経営幹部に強い転職エージェントおすすめ7選

経営幹部に強い転職エージェントおすすめ7選のアイキャッチ画像

  • 経営幹部に強い転職エージェントは?
  • 経営幹部に転職するにはどうすればいいの?

と思っていませんか?

結論から言うと、経営幹部の求人は非公開であるため、経営幹部の転職に強い転職エージェントを複数社活用するのがおすすめです。

そこで、この記事では経営幹部に強い転職エージェント7選を紹介します。

転職エージェントの紹介に加えて、キャリアコンサルタントの筆者が経営幹部の転職活動のポイントについて解説するので最後まで読んでみてください。

この記事を書いたのは
プロフィール背景画像
プロフィール画像

五十嵐美貴

キャリアカウンセラー歴13年:2級キャリア・コンサルティング技能士(国家資格)、キャリアコンサルタント(国家資格)、CDA(キャリアディベロップメントアドバイザー)。高校生から中高年までの幅広い年齢層の就職・転職支援、相談業務に従事。高校や大学での面接指導、職業訓練校や就労移行支援事業所での講師兼キャリアコンサルタント、就職・転職フェアでの相談コーナーにて、求職者を支援。

当サイトは、有料職業紹介(許可番号:13-ユ315371)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社かけるが運営しています。

経営幹部に強い転職エージェントおすすめ7選

おすすめの転職エージェント

ユニコーン・パートナーズ管理職から経営幹部への転職にも!

JAC Recruitment経営幹部の転職に強い!

ランスタッドIT業界、ライフサイエンス業界、消費財・製造業に強い!

コトラ金融業界・経営幹部・管理系のプロフェッショナルに強い!

アサイン|20代・30代でベンチャーCxOへの転職を考えているなら!

エンワールド・ジャパン外資企業・日系グローバル企業に強い!

アクシスコンサルティングコンサル出身者の転職支援に強い!

経営幹部に強い転職エージェント1:ユニコーン・パートナーズ

ユニコーン・パートナーズの公式HP

ユニコーン・パートナーズは、経営幹部・次世代の経営幹部に特化した転職エージェントです。

経営幹部の方だけでなく、経営幹部候補となる若手優秀層の両方を支援しているため、経営幹部を目指したい方、管理職から経営幹部へ転職したい方にもおすすめです。

大手企業からPEファンドやベンチャーキャピタル、成長中のスタートアップ企業まで幅広く取引があるため、候補者に合う転職先を幅広く提案しています。

ユニコーン・パートナーズは、企業とのコネクションが強く、企業がどんな課題を抱えているのか、どんな人が働いているのかといった詳細な情報を提供できる点が強みです。

また、1人のコンサルタントが担当する企業や求職者を絞っており、対面での面談や面接同席など、ひと手間加えたきめ細やかなサポートを行なっていることも特徴です。

すぐに転職を考えていなくても、キャリアの壁打ちをすることで今後のキャリアの方向性が見えてくるので、まずは相談してみてください。

こんな人におすすめ・事業部長や執行役員から役員に転職したい
・まずはどんな選択肢があるのか知りたい
・すぐに転職は考えていないけれど、キャリアについての壁打ちがしたい
特徴経営幹部・次世代の経営幹部に特化した転職エージェント
運営会社株式会社ユニコーン・パートナーズ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-307800
おすすめポイント
  • PEファンド投資先や年収2000万円前後のCxO求人多数!
  • 企業から直接得た詳細な情報を提供
  • 対面での面談を通してコンサルタントが感じたあなたの良さや人柄を企業に伝えてくれる
  • 面接に同席してくれるので、的確なフィードバックが受けられる

公式サイトはこちら

ユニコーン・パートナーズにインタビュー

HRtable編集部
HRtable 編集部

ユニコーン・パートナーズのコンサルタントの加藤さんと仲さんに、ユニコーン・パートナーズの特徴、転職支援の強みについてインタビューを行ったので、あわせて読んでみてください!

PEファンド投資先や年収2000万円前後のCxO求人多数保有!ユニコーン・パートナーズの独自のコネクションとは?のアイキャッチ画像

あわせて読む:PEファンド投資先や年収2000万円前後のCxO求人多数保有!ユニコーン・パートナーズの独自のコネクションとは?

