転職したいワーママ必見!転職活動を成功させるポイント

転職したいワーママ必見!転職活動を成功させるポイント

  • 時短勤務や在宅勤務・フレックス勤務ができる会社に転職したい
  • 子育てと両立しながらキャリアアップしたい

と思っていませんか?

ワーママの転職活動では、子育てと両立しながら働きやすい会社は絞られる上に、働き方に制約のない人材との競争となるため、難しいと言われています。

しかし、ポイントをおさえておけば、転職を成功させることは可能です!

この記事では、企業選びや書類選考・面接でのポイントや家事・子育て・仕事と転職活動を両立させるポイントを解説するので、転職したい方は読んでみてください。
記事を読み進める前に...

転職エージェントに相談すると、子持ちの女性が正社員で働きやすい企業を紹介してくれたり、相談や選考対策を行ってくれますよ!

以下の記事で、ワーママの転職に強いおすすめの転職エージェント13選と、転職エージェントを利用するメリットを詳しく解説しているので、就職を成功させたい方は読んでみてください。

あわせて読む:ワーママにおすすめの転職エージェント13選|特徴・評判を徹底比較

ワーママの転職は難しい?3つの理由

ワーママの転職は、以下の3つの理由で難しいと言われています。
  1. 条件に合う求人が少ない
  2. 子持ちであることが不利になりやすい
  3. 家事・子育て・仕事・転職活動を両立させるのが難しい

ワーママの転職では、「17時まで退社が可能」「残業時間が少ない」「時短勤務」「在宅勤務」「自宅から〇〇分以内」といった条件も考慮しないといけないため、応募できる求人がかなり絞られます

また、ワーママの転職では、子供の送迎や食事の支度、子供の急病などへの対応が必要なく、働き方に制約がない人材と比べると不利になりやすいです。

さらに、子育てと両立しながら働ける環境が整った会社は、同じように子育てと両立しながら働きたいと考えるワーママから人気で倍率も高いです。

なので、選考において経験やスキルをアピールすることがより重要となり、転職の難易度は高いと言われています。

加えて、ワーママは家事・子育て・仕事だけでも忙しく、さらに仕事が終わり、子供を寝かせた後や休日に求人選びや企業研究、書類の作成、面接対策をするのは大変です。

ワーママ特有の転職活動の難しさを乗り越えるコツについて詳しく知りたい方は、以下の記事も読んでみてください!

あわせて読む:ワーママの転職は難しい?子育て中の転職を成功させるコツを徹底解説!

転職活動がうまくいかないワーママの3つの特徴

転職活動がうまくいかない、なかなか選考に通過しないワーママには、主に以下の3つの特徴があります。

  1. 転職することが目的になっている
  2. マッチしない求人を選んでいる
  3. 家事・子育て・仕事と転職活動を両立できない

転職活動がうまくいかないワーママの特徴1:転職することが目的になっている

ただ「在宅勤務がしたい」「給料がもっと高い会社で働きたい」「人間関係が良い会社で働きたい」といった、条件面での理由だけで転職活動をしてしまうと、転職することが目的化してしまい、転職活動がうまくいきません。

なぜなら、企業は「現職での不満が解消されれば、どの会社でも良い人」よりも「自社で働く意欲が高い人」や「活躍してくれる人」を採用したいからです。

なので、転職することでどんな仕事をしたいのか、どうなりたいのか考えると、求人選びや志望動機、キャリアプランに一貫性が出て、書類選考や面接での通過率がアップしますよ!

転職の目的を相談したい人は...

自分が転職によってどんな仕事がしたいのか、将来どうなりたいのか、自分が転職先で活かせる強みは何か分からない方は、以下の3つのサービスの無料体験を受けてみるのがおすすめです。

プロが自己分析やキャリア設計のサポートをしてくれますよ!

  • マジキャリ
    幼少期からの自己分析・性格診断ツールを使った自己分析・キャリア設計ができる。初回の無料相談で自己分析や転職アドバイスをしてもらえる!
  • ポジウィルキャリア
    心理学に基づいた自己分析・キャリア設計ができる
  • ニューキャリア
    転職のプロによる独自のツールを活用した自己分析・キャリア設計ができる

あわせて読む:ワーママにおすすめの転職相談5選|プロに無料相談してみよう!

転職活動がうまくいかないワーママの特徴2:マッチしない求人を選んでいる

企業が求める経験・スキルとあなたの経歴がそもそも合っていないと、書類選考の時点で落とされてしまう可能性が高いです。

なので、ワーママが転職を成功させるには、これまでの業務経験が活かせる仕事や未経験から始めやすい仕事を選ぶことが重要です。

スキルや経験に自信がない、今の業種では子育てとの両立が厳しいという方は、営業職・接客業・事務職、工場の軽作業、介護職などは、未経験歓迎で募集していることが多いのでおすすめです。

未経験で始めやすい仕事を探すなら...

