建設業を辞めたい理由8選と転職先5例|施工管理16年の筆者が解説

建設業を辞めたい理由8選と転職先5例|施工管理経験16年が解説のアイキャッチ

建設業で働くことがきつい、辞めたいと思ったことはありませんか?

私は建設業勤務していましたが、かなりハードな業界なので痛いほどその気持ちが分かります。

この記事では、私の実体験をもとに建設業の退職理由と、建設業からの転職におすすめの業界・職種、転職方法を紹介していきます。

私が建設業で働いていた中で、どう環境を変えたかもご紹介します
執筆者プロフィール
イケオジFIRE
社会人歴22年。20歳から施工管理職としてゼネコンに就職、社会人スタート。20代でゼネコンへ転職、30代で専門業種の営業職へ転職。すべての転職においてスキルアップ、キャリアアップを実現している。異職種を経験している観点から情報発信中!
Twitter:https://twitter.com/tysy20225
ブログ:https://ikeojifire.com/

複数社への相談がおすすめ

迷ったら相談すべき転職エージェント

複数社に相談するメリット

  1. たくさんの求人を比較検討できる
  2. 相性のいい担当者と出会いやすい

建設業を辞めたい理由8選

それでは、建設業ではたらく人の退職理由・やめたい理由を紹介していきます!

建設業を辞めたいと感じる理由1:労働時間が長い

とにかく労働時間が長い!

現場の朝礼は8時から。その前には出社して準備作業・・

昼間は職人さんと現場で確認、検査などなどで事務所に戻れず・・

夕方から事務処理・・これがまたやってもやっても終わらない・・

帰れなくて事務所に泊まる・・

拘束時間が長くプライベートがなくなるのは辞めたくなる大きな要因ですね。

私自身がまさにこのような生活をして疲弊する毎日・・肉体だけでなく気持ちまで疲れてしまいます・・

建設業を辞めたいと感じる理由2:休みが少ない

労働時間が長ければ休みも少ない・・・

最近は4週8閉所を掲げて週休2日制を掲げる現場も多いですが

それもまだまだ表向きの話

結局は工期や天候に翻弄されて休日出勤をせざるを得ない

まとめる書類も多いから現場が休みのうちになんとかこなしてしまおうとまた出勤

しかも出勤扱いにはできないからコソコソと・・・

何か悪いことでもしているかのように・・・

まさに社畜になるべくしてなってしまう

私も結局休みがないのが当たり前で、だんだんそれに慣れて(洗脳されてw)きて日常化してました。

頑張り時だと思って頑張っていましたが身体も心も疲弊していました。

建設業を辞めたいと感じる理由3:クレームが多い

建物は完成してしまうと、とてもキレイですが

建設中は『騒音・振動・粉塵・ニオイ』などなどクレーム要素が満載

家が揺れる・亀裂が入った、車・洗濯物が汚れた、騒音で子どもが昼寝できない、変なニオイがする・・・そんなクレームや苦情が多いですね・・

時には工事とはまったく関係なくてもクレームがくることもありますね・・理不尽なことも多いです

実際『服が汚れてた』『雨漏りするようになった』『壁に亀裂が入った』

などのクレームをもらったことがあります。

納得してもらうためには、相当な労力を使います・・

建設業を辞めたいと感じる理由4:給料が安い

大手ゼネコン・準大手(上位)ゼネコンで、ある程度のポジションにいけば一定以上の給料は保証されます。

しかし、すそ野の広いこの業界でそのような人はほんのひと握り・・

コンプライアンス遵守の現代で残業代は払わないといけない企業側。

そうすると、残業が多いこの業界の基本給はとても安い設定になっています。

残業ありきの基本給です。

そうすると、働く側もいつの間にか残業代ありきの生活設計になっています。

(なので残業・休日出勤してしまう)