経営幹部に強い転職エージェント2:JACリクルートメント

JACリクルートメントの公式HPの画像

JACリクルートメントは、管理職クラス、外資系企業、海外進出企業などハイクラス層の転職支援に強い転職エージェントです。

JACリクルートメントを経営幹部におすすめする理由は、若手向けの転職サイトや一般的な転職エージェントには掲載されていない、非公開求人を多数保有しているためです。

経営幹部クラスの求人は、戦略上重要なポジションが多くなるため、一部の転職エージェントやヘッドハンターにのみ求人を依頼していることが多いです。JACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラスの転職に特化しているため、経営幹部の求人が集まりやすくなっています。

ハイクラス・ミドルクラスの転職において、6年連続でオリコン顧客満足度No.1を獲得しています。(※2019年〜2024年 オリコン顧客満足度調査 ハイクラス・ミドルクラス転職 第一位

JAC Recruitmentの転職コンサルタントは、専門的な相談にも応じられるように、業界担当制を採用しています。 業界出身の転職コンサルタントも多く在籍しており、業種・職種に関する詳しい知識を活かした転職サポートができる体制を整えています。

年収800万円〜1500万円以上の求人を中心に扱っているため、転職による年収アップやキャリアアップについて相談したい方におすすめです。

特徴ハイクラス向け転職エージェン
こんな人におすすめ・40代の年収アップ・キャリアップについて相談したい
・専門職や管理職・経営幹部の転職を相談したい
エリア全国
運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-010227
メリット
  • 年収800万円以上の求人が豊富!
  • ハイクラス・ミドルクラスのオリコン顧客満足度No.1!

無料相談してみよう!

ジェイエイシーリクルートメントの良い口コミ

経験や方向性を踏まえて求人の提案をしていただけた印象でした。 知識や企業のことも深く知っている方が多く感じました。 選考前に対策もしてくれ、当たり障りない問答ではなくて、自分の足りていないところを気づかせていただき結果も無事に内定をいただくことが出来て感謝しております。

(引用元:株式会社ジェイエイシーリクルートメントのクチコミ

3人のエージェントの方にお世話になり、3人とも信念をもって対応して下さる、非常に信頼できる方でした。それぞれ担当の企業を最大限アピールするものの、最終的に押し付けたりすることはなく、私にとって納得のいく転職になるようチーム全員でサポート頂きました。 低い評価も多く見られ、大手のため所謂「アタリハズレ」は避けられないのかもしれませんが、私はここで転職のサポートを頂けて幸運だったと思います。

(引用元:株式会社ジェイエイシーリクルートメントのクチコミ

ジェイエイシーリクルートメントの悪い口コミ

•分業制なので担当営業のごり押しがキツい人がいる。 •逆に企業担当者が企業を理解していない、スタートアップなどは連携不足がある。 •求人票と選考フローが違っている点がある。 スキルに自信があれば、まあまあ良い気がしました。

(引用元:株式会社ジェイエイシーリクルートメントのクチコミ

経営幹部に強い転職エージェント3:ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、年収800万円以上の求人を常時2,500件以上保有している、ハイクラス求人に強い転職エージェントです。

オランダに本社を構える会社が運営しており、世界39の国と地域に拠点があるため、特に外資系企業やグローバル企業に強みを持っています。

IT業界・ライフサイエンス業界・消費財・製造業など、国内大手企業や外資系企業、海外進出企業など10,000社以上の求人取扱実績があります。

ランスタッドのキャリアアドバイザーは、製造、コンシューマー、IT、ライフサイエンス、サプライチェーン、管理理門など各分野の専門性を持ち、英語、中国語など多言語対応可能なコンサルタントも多く在籍しています。

