仕事を辞めたいのに人手不足だから言えない時の2つの対処法

仕事を辞めたいのに人手不足だから言えない時の2つの対処法

  • 仕事を辞めたいのに人手不足だから言いづらい…
  • 人手不足の会社を辞めるにはどうすればいいの?

と思っていませんか?

仕事を辞めたいと思っているなら、このまま仕事を続けても辞めづらくなる一方なので、なるべく早く行動を起こすべきですよ!

しかし、人手不足の会社を辞めるには、引き止められたり、周りの人のことを考えてしまい辞めづらいです。

この記事では、人手不足だから仕事を辞めたいと言えない原因と対処法、会社を辞める方法について解説します。

仕事を辞めたいのに人手不足だから言えない原因と対処法

仕事を辞めたいのに人手不足だから怖くて言えない理由には、主に以下の3つが挙げられます。
  1. 上司に伝えるのが怖い
  2. 周りに迷惑をかけたくない

仕事を辞めたいのに人手不足だから怖くて言えない理由1:上司に伝えるのが怖い

仕事を辞めたいけど怖くて言えない1番の理由は、上司に言うと引き止められたり、「人手不足なのに無責任だ」と言われたりすることではないでしょうか。

辞めたいと思っていても実際に上司に伝えるのは勇気がいります。

しかし、転職先が決まり、具体的な退職日が決まっていたり、退職までの具体的な行動が明確になると、強制力が生まれる上に強い意志を持って辞めると伝えることができます。

たとえ上司に「新人が育つまでいてほしい」「あなたが辞めると他の人の仕事が増えて迷惑がかかる」と言われても、転職先が決まっていれば固い意志を示すことができる上に自分自身の気持ちが揺らぐこともないでしょう。

また、在職中に転職活動をすることは、焦って転職先を決めて後悔しないためにも重要です。

退職後に転職活動をしてしまうと、>転職活動がうまくいかなかった場合に焦って転職先を決めて後悔してしまう可能性もあります

すぐに退職しないと身体がもたない、仕事が忙しくて転職活動をする時間も取れないという状況でない限りは、在職中に転職活動を行うことをおすすめします。

転職活動を始めるなら、まずは転職エージェントに相談しましょう!
転職活動を始めるなら転職エージェントの利用が必須!

転職エージェントに登録すると、おすすめの求人を紹介してくれ、日中の企業との連絡や応募・選考結果の管理、選考対策を行ってくれます。

転職活動をサポートしてくれる人がいることで、仕事が忙しくても転職活動を進められる上に、強制力が生まれるので転職活動に向けて踏み出すことができますよ!

\まずは 無料相談をしてみよう!

仕事を辞めたいのに人手不足だから怖くて言えない理由2:周りに迷惑をかけたくない

人手不足だからこそ自分が辞めることで他の人に迷惑をかけたくない、人手不足なのに辞めるのは無責任だと考える方もいるでしょう。

しかし、人手不足なのはあなたの責任ではなく「会社の責任」です。

本来なら人手不足なら人員を補う、もしくは人が辞めないような組織を作るよう会社が取り組むべきです。あなたが辞めたとしても会社は新しく人を採用するので、会社が回らなくなるということはありません

また、会社を辞めるまでの間、職場で無責任だと言われたり、冷たい態度を取られるのは怖いでしょう。しかし、あなたが辞めるからといって態度を変える人と付き合う必要はないです。

自分から辞めることを伝えるのが怖い、即日に会社の人に会わずに会社を辞めたいという方は、退職代行を利用するのも一つの手です。
退職代行とは?

退職代行とは、会社への退職の申し出や連絡、交渉などを代行してもらえるサービスなので、仕事を辞めたいけれど怖くて言いえないという方におすすめです。

また、退職代行の交渉によって、即日に会社に行かずに退職手続きを済ませることも可能です。

就業規則で「退職日の1ヶ月前に申し出ること」としている企業も多く、退職ができるのは1ヶ月後もしくは労働基準法627条で定められている2週間後となります。

しかし、退職代行の交渉によって会社の合意を得ることや、有給休暇を使用することで即日で退職することができます

退職の代理・交渉が法律で認められている合同労働組合が運営する、【退職代行ガーディアン】なら、安心して依頼することができますよ!
\まずは 無料相談をしてみよう!

人手不足の会社を今辞めないとどうなる?

人手不足の会社にこのまま居続けても状況は悪くなる一方で、「あの時に辞めておけば良かった」と思うでしょう。

人手不足の会社を辞めるべき理由は主に3つあります。

人手不足の会社を辞めるべき理由
  • 悪循環が続く
  • 辞めにくくなる
  • 転職ができなくなる

人手不足の会社を辞めるべき理由1:悪循環が続く

そもそも、人手不足の原因は、以下の二つがあります。

  • 会社の経営状況が悪く、人材採用や人件費にコストをかけられない
  • 労働環境が悪く、採用してもすぐに辞める

人材を採用するための求人広告や社員への人件費にコストをかけることができないため、良い人材を採用できません

その上、労働環境を良くするための取り組みを行う余裕がないため採用してもすぐに人が辞めていきます

このように、人手不足は悪循環が続き、会社の方針を変えない限り、人手不足は解消できません。このまま人手不足の会社に居続けても、回復する見込みは少ないでしょう。

人手不足の会社を辞めるべき理由2:辞めにくくなる

周りの人が辞めていく中で自分だけが残っていくと、新人に教育できる人や責任のある仕事を任せられる人があなただけになり、今よりも辞めにくい状況になる可能性が高いです。

