【例文つき】転職理由の答え方のポイント・注意点を徹底解説!

【例文つき】転職理由の答え方のポイント・注意点を徹底解説!

  • 転職理由を聞かれた時はどう答えればいいの?
  • 転職理由で好印象を持ってもらうためにはどんなことを意識すればいいの?

と思っていませんか?

実は、転職理由の内容や言い方によってはマイナスな印象を持たれてしまう場合もあるので、ポイントや注意点があります。

この記事では、転職理由別の書き方・答え方のポイントを例文つきで解説するので、これから選考を受ける方は参考にしてみてください。

キャリアアップしたい場合の転職理由の書き方・答え方の3つのポイントと例文

キャリアアップには、以下の3つのパターンがあります。

  1. 年収が上がる
  2. 地位、立場が上がる
  3. 大手企業への転職をする

しろくま先生

キャリアアップの3つのパターンごとに、面接の場面で前職の転職理由を伝えるときの注意点と例文をお話ししていきます。

キャリアアップ退職ポイント1:年収が上がる

年収に関する転職理由は、面接官にネガティブな印象を与えてしまうので、基本的にはNGです。「専門性を高めたい」「新しい挑戦をしたい」といったポジティブな理由にすることが望ましいです。

ただし、「給与が低すぎて、生活できない」「年収が低くて、子どもの学費が払えるか不安」というような、生きていくうえで困難が生じている場合は、会社側も理解してくれる可能性があるので、伝えても良いかもしれません。

例文
    • 現職では、営業で〇〇に関する顧客の獲得を2年ほど行っています。現在、月収16万円程度ですが、先輩社員の話を聞くと、今後数年は大きな昇給が見込めない可能性が高いです。私は、毎月奨学金の返済をしなければいけない状況があり、返済をしながら生活するには限界を感じたため、現在の会社で働き続けるのは難しいと考え、転職を決めました。御社に入社し、営業としてのスキルを活かし、新規顧客獲得に貢献すると同時に、経済面による不安定な生活を抜け出したいと考えています。

    POINT
    以下のような面接官が納得できる理由の場合は、年収を上げたいことを転職理由として話すことも可能です。

    • 奨学金返済
    • 親への仕送り
    • 家族を養うため

    キャリアアップ退職ポイント2:地位、立場が上がる

    アルバイト・契約社員から正社員への地位を上げる場合やマネジメントの経験を積みたいといった立場を上げる場合について解説します。

    地位や立場を上げたい場合の転職理由のポイントと例文を、3つの例ごとにお伝えします。

    1.アルバイト・契約社員から正社員になりたい場合

    アルバイト・契約社員では、どのような働き方やどのような姿勢で働いていたのかを明確にし、正社員で働きたい理由をアピールしましょう。

    例文

    • 現在、〇〇株式会社で、事務職の派遣社員として働いています。現職では、正確に業務を遂行することを心がけたことで、良い評価をいただくことができました。しかし、現職では、派遣社員から正社員になる道がないため、正社員として活躍できる企業を探して転職活動をしています。

    2.マネジメントの経験がないが、管理職になりたい場合

    マネジメントの経験がない中で、管理職になりたい場合は、担当者としての業務スキルや経験、実績を転職理由として上手くアピールすることで、管理職としての活躍を想起させ、転職を成功させることができる可能性が高まります。

    例文
    • 企画・開発担当として、5年ほど〇〇の商品開発に携わってきました。その業務の中で、マネジメントの重要性を感じましたが、前職では、10年後も昇進や昇格が見込めないことから、転職を決意しました。今後は、企画・開発の業務で得たスキルや経験を活かしてマネジメントをしたいと考えています。

    3.マネジメント経験があり、さらに上の役職に就きたい場合

    何人の部下を率いてマネジメントしていたかといった過去の経験を踏まえて、さらに上の役職へ着くために必要なことや熱意を伝えましょう。

    ここで大切なのは、チームとしてどのようなことを成し遂げ、それに対して自分はどのように貢献したかを説明することが重要です。

    例文
    • 私は現職で、小人数の部署で課長をしていました。その部署では、業務の進捗を管理し、常に先を見据えた行動を部署全体に促していました。より大規模な組織でのマネジメントを経験したいと思い、転職活動をしています。

