就職Shopの面談・面接対策の流れを利用者が解説!

  • 就職Shopの面談はどういう流れで話すの?
  • 就職Shopのサポートの流れ・感想を知りたい

と思っていませんか?

橋本 千弘
橋本 千弘

この記事では、就職Shopを利用した経験のある筆者が、就職Shopの面談や面接対策の流れと感想をお伝えします。面談ではどんなことを話すのか、どんなアドバイスがもらえるのかお伝えするので、就職Shopへの登録を迷っている方はぜひ読んでみてください。

この記事を書いたのは
プロフィール背景画像
プロフィール画像

橋本 千弘

地元の求人広告の営業や美容広告の営業を経験し、その後上京。女性向けのメディアや大手IT企業、大手PR代理店など、転職回数は計6回。現在はフリーライターとして、働いています。

    就職Shopの面談の流れ

    就職Shopの面談の流れ1:現職の状況のヒアリング

    就職Shopの面談の流れ1:現職の状況のヒアリング

    就職Shopの公式サイトから登録と面談の日時を予約。その後、担当者から面談のURLが送られてきて、オンライン面談を実施していただきました。

    橋本 千弘
    橋本 千弘

    担当者は40代の女性でした。私の現職での悩みについて丁寧に、温かく聞いてくれまして嬉しかったです。キャリアアドバイザーとしての経験豊富な印象もあり、会話のやりとりはとてもスムーズでした。

    就職Shopの面談の流れ2:希望条件のヒアリング

    就職Shopの面談の流れ2:希望条件のヒアリング

    前職までの経験や希望の職種について、細かくヒアリングをしていただきました。

    私の場合は休職していて、働くことに心が折れてしまっていたので、オンライン面談の一週間後に、お電話でも状況確認のご連絡もいただいております。

    橋本 千弘
    橋本 千弘

    今後の働くイメージが持てるように、優しい口調で諭すように様々なことをヒアリングしていただきました。

    就職Shopの面談の流れ3:求人紹介

    就職Shopの面談の流れ3:求人紹介

    前職に関連のある職種や興味のある職種についてお話をしていたものの、就職Shopでは取り扱いがかなり少ないと告げられて、営業職を進められました。

    「もう営業は正直やりたくないな」と思っていて前向きにはなれませんでした。

    橋本 千弘
    橋本 千弘

    ただ、キャリアアドバイザーの方のお話と今後のことを考えていく中で「本命は別にあるものの、私に自信をつけるために面接を受けてみよう」と思い、求人に応募しました。

    就職Shopの面接対策の流れ・感想

    就職Shopで定期開催している面接対策のワークショップにも参加していたので、何もわからなかった状態からしっかりと対策できます。

    キャリアアドバイザーの方には面接時の対応や質問の仕方について、とても丁寧に教えて頂きました。

    橋本 千弘
    橋本 千弘

    模擬面接を実施していただき、細かく指摘をもらえたことで、実際の面接時に私のことを自信を持って積極的にアピールできました。

    就職Shopでは、以上のような流れで面談、面接対策が行われます。まだ登録していないという方は、以下のボタンから登録してみてください。

    無料相談はこちら!