未経験の業界・職種に転職・再就職するのは、基本的には難しいですが、未経験歓迎で募集していることが多い仕事なら、未経験で採用してもらいやすいですよ!

以下の記事で、子持ちの女性が未経験で始めやすく、子育てと両立しやすい仕事を紹介しているので、あわせて読んでみてください。

あわせて読む:女性におすすめの未経験でもできる仕事5選|再就職・転職するなら?

転職活動がうまくいかないワーママの特徴3:家事・子育て・仕事と転職活動を両立できない

ワーママは、家事・子育て・仕事だけでも忙しいため、転職活動に時間をかけられずに書類選考や面接を受けてしまう方も多いのではないでしょうか?

転職活動では、企業研究や自己分析など、じっくり準備をしてから選考に挑むことが重要です。

なので、家事や子育てを家族や託児所・サービスに頼ったり、有給を取得して転職活動に集中する期間を設けたり、転職エージェントの担当者に頼ることで、負担を減らしてみてください

ワーママが家事・子育て・仕事・転職活動を両立させる方法
  • 子供の面倒
    夫や実家を頼る、ベビーシッター・保育施設を利用する
  • 家事
    家族で分担する、週末にまとめて済ませる、家電・家事代行サービスを活用する
  • 転職活動
    集中できるカフェでする、転職エージェントを活用する

実は、ワーママの転職でうまくいかない原因は他にもあります。

転職活動がうまくいかない原因とその対処法について知りたい方は以下の記事を読んでみてください!

あわせて読む:ワーママの転職でうまくいかないのはなぜ?原因と転職活動のコツを解説!

次は、転職活動の具体的な手順と手順ごとのポイントを解説していきます!

ワーママの転職活動のやり方・成功させるポイント

転職活動は以下のようなやり方・ポイントがあります。

ワーママの転職活動のやり方

STEP1:転職エージェントに登録する

家事・子育て・仕事で忙しいワーママには、以下の5つの転職エージェントを利用するのがおすすめです。
特徴
時短勤務や在宅勤務の求人を探したい人におすすめ!
全国の求人が見つかる!
女性の転職に特化したチームにサポートしてもらいたい人におすすめ!
リクルートエージェント求人数・転職支援実績No.1!
ビズリーチ企業からスカウトが届く!
ReWorks
在宅勤務に特化!

ワーママの転職では、通勤・退社・残業時間、時短・在宅・フレックス勤務など、細かい条件で探すと求人が絞られるため、複数社に登録してより多くの求人を紹介してもらいましょう。
複数社への相談がおすすめ

迷ったら相談すべき転職エージェント

複数社に相談するメリット

  1. たくさんの求人を比較検討できる
  2. 相性のいい担当者と出会いやすい

他にも時短勤務・在宅勤務といった条件や職種ごとにおすすめの転職エージェントを紹介しているので、以下の記事も読んでみてください!

あわせて読む:ワーママにおすすめの転職エージェント13選|特徴・評判を徹底比較

STEP2:求人選び

求人は、転職エージェントの担当者にたくさん応募することを勧められる場合もありますが、条件に合う会社の中から自分が興味を持った会社を3〜10社ほど選んで応募するのがおすすめです。

なぜなら、絞って応募する方が対策を立てやすく、自分が興味を持った会社に応募する方が志望動機や自己PRを考えやすいからです。

たくさん応募したとしても、子育てと両立が難しい会社や求められているスキルや経験がマッチしない会社だと結局のところ選考に通過しない可能性が高いです。

選考になかなか通過しないことでストレスに感じたり、焦って転職先を決めてしまわないためにも、企業が求める条件と、自分の希望条件がマッチする会社を選んで応募しましょう。

ワーママの求人選びのポイント
  • 同業界もしくは同職種の求人で探す
  • 必須条件とあれば良い条件を決める
    • 通勤時間、出社・退社時間、残業時間
    • 土日休み
    • 時短・在宅・フレックス勤務あり
    • 年収〇〇万円以上
    • 転勤なし
  • 優先順位をつける
  • 経験・スキルが活かせるところを探す
あわせて読む

ワーママが子育てと両立しながら働きやすく、後悔しない転職先の選び方のポイントを解説しているので、以下の記事もあわせて読んでみてください!

あわせて読む:ワーママが転職で後悔しないための転職先選びの3つのポイント

STEP3:書類選考

応募する求人を選んだら、それぞれの企業の仕事内容や求められる経験・スキルにあわせて志望動機や自己PRなどを考えて履歴書・職務経歴書を作成しましょう

職務経歴書はツールを使って作成しよう!

dodaに無料登録すると、スマホ・PCでガイドに沿って入力するだけで簡単に職務経歴書を作成できるツール”レジュメビルダー”が使えるので、試してみてください!

dodaのレジュメビルダー

無料登録してレジュメビルダーを使ってみよう!

