保険業界のやりがいとは?向いている人・将来性を解説!

  • 保険業界の仕事のやりがいって?
  • 保険業界に向いている人はどんな人?
東山福太郎
東山福太郎

こういった疑問にお答えして、大手損害保険会社、生命保険会社での勤務経験のある筆者が、保険業界の仕事のやりがいや保険業界に向いている人・向いていない人の特徴について解説します。

この記事を書いたのは

東山福太郎

慶應義塾大学 経済学部を卒業。新卒で大手損害保険会社に入社して8年間勤務。ここでの生命保険子会社設立業務の経験を活かし、FP系出版社に転職して生命保険に関する執筆・校閲を担当(7年間勤務)。その後、生命保険会社に転職して14年間勤務(主に募集資料作成、研修資料作成、募集コンプライアンスを担当)。現在はファイナンシャル・プランナーとして活動中。約30年に渡って保険業界に関わる業務に従事。保有資格:CFP、公的保険アドバイザー等。

    転職エージェントを活用するのがおすすめ!

    保険業界に転職するなら、無料で希望条件にマッチする求人やこれまでの経験が活かせる求人を紹介してもらえる転職エージェントを活用しましょう!

    コトラなら、保険業界に精通したコンサルタントが企業選びや選考対策を親身になってサポートしてくれますよ!

    無料面談では、今のあなたにどんな転職先があるかやキャリアのアドバイスがもらえるので、まずは相談してみてください!

    無料相談はこちら!

    あわせて読む:保険業界に強い転職エージェントおすすめ13選|生命保険・損害保険の営業・事務・専門職へ転職するなら?

    保険業界の仕事のやりがい

    保険業界の仕事のやりがい

    保険業界の仕事のやりがい1:困っている人の役に立つことができる

    保険は相互扶助の精神で成り立っています。

    同じリスクを抱える人たちがお金を出し合い、そのリスクに遭遇してしまった人を、経済的な面からみんなで支えるという仕組みです。

    東山福太郎
    東山福太郎

    ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために、困っている人を助けてあげることができます。その仕組み作りや運営を担っているのが保険会社です。

    保険業界の仕事のやりがい2:若いうちから責任ある仕事を任せてもらえる

    困っている人を助けるための仕組み作りや運営を担っている保険会社には、たくさんの業務があります。

    多数ある保険会社の中からお客様に選ばれるためには、よりよいサービスを提供していく必要があります。

    そのためには社員ひとりひとりが前面に立って、積極的に仕事を行って行くという意識が不可欠です。

    東山福太郎
    東山福太郎

    若い社員でも、どんどん責任ある仕事を任されます。

    保険業界の仕事のやりがい3:収入面が恵まれている

    お客様からお預かりしたお金(保険料)を管理し、困っている人を助けるという使命を背負っているため、仕事はハードです。そのため他の業界に比べて、収入面に恵まれています。