現場と現場の合間で残業代がない月はとてもキツイ状態です。

残業代を見越しての生活設計だったので収入が不安定でした。

お金をとると休みがなくて、休みをとるとお金がないという負のスパイラルです。

建設業を辞めたいと感じる理由5:勤務地が定まらない

会社に所属していながらも会社にいくということがないのが施工管理職。

現場が竣工するたびに異動になるのが施工管理職。

自宅の近くで自分の会社の現場があるのに遠くの現場に配属されるのが施工管理職。

ということで、勤務地が次々と変わっていくので単身赴任で色々な場所を転々とする人も多いですね。家族との距離も離れがち・・

家族との時間が取りづらいのは事実ですね

時には2時間以上かけて通勤したり、単身赴任で泊まり込みも当たり前

家族の理解も必要です。

設計管理を辞めたいと感じる理由:責任が重い

衣食住の中でも『住』におけるウェイトは非常に大きいです。

金額的にも、大げさに言えば生命にかかわる部分でも・・

監理者としてひとつの判断を見間違えた場合、大きな損失や欠陥につながり多額の損失や生命にかかわる重要な問題になりかねません。

現場が動き続けるのでスピード感をもって重大な決断を迫られることもプレッシャーとなります。

実際に決断するための知識や経験値が多く必要となります。

ポイントでは重要な決断となることも多々あります。

ゼネコンを辞めたいと感じる理由:いきなり中間管理職

立場的にいきなり中間管理職になってしまうのがゼネコンではないでしょうか。

この業界は多数の請負関係で成り立っています。

年上の職人さん(時には社長)と対等に会話をしながらまとめていかなければいけません。

施主や監理者の間にはさまれ、まさに上からと下からの狭間の中間管理職。

若くしてもあっという間にこのような立場になってしまいますね。

職人さんもやさしくなりましたが、まだまだ怖い人も多いですね。

対等に渡り合うには知識と経験と根性が必要です!

現場監督を辞めたいと感じる理由:まだまだ3K

現場の改革は進んでいますが現状はまだまだ3K(きつい・危険・汚い)

夏は暑く、冬は寒い中での外部作業。

死亡事故も多い

今でも年間300人ほどの方が亡くなられるのが現実です・・・

参考リンク:令和2年 業種別労働災害発生状況(厚生労働省)

泥まみれ、ホコリまみれ、汗まみれ、コンクリまみれ・・・・

暑さ・寒さ対策や安全対策などの

環境は改善されてきていてもまだまだ大変な業界です。

近年は改善されてきていると感じます。

しかし、それができるのも大型現場が主流です。

まだまだ3Kは現実です。

複数社への相談がおすすめ

迷ったら相談すべき転職エージェント

複数社に相談するメリット

  1. たくさんの求人を比較検討できる
  2. 相性のいい担当者と出会いやすい

建設業からの転職におすすめの転職先5選

建設業からの転職におすすめの転職先1:ホームセンターの仕事

ホームセンターは建設業での知識が役立つと思います。

寸法のはかり方、建物の構造、住宅設備の構造・仕様などの知識や理解力があれば

商品をすすめる際にも信用性や信頼性高く、商品の選定・紹介などがでいるはずです。

時には自分から商品の提案もできるのではと思います。

私もホームセンターにいくと『こんな商品あったらいいのになぁ』とか

『こんな商品よく思いついたなぁ』と思うことが多々あり、建設業にいたからだとつくづく思います。

建設業からの転職におすすめの転職先2:営業職

多種多様な人たちと交わりながら仕事をしている建設業であれば営業職に向いている人が多いと思います。

専門性が高い職種なので意外なとこで人の役にたてることも多いはず・・!?

私も業界が大きくは外れていませんが営業職へ転職しています。

元々が特殊な業界なので、世間一般に合わせることが少しだけ苦労するかもw

建設業からの転職におすすめの転職先3:不動産関係

建設業の経験があるのであれば不動産関係はオススメです。

建物自体の良いところ、悪いところはわかるのですから自信を持ってご案内できますね。

予備知識は豊富なのであとはいかに自分の不足部分を補うかがポイントです。

私自身、自宅購入の際は建設業界にいてよかったなとつくづく思いました。不動産業では必ず役立つと確信します!

建設業からの転職におすすめの転職先4:公務員

安定の公務員!まずは検討してみる価値があると思います。

あなたが在職中に度重なりお世話になった、区役所・市役所などの建築課・土木課の方々がいるとおもいます。

建設業の知識が・経験値があれば即戦力として働くことも可能です!