経営幹部の転職支援実績が豊富で、業界に精通したコンサルタントがサポートしてくれるのでまずは無料相談してみてください。

特徴年収800万円以上のハイクラス求人に強い
こんな人におすすめ・IT業界・ライフサイエンス業界・消費財・製造業のエグゼクティブ求人を探したい
・国内大手・外資系企業・海外進出企業へ転職したい
対応業界・職種IT業界・ライフサイエンス業界・消費財・製造業
営業・管理部門・経営/管理職・ライフサイエンス・エンジニア・マーケティング・サプライチェーン・コンサルタント・クリエイティブ・サービス
エリア北海道・東北エリア(北海道、岩手、山形、宮城、福島)
北関東・甲信越エリア(栃木、群馬、茨城、長野、山梨)
関西エリア(大阪・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)
東海エリア(静岡、愛知、三重、岐阜)
中国・四国エリア(広島、岡山、山口、愛媛、香川)
九州エリア(福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島)
運営会社ランスタッド株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-010554
おすすめポイント
  • IT業界・ライフサイエンス業界・消費財・製造業のエグゼクティブ求人に強い!
  • 年収800万円以上の求人が常時2500件以上!
  • 世界を舞台にした60年以上の実績がある!

無料相談してみよう!

経営幹部に強い転職エージェント4:コトラ

コトラは、年収800万円以上の求人を中心に扱う、ハイクラス向けの転職エージェントです。

大手商社、大手製造業、上場企業、ベンチャー企業、ファンド投資先企業など、約2000社の事業会社と取引があります。

金融・コンサル・経営企画・IT・製造業など幅広い業種の求人を扱っており、各業界に精通したコンサルタントが役員経験を活かせる求人を提案します。

また、コトラの経営幹部・役員の担当コンサルタントには、ベンチャーキャピタル投資先でのマネジメントや、経営戦略・経営企画部門での経験を持つ方が在籍しています。役員の業務を把握しているため、経験を活かしやすい転職先を紹介してくれます。

業界の最新情報や企業の今後の方針などの情報提供や、わかりやすく魅力的な職務経歴書を書くためのアドバイスや企業のカルチャーや面接官の特徴を踏まえた上で面接アドバイスを行います。

ハイクラスの転職支援実績が豊富なので、役員経験者や経営幹部の転職におすすめです。

こんな人におすすめ財務や経営企画に転職したい
特徴経営幹部・管理系に強い転職エージェント
対応業界・職種金融・コンサルティング・不動産・会計・管理部門・IT・製造業
営業・広告宣伝
エリア東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・大阪・福岡・海外
運営会社株式会社コトラ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-010833
厚生労働省 職業紹介優良事業者 第2102007(03)号
おすすめポイント
  • 各業界のプロフェッショナルがサポート!
    • 各業界出身のコンサルタントが在籍
    • 業界の最新情報や企業の今後の方針など詳しい情報が得られる
  • コンサルタントが選考対策までしっかりサポート!
    • わかりやすく魅力的な職務経歴書を書くためのアドバイスや企業のカルチャーや面接官の特徴を踏まえた上で面接アドバイスをしてくれる!

無料相談してみよう!

コトラで経営幹部に転職した人の口コミ

30代男性
30代男性

経営企画やCFOポジションでの転職を検討している中で、以前からコンタクトのあったコトラのご担当者に、PEファンドの投資先ポジションをご紹介いただきました。

(中略)

採用企業の株主であるPEファンドが主導する採用プロセスは、非常に工夫が凝らされた内容でしたが、PEファンド投資先の採用プロセスに詳しいコトラのご担当者からは、その都度有益なご助言をいただきました。また、採用プロセスに関するご助言のみならず、私自身のキャリアに関する示唆に富むお話をいただいたり、他の候補企業の採用プロセスと並行する中でのスケジューリングなど、常に寄り添って親身になってご対応いただきました。

(引用元:コトラ公式HP

コトラにインタビュー!

HRtable編集部
HRtable編集部

HRtable編集部が、コトラのキャリアアドバイザーである加賀さんにコトラのハイクラス向けのサポートの強みについて取材させていただきました!

コトラのサポートの強みを知りたい方は、以下の記事もあわせて読んでみてください。

コトラへのインタビュー記事のアイキャッチ画像

業界のプロフェッショナルがハイクラス転職をサポート!コトラの転職支援内容とは?|株式会社コトラ

経営幹部に強い転職エージェント5:アサイン

アサインの公式画像

アサインは、20代・30代の若手ハイキャリア層の転職支援に特化した転職エージェントです。営業・ITエンジニア・コンサル業界への転職に強みを持っています。

初回の面談では求人の紹介をせず、経験、将来像、ライフプランに合わせてキャリアプラン・企業を提案してくれるため、転職先の希望が決まっていない方やすぐには転職を考えていない人にもおすすめです。

