくるため企業のキャッシュフローを予測しやすいという特徴があります。

将来の成長の見込みが明確になっており、今後もSaaS市場は成長することが予想されているので、投資家からの資金投入も増えています。

ミッション・ビジョン・バリューとは

ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)については以下のように理解をしてもらえればと思います。

ミッション…「実現したいこと」
       組織が存在する意義、組織が究極的にやらねばならない使命。
       何のために存在しているのか、私たちがやらないと他ではできないこと。

ビジョン…「なりたい姿」
      なりたい姿、目標のイメージを具体的に表現したもの。
      どういう姿をめざしているか、どこに向かおうとしているのか。

バリュー…「行動指針」
      組織行動の優先順位を決めるための行動指針。
      何を大切に考えるのか、考え方や概念の基点・起点。

MVVの作り方や浸透のさせ方など、より詳細を理解したい!という方は下記の記事を読んでみてください!

関連記事:MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)とは?どういった意味か理解をしよう

SaaSベンチャー/スタートアップのMVV事例15選

SaaSベンチャー/スタートアップのMVV事例1:ベルフェイス

ベルフェイスのMVV(2023/5/22時点)

ミッション
テクノロジーとデータで営業の未来を創造する

ビジョン
世界数十ヵ国で新たなビジネスを生み出す
セールスプラットフォームをつくる

6Values
For Customer 顧客視点で考え抜いて決断する
Focus 的を絞って一点突破
High Speed スピードで勝ち切る
Think Different その手があった!! を捻り出す
Be Honest 誠実さは最強の才能
For Friends チームへの貢献惜しみなく!!

引用元:
https://recruit.bell-face.com/culture/
https://corp.bell-face.com/about/vision/

SaaSベンチャー/スタートアップのMVV事例2:SUPWAT

SUPWATのMVV

MISSION:Make it Real – その”思いつき”をカタチに –

VISION:Manufacturing to Auto-facturing 知的製造業の時代を創る

VALUE:Grip the Core  – 核心を掴め –
Tackle     – 最前線で踏み出せ –
Be Collaborative – ゴールのために組め –

SaaSベンチャー/スタートアップのMVV事例3:SmartHR

参照元:木梨憲武、大雨でぬれる松本穂香に温かい言葉 SmartHR新CM
SmartHRのMVV

Mission
社会の非合理を、ハックする。

Value(価値観)
自律駆動
SmartHRは「100の問題を100人で1問ずつ解く組織」を目指す。
そのために、情報をオープンにし、フラットな状態をキープすることを約束する。

ひとりひとりが指示を待つのではなく、みずから解くべき問題を見つけ出そう。
そして、自分で判断し、主体的に行動を起こしていこう。

早いほうがカッコイイ
あれこれ悩む前に、動き出そう。まずは荒削りでもOK。
最速のアウトプットを心がけ、フィードバックのループを素早く回していこう。

大きな意志決定も、即断即決でいこう。
それがチームを加速させ、社会を加速させる原動力になる。

最善のプラン C を見つける
今あるものが最適解とは限らない。
「こんなものだろう」という思い込みを捨て、常識を疑い、俯瞰で物事をとらえよう。

手段や技術に固執せず、柔軟に工夫しよう。
選択肢を多く出し、「どちらか」ではなく「どちらも」叶える最善の答えを生み出そう。

一語一句に手間ひまかける
細部まで徹底的にこだわろう。
言葉はもちろん、UIも、コードも、すべてはユーザーや社会に対するメッセージだ。

もっと言葉を磨こう。1ピクセルにこだわろう。コードの1行1行に魂を込めよう。
その小さな手間ひまが、大きな成果につながっていく。

ワイルドサイドを歩こう
なんでも挑戦して失敗しよう。
そして、失敗から学び、次へと活かそう。

新しい挑戦にはレールがない。誰も通ったことがない道の先には、誰も提供できていない価値がある。
挑戦をやめなければ、いつかたどり着ける。

人が欲しいと思うものをつくろう
世の中の深い課題に目を向け、大きな変革を起こそう。
表面的な解決策ではなく、人々の行動から課題をあぶり出そう

現在に最適化するのではなく、未来を見据えて考えよう。
そして、ユーザーが自慢したくなるほどのプロダクトをつくろう。

認識のズレを自ら埋めよう
人が増えると、意見が増え、相互理解が難しくなる。
建設的に議論ができないときは、前提のズレを疑おう。

相手の意図を聞き、自らも意図を話そう。
私たちは、相互理解と建設的な議論を諦めない。

SaaSベンチャー/スタートアップのMVV事例4:カオナビ

カオナビ公式YouTubeチャンネル:kaonavi BrandRenewal Movie
カオナビのMVV(2023/5/22時点)

