【体験談】人材紹介営業を辞めたい!理由5選とおすすめの転職先を解説!

人材紹介営業を辞めたい!理由5選とおすすめの転職先

人材紹介営業の仕事がつらくて辞めたいと思っていませんか?

一見すると企業と転職希望者をつなげる、というかっこいい仕事に見えますが、実態はとても地味で、ハードな業務が多いです。未経験からでも挑戦しやすい一方で、退職率が高い業務であることも事実です。

私自身、約8年務めた人材紹介営業を辞めて、現在はあるSaaS企業でインサイドセールスとして働いています。

この記事では、人材紹介営業をやめたいと感じる理由5選とおすすめの転職先をお伝えします。

人材紹介営業の仕事が辛い、転職を考えているという方は読んでみてください。

この記事を書いたのは
ホンキ
某人材紹介会社でキャリアアドバイザー、リクルーティングアドバイザーとして8年半勤務。1000名以上の転職支援、100名以上の採用決定実績。現在はSaaS企業でインサイドセールスとして勤務中。

Site:https://honki-life.com/

人材紹介営業を辞めたい理由5選

  1. 労働時間が長い
  2. KPIの達成が難しい
  3. 求職者に裏切られること
  4. 顧客から理不尽なクレームが入ること
  5. キャリアに行き詰まる

人材紹介営業を辞めたいと感じる理由1:労働時間が長い

人材紹介営業を辞めたいと感じる理由としてもっとも多いのは、労働時間が長いということではないでしょうか。

人材紹介営業は労働時間が長くなりがちです。求職者の仕事終わりに転職面談が入ったりするので、夜遅くまで残業することはよくあります。

仕事を頑張るのはいいことですが、体調に影響を及ぼすほど頑張らなければならないとなると、辞めることも考えてしまいますね。

私自身も毎日のように終電近くまで業務をする日々が続き、体力的にも精神的にも参っていた時期がありました…。

人材紹介営業を辞めたいと感じる理由2:KPIの達成が難しい

KPIの達成が難しいというのも人材紹介営業を辞めたい理由として多く挙げられる理由のひとつでしょう。

人材紹介会社では、企業への応募数や面接数などの数値をKPIとして設定していることが多いと思いますが、これらの指標を達成し続けるのはとても大変です

私自身も上司から理不尽なまでに高い目標を設定されたときは、納得がいかずモチベーションが下がってしまった、なんていうこともありました…。

デイリーの目標が達成できていないと雰囲気的に帰りづらいんですよね…。

人材紹介営業を辞めたいと感じる理由3:求職者に裏切られること

人材紹介営業の面白いところでもあるのですが、やはり「人の心」を扱う仕事は、上手くいかないこともたくさんあります。

最初の転職面談のタイミングで時間をかけて対応し、求職者と信頼関係が構築できたと思っても、その後音信不通に…、なんてこともしばしば。

選考が進んでいる求職者と急に連絡が取れなくなったり、求職者から「他社で内定が出たのですべての選考を辞退します」とメールが来て、その後こちらからの連絡には一切応じていただけないというようなケースもあり、このような時には人材紹介営業の厳しさを感じていました。

このようなことになるのは自分が未熟であることが理由であることはわかっていても消化しきれない自分がいます…。

人材紹介営業を辞めたいと感じる理由4:顧客から理不尽なクレームが入ること

人材紹介営業は採用企業と求職者の間に立つので、板挟みになることがよくあります

例えば、求職者が面接に無断で欠席するような場合です。企業の採用担当からは「せっかく役員のスケジュールを押さえたのに面接できないなんて何事だ!」とお𠮟りを受けることもありました。

そんな理不尽を受けると、頑張ろうと思うモチベーションが下がってしまいますね…。

企業側の気持ちもよくわかるのですが、内心は「絶対私のせいじゃない…!」って思いながら謝ることも多々ありました…。

人材紹介営業を辞めたいと感じる理由5:キャリアに行き詰まる

人材紹介会社で働いているとぶつかる壁だと思いますが、キャリアに行き詰ってしまうことがあります。

上のポストが詰まっていて、成果を出しても役職を与えてもらえず、先が見えない。そんなときに「このまま続けていいのだろうか」と悩むことがあります。

人材紹介営業に限ったことではありませんが、ハードな仕事をしている分、見返りを求めてしまいます…。

自分自身はあまり感じたことのない悩みですが、小規模の人材紹介会社ではこの悩みは多く発生するようです。

人材紹介営業を辞めて良かった?