大量に求人を紹介されることはなく、丁寧にヒアリングした上で厳選した数社を紹介してくれる点も好評です。

アサインのエージェントは、企業と求職者の双方と直接やりとりをしているため、選考基準や入社後の業務、キャリアパスを熟知しています。そのため、経験やキャリアプランに合った求人の紹介から企業選びに役立つ情報提供が可能です。

また、面接対策は納得いくまで複数回行っており、インタビューなど企業ごとに選考対策を手厚くサポートしてくれます。

そのため、求人の紹介から選考対策まで手厚くサポートしてもらいたい方におすすめです。

こんな人におすすめ・キャリアプランの相談にのってもらいたい
・納得いくまで何度も面接対策をしてもらいたい
エリア全国
運営会社株式会社アサイン
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-308560
おすすめポイント
  • 優秀なエージェントがサポート
    • コンサル・有名企業出身者がサポート!
    • 各業界での経験に基づいたアドバイスがもらえる!
  • 長期的なキャリア設計をサポート
    • 初回の面談では求人の紹介をせず、経験、将来像、ライフプランに合わせてキャリアプラン・企業を提案してくれる
  • 徹底した選考対策サポートをしてくれるため、内定獲得率が高い
    • オーダーメイドの選考対策資料を作成してくれる
    • 業界・企業の分析レポートを作成してくれる
    • 複数回の模擬面談を実施してくれる

無料相談してみよう!

アサインのCM

HRtable編集部
HRtable 編集部

アサインはテレビCMでもお馴染みの、若手ハイエンド層に特化した転職エージェントです。

経営幹部に強い転職エージェント6:エンワールド・ジャパン

エンワールドの公式画像

エンワールドは、外資・日系グローバル企業に特化した転職エージェントです。

ビジネスレベル以上の英語力を持った方向けの、外資系・日系グローバル企業の経営幹部、管理職、スペシャリスト職などのハイクラス求人を中心に扱っています。

利用者は、20代後半から50代と幅広く、外資・日系グローバル企業に詳しいアドバイザーが、多数の外資・日系グローバル企業の中から経験を活かせる転職先を紹介してくれます。

メーカー、建設、IT、金融、営業など幅広い業界・職種の求人を扱っているため、エンワールドに相談することによって、経験を活かせるキャリアの選択肢が広がります。

また、年収800万円〜2000万円以上の求人を多数扱っているため、年収アップやキャリアアップについて相談したい方におすすめです。

特徴外資・日系グローバル企業に特化
こんな人におすすめ・外資・日系グローバル企業への転職を相談したい
・年収アップ、キャリアアップについて相談したい
対象業界・職種業界:金融・コンサルティング・小売/消費財/ラグジュアリー・IT・製造業・医療・製薬
職種:経理・人事・総務・法務・サプライチェーンマネジメント
エリア全国
(各地拠点またはオンライン)
運営会社株式会社エンワールド・ジャパン
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-010605
おすすめポイント
  • 外資・日経グローバル企業の求人が豊富!
    • グローバルに活躍したい人におすすめ!
  • 年収800万円以上の求人が豊富
    • キャリアアップ・年収アップを相談できる

まずは無料相談してみよう!

エンワールドの良い口コミ

初の転職活動でご縁を頂きました。内資から外資へ、また希望した企業への転職を果たせたのもエンワールド社のエージェントの方のおかげです。
他社では知り得なかった求人を積極的に教えていただき、数多くの機会を創出していただきました。面接対策から退職交渉のフォローまで密に連携していただき、常に寄り添っていただき心から感謝しております。
転職希望の人に積極的におすすめしたいです。

(引用元:エンワールド・ジャパン株式会社のクチコミ

年齢等を鑑みて厳しいかもとも考えたが、思った以上にすんなりと進んだ。何よりも、キャリアを十分に評価、表現していただき、魅力的な案件をいくつも紹介いただいた点を評価したいです。
自分に合ったところへの転職を目指すにはとてもいい会社だと思いました。
担当者が担当者ごとに独自の案件を持っていらっしゃるところもまた評価できます。