Our Culture カルチャー
ジブンらしく、オトナらしく。

Values 私たちの価値観
誠実さを大切にする
ユーザー視点で考える
仕組み化にこだわる
オーナーシップを持つ
コンフリクトを恐れない

引用元
https://corp.kaonavi.jp/culture/

SaaSベンチャー/スタートアップのMVV事例5:HR Brain

ビジョン

仕事に夢を、 日本に野望を。
日本をもう一度、強く輝く、経済大国に。

そこに必要なのは、新しい戦略よりも、先進的な技術よりも、まず夢や野望だと思う。

すべての変化は、いつだって、想いからはじまる。

私たちは、それぞれが仕事に夢をもって働けるための事業を通じて、ひとつひとつの会社に成長を届けます。

そして、その積み重ねによって、野望にあふれる次の日本への道を支えていきます。

https://www.hrbrain.co.jp/

SaaSベンチャー/スタートアップのMVV事例6:iCARE

Mission

カンパニーケアの常識を変える

https://www.icare.jpn.com/

Vision

働くひとと組織の健康を創る

https://www.icare.jpn.com/

Credo
楽しまなければプロじゃない

https://www.icare.jpn.com/

Value

満足したらプロじゃない!

https://www.icare.jpn.com/

SaaSベンチャー/スタートアップのMVV事例7:Repro

価値観

カスタマーファースト
【Client First】 我々のクライアントは会社でも担当者でもなく、クライアントが提供しているサービスである。そして、我々のビジネスは対価以上の価値を提供し続けるからこそ成り立っていることを理解しよう。だからこそ、我々はクライアントの担当者以上にユーザー視点を持ち、サービスの成長に貢献する価値を提供することにコミットしよう。

失敗を恐れない
【Be Proactive】 事が起こる前に行動することをproactiveだとすると、我々にとっての本質的な仕事は解決すべき課題を能動的に発見することである。マーケティング業界、クライアント、会社組織やチームの課題を率先して見つけ出し、解決しよう。

創造性と革新性
【Always Get Better】 全ての仕事は生み出した瞬間から陳腐化する。 過去は踏襲しつつ、常に現状のやり方を疑い、付加価値の高い仕事を創出し続けよう。