以下の記事でワーママの履歴書・職務経歴書の書き方を例文つきで詳しく解説しているので、あわせて読んでみてください。

あわせて読む:子持ちのワーママの履歴書・職務経歴書の書き方|志望動機・自己PRの例文も紹介!

STEP4:面接

書類選考に通過したら、面接をおこないます。通常、面接は2〜3回行われます。

本番当日までに想定される質問への回答を考えておき、面接練習をしておきましょう。

転職エージェントの担当者に頼むと無料で模擬面接をやってもらえますよ!

面接で聞かれること
  • 自己紹介
  • 転職理由・志望動機
  • キャリアプラン
  • 自己PR

ワーママの転職でよくある質問への回答方法や注意点を解説しているので、以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読む:子持ちのワーママの転職で聞かれる面接質問例・回答例|面接突破のコツを解説

STEP5:内定

最終面接に通過し、内定をもらえば、入社・退職の手続きをして転職活動は終了となります。

ワーママの転職活動のやり方や手順ごとのコツを詳しく知りたい方は、以下の記事を読んでみてください!

あわせて読む:ワーママの転職活動を成功させるコツ・やり方|子持ちでも転職できる!

最後に、ワーママの転職でよくある質問にお答えします。

ワーママの転職でよくある質問Q&A

質問1:ワーママが転職するならおすすめのタイミングってありますか?

子持ちのワーママの転職のタイミングは、それぞれメリット・デメリットがあり、何を優先するかによってベストな時期はそれぞれ変わります。

生後6ヶ月〜1歳3歳以上小学校に入ってから中学・高校に入ってから
メリット仕事のブランクが長くならない子どもの体調が安定していて仕事と両立しやすい送迎の必要がなくなり、仕事と両立しやすい子どもが一人で食事の支度ができるようになり、仕事と両立しやすい
デメリット子どもの急な発熱により欠勤や早退が多くなる送迎や食事の支度をする必要があり、残業ができない長期休暇の対応、学習サポートが必要仕事のブランクが長くなり、再就職が難しい
こんな人におすすめ仕事も子育ても頑張りたい
教育費がかかる前に収入を増やしたい
家族の協力が得られ、仕事と育児を両立しやすい
育児・子育てが落ち着いてから仕事に復帰したい
子どもの体調が安定してから働きたい
家族の協力が得られ、仕事と子育てを両立しやすい
子どもが小さいうちは家事・子育てに専念したい
子どもが小さいうちは仕事と両立するのが難しい
家事や子どもの学習サポートをしっかりしたい
子育てが落ち着いてから仕事に復帰したい
注意
入社後半年間は有給休暇を取得できないことが多いので、休暇を取る必要がある時期は避けることをおすすめします。

ワーママの転職におすすめの時期について詳しく知りたい方は、以下の記事を読んでみて下さい!

あわせて読む:子持ちのワーママの転職・再就職のタイミングはいつがいい?|おすすめの時期と注意点を解説!

質問2:子持ちワーママにはどんな仕事がおすすめですか?

小さいお子さんがいる方には、残業時間が少ない職種、シフト制で勤務時間の融通がききやすい業種、女性社員が多く、理解を得やすい職場がおすすめです。

具体的には以下のような仕事があります。

  1. 事務職
  2. コールセンター
  3. 家事代行
  4. 工場

あわせて読む:子持ちのワーママにおすすめの仕事5選|正社員・パートで働くなら?

ただし、会社によって仕事内容や職場の環境は異なるので、転職エージェントを活用し、仕事内容の詳細や制度・社風などについて詳しく聞いておくことをおすすめします

質問3:ワーママの転職に活かせる資格はありますか?

ワーママの転職には、資格が転職で有利になる以下の5つの資格がおすすめです。

  1. 簿記2級
  2. 宅地建物取引士
  3. 保育士
  4. 介護職員初任者研修
  5. 医療事務

それぞれの活かせる仕事や難易度などを詳しく知りたい方は、以下の記事を読んでみてください。

あわせて読む:ワーママの転職におすすめの資格5選|人気の仕事も紹介!

ワーママが転職したいなら、まずは転職エージェントに登録しよう!

この記事では、転職したいワーママに向けて、転職活動を成功させるためのコツや転職活動の手順を解説しました。

家事・子育て・仕事で忙しく、細かい条件で転職先を絞らないといけないワーママには、転職エージェントの活用が必須となります。

転職活動の第一歩として、まずは以下の転職エージェントに登録しておきましょう!

特徴
時短勤務や在宅勤務の求人を探したい人におすすめ!
全国の求人が見つかる!
女性の転職に特化したチームにサポートしてもらいたい人におすすめ!
リクルートエージェント求人数・転職支援実績No.1!
ビズリーチ企業からスカウトが届く!
ReWorks
在宅勤務に特化!

まずは無料相談してみよう!