【体験談】30代女性のキャリアチェンジを成功させる10個のポイント

  • 30代で未経験の職種に転職できるの?
  • 30代女性のキャリアチェンジは難しい?

と思っていませんか?

筆者である私は30代で接客業から介護の仕事に転職しています。

高卒で何の資格も持ってなかったので、この仕事しかできないんだろうな…と思っていました。

しかし、「私の人生なのに諦めていいのか?」「どうせ仕事するなら、手に職をつけて安定した収入を得たい!」と思うようになったのです。

この記事では、キャリアチェンジを成功させる10個のポイントを、私の体験も踏まえて紹介していきます。
当時の私と同じような不安を持っている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事を書いたのは

生子果歩(兼webライター)

18才から32才まで接客業で働く。私生活では、25才で結婚し子供を1人産むも29才で離婚しシングルマザーとなる。

32才の時に思い切って、前からやってみたかった介護業界へ転職を果たす。

現在は昼間仕事に行きながら、副業でwebライターとしても活躍中。

30代女性のキャリアチェンジを成功させる2つのポイント(マインド)

30代女性が転職する事は、覚悟がいるものです。ましてや今までやった事のない職種に就職を決めるのは、誰しもが不安で緊張するものです。
ここでは、私自身が30代で未経験の職種への転職をする上で大切だと思ったマインドを紹介します。
  1. 自分のふり幅を自分で決めない
  2. 気持ちをブレさせない

キャリアチェンジ成功のポイント1:自分のふり幅を自分で決めない

30代といってもまだまだ働き盛りです。色々な事を吸収し、まだまだ出世だって目指せます。

『私なんて何もできない〜』という『私なんて〜』は自分自身を否定するNGワードなのでやめましょう

でも、やってみないと何事も分からないと思うんです。一度きりの人生、後悔はなるべくしないで生きたいじゃないですか!

かくなる私も自分を卑下していて『資格も得意な事も何もないから、きっと何をやってもうまくいかない』と思っていましたが、自分のことを鼓舞しながらキャリアチェンジに成功しました!

私のふり幅は無限大なんだ‼とそういう気持ちでいるようにしていました。やる前からできない、やれないは言い訳なんだとも言い聞かせていました。

マインド論にはなってしまいますが、自分の限界を自分で決める事はしないという事が転職先の幅を広げたと思っています。

キャリアチェンジ成功のポイント2:気持ちをブレさせない

転職活動はいい事ばかりではありません。落ちて当たり前なのが30代の転職事情です。なかなか転職活動がうまくいかないと、気持ちはブレやすくなります。

例えばですが、正社員希望なのに「パートだったら採用できる」と言われて、納得しないけどなかなか決まらない就職活動に疲れたから…と、その条件をのんでしまって後から後悔するなんて事もあります。

もちろんパートだって社会保険や、有給だってありますからそれで良ければ良いとは思います。けど、社員雇用を目指したいと頑張っているのならばその気持ちはブレずに持ち続けましょう。

せっかくの転職活動です。気持ちがブレそうになったら、どうして自分は転職したいのか?一度振り返ってみるといいと思います

また、転職活動に切羽詰まったと感じたらリフレッシュも大事です。リフレッシュして、新たな気持ちで転職活動をしてみた方が、意外にうまくいくものですよ‼

気持ちをブレさせないためには、在職中(毎月の収入がある状態で)に転職活動をすることも重要ですよ!退職してから転職活動をしてしまうと条件が悪くても焦って転職してしまうことにもつながるので注意してください!

30代女性のキャリアチェンジを成功させる4つのポイント(求人・転職先選び)

次は、転職を成功させるため、転職先選びで後悔しないために、私自身がやっていたことやポイントを紹介します。
  1. ハローワーク・転職サイト・地元のフリーペーパー求人を活用
  2. 気になる企業があればどんどん挑戦してみる
  3. 自分の生活に合った就職条件を予め決めておく
  4. 雇用形態だけで転職を決めない

キャリアチェンジ成功のポイント3:ハローワーク・転職サイト・地元のフリーペーパー求人を活用する

私はハローワーク、転職サイト、地元のフリーペーパー求人の3種類で、仕事を探しました。どれか1つでも良いかもしれませんが、より良い企業に出会うためには道を沢山作った方が良いと思います

転職サイトに登録しておくと自分の条件にあった企業を探してくれ、自分のような人材が欲しいと相手企業からスカウトしてくれるサイトもあるので、探す手間が省けます。

また、ハローワークの相談員や転職エージェントのキャリアアドバイザーなど、いろんな人に相談することで自分の希望に合った求人を具体的にすることができます

ハローワークでは、相談員の方に介護に就きたいという相談をしました。すると、通所介護事業所(デイサービス)がいいのではないか!?とアドバイスを頂きました。私はただ介護に就きたいというザックリした考えしかなかったので、道が新たに開けたなと思いました。

求人探しに活用できるサービス
  • ハローワーク
    • 相談員が求人を紹介してくれる
  • 転職サイト転職エージェント
    • 求人の紹介をしてくれる
    • 企業からスカウトが届くものがある
  • 地元のフリーペーパー求人
    • プロフィール登録などしなくても仕事が探せる
    • 近くの求人を見つけやすい
転職エージェントに登録するなら...

