【厳選6選】VRベンチャーのミッション・ビジョン・バリュー(MVV)事例まとめ【2021年度最新】

このページではVRベンチャーのミッション・ビジョン・バリュー(MVV)を紹介していきます。

VRとは「Virtual Reality」の略で、

日本語で言うと「人工現実感」や「仮想現実」となります。

分かりやすいビジネスですと、PlayStation VRがこの技術を活用したものとなります。

今回は、VR企業の中でも、サービスが世に知られている企業、多額の調達をしていたり、既に上場していて知名度が高い企業を厳選して紹介させてもらいます。

どういった企業があるのかを知るため、その会社がどんなMVVを掲げているのか、などをこのページを読むことで理解深めてもらえればと思います!

そもそもミッション・ビジョン・バリューとは

ミッション・ビジョン・バリューとは

ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)については以下のように理解をしてもらえればと思います。

ミッション…「実現したいこと」
       組織が存在する意義、組織が究極的にやらねばならない使命。
       何のために存在しているのか、私たちがやらないと他ではできないこと。

ビジョン…「なりたい姿」
      なりたい姿、目標のイメージを具体的に表現したもの。
      どういう姿をめざしているか、どこに向かおうとしているのか。

バリュー…「行動指針」
      組織行動の優先順位を決めるための行動指針。
      何を大切に考えるのか、考え方や概念の基点・起点。

関連記事:MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)とは?どういった意味か理解をしよう

みなさんにおすすめ
人事の「学び」と「交流」をしたい方は
人事のオンラインサロン【人事倶楽部】
への加入をおすすめします!

VRベンチャーMVV / 6選

ナーブ

ナーブ株式会社(NURVE)は、東京都千代田区大手町に本社を置き、VR技術を活用したプラットフォームを運営。不動産、建設向けの『VR内見™』『どこでもストア®』などのVRソリューション、旅行、航空、鉄道向けの『VRトラベルソリューション』を、旅行業界向けに『VRトラベルAd』、船舶、自動車向けに『VRソリューション』を提供している。

ミッション

「体験してから買う」をどこでも、誰にでも。

https://www.fastgrow.jp/companies/481

ビジョン

完全情報を提供し、未来のあたりまえを創り世界を変革し続ける

https://www.nurve.jp/news/pr-20190730-htm/

Synamon

株式会社Synamon (Synamon Inc.)は、東京都品川区西五反田に本社をおく、VR / AR / MR関連製品 / コンテンツの企画、開発、運営をする会社。複数人が同じバーチャル空間にアクセスし、リアルタイムでのコミュニケーションや体験の共有をすることが可能なビジネス向けVRコラボレーションサービス「NEUTRANS BIZ」を提供している。

MISSION

XRが当たり前の世界をつくる

かつてインターネットやスマートフォンが世に生まれ、今では一般的に使われるのが当たり前になったように… 私たちは、体験をつくり共有することができるXR技術が、 ビジネスの世界でも日常生活でもフツウに使われる選択肢のひとつのとなっていくように、 XR技術の社会実装と市場創造に挑戦していきます。

https://synamon.jp/

VISION

BE CREATIVE, MAKE FUTURE

―日々想像力を高め創る人を増やすとともに、新しい世界への進化へ貢献し続ける―

https://synamon.jp/

ジョリーグッド

株式会社ジョリーグッド(英語表記:Jolly Good Inc.)は東京都中央区日本橋に事務所をおき、VRコンテンツとVR空間のユーザー行動を解析するAIを開発し、VRプラットフォームを提供する企業。VR臨床教育プラットフォーム「オペクラウドVR」、発達障害・支援機関向けのVRを活用したソーシャル・スキル・プログラム「emou」などのサービスがある。

企業理念・ミッション

テクノロジーは、 それを必要とする人に使われて、 初めて価値がある。

先端テクノロジーがもたらす恩恵を、一部の専門家だけでなく“本当にそれを必要としている人達”に届けていくこと。

https://jollygood.co.jp/about

ディライトワークス

ディライトワークス株式会社(DELiGHTWORKS)東京都目黒区青葉台にある会社で『Fate/Grand Order』や『バンドやろうぜ!』などのスマートフォン向けゲームの企画・開発・運営や、VR・アーケードゲームの企画・開発も行っています。

企業理念

「ただ純粋に、面白いゲームを創ろう。」

https://www.delightworks.co.jp/

gumi

株式会社gumiは東京都新宿区西新宿に本社をおく、モバイルゲームの開発・運用、VR/ARやブロックチェーン領域の投資・開発等を行う企業。東証1部へ上場している上場企業。「誰ガ為のアルケミスト」「クリスタル オブ リユニオン」、スクエア・エニックスとの協業タイトル「FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS」などのゲームが主力。

Mission (目指すべき方向性)

Wow the World! すべての人々に感動を

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000042656.html

Mind (忘れてはいけない基本精神)

One Step Beyond First to Try, First to Fail, First to Recover

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000042656.html

Value (行動指針)

Keep on Trying 果敢に挑戦を

Stay Positive  常に前向きな姿勢で

Unite as One  団結して更なる高みへ

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000042656.html

イグニス

経営理念

「世界にインパクトを与えなければ、気がすまない」

https://1923.co.jp/about-us/mission

MISSION

「次のあたりまえを創る。何度でも」

https://1923.co.jp/about-us/mission

インターネットサービスを創る上で大切にしていること

・ユーザーオリエンテッド

「開発者が望むようなことをユーザーに押し付けない」 「ユーザーが迷うような仕様にしない」 「ユーザーがわからない言葉を使わない」 なにより優先されることはユーザーの体験です。

・小さく生んで大きく育てる

大きな規模のサービス開発ほど、その本質的なコアバリューを考えぬき、 小さく生み、スピーディにユーザーに提供することが大切であると考えています。

・少数精鋭の自走できるチームづくり

ユーザーに価値のあるものを提供することが、チームのただ一つのゴールです。 エンジニア、デザイナー、プロデューサーなどの立場に関わらず、メンバー全員が共通認識を持ち、 よいサービスを創るための議論ができ、リーダーシップをとることができるチームこそが 素晴らしいサービスを生むと考えています。

https://1923.co.jp/about-us/top-message

まとめ

VRベンチャーのミッション・ビジョン・バリュー(MVV)を見ていきましたがどうでしたでしょうか。

ビジネス的にここから成長していくビジネスなので、

・実用化を目指す

・世の中に広めていく

このあたりをしっかり行っていくことを重要視しているMVVを設定する傾向にあります。

世に広まり、使ってもらい、収益を得ると言うことを目指さなければ、

企業としてビジネスを続けていくことが難しいので至極当然かもしれません。

ぜひ、ここで紹介した企業のMVVはもちろんビジネスモデルも理解して、

皆さんの生活に活かしてもらえればと思います。