私も人材紹介営業をやめましたが、私が辞めた理由は今伸びているSaaS業界で働いてみたいと思ったからです。

SaaS企業の中でも人材紹介営業で担当していた業界や職種がターゲットとなる商材であれば早期に戦力になれると考えていました。

実際に転職してみて、様々な業種や職種の求職者の悩みを聞いてきたことによって、現職でもお客さんが悩んでいることや困っていることがわかるので、やはり親和性が高いと感じました。これは営業にとっては、ですが、とても大きなメリットだと思います。

人材紹介営業経験者は転職市場において評価されることも多いので、自分がどのような評価を受けるのか知るためにも転職活動を行ってみるのはいかがでしょうか。

思わぬ企業から内定をいただける、なんてこともあるかもしれませんよ!

人材紹介営業からの転職におすすめの転職先5選

人材紹介営業から転職するなら、以下の5つの転職先がおすすめです!
  1. SaaS営業
  2. 採用担当
  3. 人事(全般)
  4. ソフトウェアエンジニア
  5. 独立

人材紹介営業からの転職におすすめの転職先1:SaaS営業

今流行りのSaaS企業の営業は人材紹介営業出身者が多くおすすめです。

人材紹介営業で担当していた業界や職種がターゲットとなる商材であれば、評価されやすいです。

特に人事周りのSaaSツールを提供している企業では、人材紹介営業経験を採用用件にしていることもあり、こういった企業は親和性が高いと言えるでしょう。

私自身もSaaS企業で営業をしていますが、同じように人材紹介営業出身者が多く在籍しています。

人材紹介営業からの転職におすすめの転職先2:採用担当

採用担当は、人材紹介営業からのキャリアのステップとしておすすめです。

顧客である企業の採用をサポートしていることもあり、採用担当者とのコミュニケーションも多いため、経験が生かせる職種です。

実際に、担当している顧客から「ウチで採用として働いてよ」と引き抜かれるような形で入社するケースも少なくありません。

私が働いていた人材紹介会社でも同僚が採用担当に転職するというケースは多かったです。

人材紹介営業からの転職におすすめの転職先3:人事(全般)

先ほどは採用担当に限定していましたが、人事業務全般の担当として転職することもおすすめです。

中小企業など、人事の業務が細分化されていない企業では人事業務全般を任されることがあります。

人材紹介営業出身者としては少しハードルが高い転職先ですが、人事業務全般の経験を積めば、その先はどんな企業でも活躍できるスキルが身につくでしょう

ハードルが高い分、リターンも大きい転職先ですね。チャレンジし甲斐がある転職先と言えそうです。

人材紹介営業からの転職におすすめの転職先4:ソフトウェアエンジニア

もう営業はしたくない、という方はソフトウェアエンジニアもおすすめです。

最近は無料のエンジニアスクールのサービスを備えた人材紹介会社などもあり、未経験からでもチャレンジができる環境があります。

ただし、20代限定という採用企業も多く、30代になると一気にハードルが上がるため30代の方は注意が必要です。

実際に私自身も営業から未経験エンジニアへの転職をサポートしたケースはたくさんあります。企業からのニーズもあるということですね。

人材紹介営業からの転職におすすめの転職先5:独立

人材紹介営業の経験があれば独立もしやすいです。

人材紹介という仕事は「PCと電話があれば仕事ができる」、「在庫を持たない」という特徴があるので、独立して自分で人材紹介会社を設立する人も少なくありません。

「転職はしたいけど、人材紹介営業は続けたい」は選択を視野に入れてみてもいいかもしれません。

自分でやりたいようにできるのが自分で会社を運営できる醍醐味ですね。リスクもありますが何でも自分でやりたい人にはおすすめです。

人材紹介営業を辞めるべき?

もしも今、人材紹介営業から転職したいと少しでも考えているのであれば、まずは行動してみるのがおすすめです

私は、「自分自身が人材紹介会社に面談に行ったらどんな求人を紹介されるのか」ということに興味があったので、まずは面談に行ってみることにしました。

そこで実際に自分が客観的にどう見られているのか、話が聞けたことをきっかけに具体的に転職活動を進めることにしたのを覚えています。

人材紹介営業経験者であれば、求人情報を得られる機会も多いでしょうし、チェックすべきポイントも心得ているかと思いますので、あとは行動だけです。

人材紹介営業をしていると転職活動のハードルになるのは時間の捻出だと思います。現職中の方は、転職活動を行う時間がないという悩みを持っているかもしれません。

在宅勤務があればそのタイミングで面接を進めることができますし、私は駅などに備え付けられているブース型のシェアオフィスを使って面接を進めていました。

人材紹介営業経験者は転職市場において評価されることが多いので、動かずに後悔をするのはもったいないです。ぜひ試しにでもいいので行動してみてください!人材紹介営業のみなさんを応援しています!