転職エージェントに登録するなら、30代女性の転職支援実績や希望条件の求人数が豊富な転職エージェントがおすすめです。

以下の記事で、30代女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを紹介しているので、あわせて読んでみてください!

あわせて読む:30代女性におすすめの転職エージェント5選|特徴・評判を徹底比較

キャリアチェンジ成功のポイント4:気になる企業があればどんどん挑戦してみる

1件2件の応募で決まればラッキーです。でも現実はそんなに甘くありません。

厳しい事を言いますが私達は30代で、企業側も年齢やキャリア、人柄をみて面接をします

いくらあなた自身が有能で人柄がいい人であっても、同じぐらいのスペックの20代がいればどうでしょう?企業はもしかしたら、若い方を採用してしまうかもしれません。

しかし、企業の中には『あなたに来て欲しい』『あなたのような人を捜していた!』 など絶対にあなたを欲しがる企業はあります。

その為にも、気になる企業があればどんどん挑戦していきましょう。気持ち的には、『落ちて当たりまえ』くらいの気持ちでいないと転職活動は成功しません。

キャリアチェンジ成功のポイント5:自分の生活に合った転職条件を予め決めておく

転職先選びでは、ある程度妥協も必要になるかもしれません。けれど、これは絶対譲れない条件というものが誰にでもあると思います。

そういったものは、予めメモしておいたりするといいです。

転勤がない、シフトの融通、出張の有無など、出来ない事は予め箇条書き等にしておく事がおすすめです

もちろん、あれもこれもは難しいかもしれませんが、これだけは譲れないという条件はしっかり明確にしておくことがいいでしょう

私の場合は子供を優先に仕事をしたかったので、週1日は子供と休みを合わせたいと思っていました。また、なるべく残業は少なめにして、自宅の近くで職場を探しました。

キャリアチェンジ成功のポイント6:雇用形態だけで転職を決めない

今までは稼げていればいいと思って仕事していましたが、かなりのブラックだったり、人間関係のトラブルに巻き込まれたりしていました。

もちろん、転職先に良い雇用形態を求める事は当たり前ですが、それより私は第一に、職場環境を重視していきました。

せっかく働く場所ですから、長く働きたいと誰しもが思うのではないでしょうか?

雇用形態ばかりに目を向けすぎは注意と言えます。自分が最も新しい職場に求めるものは、1つでもいいので明白にしていきましょう

30代女性のキャリアチェンジを成功させる4つのポイント(選考)

30代女性のキャリアチェンジを成功させるためには、未経験であることや、家庭との両立に関する懸念を払拭し、「採用したい!」と思ってもらうことが重要です。
ここからは、私自身が書類選考や面接で心掛けていたことやポイントを紹介します。
  1. 履歴書でやる気を伝える
  2. 面接で自分を印象付ける
  3. 未経験でも不安を見せない
  4. 子育てとの両立に関する不安要素を取り除く

キャリアチェンジ成功のポイント7:履歴書でやる気を伝える

履歴書は企業が自分を知ってくれる大事な武器です。字の見やすさや応募動機など、めんどくさがらずに記入していきましょう。

私が思うにですが、企業が一番欲しいのはやる気がある人だと思います

相手に自分を知って欲しい!私はあなたの企業で働きたい!という気持ちが伝わる履歴書を作成していきましょう

私は志望動機欄に、びっちり想いを記入しました。

10代から憧れていた職業だった事や、今になって転職を考えたのは子供を育てていくのに、資格を持って安定した収入を得たい事。そして、資格を沢山とってどんどん上に行きたい事などを、一目でやる気が伝わるように書いたのです。

また、履歴書のタイプは個人的に職務経歴書がついているタイプの方が、喜ばれる印象でした。全く違う職種でも、どんな経歴を歩んできたのか単純に面接官は気になるものだと思います。