給料・休日の安定のためには抜群の先です。

私の知り合いでも公務員に転職し安定を手に入れた人がいます。公務員試験をクリアすることには少し苦労したようです。

建設業からの転職におすすめの転職先5:IT業界

建設業もIT業界の波が押し寄せてきています。

作図・管理方法・検査関係・自動運転などあらゆる分野でIT化が進んできておりこれからもまだまだ進化していくことは間違いありません。

ですので、建設業の経験を活かしたIT業界での勤務機会は増えてくると思いますし、

ハードな環境である建設業よりも魅力的な条件が多い傾向があります。

きっとあなたの経験を待ち望んでいる会社があるはず!

実際転職活動中に建設業のIT化に取り組む会社の面談しました。条件が合わなかったので見送りましたが、非常に興味のある業界だと感じたのを良く覚えています。

このように転職時に業界や職種を(少しでも軸を)変えることで、

環境や条件が良くなることもあるので建設業を辞めたいと思った場合は、準備をして転職活動をしましょう!

複数社への相談がおすすめ

迷ったら相談すべき転職エージェント

複数社に相談するメリット

  1. たくさんの求人を比較検討できる
  2. 相性のいい担当者と出会いやすい

建設業から転職した感想

私は建設業から完全に離れたわけではありませんが、

施工管理職から営業職に変わったことがとても良かったと思っています。

休日や勤務地に安定感が出たので家族との時間も持てるようになりました。

また、ゼネコンから専門業種の営業に変わったのでより専門性を深めることができたことが自分自身へのスキルアップに繋がっています。

職種を変えたことでの苦労はもちろんありましたが、自分の経験値を生かしての転職になったと思っています。

では、実際に転職をする時に役に立つ、建設業界に強い転職エージェントを5社紹介しますね!

建設業に強い転職エージェントおすすめ5選

1:リクルートエージェント|転職実績NO.1!施工管理・建設業界の求人数が最多

リクルートエージェント
求人の特徴
 #20代 #30代 #40代 #未経験OK #第二新卒 #上場企業
こんな人におすすめ

・選択肢を広げたい
・地方での転職希望者
・独自の企業分析や過去の選考情報を教えてもらいたい
・スピーディーに転職活動を進めたい

求人数
施工管理・建設業界の求人:27,211件
※2021年10月時点
対応エリア
全国

リクルートエージェント公式サイト

メリット
  • 求人数・転職実績No.1
    • 業界トップの20万件以上の求人、累計41万人以上の転職実績
    • 地方の求人や施工管理・建設業界未経験歓迎の求人も豊富
  • 経験豊富なアドバイザーによるスピーディーなサポートが受けられる
    • 職務経歴書・履歴書などの書類の添削、 独自に分析した業界・企業情報の提供、 志望企業への推薦など様々な転職サポートをしてくれる
    • スピード感のあるサポートに定評がある
デメリット
  • 求人紹介が機械的
    • レコメンドとして送られてくる求人が希望に合わないものも含まれる
利用者の口コミ

リクルートエージェントとの面談しました

自分の志向や自己PRの方法について相談に乗ってくれた!

必ずし転職しなければならない訳ではないって言ってたから、今の仕事がイヤなら相談だけでもして良かった!

転職するかはともかく、転職活動だけはしてみようかな

全滅だったら現職のままでいいし

出典:twitter

2:リクナビNEXT|毎週2.6万人以上が新規登録!

リクナビネクスト公式HP
求人の特徴
#20代 #30代 #40代 #50代  #未経験OK #建設業の求人が豊富  #上場企業
こんな人におすすめ

・自分で求人を探したい
・たくさんの求人の中から選びたい

求人数
施工管理・建設業界の公開求人:6,704件
※2021年10月時点
対応エリア
全国

リクナビNEXT公式サイト

メリット
  • まずは登録しておいて間違いない
    • 毎週2.6万人以上が新規登録
    • 実際に転職した人の8割が利用
  • リクナビNEXT限定の求人が約85%以上
  • 無料で性格診断や適職診断ができる
デメリット
  • 転職サポートがないので自分で応募しないといけない

しろくま先生

パソナキャリアに相談すると、手厚くサポートしてくれるため、年収アップできる可能性がありますよ!

無料で利用できるので、まずは無料相談をしてみましょう!