    キャリアアップ転職ポイント3:大手企業への転職をする

    中小企業から大手企業への転職などといった規模の大きな会社への転職によってキャリアアップする場合について解説します。

    今までの経験やスキル、実績を活かして、さらに大手企業でも活躍したいということを転職理由に盛り込みましょう。

    なぜなら、大手企業に勤めている人材よりも高いスキルや実績を求められるため、転職の難易度が高く、上手く実績をアピールしなければならないからです。

    例文
    私は現職で、営業を6年間担当しており、常に上位の成績を納めていきました。その結果から、営業のノウハウを認められ、後輩の指導も担当しました。今まで培ってきた営業のスキルを活かし、〇〇のような商品を取り扱う営業を経験したいと思い、転職活動をしています。

    このように、自分の経験やスキル、実績が、企業が求めていることがマッチしていれば大手企業にも転職できる可能性が上がります。転職理由でも例文を参考にして、上手くアピールしましょう。

    新しいことに挑戦したい場合の転職理由の書き方・答え方の3つのポイントと例文

    しろくま先生

    選考で転職理由を聞かれた時、新しいことに挑戦することを理由とした転職理由を答える場合は以下の3つのポイントをおさえておきましょう。
    1. 経験・スキルをアピール
    2. どういうチャレンジがしたいのかを具体的に話す
    3. どうしてその会社で働きたいと思うのか話す

    新しいことに挑戦したい転職ポイント1:経験・スキルをアピール

    前提として、会社は転職者が、必要な人材かどうか、どのように会社に貢献をしてくれるかによって採用するかを判断します。

    今までの経験やスキルを、未経験の場でどのように生かすことができるかを上手くアピールしましょう。

    転職者自身が持っている経験やスキルといった強みをアピールすることで、転職先の会社に「すぐに慣れて業務を遂行することができるイメージ」を持ってもらいましょう!

    しろくま先生

    経験やスキルがない場合は、性格をアピールしても良いでしょう。
    例えば、事務職の場合、「慎重に物事を進めていく」という性格を強みにできます。
    例文
    • 現職では、営業職で〇〇の新規顧客の獲得を5年行っており、営業先でお客様から直接声を聞いていました。お客様のニーズに応えるには、営業の業務だけでは限界を感じ、商品改善や開発をしたいと思うようになりました。そのため、お客様の声を聞き出すスキルを活かし、お客様に寄り添った商品をつくっている御社で商品開発をしたいと考えています。

    • 現職では、〇〇業界の顧客を対象に〜を行っていますが、これまでの経験から、△△の重要性に気づきました。〇〇業界で△△を行うことで、幅広い知識を身に着け、〜したいと考えています。

    新しいことに挑戦したい転職ポイント2:どういうチャレンジがしたいのかを具体的に話す

    転職先の会社は、転職理由を通して、転職者との相性を判断します。

    新しいことに挑戦したい場合の転職理由では、どのような仕事で、どのようなチャレンジを望んでいるかを明確にすることで、転職者の向上心が伝わり、会社にポジティブな印象を与えることができます。

    これまでの経験やスキルを踏まえて、自分がどのように会社に貢献することができるかをメインに伝えることが重要です。

    例文
    • 上流工程から携わることで、開発の経験を活かしてクライアントと直接関わることで、クライアントと現場の意見を調整し、よりスピーディーに品質のいいサービスを提案できるようになりたいと思いました。なぜなら、前職では、企画段階は元請け会社が行っていたため、〜と感じていたからです。

    新しいことに挑戦したい転職ポイント3:どうしてその会社で働きたいと思うのか話す

    転職したい会社の仕事内容や会社の業績、風土を踏まえて、働きたい理由を考えてみると、なぜその会社に転職したいのかを明確に伝えることができます。

    転職したい思いや就きたい業務をアピールすることで、希望に近い業務を任せられる可能性が高くなります。

    例文
    • 御社では企画から保守・運用まで一気通貫で行っているため、これまで磨いてきた実装スキルを活かし、企画や運用段階でのヒアリング・提案スキルを身につけ、より顧客に満足してもらえるサービスを提供できるようになれると考えています。
    • 御社はバリューに〇〇を掲げているように、若手が挑戦できる社風であるので、新しい業務に取り組んだり、自分の意見を持って主体的に働くことで、営業のスペシャリストとして貢献できると考えています。

