調理師の平均年収はいくら?|現役調理師が解説!

調理師の平均年収はいくら?|現役調理師が解説!のアイキャッチ画像

  • 調理師の平均年収ってどれくらい?
  • 調理師の求人はどんな特徴があるの? 
橋本淳/調理師
橋本淳/調理師

この記事では、調理師として働く筆者が調理師の平均年収や求人の特徴について解説します。

この記事を書いたのは
プロフィール背景画像
プロフィール画像

橋本淳

1999年~2007年に瀬戸内料理の老舗企業にて調理師として調理部門に従事。2001年に調理師免許、2005年にふぐ調理師免許を取得。2007年に創業50年以上の老舗イタリアンに転職し、調理業務を行う。2010年にスーシェフに昇進。2010年に創業72年の老舗やきとり屋店を経営する企業に入社し、2022年総料理長に就任。現在に至る。運営ブログ:料理人の食宅

調理師の平均年収

調理師の仕事で気になるのは年収ではないでしょうか?

カカクコムが運営している求人検索サイト「求人ボックス」が公表している調理師の平均年収は約336万円でした。

調理師の平均年収のデータ
画像引用:求人ボックス給料ナビ|調理師の仕事の年収・時給・給料

国税庁の公式サイトによると、令和3年度の日本の平均年収443万円(男性:545万円/女性:302万円)であることから、調理師の年収は水準よりも低い傾向です。

また、年代別での年収では45歳〜49歳の年収が381万円と一番高く、次いで40〜44歳の377万円と続きます。

年代別の調理師の平均年収
画像引用:求人ボックス給料ナビ|調理師の仕事の年収・時給・給料
橋本淳/調理師
橋本淳/調理師

所感ではありますが、45歳〜49歳での年収が381万円は思っていたよりも低いです。また、日本の平均年収が443万円ですから、調理師の給料が低い事は明確です。

しかし、現在は飲食業界全体が賃金上昇を意識しており、求人には入社初月から30万円スタートという会社も増えてきました。

また、調理師の年収を上げるための一番効果的な方法は「昇進」です。

橋本淳/調理師
橋本淳/調理師

料理長やシェフ、副料理長やスーシェフなどの責任職に就くことで、年収も比例して上昇しますので、調理師としての収入を増やすのであれば、昇進を目指して行動していきましょう。

調理師の役職による給与の変化

給与は、従事する企業や役職の有無でも変わってきます。

例えば厨房のマネージメントを担う料理長候補の平均基本給が336,930円です。(参考:Indeed 日本での料理長候補の平均給与企業によっては料理長就任後の基本給が40万〜50万円前後に上昇するところもあります。

日本での料理長候補の平均給与のデータ
画像引用元:Indeed 日本での料理長候補の平均給与

求人の募集内容を見ていきましょう。

調理師の求人の募集内容の特徴

募集内容で多いのは厨房内での作業業務。

具体的には、調理や盛り付け、洗い物や仕込み要員といった感じが多いです。

なかにはマネージャーや料理長候補の募集も見受けられますが、経験値の高い人材が求められます。

橋本淳/調理師
橋本淳/調理師

役職者の仕事内容は、調理作業に加えてシフト作成やメニュー開発などが加わります。

調理師で今より年収が高いところに転職したいと思っている方は、転職エージェントに相談してみるのがおすすめです!

次は調理師におすすめの転職エージェントを紹介します。

調理師におすすめの転職エージェント

調理師におすすめの転職エージェント

調理師を目指したい人におすすめの転職エージェント1:フーズラボエージェント

フーズラボエージェント

フーズラボエージェントの公式HPの画像

フーズラボエージェントは、外食産業、飲食業界特化の転職支援サービスです。

外食・飲食業界の転職市場は、求人が多くてわからなかったり、実際はどうなっているんだろう?といった悩みがあるかもしれません。

フーズラボエージェントでは、業界に精通したキャリアアドバイザーが悩みを解消し、希望にマッチした求人を紹介してくれます。

  • 外食・飲食業界で経験・知識が豊富なコンサルタントにサポートしてもらいたい
  • オンラインで転職の相談や面接をしたい
求人数求人数:50,000件以上
※2022年7月時点
エリア全国
メリット
  • 外食・飲食業界の求人が豊富!
    • 年間20,000名を超える転職相談実績あり
    • 様々な地域・職種の中からピッタリな求人を紹介!
  • 外食・飲食業界の中でも成長意欲の高い上位2割の優良企業を紹介
    • 飲食店の中でも、伸び続けている・安定した経営を行っている企業を紹介!

無料相談してみよう!

調理師を目指したい人におすすめの転職エージェント2:アイティーケー

アイティーケー

アイティーケー

アイティーケーは、飲食業界専門の無料転職支援サービスです。

全国の飲食店の求人を保有しており、未経験から応募できる求人から経験者向けの求人まで幅広く保有しています。

飲食業界専門のコンサルタントが担当してくれ、業界の詳しい情報を教えてもらえるので未経験の方でも安心です。

  • 飲食・外食産業に詳しいコンサルタントにサポートしてほしい
  • 飲食店での業務経験者
特徴飲食業界に特化した転職エージェント
エリア全国
メリット
  • 飲食業界に特化した転職エージェント!
    • 店長やエリアマネージャーなどの求人も豊富
    • 飲食業界専門のコンサルタントが担当してくれるので、業界の詳しい情報を教えてもらえる

無料相談してみよう!

調理師を目指したい人におすすめの転職エージェント3:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント画像

リクルートエージェントは転職支援実績が豊富な転職エージェントです。

飲食業界の求人が9,903件以上あるので、豊富な求人の中から条件にマッチする求人を紹介してほしい人におすすめです。

また、飲食業界の転職支援実績も豊富なので、過去の選考データの提供や企業ごとの選考対策も手厚くサポートしてもらえます。

  • 豊富な求人の中から自分に合ったものを紹介してほしい
  • スピーディに転職活動をサポートしてほしい
求人数飲食業界:9,903
※2022年7月時点
エリア全国
メリット
  • 転職支援実績が豊富!
    • 転職市場に精通したコンサルタントがキャリアプランを提案してくれる!
  • 企業ごとの選考対策をしてくれる!
  • 言い出しづらい年収や条件の交渉もしてもらえる!

まずは無料相談してみよう!

調理師の転職には転職エージェントを活用しよう!

この記事では、調理師として働く筆者が調理師の平均年収や求人の特徴について解説しました。

調理師で今より年収が高いところに転職したいと思っている方は、以下の転職エージェントに相談してみるのがおすすめです!

調理師におすすめの転職エージェント

まずは、飲食業界の求人が豊富で飲食業界に詳しいコンサルタントがサポートしてくれるフーズラボエージェントに登録しましょう!

無料相談はこちら!

他にもおすすめの転職エージェントを知りたい方はこちら

あわせて読む:飲食業界に強い転職エージェントおすすめ6選