リクナビNEXTに無料登録する

3:マイナビエージェント|20代に信頼される転職エージェントNo.1!

マイナビエージェント
求人の特徴
#20代 #30代  #第二新卒 #上場企業
こんな人におすすめ

・20代・第二新卒
・転職活動のやり方や自己PRの仕方など、 初めての転職を丁寧にサポートしてほしい

求人数
施工管理・建設業界の求人:2,977件
※2021年10月時点
対応エリア
関東・東海・関西

マイナビエージェント公式サイト

メリット
  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
    • 20代・第二新卒、はじめての転職に強い
  • 初めての転職でも安心できる
    • 応募する求人に合わせた応募書類の添削や、面接対策を行ってくれる
デメリット
  • 若手の求人がメイン
    • 20代〜30代の若手に特化したエージェントだから、40代以降の求人が少ない
利用者の口コミ
初めての転職で、自分一人だけでは不安なことも、相談できる相手がいるというだけで、安心して活動できました。また、具体的な面接対策など、企業毎に対応してくれるため、具体的な転職活動の対策を教えていただくことができ、効率的に転職できることもとても役に立ちました。

出典:ご利用者の声 27歳女性

マイナビエージェントは、20代〜30代の転職に強く、若手の転職市場に精通したアドバイザーが選考対策までしっかりサポートしてくれますよ!

はじめての転職活動でも安心できるので、まずは登録してみましょう!

マイナビエージェントで無料相談してみる

4:RSG Construction Agent

RSGコンストラクション公式HP
求人の特徴
 #建設業特化 #建設業界未経験 #建設業界経験者歓迎 #施工管理
こんな人におすすめ

・現場のリアルな情報を聞いてから転職したい
・建設業会出身のコンサルタントにサポートしてもらいたい

求人数
取扱企業・求人数:1,500社・5,000件以上
※2021年10月時点
対応エリア
全国

RSG公式サイト

メリット
  • 面接に進みやすい求人多数・最短1週間で入社可能
    • 学歴・経歴関係なく選考に進め、社会人経験なし、職歴が短くても転職しやすい
  • 就職成功者14,000人、サービス満足度90%
  • 無料で面接練習、応募書類の作成サポートが受けられる
デメリット
  • 地域によっては求人が少ない

しろくま先生

RSG Construction Agentでは、業界経験者が話を聞いてくれるので、まずは、登録して無料相談をしてみましょう!

RSGで無料相談してみる

5:doda|転職者満足度No.1!質の良い求人が豊富

doda
求人の特徴
#第二新卒 #20代 #30代 #40代#未経験OK  #上場企業
こんな人におすすめ

・豊富な求人の中から質の良い求人を紹介してほしい
・大手・優良企業の求人が見たい
・気軽に参加できるセミナーで相談や選考対策がしたい

求人数
施工管理・建設業界の公開求人:142件
※2021年10月時点
対応エリア
全国

doda公式サイト

メリット
  • 転職満足度No.1
    • 優良企業の求人が多いので、満足度が高い
  • 転職セミナーや手厚い転職サポートが受けられる
    • オンラインで気軽に参加できるセミナーで相談や選考対策ができる
    • 応募書類だけでは伝わらない人柄や志向を企業に伝え、選考通過を後押ししてくれる
デメリット
  • 希望条件に合わない求人のスカウト・紹介メールが届くことがある
    • 求人数は多いが、すべてが希望に合うとは限らないので見極めが重要
利用者の口コミ
『現状以上』の転職を考えてる人に強く言いたい。 エージェント会社いっぱいあるけど、数があればいい訳じゃない。求人の質はめちゃくちゃ大事。 その点DODAは良かったぞ! 2大エージェントサービスを使って比較検討した結果、圧倒的にDODAの求人が良かった

出典:twitter

dodaは、手厚い転職サポートが受けられるので、まずは、登録して無料相談をしてみましょう!

dodaで無料相談してみる

建設業に強いおすすめの転職エージェントの紹介は以上です。

ここで、紹介した5社を振り返っておきましょう。

施工管理・建設業界に強いおすすめの転職エージェント
  1. リクルートエージェント
    求人数・転職実績No.1!施工管理・建設業界の求人が最多
  2. リクナビNEXT
    毎週2.6万人以上が新規登録!実際に転職した人の8割が利用
  3. マイナビエージェント
    20代に信頼される転職エージェントNo.1!初めての転職でも安心
  4. RSG Construction Agent
    建設業界に特化したエージェント!業界経験者がサポートしてくれる
  5. doda
    転職満足度No.1!質の良い求人が豊富

