ワーママの転職理由3選|面接での答え方の注意点を解説!

  • ワーママの転職理由にはどんなものがあるの?
  • 面接で転職理由を聞かれたらどう答えらばいい?

と思っていませんか?

面接で転職理由を聞く際には、企業は「自社とマッチするか」「同じような理由ですぐに辞めてしまわないか」チェックしているので、答え方のポイントや注意点があります

この記事では、ワーママによくある転職理由と面接での答え方の2つのポイントを解説するので、評価される転職理由の答え方がわかりますよ!

面接が不安な人は...

面接での転職理由や志望理由の答え方に不安があるなら、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

模擬面接や面接でのアドバイスをしてもらえるので、選考の通過率が格段に上がりますよ!

以下の記事でおすすめの転職エージェントを紹介しているので読んでみてください。

あわせて読む:ワーママにおすすめの転職エージェント13選|特徴・評判を徹底比較

ワーママが転職する理由とは?

ワーママが転職する理由で最も多いのは、「ママになったことで働き方が合わなくなったから」です。

具体的には、以下のような理由があります。

  • 肩身が狭い
  • やりがいを感じにくい
  • 柔軟な勤務制度がない

ワーママが転職を考える理由1:肩身が狭い

子育てをしながら働く社員が少ない会社の場合、時短勤務で働くことや残業ができないこと、早退をすることに対して良く思わない社員もいるので肩身が狭くなりがちです。

私は独身時代から働く会社に、時短勤務で働いていました。

ワーママは、過去も含めて私しかいません。試行錯誤をしながら頑張るものの、子どもの体調不良で休むたびに「もう少し会社にいてよ」と言われます。(※有給休暇は残っていました。)

肩身の狭さを感じていたため、ワーママが働きやすい職場への思いが、日に日に強くなりました。

ワーママが転職を考える理由2:やりがいを感じにくい

ワーママが子育てと両立しながら働くために時短勤務への変更や簡単な仕事をメインとする部署へ異動し、給料も減り、やりがいも感じられなくなってしまう場合も多いです。

私は独身時代と異なる部署に配属され、簡単な仕事をしていました。基本給が低くなり、評価をされる機会も減ったことから、モチベーションが下がります。

そのため、ワーママでも「やりがいが感じられる仕事」をしたいと思いました。

ワーママが転職を考える理由3:柔軟な勤務制度がない

最近では在宅勤務など、柔軟な働き方ができる企業も増えてきていますが、業界や職種によってはできないこともあります。

なので、在宅勤務やフレックス制度のある会社で働きたいと考えて転職をするワーママも多いです。

子どもは、発熱することも多々あります。発熱すると保育園に預けられず、家で面倒を見なくてはいけません。

そのため、急な休みにも対応できるよう、在宅勤務やフレックス制度などの「柔軟な勤務制度」を取り入れる企業で働きたいと思いました。

このような理由で転職を考えるワーママは多いです。

しかし、面接で転職理由を聞かれた時には、実は注意点があります。

ワーママの転職理由の答え方の注意点

<span> ワーママの転職理由の答え方の注意点</span>
  • 不満はあまり主張しすぎない
  • 前向きな転職理由に置き換える

ワーママの転職理由の答え方の注意点1:不満はあまり主張しすぎない

「前職・現職の会社ではやりがいを感じなかった」といった不満を多く含んだ転職理由を述べてしまうと、転職しても会社に対して不満を持たれてしまうのではないかというマイナスな印象を与えてしまいます。

マイナスな言葉によって、会社との相性が悪いのではないかと思われることを防ぐために、前職・現職の会社で経験したことや、なぜその会社が良いと思ったのかといったポジティブな表現に変換することで、明るい印象を与え、転職成功を引き寄せましょう。

ワーママの転職理由の答え方の注意点2:前向きな転職理由に置き換える

転職理由は、率直に答えるのではなく、前向きな転職理由に置き換えて答えましょう。

なぜなら、「肩身が狭い」「やりがいがない」「子育てと両立しづらい」といったネガティブな転職理由を述べるよりも、「こんな仕事をしたい」「御社のような〜な会社で働きたい」といったポジティブな理由の方が印象が良いからです。

例えば、前職・現職の仕事で、やりがいが持てなかったのはなぜなのかを分析しましょう。そこから、やりがいを持てるようになるにはどのような環境に身を置けば良いかを考えましょう。

自分がやりたい仕事内容や関わりたい業務について考え、ポジティブに伝えましょう。

面接練習は転職エージェントを活用するのがおすすめ!

転職エージェントを使うべき理由

面接で転職理由をうまく伝えることも重要ですが、自分の本音で話せ、一貫性のある転職理由を話すには、現職での悩みを解決できる企業を選ぶことが前提となります

転職エージェントに相談すると、あなたの希望に近い求人を紹介してくれたり、求人票や企業の採用ページでは知ることができない社風や制度について詳しい情報を教えてくれます

また、職務経歴書での職歴や志望動機の作成や面接対策もサポートしてくれるので、選考の通過率が上がりますよ!

転職エージェントを利用するなら、以下の3つの転職エージェントがおすすめです。

おすすめの転職エージェント3選
  1. doda 時短勤務や在宅勤務の求人を探したい人におすすめ!
  2. パソナキャリア女性の転職に特化したチームにサポートしてもらいたい人におすすめ!
  3. リアルミーキャリア首都圏の時短勤務の求人が見つかる!

ワーママの転職理由は2つのポイントをおさえて答えよう!

この記事では、ワーママが転職を考える3つの理由と転職理由の答え方の2つの注意点を紹介しました。

以下の2つのポイントを意識して答えることで、企業側の「うちの会社とマッチするか」「同じような理由ですぐに辞めてしまうのではないか」といった懸念を払拭することができ、選考の通過率が上がりますよ!

<span> ワーママの転職理由の答え方の注意点</span>
  • 不満はあまり主張しすぎない
  • 前向きな転職理由に置き換える

今回紹介した例文を参考に、自分なりの転職理由を整理してみてください。

また、転職エージェントを活用し、現職での悩みを解決できる企業の紹介や、企業に刺さる志望理由・転職理由の回答をサポートしてもらうと選考の通過率がさらに上がりますよ!

おすすめの転職エージェント3選
  1. doda 時短勤務や在宅勤務の求人を探したい人におすすめ!
  2. パソナキャリア女性の転職に特化したチームにサポートしてもらいたい人におすすめ!
  3. リアルミーキャリア首都圏の時短勤務の求人が見つかる!

転職エージェントは複数社に登録し、なるべくたくさんの求人を紹介してもらうのがおすすめです!
複数社への相談がおすすめ

迷ったら相談すべき転職エージェント

複数社に相談するメリット

  1. たくさんの求人を比較検討できる
  2. 相性のいい担当者と出会いやすい

他のパターンの転職理由の答え方のポイントや注意点を知りたい方は、以下の記事を読んでみてください!

あわせて読む:【例文つき】転職理由の答え方のポイント・注意点を徹底解説!