(引用元:エンワールド・ジャパン株式会社のクチコミ

エンワールドの悪い口コミ

親身に向き合ってくれる良いエージェントの方もいるものの、カジュアル面談と一次面接の区別が付いていない方がいたり、こちらの要望を全て聞き流してある求人に応募するよう説き伏せる気満々の方がいたりとハズレも多め。世の中には優れた転職エージェントサービスがいくらでもあるので、わざわざ玉石混交のここを使う必要性はないと感じた。

(引用元:エンワールド・ジャパン株式会社のクチコミ

経営幹部に強い転職エージェント7:アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは、コンサル転職&ポストコンサル転職に強い転職エージェントです。

ファーム to ファーム、コンサルから事業会社、未経験からコンサルなど多様なキャリアパスの支援を行なっています。

各ファームのパートナー、事業会社のCxOに定期的に来社してもらっており、新組織立ち上げ等の情報交換を行なっているため、最新の採用動向もキャッチアップしています。そのため、採用ニーズに合わせた書類・面談対策が可能です。

コンサルタントの転職といえばアクシスコンサルティングと言ってもいいほど登録しておいて間違いのない転職エージェントです。

特徴コンサル・IT人材に強い転職エージェント
こんな人におすすめ・コンサルファームの情報に詳しいエージェントを選びたい
・実績が豊富で安心して利用できる転職エージェントを選びたい
求人数非公開
※2024年5月21日時点
対応業界・職種コンサルティング・監査法人・PEファンド・IT・金融・製造
経営幹部・事業企画・コンサルタント
対応エリア東京・名古屋・大阪・福岡
運営会社アクシスコンサルティング株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-010759
2023年3月に東証グロース市場に上場(参考
おすすめポイント
  • コンサルの転職に強い
    • 外資系・IT企業のハイクラス求人が豊富
  • コンサルファームごとの選考対策をしてくれる
    • コンサルティングファームの転職支援実績が豊富で企業毎の採用動向・ニーズに合わせた選考対策が可能
    • 未経験からコンサル業界の転職に強い

アクシスコンサルティングは、ファーム to ファーム、コンサルから事業会社、未経験からコンサルの転職支援実績が豊富なので、まず登録しておいて間違いないでしょう。

まずは無料相談してみよう!

アクシスコンサルティングの紹介企業

アクシスコンサルティングでは、BCG、アクセンチュア、デロイト、PwCなど有名ファームの紹介実績があります。

アクシスコンサルティングの良い口コミ

コンサル未経験でしたが、コンサル転職に強いと有名なアクシスコンサルティングさんにご相談しました。驚いたのはコンサル業界への深い理解と知識です。一見似たり寄ったりなコンサルティング業界ですが、違いやキャリアの幅を含めて丁寧にお話ししてくださいました。総合系ファームに行くことにしましたが、ベンチャーファームも面白そうでしたので、また3年後くらいにお世話になろうかと思います。

(引用元:株式会社アクシスコンサルティングのクチコミ

アクシスコンサルティングの悪い口コミ

履歴書職務経歴書をお送りした所、紹介できる案件はないと言われました。Agentで登録さえ見送られたことは初めてで大変驚きました。

(引用元:株式会社アクシスコンサルティングのクチコミ

HRtable編集部
HRtable 編集部

経営幹部に強い転職エージェントの紹介は以上です。

次は、目的別のおすすめの転職エージェントを紹介するので、選ぶ際の参考にしてみてください。

【目的で選ぶ】経営幹部に強い転職エージェント

ここでは、経営幹部に強い転職エージェントを以下の3つの目的別に紹介します。

HRtable編集部
HRtable 編集部

転職エージェントには、それぞれ得意な領域があります。

どんな方の転職支援に強いか、どんな求人を持っているかが異なるため、目的に合わせて選んでみてください!

