人数が少ない職場を辞めたい時の対処法|円満退社の5つのコツを解説!

人数が少ない職場を辞めたい時の対処法|円満退社の5つのコツを解説!

  • 今の職場を辞めたいけど、人数が少ないから辞めにくい…
  • 人数が少ない職場を円満退社するにはどうすればいいの?

といった悩みを持つ方に向けて、この記事では人数が少ない職場を辞めたい時の対処法と円満退社するコツを解説します。

人数が少ない職場だと、周りに人に迷惑をかけるのではないかと感じたり、気まずくなると思うかもしれませんが、退職理由の伝え方や退職までの手順に注意することで、円満退社することができますよ!

その方法を解説していくので、今の職場を辞めたい、転職したいと思っている人は最後まで読んでみてください!

人数が少ない職場を辞めにくい理由

まず、人数が少ない職場を辞めにくい理由を簡単に整理しましょう。

人数が少ない職場を辞めにくい理由1:代わりがいない

人数が少ない零細企業の場合、採用コストをかけることもできないため求人を出してもなかなか募集も集まらず、後任が見つからないことも多いです。

新しく人を採用することができない上に人手不足だと、社内の人も自分たちの業務で手一杯で引き継ぎすることも難しいでしょう。

上司に「引き継げる人が見つかるまで待ってほしい」と説得されて辞められないケースも多いです。

人数が少ない職場を辞めにくい理由2:周りに迷惑がかかる

人数が少ない職場の場合、自分が辞めると代わりがいないことから、すぐに新しい人を採用できなければ自分が抜けた分の仕事を周りの人がすることになります。

大きな企業の場合は、複数人の社員に分担させることができますが、人数が少ない職場の場合は1人あたりの分担量が多くなります。

「仕事が増えた他の社員は自分のことを良く思わないかもしれない…」「周りの人にあまり迷惑をかけたくない」と考える方は、人数が少ない職場を辞めにくいと感じてしまうでしょう。
今すぐ辞めたい場合は...

人手不足で今すぐ会社を辞めたい、自分から退職を申し出るのが怖い…という方は、【退職代行ガーディアン】に相談してみましょう!

退職の申し出や交渉・手続きを代行してくれ、出社せずに即日退職することも可能です。

退職の代理・交渉が法律で認められている合同労働組合が運営しているため安心できますよ!

\まずは 無料相談をしてみよう!

人数が少ない職場を辞めたい時の対処法・円満退社の5つのコツ

人数が少ない職場を円満退社するには、以下の3つのコツがあります。

  1. 転職先・退職日を決めてから退職届を出す
  2. 前向きな退職理由を伝える
  3. 退職の時期を選ぶ
  4. 退職日の1ヶ月〜2ヶ月前に申し出る
  5. 引き継ぎマニュアルを作る

人数が少ない職場を円満退社するコツ1:転職先・退職日を決めてから退職届を出す

人数が少ない会社は、後任が見つからないことから引き止められることも多いので、転職先・退職日を決めてから退職届を出すようにしましょう。

なぜなら、次の転職先が決まっていれば、あなたが本気で辞めたいと思っていることが伝わる上に、あなたを引き止めるために交渉するハードルも上がるからです。

「後任が見つかるまで待ってほしい」「条件を改めるから残ってほしい」というような交渉をされたとしても、次の転職先が決まっていることや、あなたに今の職場よりも良い選択肢があることで交渉の余地がなくなります。

また、在職中に転職活動をすることは、焦って転職先を決めて後悔しないためにも重要なことです。

収入がないまま転職活動が長引けば、金銭面・精神面で追い詰められ、今よりも悪い環境に転職をしてしまう可能性もあります。

転職活動を始めるなら転職エージェントの利用が必須!

転職エージェントに登録すると、おすすめの求人を紹介してくれ、日中の企業との連絡や応募・選考結果の管理、選考対策を行ってくれます。

転職活動をサポートしてくれる人がいることで、仕事が忙しくても転職活動を進められる上に、強制力が生まれるので転職活動に向けて踏み出すことができますよ!

\まずは 無料相談をしてみよう!

人数が少ない職場を円満退社するコツ2:前向きな退職理由を伝える

人数が少ない会社を円満退社するには、退職理由を聞かれた際に前向きな理由を答えることが重要です。

なぜなら、会社への不満を理由にしてしまうと、同じように感じている社員から反発を受けて気まずくなったり、条件面での交渉を持ちかけられて辞めにくくなる可能性もあるからです。

例えば、

「人手不足で忙しいから辞めたい」と伝えた場合、あなたが辞めることで他の人の業務負荷が増えることにもなるので、「ずるい」「無責任だ」と捉える人もいるでしょう。

なので、「別の業界にチャレンジしてみたい」「やりたいことが見つかった」と言った前向きな理由を伝えることをおすすめします。

人数が少ない職場を円満退社するコツ3:退職の時期を選ぶ

自分勝手に退職するのではなく、繁忙期を過ぎてからやプロジェクトが終わってからというように、なるべく迷惑がかからない時期を選ぶことは円満退社する上で重要です。

会社が忙しい時期に辞めてしまうと、退職の手続き業務を増やすことになります。

人数が少ない職場の場合、社長もしくは1人の人事・労務担当者が複数の業務を受け持っていることも多いので、繁忙期で忙しい時期にさらに退職手続きの業務が増えると良くは思われないでしょう。

なので、転職する場合はなるべく繁忙期を避けて行いましょう。

人数が少ない職場を円満退社するコツ4:退職日の1ヶ月〜2ヶ月前に申し出る

法律では退職の申し出をしてから2週間後に退職することが認められています。

しかし、人数が少ない職場の場合、新しく人を採用することや、後任に引き継がなければならないため、急に辞めると言われると困るでしょう。

なので、円満退社したいのであれば、退職日の1ヶ月〜2ヶ月前に申し出るようにしましょう。

少なくとも就業規則で定められている期日(ほとんどの場合は退職日の1ヶ月前)までに行うようにしましょう。

人数が少ない職場を円満退社するコツ5:引き継ぎマニュアルを作る

退職する場合は、マニュアルを作成し、丁寧に引き継ぐを行うようにするのが円満退社のコツです。

お世話になった上司や取引先への挨拶・後任の紹介などを済ませておくようにしましょう。

人数が少ない職場でも円満に退職することは可能!

この記事では、人数が少ない職場を辞めたいけど言い出しにくい、引き止められたという人に向けて、円満退社する5つのコツについて解説しました。

人数が少ない会社を辞めるには、まずは転職活動をし、転職先を決めることが重要です。

転職活動をスムーズに進めるには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。おすすめの求人の紹介や選考の管理、選考対策を行ってくれますよ!

おすすめの転職エージェント