    「高い給料がもらえれば、仕事に対するモチベーションも上がる」というのは自然な感覚ですよね。

    東山福太郎
    東山福太郎

    保険という公共性のある仕事をしていくためには、仕事のモチベーションを高めて、質の高い仕事をすることが求められます。

    保険業界の各部門の仕事内容

    東山福太郎
    東山福太郎

    生命保険会社(代理店チャネル)にはどのような仕事があるのでしょうか?主な仕事内容についてご説明します。

    保険業界の部門1:営業部門

    保険商品の募集を行っています。

    保険業界の部門2:営業企画推進部門

    営業部門が保険商品の募集を行うにあたって、方針や目標などを企画しています

    パンフレットなどの募集資料や募集に関連する営業ツール、研修資料などの作成・管理も行っています。

    保険業界の部門3:商品開発部門

    保険商品の新規開発、改定などを行っています。

    保険業界の部門4:運用部門

    契約者から保険料として預かったお金を運用しています。

    保険業界の部門5:リスク管理部門

    会社のキャパシティからみて、限界を超える量の契約の引受けを行っていないか、保険金を支払えるかなどの会社としての危機管理を行っています。

    保険業界の部門6:引受査定部門

    保険の申込みに対して、会社として引受けをするか否かの判断を行っています。

    保険業界の部門7:保険金支払部門

    保険金や給付金の支払いを行っています。

    保険業界の部門8:総合企画部門

    会社全体の総合的な企画・管理を行っています。会社の経営に関する規程や方針などを企画・管理しています。

    株主総会や取締役会などの運営も行っています。会社の代表窓口になります。

    保険業界の部門9:総務部門

     会社全体の事務業務をとりまとめています。

    保険業界の部門10:人事部門

    社員の採用、評価、研修、部署異動、福利厚生などをとりまとめています。

    保険業界の部門11:経理部門

     会社全体の経理をとりまとめています。財務分析も行っています。

    保険業界の部門12:コンプライアンス部門

    社員、委託先代理店のコンプライアンスをとりまとめています。

    また、営業部門が募集活動で使用する募集資料の管理も行っています。コンプライアンス部門が承認した募集資料でなければ使用することはできません。

    保険業界の部門13:監査部門

    各部門が法律や社内規程に則って業務を行っているかをチェックしています。委託先代理店の業務遂行状況についてもチェックを行っています。

    保険業界の部門14:システム部門

     会社内のシステムの開発や管理を行っています。

    保険業界に向いている人の3つの特徴

    保険業界に向いている人の3つの特徴

    保険業界に向いている人の特徴1:タフな人

    保険会社の仕事は、ハードです。公共性のある仕事をしているということもありますが、競合他社が多いということもその理由です。

    現在、生命保険会社であれば42社もあります。これだけ競合他社が多いと、生存競争が激しくなります。

    新商品の開発、営業、保険金支払などのあらゆる分野で他社との競争が生じます。

    東山福太郎
    東山福太郎

    精神的にも肉体的にもタフさが求められます。

    保険業界に向いている人の特徴2:チャレンジ精神が旺盛な人

    競争の激しい業界なので、生き残るために、常に新しいことにチャレンジしていくことが求められます

    他社にない新商品の開発、新しいマーケットの開発、新しいサービスなど。現状維持は衰退を意味します。

    東山福太郎
    東山福太郎

    失敗したとしても、次々と新しいことにチャレンジできる人に向いている業界と言えます。

    保険業界に向いている人の特徴3:人と接することが好きな人

    保険という商品は目にすることができません。

    営業パーソンがパンフレットや保険設計書などを使って説明するのですが、お客様に商品内容を理解してもらうためには、お客様に合わせた説明をすることが求められます。

    東山福太郎
    東山福太郎

    お客様にはいろいろなタイプの人がいます。どのような人にでも丁寧に接することができる人に向いている業界です。

    保険業界に向いていない人の3つの特徴

    東山福太郎
    東山福太郎

    保険業界は職場異動が多いので、環境が変わっても、なじんでいける順応性や協調性が必要です。そして、会社に入ってからもたくさんのことを勉強させられます。また、文字や数字を取り扱うことも多いので、細かいことがあまりにも苦手な人にとっては居ずらい業界です。

    保険業界に向いていない人の特徴

    保険業界に向いていない人の特徴1:順応性のない人、協調性のない人

    保険業界は職場異動の多い業界です。一般的には、3から4年ごとに職場異動があります

    新しい環境になじめないと、そのたびにつらい思いをします。転居をともなう職場異動であればなおさらです。

    仕事をしていくためには、いろいろなタイプの人と上手くやっていかなければなりません。

    東山福太郎
    東山福太郎

    「自分から積極的に新しい環境になじんでいく」という姿勢が必要になります。

    保険業界に向いていない人の特徴2:向学心がない人

    保険に携わっていくためには、保険のことだけでなく、社会情勢のこと、経済のこと、法律のこと、関連業界のことなど、学ばなければならないことがたくさんあります。

    保険会社内の社員教育でも学ぶ場は準備されていますが、それ以外にも自ら積極的に学んでいく姿勢が必要です。

    東山福太郎
    東山福太郎

    「こんなに勉強することが多いのは嫌だ」と、学んでいくことに抵抗がある人には向かない業界です。

    保険業界に向いていない人の特徴3:細かいことがあまりにも苦手な人

    保険契約の内容を取り決めている「約款」というものがあります。

    どのようなときに保険金が支払われて、どのようなときに支払われないかなど重要なことが細かく規定されています。

    東山福太郎
    東山福太郎

    約款を解釈できなければ保険を取り扱うことはできません。また、「保険料」を間違えると大変なことになりますので、数字が苦手な人にも向かない業界です。

    保険業界の将来性

    民間の保険の役割は、国の公的保険を補完することです。国の公的保険は毎年のように改定が行われていますが、それでも保障が十分ではありません。

    それを補完するために、民間の保険の役割は、今後もますます重要になっていくことでしょう。

    生命保険でいえば、ライフステージに応じて保障の見直しを行うということはなくなるものではありません。お客様によりよいサービスを提供していくために、保険会社で働く社員には、より一層のレベルアップが求められます。

    東山福太郎
    東山福太郎

    新商品の開発、ニーズにあったプランの提案、迅速な保険金支払など、多方面にわたる取り組むべき課題をクリアしていく必要があります。

    保険業界は公共性のある仕事なので、やりがいがあるとともに責任も重大です。収入面では恵まれていますが、仕事はハードです。

    そして競争がとても激しい業界です。多数ある保険会社の中からお客様に選ばれるために、生き残りをかけて必死です。そこで仕事をしていくためには、タフであること、チャレンジ精神が旺盛であることが求められます

    ハードな仕事ではありますが、「人の役に立っているのだ」という誇りを持って続けていける仕事です。

    東山福太郎
    東山福太郎

    生命保険会社は現在42社もあります。今後は統廃合などが進むと思われますが、どこの保険会社に行っても生き残っていけるだけの経験やスキルを身に付けておくことが大切です。

    HRtable編集部
    HRtable編集部

    保険業界に転職するなら、保険業界に詳しいコンサルタントがサポートしてくれる転職エージェントを活用するのがおすすめです!

