バーチャルオフィスおすすめ8選|特徴・費用を徹底比較

バーチャルオフィスおすすめ8選のアイキャッチ画像

この記事では、バーチャルオフィスを借りたいと考えている人に向けて、

・どのようなバーチャルオフィスがあるのか
・そのバーチャルオフィスの特徴は?

といった観点でおすすめのバーチャルオフィスを8つを厳選して紹介します!

私も以前バーチャルオフィスを契約していたことがありますが、実はバーチャルオフィスによって使えるサービスや特徴に違いがあるので自分にあったサービスを探してみましょう!

バーチャルオフィスおすすめ8選

おすすめのバーチャルオフィス1:Karigo

Karigoは、起業や副業、SOHO、地方拠点として使える全国55拠点のバーチャルオフィスを運営しています。
2006年からバーチャルオフィスの運営を行っているので、今までに延べ60,000社を超える企業が利用しています。

月額料金3,300円のプランから、転送電話と電話代行といった優れた内容も含まれるプランもあるので、それぞれの状況に合わせたプランを選ぶことができます。

起業や副業を考えている方や、コストを抑えたい経営者、フリーランス、個人事業主が利用しやすいプランになっています。

サポート内容・基本サービスは、「住所貸し」と「荷物の受取・転送・引き渡し」
・プランに合わせて電話の対応が変わります
場所全国55拠点以上(東京、北海道、宮城、新潟、茨城、千葉、埼玉、神奈川、静岡、
愛媛、三重、京都、大阪、兵庫、岡山、高知、福岡、沖縄、アメリカ テキサス)
料金・Whiteプラン(住所貸し、荷物受取):月額3,300円〜
・Blueプラン(住所貸し、荷物受取、転送電話):月額8,300円〜
・Orangeプラン(住所貸し、荷物受取、電話代行):月額10,400円〜
※プラスでそれぞれのプランに入会料と郵送料がかかります
支払い方法・前払い式ポイント制
・Karigoが運営するToonesというサイトでToonesポイントをクレジットカード
または銀行振込で購入し支払いとなります
※ポイントは1円=1ポイント

こんな方におすすめ!

  • 小規模で起業や副業を考えている方
  • フリーランスの方
  • ネットショップを開業したいけど、店舗住所を自宅にはしたくない方
  • 自宅を事務所にしているけど、SOHO禁止だった方
  • 初期投資を抑えて起業したい方

申込みはこちらから!

おすすめのバーチャルオフィス2:GMOオフィスサポート

GMOオフィスサポートは、GMOインターネットグループ会社が提供する好立地バーチャルオフィスです
2021年に開始したサービスで、現在東京を中心とした5拠点でバーチャルオフィスを展開しています。

GMOオフィスサポートでは、郵便物の転送期間によってプランを選択できるようになっています。
また、住所登録のみの月額990円のプランも提供しています。

さらに、ビジネス支援サービスとして、GMOあおぞらネット銀行との銀行口座開設や法人口座・個人事業主口座開設申込にも利用できる事業計画書のフォーマットを提供などを行っています。

サポート内容・基本サービスは、「登記できる住所」や「郵便の受取・転送・引き渡し」、
「LINEでの郵便通知」、「事業計画フォーマット提供」があります
・プランに合わせて郵便転送期間が異なります
・住所利用のみ(郵便転送なし、法人登記不可)のプランもあります
場所5拠点(渋谷、新宿、銀座、青山、名古屋)
料金・月1転送プラン:月額1,650円(税込)
・隔週転送プラン:月額2,200円(税込)
・週1転送プラン:月額2,750円(税込)
※郵便物転送時の郵送料もコミコミでの料金です
・住所利用のみのプラン:月額990円(税込)
支払い方法クレジットカード決済

こんな方におすすめ!

  • フリーランスの方
  • 起業を考えている方
  • 県外の方で都内に法人を設立したい方
  • 個人事業主の方
  • 少人数の会社でオフィスを構えていない方
  • 賃貸の方で自宅を登記出来ない方

申込みはこちらから!