より多くの求人から自分に合う企業を見つけるためにも、5社の中から2〜3社に登録してみてくださいね!
複数社への相談がおすすめ

迷ったら相談すべき転職エージェント

複数社に相談するメリット

  1. たくさんの求人を比較検討できる
  2. 相性のいい担当者と出会いやすい

自分の状況に合った転職エージェントを選ぶことが、転職を成功させるために重要なので、次は、状況別でおすすめの転職エージェントのトップ3を紹介します!

建設業の人が転職エージェントを使うべき理由

転職エージェントを使うべき理由は、以下の3つです。

理由1:おすすめの求人を紹介してもらえる

転職エージェントに相談すると、転職先の希望、これまでの経験やあなたの強みに合わせておすすめの求人を紹介してくれます

また、転職エージェントは、サイト上には公開されていない、登録者だけが知れる良い条件の求人があります

なので、1人で転職活動を始めて自分で求人を探すよりも、多くの求人の中から効率よく、自分に合った求人を探すことができますよ

しろくま先生

自分の強みが活かせて、やりたいことが実現できる求人に応募することで、選考で自信を持って志望理由をアピールできるようになりますよ!

理由2:職務経歴書の添削をしてくれる

職務経歴書では、これまでの職歴と業務で工夫してきたこと、転職後に活かせるスキル・強みをアピールします。

一人で書いて、誰にも添削やアドバイスをしてもらわずに応募すると、上手く企業にアピールすることができず、書類選考すら全然通らないということも起こり得ます。

転職エージェントを利用すると、担当者がこれまでの業務経験や性格を棚卸しして、あなたが気づいていない強みを引き出した上で、企業に評価されやすい内容に添削してくれます

また、企業側に選考書類を提出する際に、転職エージェントからの推薦状も送ってくれるので、書類上では伝わらないあなたの魅力を企業に直接アピールしてくれます。

しろくま先生

担当者が添削をしてくれたり、企業にプッシュしてくれることで選考に通過しやすくなりますよ!

理由3:面接対策をしてくれる

転職エージェントでは、選考に通過しやすいように職務経歴書の添削だけでなく、面接対策を行ってくれます。

本番さながらの模擬面接をしてくれたり、転職のプロが選考でのコツや現状の課題を解決するためのアドバイスをしてくれます。

しろくま先生

転職エージェントで応募書類の添削や面接対策をしてもらうことで、通常だと書類選考に通過しないところにも通る可能性がありますよ!

転職エージェントを利用すべき理由の説明は以上です。

  1. おすすめの求人を紹介してくれる
  2. 職務経歴書の添削をしてくれる
  3. 面接対策をしてくれる

エージェントの力を借りることで、選考に通過しやすくなり、転職の成功率がアップしますよ!

まずは、求人数・転職実績No.1のリクルートエージェントに登録しましょう!

\まずは 無料相談をしてみよう!

リクルートエージェント公式サイト

次は、転職エージェントを最大限使いこなすための活用法をご紹介します!

施工管理・建設業界志望の人が転職エージェントを最大限使いこなす活用法

転職エージェントの活用のポイントは、以下の3つです。
  1. 面談前に希望の業界・職種・条件を決めておく
  2. 興味がある企業は口コミサイトで社員からの評判をチェックする
  3. 担当キャリアアドバイザーと相性が合わない場合は変更してもらう

ポイント1:面談前に希望する業界・職種・条件を決めておく

面談前に、希望する業界・職種・条件を少なくとも1つ決めておきましょう

なぜなら、希望をより具体的に伝えることで、あなたに合った優良求人を紹介してくれるからです。

よりマッチした求人を紹介してもらうためには、事前に考えを整理しておくことが大切です

エージェントとの面談前に整理しておくべきこと
  1. 業界・職種
    (例:建設業界(同業他社)、ホームセンター関係、IT業界など…)
  2. 働き方
    (ワークライフバランスをとりたい、在宅・時短勤務など…)
  3. 長期的なキャリアプラン
    (専門スキルを磨きたい、管理職を目指したいなど…)
  4. 勤務地の希望・転勤の有無
  5. 年収

自分が何の仕事をやりたいか、どういう働き方をしたいか分からないという方は、キャリアコーチングで相談してみるのもおすすめです。

キャリアコーチングの無料体験で自分のやりたいことを明確にしてから転職エージェントの面談を受けると、話がスムーズにすすみますよ!