そうなると益々責任を感じるようになり、「自分が辞めたら次がいない」「新人が育つまで待てない」と思い、辞められないでいるうちに身体を壊してしまうかもしれません。

辞めたいと感じているなら、周りにことは気にせずきっぱりと辞めると伝えましょう。

人手不足の会社を辞めるべき理由3:転職ができなくなる

実は、年齢を重ねるごとに転職の難易度は高くなっていくんです。

なぜなら、企業は成長が期待できる若い人材を採用する、もしくは即戦力となれる人材を採用するため、未経験の仕事で採用してもらうのが難しいからです。

また、年齢が高くなるにつれて、家族を養わないといけない、生活水準を下げたくないという気持ちが強くなり、年収を下げることが難しくなってしまい、条件がマッチする会社は絞られてきます。

今の会社で汎用的なスキルが身に付くというのでない限り、30代後半や40代、50代で転職をしても、今の年収以上で採用してもらうのは難しいでしょう。

年齢を重ねるごとに転職が難しくなっていくので、今の会社を辞めたいと感じているならなるべく早く行動を起こすことをおすすめします。

人手不足の会社を辞めるまでの流れ

退職代行を使わない場合の会社を辞めるまでの流れは以下のようになります。

  1. 具体的な退職日を決める
    (2ヶ月半〜3ヶ月後がベスト※繁忙期は避ける)
  2. 転職エージェントに登録する
    (2〜3社に登録するのがおすすめ!)
  3. 求人に応募する
    (やりたいこと、希望の条件にマッチする求人を紹介してもらい応募する)
  4. 書類選考・面接を受ける
    (転職エージェントに添削や面接対策をサポートしてもらいましょう)
  5. 上司に退職届を提出する
    (上司にアポを取って話す時間を設けてもらう)
  6. 仕事の引き継ぎをする
    (退職日までの期間に仕事の引き継ぎを済ませる)

それぞれの手順について具体的に解説します。

1:具体的な退職日を決める

転職の覚悟をきめるためにも、まずは具体的な退職日を決めましょう。

転職活動にはだいたい平均1ヶ月〜3ヶ月かかります。

ほとんどの企業では退職を申し出てから1ヶ月後に退職することができるので、退職日は2ヶ月後〜4ヶ月後ぐらいを目標にしておくのがベストです

ただし、退職届を提出してから退職日までの日数は企業によって異なるため、就業規則を確認しておきましょう。

2:転職エージェントに登録する

マッチする求人をたくさん見つけることや、信頼できる担当者に出会うためにも、転職エージェントは2〜3社に登録しておくのがおすすめです!

おすすめの転職エージェント
\まずは 無料相談をしてみよう!

3:求人に応募する

転職で後悔しないために、以下のポイントをチェックしてみてください!
求人を選ぶ際にチェックすべきポイント
  • 基本情報(企業理念、設立年度、従業員数、所在地など)
  • どんなサービスを提供しているか
  • 仕事の内容
  • 給与
  • 休暇・休業制度・福利厚生
  • 残業時間
  • 転勤の有無

4:書類選考・面接を受ける

転職の選考では、書類選考(履歴書・職務経歴書を提出)→一次面接→(二次面接)→最終面接となります。

履歴書・職務経歴書の作成や面接対策も転職エージェントがサポートしてくれますよ!

職務経歴書はツールを使って作成しよう!

dodaに無料登録すると、スマホ・PCでガイドに沿って入力するだけで簡単に職務経歴書を作成できるツール”レジュメビルダー”が使えるので、試してみてください!

dodaのレジュメビルダー

無料登録してレジュメビルダーを使ってみよう!

5:上司に退職届を提出する

上司に具体的な退職日を伝えた上で、退職届を提出しましょう。

無料・スマホで退職届を作成できるサイトやアプリがあるので使ってみてください。

上司に「引き継ぎできる社員を採用するまで待ってほしい」「給料を上げるから残ってほしい」と引き止められるかもしれませんが、応じなくても問題ないです。

人手不足が解消できないような会社であれば、人を採用しても定着しなかったり、給料を上げるからと口約束をしても、結局給料を上げられるほどの資金力がなくて有耶無耶にされる可能性が高いです。

ずるずると退職日を先延ばしにしてしまわないためにも、「入社日を転職先に伝えているので無理です」「年収条件だけが退職理由ではないので結構です」と伝えるといいでしょう。

6:引き継ぎをする

退職するとはいえ、お世話になった会社なので、退職日までに引き継ぎはしっかり行いましょう。

円満退社するためには、次の担当者にマニュアルを作成したり、業務ができるようになるまでサポートしたり、取引先への挨拶をし、後任の紹介もしておくと良いでしょう。

仕事を辞めたいなら、転職エージェントに相談しよう!

この記事では、仕事を辞めたいのに人手不足だから怖くて言えない…という方に向けて、仕事を辞めたいのに言えない原因と対処法、辞めるまでの具体的な流れについて解説しました。

人手不足で忙しいのに辞めるのは気が引ける…と感じていても、結局自分が辞められずに辛い思いをしてしまうのはあなたのためにはなりません。

辞めたいと感じているなら、長期的に考えても早く転職を考えるべきでしょう。

転職活動を始めるなら、まずは転職エージェントに相談してみましょう!

相談することで転職活動に向けて、一歩踏み出すことができますよ!

おすすめの転職エージェント
\まずは 無料相談をしてみよう!