    キャリアチェンジしたい場合の転職理由の答え方の3つのポイントと例文

    しろくま先生

    選考で転職理由を聞かれた時、キャリアチェンジを理由とした転職理由を答える場合は以下の3つのポイントをおさえておきましょう。
    1. 経験・スキルをアピール
    2. キャリアチェンジするほどの熱意をアピール
    3. 社会人としての基礎力をアピール

    キャリアチェンジ転職ポイント1:経験・スキルをアピール

    前提として、会社は転職者が、必要な人材かどうか、どのように会社に貢献をしてくれるかによって採用するかを判断します。

    今までの経験やスキルを、未経験の場でどのように生かすことができるかを上手くアピールしましょう。

    転職者自身が持っている経験やスキルといった強みをアピールすることで、転職先の会社に「すぐに慣れて業務を遂行することができるイメージ」を持ってもらいましょう!

    しろくま先生

    経験やスキルがない場合は、性格をアピールしても良いでしょう。
    例えば、事務職の場合、「慎重に物事を進めていく」という性格を強みにできます。
    例文
    • 現職では、営業職で〇〇の新規顧客の獲得を5年行っており、営業先でお客様から直接声を聞いていました。お客様のニーズに応えるには、営業の業務だけでは限界を感じ、商品改善や開発をしたいと思うようになりました。そのため、お客様の声を聞き出すスキルを活かし、お客様に寄り添った商品をつくっている御社で商品開発をしたいと考えています。

    キャリアチェンジ転職ポイント2:キャリアチェンジに対する思いや熱意を伝える

    異業界や異職種への転職は、ほぼゼロからのスタートになります。

    未経験であるにも関わらず、なぜキャリアチェンジしたいと思うのかを整理しておきましょう。

    長年心に秘めていた熱意や、やりたいことに対する思い、やる気を表現し、熱意や思いを実現するために行った具体的な行動を伝えることで、より説得力のある内容になります。

    例文
    • 高校生の頃から、〇〇に興味があり、〇〇に関する勉強や資格取得を大学在学中に行いました。しかし、就職活動で成果が出せず、△△業界の企業に就職しました。就職して3年経った現在でも、〇〇をやりたい気持ちは変わらず、後悔したくないという思いがあり、転職を決意しました。

    キャリアチェンジ転職ポイント3:社会人としての基礎力をアピール

    転職者が前職で社会人スキルを身につけることができている場合、会社はOJTなどの教育をする手間を省くことができます。
    そのため、社会人スキルが徹底されていることも強みの1つとしてアピールしましょう。

    面接での話し方や、履歴書に記入する文章の書き方といった基本的なスキルは、就きたい職種への適性があるかを評価する基準になる可能性もあります。

    例えば、営業職に就きたい場合は、
    「積極的」「話し方やアピールが上手」「成長意欲や向上心がある」「チャレンジ精神がある」

    事務職に就きたい場合は、
    「きっちりした書式」「丁寧な言葉遣い」

    といった内容は会社に良い印象を与えることができるでしょう。

    例文
    • 前職では、〇〇に関する企画を5年間担当しました。作業や体裁が丁寧であったことから、企画チームでは資料作成を任せられることが多くありました。育児を機に退職しましたが、資料作成などのスキルを活かして、事務職として復帰したいと考えています。

    「やりがいがない」場合の転職理由の書き方・答え方の3つのポイントと例文

    しろくま先生

    選考で転職理由を聞かれた時、「やりがいがない」を理由とした転職理由を答える場合は以下の3つのポイントをおさえておきましょう。
    1. 不満はあまり主張しすぎない
    2. 納得感がある内容にする
    3. ポジティブな仕事内容に変換

    「やりがいがない」転職ポイント1:不満はあまり主張しすぎない

    やりがいを感じなかったからと言って、「前職・現職の会社ではやりがいを感じなかった」といった不満を多く含んだ転職理由を述べてしまうと、転職しても会社に対して不満を持たれてしまうのではないかというマイナスな印象を与えてしまいます。

    マイナスな言葉によって、会社との相性が悪いのではないかと思われることを防ぐために、前職・現職の会社で経験したことや、なぜその会社が良いと思ったのかといったポジティブな表現に変換することで、明るい印象を与え、転職成功を引き寄せましょう。