おすすめのキャリアコーチングサービス

  • マジキャリ
    幼少期からの自己分析・性格診断ツールを使った自己分析・キャリア設計ができる
  • ニューキャリア
    就職のプロによる独自のツールを活用した自己分析・キャリア設計ができる
  • ポジウィルキャリア
    心理学に基づいた自己分析・キャリア設計ができる

あわせて読む:無料体験できるキャリアコーチング5社|体験セッションの活用法を紹介

ポイント2:興味がある企業は口コミサイトで社員からの評判をチェックする

キャリアアドバイザーから紹介された企業で興味があるところは口コミサイトで社員からの評判をチェックするようにしましょう

なぜなら、紹介される求人が希望に合っていなかったり、ブラック企業であるかもしれないからです。

しろくま先生

特に、働きやすい職場か、残業時間や勤務形態は生活と両立しやすい程度かどうかなどをチェックしましょう。
おすすめの口コミ・評判サイト
  • 転職会議
    選考に関する口コミ、残業時間、平均年収、退職理由などリアルな口コミが見れる転職サイト

ポイント3:担当キャリアアドバイザーと相性が合わない場合は変更してもらう

担当者の対応に不信感を感じたり、相性が合わないと感じたら担当者を変えてもらうようにしましょう

なぜなら、転職を成功させるには、担当のキャリアアドバイザーとの信頼関係が重要だからです。

キャリアアドバイザーと良好な関係を築くと、相談しやすくなる上に、企業に書類では伝わらないあなたの魅力をアピールしてくれることがあります。

しろくま先生

担当者を変えてはいけないというルールや変更回数の制限はないので、担当者を替えたい場合は遠慮なく申し出ましょう。

もし、担当者を変えてもらうのが難しければ、別のエージェントを使ってみることをおすすめします。

担当者との相性が合わない場合もあるので、複数社への登録がおすすめですよ!

複数社に登録するなら...
  1. リクルートエージェント
    求人数・転職実績No.1!施工管理・建設業界の求人が最多
  2. リクナビNEXT
    毎週2.6万人以上が新規登録!実際に転職した人の8割が利用
  3. マイナビエージェント
    20代に信頼される転職エージェントNo.1!初めての転職でも安心
  4. RSG Construction Agent
    建設業界に特化したエージェント!業界経験者がサポートしてくれる
  5. doda
    転職満足度No.1!質の良い求人が豊富

  1. 面談前に希望の業界・職種・条件を決めておく
  2. 興味がある企業は口コミサイトで社員からの評判をチェックする
  3. 担当キャリアアドバイザーと相性が合わない場合は変更してもらう

建設業に強い転職エージェントを使えば転職できる!

この記事では、施工管理・建設業界に強いおすすめの転職エージェント5選を紹介してきました!ここで、おすすめの転職エージェントを振り返っておきましょう。
建設業に強いおすすめの転職エージェント
  1. リクルートエージェント
    求人数・転職実績No.1!施工管理・建設業界の求人が最多
  2. リクナビNEXT
    毎週2.6万人以上が新規登録!実際に転職した人の8割が利用
  3. マイナビエージェント
    20代に信頼される転職エージェントNo.1!初めての転職でも安心
  4. RSG Construction Agent
    建設業界に特化したエージェント!業界経験者がサポートしてくれる
  5. doda
    転職満足度No.1!質の良い求人が豊富

まだどの転職エージェントを利用すべきか迷っている方は…

販売職の求人数が豊富なリクルートエージェント、dodaに登録しましょう!

\まずは 無料相談をしてみよう!

dodaで無料相談してみる

あなたが就職・転職できるよう応援しています!

合わせて読む:施工管理・建設業界に強い転職サイト・エージェントおすすめ5選