https://www.wantedly.com/companies/repro

SaaSベンチャー/スタートアップのMVV事例8:カケハシ

ミッション

⽇本の医療体験を、しなやかに。

https://www.kakehashi.life/philosophy.html

ビジョン

明⽇の医療の基盤となる、 エコシステムの実現。

https://www.kakehashi.life/philosophy.html

バリュー

高潔
自分に矢印を向け、易きに流れず、言行一致で信念をつらぬこう

価値貢献
チームの成果にどんな価値で貢献するか? その価値が最大化されるやり方を自ら選びとろう

カタチにする
議論や批評に終わることなく、実現・実行・決断を。困難上等、やり抜くことを当たり前に

無知の知
独りの限界を素直に認めることで、新たに学び、助けを求める強さを持とう

変幻自在
固定化した立場は関係ない。LeadershipとFollowershipを兼ね備え、状況に応じた働きを

情報対称性
格差・階層・裏表のないオープンな組織をつくるのは、自分だ

https://www.kakehashi.life/philosophy.html

SaaSベンチャー/スタートアップのMVV事例9:Baseconnect

私たちの目的

世界中のデータを繋げることで、ダイレクトに必要な情報にアクセスできる世界を作る。​

世界中のデータを繋げ合わせ、構造化して整理し、世界のデータの中心である「Knowledge Base」を創造します。

そうすることで、世界中の人々はダイレクトに必要な情報にアクセスできるようになります。

人から何かを教えてもらうようにして知りたいことを「知る」ことができ、誰もが簡単に安心して「知る」ことができます。

https://company.baseconnect.in/company/purpose/

バリュー

仕組み化
すべての仕事を仕組みにする。人を責めずに仕組みを責める。

属人化せず、標準化を徹底する。3度やることは自動化する。

仕事とは自分がいなくても回る仕組みを作ること。

改善
絶えず改善を行い現状維持を容認しない。

「今よりもっと良い方法」を常に追い求める。良いものはどんどん取り入れて広げる。

良質なこだわりを持つプロフェッショナルであれ。

挑戦
迷ったら挑戦する方を選ぶ。

できない100の理由より、できる1つの可能性。

何度でも何度でも挑戦して、小さな成功を掴む。まずはやってみて考える。挑戦を楽しもう。

学習
何事からも誰からも学ぶ姿勢を持ち、変化を大胆に続ける。人は学習を辞めた特に老いる。

経験から得られる膨大な知識を糧に道を切り開く。

多様性を尊重して学び合う。

共有
何事もあえて共有し、徹底して情報をオープンにする。知恵やスキルを共有し、教え合う。

情報格差をなくし、 全員が考えられるために情報を共有する。

全員で問題を共有して解決する。

長期的
長期的に最も価値がある道を選ぶ。

短期的な成果や利益を追わない。本質的で価値あることだけをやる。 大きく考え、小さく始める。

広いキャンバスに緻密な絵を描こう。

自立協調
目的を大切にして働き、全員がルールの元で自律的に動く。

全員が権限と責任を持ち、助言をもらって自分で決める。

役職ではなく役割。役割の中で全ての権限を持つ。

https://company.baseconnect.in/company/value/

SaaSベンチャー/スタートアップのMVV事例10:POL

ミッション

「未来を加速する(Accelerate the Future.)」
課題解決とイノベーションにより、良い未来の到来を早める。私たちにしか創れない良い未来を創る。

https://pol.co.jp/about/

バリュー

BHAG Driven
達成困難な大胆な目標を打ち立て、高みを目指してやり抜こう。

Iceberg Mind
一人一人の成長がPOLの成長を支える。自分の成長と向き合い、想い・行動・スキル・成果を大きく育てていこう。

Growing Together
エベレストは一人では登れない。ステークホルダーと一緒に成長していこう。

https://pol.co.jp/recruit/

SaaSベンチャー/スタートアップのMVV事例11:LegalForce

Mission

全ての契約リスクを 制御可能にする
あるべき権利が適切に守られ、不測の事態が防がれるために、そして、より豊かで信頼に満ちた経済社会を目指します。

https://www.legalforce.co.jp/company

SaaSベンチャー/スタートアップのMVV事例12:フロムスクラッチ

ミッション

創造し続ける

https://f-scratch.co.jp/company/

SaaSベンチャー/スタートアップのMVV事例13:freee

MISSION

スモールビジネスを、世界の主役に。

https://corp.freee.co.jp/mission/

VISION

ビジネスを強くスマートに育てられるプラットフォーム。

https://corp.freee.co.jp/mission/

組織として目指すこと

ムーブメントで世界を変える
– 先例をつくり、未来をつくる
– 世界レベルのクオリティ
– 成長を信じること

https://corp.freee.co.jp/mission/

VALUE

本質的(マジ)で価値ある
理想ドリブン
アウトプット→思考
Hack Everything
あえて、共有する

https://www.wantedly.com/companies/freee

SaaSベンチャー/スタートアップのMVV事例14:マネーフォワード

Mission

お金を前へ。人生をもっと前へ。
私たちは「お金と前向きに向き合い、可能性を広げることができる」サービスを提供することにより、ユーザーの人生を飛躍的に豊かにすることで、より良い社会創りに貢献していきます。

https://corp.moneyforward.com/aboutus/mission/

VISION

すべての人の、「お金のプラットフォーム」になる。

https://corp.moneyforward.com/aboutus/mission/

VALUE

User Focus
私たちは、いかなる制約があったとしても、常にユーザーを見つめ続け、本質的な課題を理解し、ユーザーの想像を超えたソリューションを提供します。

Technology
私たちは、テクノロジーこそが世界を大きく変えることができると信じています。

テクノロジーを追求し、それをサービスとして社会へ提供していくことで、イノベーションを起こし続けます。

Driven Fairness
私たちは、ユーザー、社員、株主、社会などのすべてのステークホルダーに対してフェアであること、オープンであることを誓います。

https://corp.moneyforward.com/aboutus/mission/

SaaSベンチャー/スタートアップのMVV事例15:ラクス

MISSION

IT技術で中小企業を強くします!
すぐ便利、ずっと満足。

https://www.rakus.co.jp/about/mission/

VALUE

応える
育成する
改善する
偽らない
進化する

https://www.rakus.co.jp/about/mission/

まとめ

SaaSベンチャーのミッション・ビジョン・バリュー(MVV)どうでしたか?

SaaSベンチャー・スタートアップは、ミッション・ビジョンに世界や日本、ビジネスなどのターゲットの課題解決を掲げていることが共通しています。

自社のサービスを通して、社会的な変革をもたらすことを目指したSaaSベンチャー・スタートアップが急成長し、注目を集めていることがわかります。

また、バリューには、ベンチャー・スタートアップらしい「スピード」「挑戦」「成長」「風通しの良さ」「顧客第一」を掲げているところが多いですね。

スタートアップの参入が加速しているSaaS市場では、常に挑戦・成長することが求められ、社員一人一人が顧客目線になって主体的に働くことが目指されているようです。


他のベンチャー企業のMVV事例を見たい方は以下の記事もあわせて御覧ください

https://jinjijyuku.com/all-mission-vision-value-mvv/