    しろくま先生

    「やりがい」という言葉を使うのは、NGです!
    NGな例文
    • 前職では、若い世代が活躍できない環境であったため、自分自身の強みを発揮できる仕事に就きたいと思い、転職を決めました。私は将来、〇〇をしたいという夢がありますが、前職ではチャレンジが難しいと感じ、やりがいが持てずにいました。貴社では、これまでの経験を活かしながら、将来の夢を実現したいと思います。

    「やりがいがない」転職ポイント2:納得感がある理由にする

    やりがいがない状態になってしまったことを客観的に伝えることで、納得感のある転職理由にすることができます。

    例えば、理不尽や不満を解消するために、自分が努力しても、会社や仕事の体制が変わらなかったということをアピールしましょう。自分の行動だけではどうにもならなかったことを伝えることで、転職を選んだ理由に筋が通ります。

    これによって、転職理由を上手く面接官に伝え、納得感を与えることが重要です。

    例文
    • 企画・開発担当として、5年ほど〇〇の商品開発に携わってきました。その業務の中で、マネジメント業務に携わりたいと感じましたが、前職では、先輩方の事例を見ると、5年後も昇進や昇格が見込めないことから転職を決意しました。今後は、企画・開発の業務で得たスキルや経験を活かしてマネジメントをしたいと考えています。

      「やりがいがない」転職ポイント3:ポジティブな仕事内容に変換

      前職・現職の仕事で、やりがいが持てなかったのはなぜなのかを分析しましょう。そこから、やりがいを持てるようになるにはどのような環境に身を置けば良いかを考えましょう。

      その上で、「やりがい」という言葉を使わず、自分がやりたい仕事内容や関わりたい業務をポジティブに伝えましょう。

      例文
      • 前職では、2年間事務職として働いていましたが、学生時代に行った産学共同プロジェクトにおいて、〇〇の開発をした経験から、〇〇に関する開発を行いたいと思い、貴社への転職を決意しました。
      • 前職では、3年間経理として働いていましたが、毎日数字と向き合う仕事に孤独を感じるようになりました。お客様と直接関わり、企業内でもコミュニケーションを取りたいことから、営業職に転職したいと考えています。

        社風が合わない場合の転職理由の書き方・答え方の3つのポイントと例文

        しろくま先生

        選考で転職理由を聞かれた時、社風が合わない場合の転職理由を答える場合は以下の3つのポイントをおさえておきましょう。
        1. 前職・現職の不満をポジティブな言葉に変換
        2. どのように活躍したいかを具体的に話す

        社風が合わない転職ポイント1:前職・現職の不満をポジティブな言葉に変換

        「前職・現職の会社は若手の意見を聞き入れてくれない」といった不満を多く含んだ転職理由を述べてしまうと、転職しても不満を持たれてしまうのではないかというマイナスな印象を与えてしまいます。

        不満は、ポジティブな言葉や働きたいと考える会社のイメージに変換して伝えましょう!

        社風が合わない転職ポイント2:どのように活躍したいかを具体的に話す

        「社風が合わない」と感じるのは、自分が活躍できると感じる環境と、現状にギャップができているからではないでしょうか?

        そのギャップを分析し、社風が合わない場合の転職理由では、社風が合わないことを伝えるのではなく、どのように活躍したいのかという理由に変換して伝えましょう。

        自分のありたい姿を考え、どのような仕事で、どのようにチャレンジをしたいのかを明確にすることで、転職者の向上心が伝わり、会社にポジティブな印象を与えることができます。

        しろくま先生

        ここからは状況別に転職理由の例文を紹介します!