職歴はあなたの歴史であり、大事な武器なのでしっかりと書きましょう。

書類選考のポイント
  • 字の見やすさを工夫する
  • 志望動機欄でやる気を伝える
    • なぜその仕事をやりたいと思ったか
    • 転職を決意した理由
    • 入社後に成し遂げたいこと
  • 職務経歴書つきの履歴書を提出する

キャリアチェンジ成功のポイント8:面接で自分を印象付ける

面接では面接官に印象をつけなくてはいけません。面接に来るのはあなた1人じゃないかもしれない時に、自分を印象付ける事はとても大事な事です

面接官の話は目を見て聞く事や、志望動機はしっかり答えましょう。ここで、働きたい!という気持ちを出すことも忘れないで下さい

例えば、私の場合はありきたりなのですが志望動機を聞かれた際に、どうしてもその企業で働きたかったので、

「私には、接客で鍛えた笑顔と気配りが、人より出来る事が強みです。未経験ですが、きっと貴社でもお役に立つはずです‼」

と、かなり強気で言いました。

結果私の場合は、笑われましたが社長にその後「確かにそうだなと思った」と言ってもらえました。

また、コミュニケーションが苦手な人でも、質疑応答でハキハキと答えることはとても大事です。これだけで、好印象だといえます。

面接でのポイント
  • 面接官の目を見て聞く
  • その会社で働きたいという気持ちを伝える
  • 自分の強み・活かせることを伝える

キャリアチェンジ成功のポイント9:未経験でも不安を見せない

あとは、不安そうな顔をしない事に気を付けていました。もともと、接客業しかやった事がなかったので不安の方が大きかったのはありました。

しかし自分が面接官の立場になった時、どんな人材が欲しいか考えると1番に思いつくのがやる気のある人だなと思います。

不安そうにしている人よりは、会社に貢献してくれそうなやる気のある人が欲しいですよね。

そういった点でも、この人と一緒に仕事がしたいと思ってもらえるようにするのを心がけていました。

ただ転職活動するのではなく、仕事への意欲を最大に出して自信を持って堂々としていきましょう。その姿に、企業側も自然と好印象を持つはずです。

キャリアチェンジ成功のポイント10:子育てとの両立に関する不安要素を取り除く

仕事する気はあるけど、気持ちだけではどうにもならないのが子供の突然の体調不良です。

「お子さんが熱出たりしたらどうします?」

「お子さんに体調不良が起きたら…」

どこの企業の面接に行っても以上のような、体調不良時の対応についての質問がされました。

私の場合、いくら良い企業さんでも、子供が体調不良でも休まれたら困るとハッキリ言われた場合は、辞退させてもらっていました。仕事を普段優先させなくてはいけないので、子供が辛い時に対応できないのは無理だなと感じたからです。

しかし、もちろんこちらも企業を安心できる材料を提示していく必要もあると思うんです。私は親族や身内が助けてくれていたので、その旨を提示しました

あれも無理、これも無理では企業側も雇いたく無くなってしまいます。

『残業は〇〇時までなら可能です』とか、『学校行事でたまに土曜日お休みを頂きたいですが基本的に大丈夫です』など、完全に無理とかではなく仮提案を提示する事で、企業側の不安要素を少しでも解消しました

関連記事

小さいお子さんがいる場合に面接で聞かれる質問への答え方のポイントを例文つきで解説しているので、以下の記事もあわせて読んでみてください。

あわせて読む:子持ちのワーママが転職で聞かれる面接質問例・回答例|面接突破のコツを解説!

まとめ

30代女性のキャリアチェンジでは、未経験の職種でも「その仕事をやりたい理由」「入社後成し遂げたいこと」「自分の強みこれまでの経験を活かして活躍できること」を話すことで、やる気を伝えることが重要だと分かりました。

また、小さいお子さんがいる場合は、子育てと両立しながら働ける条件があることやできる限り両立できるよう協力する姿勢を示すことで、企業側の不安を少しでも取り除くことが必要です

当記事で紹介したポイントを参考にし、キャリアチェンジを成功させましょう。

30代女性のキャリアチェンジを成功させるポイント

マインド

  1. 自分のふり幅を自分で決めない
  2. 気持ちをブレさせない

求人・転職先選び

  1. ハローワーク・転職サイト・地元のフリーペーパー求人を活用
  2. 気になる企業があればどんどん挑戦してみる
  3. 自分の生活に合った就職条件を予め決めておく
  4. 雇用形態だけで転職を決めない

書類選考・面接

  1. 履歴書でやる気を伝える
  2. 面接で自分を印象付ける
  3. 未経験でも不安を見せない
  4. 子育てとの両立に関する不安要素を取り除く

30代女性のキャリアチェンジに役立つ、以下の記事もあわせて読んでみてください。