HRtable建設

発注者支援の求人に強い転職サイトおすすめ6選

  • 発注者支援の求人を探すならどの転職サイトがおすすめ?
  • 発注者支援の求人情報を知りたい

と思っていませんか?

この記事では、発注者支援の求人に強い転職サイトおすすめ6選を紹介します。発注者支援の求人数が豊富な転職サイトを紹介するので、発注者支援への転職を考えている方はぜひ読んでみてください。

当サイトのおすすめは…

建設業界の求人が豊富で、建設業界に精通したコンサルタントがサポートしてくれる建設・設備求人データベースがおすすめです。

無料で求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策のサポートをしてくれるので、まずは無料相談してみてください!

無料相談はこちら

あわせて読む:建設業に強い転職サイトおすすめ10選|求人数や特徴を比較!

記事内に広告を含みます

当サイトは、有料職業紹介(許可番号:13-ユ-315371)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社かけるが運営しています。

発注者支援の求人に強い転職サイトおすすめ6選

発注者支援の求人を探すなら、以下の6社の転職サイトがおすすめです!

発注者支援の求人に強い転職サイトおすすめ6選

発注者支援の求人に強い転職サイトおすすめ1:建設・設備求人データベース

建設・設備求人データベース

建設・設備求人データベース

建設・設備求人データベース建設業の求人数が豊富な転職サイトです。

また、建設業界に特化しているからこそ業界や企業に詳しく、待遇・福利厚生の詳細、求人企業の業界内での立ち位置や強み・弱み、経営状況、社風や配属部署の雰囲気といった、他では手に入らない具体的な情報も提供してくれます。

企業ごとに好まれる人物像、評価される経験、過去の面接での質問傾向や面接官の人柄なども把握した、建設業界の転職支援実績豊富なコンサルタントがサポートしてくれるので、選考にも通過しやすくなります。

こんな人におすすめ・豊富な求人の中から自分に合ったものを探したい
・資格を活かして転職したい
求人数発注者支援業務:127件
※2023年8月1日時点
求人エリア全国
運営開始時期2011年(参考
メリット
  • 東証プライム市場上場企業の株式会社クイックが運営!
    • 上場企業が運営しているから安心!
  • 建設業の求人が豊富!
    • 希望の条件にマッチする求人が見つかる!

無料で手厚いサポートが受けられるので、まずは無料登録してみてください。

まずは無料登録してみよう!

あわせて読む:建設・設備求人データベースの口コミ・評判はどう?

発注者支援の求人に強い転職サイトおすすめ2:現キャリ

現キャリ

現キャリの公式画像

現キャリは、東証プライム上場グループのコプロ・エンジニアードが運営する、建設・プラント業界に特化した転職エージェントです。

建設業界に詳しいキャリアアドバイザーが希望条件にマッチする求人を提案してくれます。

また、経験・スキルに合わせて担当者が給与交渉も行ってくれるため、年収を上げたい方にもおすすめです。

こんな人におすすめ・建設・プラント業界の豊富な求人の中から選びたい
・建設・プラント業界の転職・仕事について詳しいコンサルタントに相談したい
求人数発注者支援の検索結果:35件
※2023年8月1日時点
求人エリア全国
メリット
  • 建設・プラント業界に特化!
  • 建設・プラント業界の求人数が15,959件!(※2023年4月6日時点
  • 東証プライム上場企業のグループ会社が運営!

無料相談はこちら

発注者支援の求人に強い転職サイトおすすめ3:セコカンNEXT

セコカンNEXT

セコカンNEXT公式HPの画像

セコカンNEXTは、施工管理を中心とした建設業界の求人に特化した転職エージェントです。

20代・30代で未経験から施工管理に就職したい方から建設業界で年収アップしたい経験者向けの求人まで幅広く取り扱っています。

施工管理の業務を理解したコンサルタントがサポートしてくれるため、マッチ度の高い求人を提案してもらえます。

こんな人におすすめ・施工管理の豊富な求人の中から選びたい
・施工管理の転職・仕事について詳しいコンサルタントに相談したい
求人数建設業:28,174件
※2023年4月6日時点
求人エリア全国
メリット
  • 施工管理の求人が豊富!
  • 施工管理に詳しいコンサルタントがサポートしてくれる

無料相談はこちら

あわせて読む:セコカンNEXTの評判はどう?3つの特徴を解説!