おすすめのバーチャルオフィス3:レゾナンス

【レゾナンス】は、都内有数のビジネス街でもある東京都港区浜松町、中央区銀座、渋谷区神宮前、新宿区西新宿に事務所を構えるバーチャルオフィスです。

2016年にバーチャルオフィスサービスを開始し、2021年12月には利用社数が10088社を突破しています。

ビジネス街の立地にあるバーチャルオフィスの場合、月額5500円超が相場のところ、月額1650円から利用可能のプランもあります。

サポート内容・基本サービスは、「住所利用」「法人登記」「郵便物毎週末転送付き」
・プランに合わせて、電話の対応が変わります
・郵便物は、月4回転送されます
場所4拠点(東京都港区浜松町、中央区銀座、渋谷区神宮前、新宿区西新宿)
料金・月額1,650円(税込)プラン:「住所利用」「法人登記」「郵便物毎週末転送付き」
・月額3,850円(税込)プラン:「住所利用」「法人登記」「郵便物毎週末転送付き」「転送電話」
・月額6,050円(税込)プラン:「住所利用」「法人登記」「郵便物毎週末転送付き」「電話代行」
※それぞれのプランに入会料と郵便物の転送料がかかります
支払い方法・銀行振込
・口座振替
・来店での現金での支払い
・クレジットカード決済

こんな方におすすめ!

  • 自宅で法人登記することが難しい方
  • 個人事業主やフリーランス、テレワーク、ノマドワーカーでオフィスが必要ない方
  • 起業準備費用を抑えたい方
  • ネットショップなどで副業をしている方
  • 特定商取引法の表記でプライバシーを確保したい方

申込はこちらから!

おすすめのバーチャルオフィス4:Regus (リージャス)

リージャスは、ロンドン証券取引所で上場している世界最大手のレンタルオフィス会社です。
世界120ヵ国、1100以上の都市に拠点があり、日本では全国45都市、170拠点に展開しています。

敷金・礼金も不要なうえ、短期間からレンタル可能です。
12ヶ月プランと3ヶ月プランがあり、拠点によって料金設定が異なります。

サポート内容・バーチャルオフィスの場合、「住所」「郵便受け取り」「電話番号」「メンバーシップ」
が基本サービス
・それぞれが必要なサービスを選べるプランが揃っています
場所全国約170拠点
(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、北海道、青森、秋田、岩手、山形、
宮城、福島、新潟、石川、富山、長野、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、
岡山、広島、香川、愛媛、福岡、大分、熊本、宮城、鹿児島、長崎)
料金・バーチャルオフィス・プラス:月額約20,000円〜
(「住所」「郵便受け取り」「電話番号」「オフィス利用」「メンバーシップ」)
・バーチャルオフィス:月額約15,000円〜
(「住所」「郵便受け取り」「電話番号」「メンバーシップ」)
・テレフォンアンサリング:月額約10,000円〜
(「電話番号」)
・メールボックス・プラス:月額約5,500円〜
(「住所」「郵便受け取り」)
※それぞれのプランに入会料がかかります
支払い方法

こんな方におすすめ!

  • 起業家、個人事業主、フリーランスの方
  • 不動産の方
  • クラウドファンディングをしている方
  • オフィスシェア仲介会社の方
  • インフルエンサー(YouTuberやInstagramerなど)の方
  • 税理士、社労士の方
  • ベンチャーサポート
  • 会社登記をしたい方

おすすめのバーチャルオフィス5:ワンストップビジネスセンター

【ワンストップビジネスセンター】は、青山・銀座・渋谷など、東京都心の人気がある地域を中心に「法人登記」が可能な住所を提供するサービスです。

住所貸しから電話代行といったバーチャルオフィスの基本サービスはもちろん、エグゼクティブプランでは、基本サービスに加えて、ホームページ作成や会社ロゴデザインなどもコミのサービスを提供しています。

若手や女性、シニアなどの起業家を応援する割引プランもあるので、合わせて利用するとお得です。

サポート内容・基本サービスは、「住所貸し」と「郵便転送」
・プランに合わせて電話やFAXなどの対応が変わります
場所全国に30店舗以上
(東京都心、神奈川、大阪、北海道、福岡、愛知、京都、兵庫、宮城、香川、広島、熊本)
料金・エコノミープラン(住所貸し、郵便転送):月額5,280円(税込)
・ビジネスプラン(住所貸し、郵便転送、電話転送、FAX転送など):月額9,790円(税込)
・プレミアムプラン(住所貸し、郵便転送、電話秘書代行、FAX転送など):月額16,280円(税込)
・エグゼクティブプラン(すべてコミコミのプラン):月額54,780円(税込)
※それぞれのプランに入会料がかかります
支払い方法・クレジットカード決済
・銀行振り込み

こんな方におすすめ!

  • これからビジネスを立ち上げる方
  • 自宅住所を使わずに副業を行いたい方
  • 東京などの大都市に支店用としての住所を必要としている方

まずはここからお問い合わせ!