    保険業界への転職におすすめの転職エージェント

    保険業界に強い転職エージェント
    • コトラ
      保険・金融業界に強い転職エージェント!コンサルタントが選考対策まで徹底サポート!
    • リクルートダイレクトスカウト
      転職決定平均年収900万円以上!ヘッドハンターからスカウトが届く!
    • アサイン
      20代の若手ハイキャリアに強い!
    • エンワールド・ジャパン
      外資企業・日経グローバール企業の転職に強い!入社後の定着・活躍までサポートしてくれる!

    保険業界への転職におすすめの転職エージェント1:コトラ

    コトラ

    • 金融・保険業界に詳しいコンサルタントにサポートしてほしい
    • 選考対策までしっかりサポートしてほしい
    特徴金融・保険業界に特化した転職エージェント
    エリア全国
    メリット
    • 金融・保険業界の実務経験者がサポート!
    • コンサルタントが選考対策までしっかりサポート!
      • わかりやすく魅力的な職務経歴書を書くためのアドバイスや企業のカルチャーや面接官の特徴を踏まえた上で面接アドバイスをしてくれる!

    無料相談してみよう!

    保険業界への転職におすすめの転職エージェント2:リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト
    • 能力・これまでの経験を活かしてハイキャリアを目指したい
    • 年収を上げたい
    特徴ヘッドハンターからスカウトが届く
    求人数保険業界:1,782件
    ※2022年7月時点
    エリア全国
    メリット
    • 年収800万円以上の求人が約28,000件以上!※2020年5月時点
      • 年収800万円以上のハイクラス転職に強い
      • 転職決定年収平均900万円以上
    • レジュメを登録してスカウトを待つだけ
      • 約300社、2,500名以上(2020年10月時点)のヘッドハンターが求人を提案してくれる
      • 保険業界の転職支援実績が豊富なコンサルタントからスカウトが届く
    • 転職エージェント大手のリクルートが運営しているので安心できる

    無料相談してみよう!

    リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円以上の求人を約28,000件保有しています。

    登録するだけでもハイクラス求人のスカウトが届くので、まずは登録してみましょう!

    保険業界への転職におすすめの転職エージェント3:アサイン

    アサイン

    アサイン
    • 優秀なエージェントにサポートしてほしい
    • 20代や30代でキャリアアップしたい
    求人数公開求人:3400件以上
    ※2022年4月時点
    エリア全国
    メリット
    • Bizreach コンサルティング部門 2020 MVP受賞のアドバイザーなど、優秀なエージェントがサポート
      • コンサル・有名企業出身者がサポート!
      • 各業界での経験に基づいたアドバイスがもらえる!
    • 長期的なキャリア設計をサポート
      • 初回の面談では求人の紹介をせず、経験、将来像、ライフプランに合わせてキャリアプラン・企業を提案してくれる
    • 徹底した選考対策サポートをしてくれるため、内定獲得率が高い
      • オーダーメイドの選考対策資料を作成してくれる
      • 業界・企業の分析レポートを作成してくれる
      • 複数回の模擬面談を実施してくれる

    無料相談してみよう!

    保険業界への転職におすすめの転職エージェント4:エンワールド・ジャパン

    エンワールド・ジャパン

    エン・ワールド・ジャパン
    • 海外・グローバル企業で活躍したい
    • 20代後半〜40代のエキスパート又はマネージャー以上
    求人数約10,000件以上
    ※2022年3月時点
    エリア東京・名古屋・大阪
    メリット
    • 年収800万円以上の大手外資系・日系グローバル企業の求人が10,000件以上!
    • 就業後1年間定着に向けサポートしてくれる

    エンワールド・ジャパンでは、入社後の定着や活躍までサポートしてくれ、長期でお付き合いできる転職エージェントです。

    まずは無料相談をしてみてください!

    無料相談はこちら!

    保険業界への転職には転職エージェントを活用しよう!

    この記事では、保険業界のやりがい・仕事内容・保険業界に向いている人・向いていない人の特徴、保険業界の将来性について解説しました。

    保険業界への転職を考えるなら、以下の4つの転職エージェントを活用し、これまでの経験が活かせる求人を紹介してもらうことや、プロによる選考対策のサポートを受けるのがおすすめです!

    保険業界に強い転職エージェント
    • コトラ
      保険・金融業界に強い転職エージェント!コンサルタントが選考対策まで徹底サポート!
    • リクルートダイレクトスカウト
      転職決定平均年収900万円以上!ヘッドハンターからスカウトが届く!
    • アサイン
      20代の若手ハイキャリアに強い!
    • エンワールド・ジャパン
      外資企業・日経グローバール企業の転職に強い!入社後の定着・活躍までサポートしてくれる!

    まずは、保険・金融業界に強いコトラに相談してみましょう!

    無料相談はこちら!

    あわせて読む:保険業界に強い転職エージェントおすすめ13選|生命保険・損害保険の営業・事務・専門職へ転職するなら?