発注者支援の求人に強い転職サイトおすすめ4:ワークポート

ワークポート

ワークポート公式画像

ワークポートは、建設業界の求人が豊富で、建設業界専門のコンシェルジュがサポートしてくれます。

全国の建設業界の幅広い求人を紹介してくれるので、選択肢を広げたいという方におすすめです。

こんな人におすすめ・全国の求人を探したい
・建設業界の求人が豊富な転職サイトを選びたい
求人数発注者支援の検索結果:332件
※2023年8月1日時点
エリア全国
メリット
  • 建設業界の求人が豊富!
    • 未経験の方〜ハイクラスまで幅広い求人が見つかる
  • 転職サポートが手厚い!

無料相談はこちら

発注者支援の求人に強い転職サイトおすすめ5:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント202010
こんな人におすすめ・未経験から建設業に転職したい
・全国の豊富な求人の中から探したい
求人数発注者支援の検索結果:91件
※2023年8月1日時点
対応エリア全国
メリット
  • 求人数・転職実績が豊富!
    • 20万件以上の求人、累計41万人以上の転職実績
    • 地方の求人や施工管理・建設業界未経験歓迎の求人も豊富

サイト上での求人検索も可能なので、まずは無料登録してみてください!

まずは無料登録してみよう!

発注者支援の求人に強い転職サイトおすすめ6:リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビネクスト公式HP
こんな人におすすめ・未経験から建設業に転職したい
・全国の豊富な求人の中から探したい
求人数発注者支援の検索結果:150件
※2023年8月1日時点
対応エリア全国
メリット
  • リクルートが運営!
  • 大手ならではの求人数

サイト上での求人検索も可能なので、まずは無料登録してみてください!

まずは無料登録してみよう!

リクナビNEXTに無料登録する

発注者支援の転職活動のやり方

発注者支援の転職活動のやり方1:登録

転職エージェントに登録

転職サイトに登録する際はまず希望する業界や職種に強い転職サイトを選び登録する必要があります。

各社様々な強みがありますので自分に合ったところから選びましょう。

実際に登録する際は一つではなく複数の転職サイトに登録しておく方がより自分に合った求人に出会うことができます。

しかし、あまり数多く登録し過ぎると大量の求人を提示され選びきれなくなったり、かえってやり取りがわずらわしく感じてしまったりすることがあるので、まずは3社登録してみて、必要に応じて増やすなど工夫すると良いでしょう。

また登録する際は個人の職歴や経歴、資格など履歴書や職務経歴書に近い内容を入力する必要がありますので事前に個人のデータを準備しておきます。

発注者支援に強い転職サイトおすすめ6選

発注者支援の転職活動のやり方2:求人検索・求人選び

求人を紹介してもらう

転職サイトに登録後、担当者から求人の紹介を受けたり、もしくは転職サイト上で自分で希望条件で検索して求人を探します。

求人票の仕事内容や給与、求める人物像などの条件をチェックし、希望に近い求人を選びます。

希望条件を全て満たす求人はそれほど多くないので、譲れない条件を数個に絞って選んでみてください。

求人選びでチェックすべきポイント
  • 基本情報(企業理念、設立年度、従業員数、所在地など)
  • 社長のあいさつ
  • 求める人物像
  • IR情報
  • SDGsの取り組み
  • どんなサービスを提供しているか
  • 仕事の内容
  • 給与
  • 休暇・休業制度・福利厚生
  • 残業時間
  • 転勤の有無

発注者支援の転職活動のやり方3:応募(履歴書・職務経歴書の作成)