おすすめのバーチャルオフィス6:NAWABARI

バーチャルオフィス【NAWABARI】は、小規模ネットショップ運営者専用のバーチャルオフィスを提供しています
そのため、ECサイトやインフルエンサーのプレゼント受け取りとして利用することを想定した価格設定となっています。

また、EC作成サイトの「BASE」を始めとする各種プラットフォームとの提携をしているという実績もあるので、ECサイトの運営やインフルエンサーに優しいサービス内容となっています。

サポート内容・レンタルアドレス、電話要件転送サービス、郵便物受け取りサービスがワンセットになっています
・オプションサービスとして、電話転送、電話代行、インターネットFAX、登記があります
場所目黒、渋谷
料金・1ヶ月プラン:月額1,628円〜
・1年月プラン:月額1,078円〜
※オプションサービスにはそれぞれ別途料金がかかります
支払い方法・PayPal
・後払い.com

こんな方におすすめ!

  • 新規起業や、テレワークに伴うオフィス縮小で登記先住所が必要な方
  • 起業やネットショップ開業にあたって自宅の住所を公開したくない方
  • 物理的なオフィスの契約よりも安く料金を抑えたい方
  • Youtuber、ライバーなどのインフルエンサーの方

こちらから公式サイトで申込!

おすすめのバーチャルオフィス7:ユナイテッドオフィス

ユナイテッドオフィスは、2005年から事業開始東京に特化したバーチャルオフィスを提供しています。
厳密な入会審査をしていて、犯罪などに利用されたこともないので、安心して利用することができます。

バーチャルオフィスの利用だけでなく、東京都内の駅近のリアルスペースや貸会議室もリーズナブルな価格で利用することができます。

リアルとバーチャルを併用することができるのがユナイテッドオフィスの魅力の1つです。

サポート内容・基本サービスは、
「住所利用・法人登記」、「会員専用マイページ、郵便物確認・会議室予約など」
「郵便物受取り・管理」、「郵便物週末転送」、「海外郵便転送」
「貸会議室・レンタルスペース利用」
・プランに合わせて「03専用電話番号・転送サービス」「共有FAX受信転送」
「電話秘書代行」が追加されます
場所東京都心
料金・メールボックスプラン
1ヶ月:月額3,850円(税込)
6ヶ月:月額2,860円(税込)
12ヶ月:月額2,310円(税込)

・メールボックス通知プラン
1ヶ月:月額4,620円(税込)
6ヶ月:月額3,850円(税込)
12ヶ月:月額3,100円(税込)

・テレボックス Ⅰ 専用電話付きプラン
1ヶ月:月額7,700円(税込)
6ヶ月:月額5,500円(税込)
12ヶ月:月額4,400円(税込)

・テレボックス Ⅱ 電話秘書プラン
1ヶ月:月額9,900円(税込)
6ヶ月:月額8,800円(税込)
12ヶ月:月額7,700円(税込)

※それぞれのプランに初回登録料等がかかります
支払い方法・クレジットカード決済

こんな方におすすめ!

  • スタートアップ、フリーランス、副業、テレワーク、プライベートカンパニーの方
  • 趣味・クラブなどの窓口

おすすめのバーチャルオフィス8:デジラボ

デジラボ公式サイトTOP画像

デジラボは、千葉県松戸駅徒歩3分のコワーキングスペース「デジラボ」が運営するバーチャルオフィスサービスです。場所が松戸駅前にあるので、周辺に住んでいる方や通勤定期内に松戸駅がある方には特におすすめです。法人登記も可能ですので、自宅を公開したくない方にも良いです。

サポート内容・郵便物引取(転送は送料実費)、登記・住所利用(登記しても追加料金0円)
・オプションサービスとして、仕事場・会議室利用、ロッカー利用、047回線貸出があります
運営会社株式会社Tree Frog
場所〒271-0091 千葉県松戸市本町17-11 芹澤ビル6F
JR松戸駅西口より徒歩3分
料金初期費用 2,200円
半年払いコース16,500円(税込) ※2,750円/月単価
年払いコース26,400円(税込) ※2,220円/月単価
※オプションサービスにはそれぞれ別途料金がかかります
支払い方法・コンビニ払い ・銀行振込 ・口座振替

こんな方におすすめ!

  • 千葉県松戸市周辺に住んでいる方
  • 起業したばかりで、作業は自宅で行っている方
  • 郵便転送サービスにより、自宅の住所を公開する必要がなくなる
  • たまには会議室やミーティングスペースを利用したい(時間貸しにより利用可能)

バーチャルオフィスの申込みはこちら!

バーチャルオフィスおすすめ8選のまとめ

この記事ではバーチャルオフィスを8社厳選で紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

意外と、それぞれのサービスで特徴があったり、費用が変わってくるので、自分の状況に合ったサービスがどれかをしっかりと見極めてバーチャルオフィスを契約しましょう。

一度契約すると変更するのが意外と面倒に感じたりするので比較することは重要です。

この記事が皆様の参考になれば幸いです!