人材紹介営業からの転職におすすめの転職エージェント

HRtable編集部

人材紹介営業からの転職を考えるなら、まずは転職エージェントに相談してみましょう

おすすめの転職先を紹介してもらったり、選考対策をしてもらうことで、転職に成功しやすくなりますよ!

人材紹介営業からの転職におすすめの転職エージェント

人材紹介営業からの転職におすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手で、求人数・転職支援実績No.1の転職エージェントです。

全国の約40万件以上の求人を保有しているので、たくさんの求人を紹介してほしいという人におすすめです。

求人の特徴
  #未経験OK #第二新卒 #上場企業 #地方の求人も豊富
こんな人におすすめ

・いろんな求人の中から自分にあったものを紹介してほしい
・地方の求人を探したい
・営業力のある担当者に企業へのアピールや交渉をしてほしい

求人数
公開求人:169,497件
非公開求人:224,270件
※2022年2月時点
対応エリア
全国

リクルートエージェント公式サイト

メリット
  • 求人数・転職実績No.1
    • 業界トップの20万件以上の求人、累計41万人以上の転職実績
  • 経験豊富なアドバイザーによるスピーディーなサポートが受けられる
    • 職務経歴書・履歴書などの書類の添削、 独自に分析した業界・企業情報の提供、 志望企業への推薦など様々な転職サポートをしてくれる
    • スピード感のあるサポートに定評がある
    • 企業へのアピールや交渉が上手い担当者がサポートしてくれる

HRtable編集部

リクルートエージェントは、求人数が業界トップで、スピーディーに転職サポートを行ってくれます。

人材紹介営業からの転職を支援した実績も豊富なので、相談してみてください!

まずは無料相談してみよう!

人材紹介営業からの転職におすすめの転職エージェント2:doda

dodaHP

dodaは、全国の15万件以上の求人を保有しており、大手・優良企業の求人が豊富です。

求人の特徴
#未経験OK  #大手・優良企業 #第二新卒
こんな人におすすめ

・フリーターから正社員になりたい
・人材紹介営業から未経験の業界・職種へ転職したい
・気軽に参加できるセミナーや便利なツールを活用して転職活動を進めたい

求人数
公開求人:125,109件
非公開求人:38,666件
※2022年2月時点
対応エリア
全国
メリット
  • 総求人数が12万件以上
    • 全国の求人が見つかる
    • フレックス勤務、産休・育休取得実績ありの求人が豊富
  • 転職満足度No.1
    • 優良企業の求人が多いので、満足度が高い
  • 幅広い世代の女性の転職支援実績が豊富
    • 女性のキャリアの悩みを相談しやすい
    • 企業の職場環境や制度について詳しく教えてくれる
    • 育児制度とやりがいのバランスが良い企業を紹介してくれる
    • 強みを活かして活躍できる企業を紹介してくれる

HRtable編集部

dodaは、幅広い世代の女性の転職支援実績が豊富で、家事・子育てと両立しやすい求人を紹介してくれますよ!相談するだけでも悩みが解消されるので、まずは登録して無料相談に申し込んでみましょう!

まずは無料相談してみよう!

人材紹介営業からの転職におすすめの転職エージェント3:ビズリーチ

ビズリーチは、登録するだけで企業やヘッドハンターからスカウトが届く転職サービスです。

専門職や年収600万円以上のハイキャリアの方、フリーランスや副業での実績がある方などにおすすめです。

求人の特徴
#専門職 #経歴に自信がある人向け  #優良企業 #管理職
こんな人におすすめ

・年収600円以上の求人を探したい人
・専門職の経験がある人
・気になる求人があれば応募したい

登録社数
17,100社以上
※2021年7月時点
対応エリア
全国

ビズリーチ公式サイト

メリット
  • 経験・スキルがマッチする会社からスカウトが届く
    • 登録しておくだけでマッチする求人が届く
\まずは 無料登録をしてみよう!

他にもおすすめの転職エージェントを知りたいという方は、以下の記事を読んでみてください!