        社風が合わない転職理由1
        「仕事を教えてもらえず成長できない」

        例文
        • 現在の職場は、個々人で業務を行うことが多いため、確認などの必要事項のみの会話しかすることができません。一人一人異なる業務の進め方をしているため、入社1年目の私は、今でも感覚的に独自の方法で業務を遂行しているという現状があります。そのため、今後はコミュニケーションを取ることで、様々な情報を共有し合い、互いに高めることができるような環境で働きたいと思っています。

        社風が合わない転職理由2
        「体育会系すぎてついていけない」

        例文
        • 現在の会社は、業務について、若手が提案することが難しい風土です。新しいアイデアや技術を取り入れて、若いうちから意見やアイデアを提案できる環境で働きたいと思い、転職を決意しました。

        社風が合わない転職理由3
        「コミュニケーションが多すぎる」

        例文
        • 現在の職場は、「アットホームな環境で仕事をしよう」という考えがあります。アットホームという目標を掲げていることから、優しい人が多く、コミュニケーションも取りやすいという利点がありますが、その優しさに甘えてしまう部分を感じるようになりました。業務をきちんと進め、刺激しあい、自分のスキルを高めることができる会社に転職したいと考えています。

        社風が合わない転職理由4
        「仕事に対して裁量を持たせてもらえない」

        例文
        • 現在の会社では、スピードが重視される案件でも何人もの承認を得ないと実行することができないという状態があり、社内の案件の遅れが多発することが度々ありました。そのため、それぞれに適切な裁量があることで、自分の業務に集中できるような環境で働きたいと思っています。

        社風が合わない転職理由5
        「評価制度が統一されていない」

        例文
        • 現在の職場では、評価基準が曖昧で、成果が出ていない人でも評価されるということが数多く発生しています。私自身、売上や件数などのわかりやすい評価基準の方が、モチベーションを高く保つことができると考えているため、転職を考えました。

        パワハラが退職理由の書き方・答え方の3つのポイントと例文

        しろくま先生

        選考で退職理由を聞かれた時、パワハラを退職理由として答える場合は以下の3つのポイントをおさえておきましょう。
        1. 事実を簡潔に述べる
        2. 前職・現職の不満をポジティブな言葉に変換
        3. どのように活躍したいかを具体的に話す

        パワハラ退職ポイント1:事実を簡潔に述べる

        パワハラは、面接官も退職理由として理解を示してくれることが多いため、面接でパワハラがあったことを伝えることは悪いことではありません。

        伝えるときのポイントとして、パワハラに対するネガティブな感情や愚痴を言うのではなく、客観的な事実のみを簡潔に伝えることが重要です。
        パワハラの説明がメインにならないように気をつけましょう。

        例文
          • 週休2日であるにも関わらず、職場全体で休日出勤を強制され、月2日しか休めないという状態が入社当時から続いていました。

          パワハラ退職ポイント2:どういうチャレンジがしたいのかを具体的に話す

          「前職・現職の会社には一生行きたくない」といった不満を多く含んだ退職理由を述べてしまうと、転職しても不満を持たれてしまうのではないかというマイナスな印象を与えてしまいます。

          不満は、ポジティブな言葉や働きたいと考える会社のイメージに変換して伝えましょう!

          例文
          • 現在の会社は、業務について、若手が提案することが難しい風土です。新しいアイデアや技術を取り入れて、若いうちから意見やアイデアを提案できる環境で働きたいと思い、退職を決意しました。

          パワハラ退職ポイント3:どうしてその会社で働きたいと思うのか話す

          「パワハラ」と感じるのは、自分が活躍できると感じる環境と、現状にギャップができているからではないでしょうか?

          パワハラの事実を分析し、パワハラによる退職理由では、前職の嫌なところを伝えるのではなく、今後どのように活躍したいのかという理由に変換して伝えましょう。

          自分のありたい姿を考え、どのような仕事で、どのようにチャレンジをしたいのかを明確にすることで、転職者の向上心が伝わり、会社にポジティブな印象を与えることができます。

          例文
          • 現在の職場では、評価基準が曖昧で、成果が出ていない人でも評価されるということが数多く発生しています。私自身、売上や件数などのわかりやすい評価基準の方が、モチベーションを高く保つことができると考えているため、転職を考えました。

          転職理由の答え方は転職エージェントを活用して練習しよう!

          この記事では、転職理由の答え方のポイント・注意点を例文つきで解説しました。

          例文を参考に転職理由の答え方を工夫してみてください。

          また、面接対策をするなら、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

          本番さながらの模擬面接をし、プロからアドバイスをもらうことで、選考の通過率が格段に上がりますよ!

          転職エージェントに登録するなら、以下の転職エージェントがおすすめです。

          おすすめの転職エージェント

          書類選考・面接の対策をするなら、以下の記事も参考にしてみてください!