求職者が応募書類を書いているイメージ画像

応募する求人が決まったら、応募書類の作成を行います。主に履歴書と職務経歴書を作成しますがフォーマットを持っていない場合は登録した転職サイトからダウンロードできる場合がありますのでそちらを使いましょう。

応募書類の作り方が分からない時は例文が用意されていたり、担当者から書類の添削を受けることもできます。

客観的な視点から良いアドバイスをもらえる場合もありますので一度は添削を受けてみることをお勧めします。

履歴書・職務経歴書に書く内容

履歴書

  • 氏名・住所・生年月日・連絡先
  • 学歴・経歴高校から現在までの学歴・経歴を記載
  • 免許・資格保有している免許・資格を記載
  • 志望動機応募先企業への志望動機を記載
  • 本人希望欄入社時期や勤務時間などの希望があれば記載

職務経歴書

  • 職務要約どんな業務をどんな役割で行ってきたか概要を記載
  • 職務経歴具体的な業務・成果(売上など)・意識していたことを記載
  • 自己PR自分自身の強みと転職後活かせるスキル・経験をアピール

発注者支援の転職活動のやり方4:面接

面接対策・面接をしているイメージ画像

面接のオファーが入った際は企業と面接日時を調整します。

面接当日までに企業研究や面接練習をしておきましょう。

面接では、主に以下のようなことを聞かれます。

面接で聞かれる内容
  • 自己紹介
    氏名、簡単な経歴、今後やりたいことなどを1分または3分程度で紹介
  • 転職活動を始めたきっかけ
    転職を希望するようになった経緯など
  • 志望動機
    企業の魅力を感じた点、入社後やりたいことなど
  • 自己PR
    経験に基づく自分自身の強みや、転職後その強みを活かしてどんな活躍ができるかなど
  • 今後のキャリアプラン
    入社後にどんなことを成し遂げたいか、どうキャリアアップしたいかなど

発注者支援の転職活動のやり方5:内定・入社の準備

内定時のイメージ画像

企業や転職エージェントの担当者から内定の連絡があった後は、入社するかどうかなるべく早く意思決定します。

入社日が決まった後は、入社迄に必要な書類を確認し準備しておきます。健康診断書や保証人の印鑑など準備に時間がかかるものもありますので余裕をもって確認しておきましょう。

次は、発注者支援の仕事や転職について解説します。

発注者支援とは

発注者支援とは、国土交通省や地方整備局などが発注する公共工事の発注業務(積算や検査)を支援することです。

予算書や事業計画立案に関する資料の作成、工事請負会社への確認検査、安全指導・工程管理、品質管理などを行います。

発注者支援業務に求められる経験・スキル

発注者支援業務に求められる経験・スキル1:土木施工管理技士資格

発注者支援業務は、道路や河川、ダムなどの公共事業の発注業務の支援が多いため、土木施工管理技士の資格や経験が求められます。

発注者支援業務に求められる経験・スキル2:CADの知識・使用経験

発注者支援業務では、設計業務に関わることがあるため、CADの知識や使用経験が求められます。

発注者支援業務に求められる経験・スキル3:RCCMの資格

発注者支援業務を行うために必須の資格はありませんが、RCCM(Registered Civil Engineering Consulting Manager)の資格を持っていると、発注者支援業務への転職で有利になるでしょう。

RCCMは、土木工事に関連する専門技術の有資格者であることを示し、発注者支援業務に活かすことができます。

発注者支援の求人を探すなら、転職サイトを活用しよう!

この記事では、発注者支援の求人に強いおすすめの転職サイト6選を紹介しました。

今回紹介した転職サイトは、発注者支援の求人が豊富で、建設業に詳しいキャリアアドバイザーが無料で求人の紹介や選考対策をしてくれるので、まずは無料登録してみてください!

発注者支援の求人に強い転職サイトおすすめ6選

どの転職サイトを利用するか迷った方は、建設業の多様な職種の求人を保有する建設・設備求人データベースに登録してみましょう!

無料相談はこちら!

あわせて読む:建設業に強い転職サイトおすすめ10選|求人数や特徴を比較!