経営幹部未経験の方におすすめの転職エージェント

経営幹部未経験の方におすすめなのは、ユニコーン・パートナーズアクシスコンサルティングです。

ユニコーン・パートナーズは、執行役員や部長クラスから経営幹部への転職、アクシスコンサルティングはコンサルから経営幹部への転職に強みを持っているからです。

経営幹部としての経験はなくても、これまでの経験を活かして経営幹部にチャレンジできる求人の紹介、選考対策の壁打ちを行ってくれます。

両者とも、大手事業会社からベンチャー企業、PEファンド投資先など、多様な求人を保有しているため、未経験からチャレンジできる経営幹部求人を探すならおすすめです。

経営幹部経験者におすすめの転職エージェント

経営幹部経験者には、大手ハイクラスエージェントであるコトラJAC Recruitmentがおすすめです。

なぜなら、上記の2社はハイクラス層の転職支援に特化しているからです。多くの経営幹部の方が利用しているため、経営幹部の転職支援実績が豊富です。

経営幹部ならではの転職活動のポイントや進め方のアドバイスがもらえるので、以上の2社のような経営幹部層の転職支援に特化した転職エージェントを利用することをおすすめします。

外資系企業を希望する方におすすめの転職エージェント

外資系企業の経営幹部への転職を希望する方には、エンワールド・ジャパンランスタッドJAC Recruitmentがおすすめです。

上記の3社は外資系企業の求人を多数保有しているからです。エンワールド・ジャパンは外資系企業・日系グローバル企業に特化しており、ランスタッドは世界39の国と地域に4,600以上の拠点を持っています。JAC Recruitmentは、アジア・欧米圏に拠点があります。

そのため、外資系企業のネットワークを持っています。特に経営幹部の求人の場合、実績のある数社のエージェントに絞って求人募集を行うため、一般的な転職エージェントでは求人が少ない可能性が高いです。

外資系企業のネットワークを持っている転職エージェントを利用することで、より多くの求人に出会えます。

また、外資系企業は国によって社風やカルチャーが異なるため、外資系企業に詳しい転職エージェントに相談することで詳細な情報を得ることができます。

経営幹部の転職に転職エージェントを活用するメリット

経営幹部の転職に転職エージェントを活用するメリット1:非公開求人の紹介が受けられる

経営幹部の求人は、公に募集していることは少なく、匿名で求人募集をかけていたり、懇意にしている転職エージェントにのみ紹介を依頼していることが多いです。

そのため、転職エージェントを利用することによって、より多くの求人を見つけることができます。

経営幹部の転職に転職エージェントを活用するメリット2:スキルがマッチする求人を厳選してくれる

経営幹部の転職先選びでは、企業が求めるものや企業が解決した課題と、候補者の経験やスキルがマッチし、即戦力として活躍できるかが重要となります。

転職エージェントは、企業から募集背景や具体的にどんな方を求めているか詳細に把握しているため、スキルマッチ度が高い求人を厳選して紹介してくれます。

求人選びの手間を省けるのも転職エージェントを利用するメリットの一つです。

経営幹部の転職に転職エージェントを活用するメリット3:条件交渉を行なってくれる

転職エージェントでは、年収や条件面での交渉も行なってくれます。

経営幹部の方は現職の年収が高く、希望に合う転職先が見つかっても年収が下がることで躊躇してしまうケースがあります。

しかし、転職エージェントの交渉次第で年収を上げることも可能です。

自分からは言い出しにくい条件交渉も、企業とのコネクションがあるエージェントに相談すれば多少融通を利かせてもらえることもあります。

経営幹部の転職活動の3つのコツ

エクゼクティブ層の転職活動のコツ

経営幹部の転職活動のコツ1:貢献度をアピールできるように準備する

エグゼクティブ層の採用は、新規事業の立ち上げ、将来の後継者候補、経営の立て直しなどの目的から行われる場合が多いため、エグゼクティブ層には即戦力としてマネジメントスキル、専門分野のスキル、経営スキルなどの手腕の発揮が求められます。従って、これまでの経験、実績、成果が重要視されます。

加えて、「企業文化やビジョン、経営方針、今後目指す方向性との相性」「社長以下経営層や部下となる社員との相性」も見極められます。

五十嵐美貴 / キャリアコンサルタント
五十嵐美貴 / キャリアコンサルタント

そこで、これまでの経験、実績、成果などのキャリアの棚卸し、自己分析、転職の目的、価値観などを深掘りして言語化し、職務経歴書や面接で企業側にあなたの貢献度をアピールできるように準備することが重要です。

経営幹部の転職活動のコツ2:複数の転職支援サービスを活用する

経営幹部の採用は企業の経営戦略に関わるだけに、競合他社に知られないためにも求人は極秘に行われることがほとんどでしょう。求人自体が少ないこともあり、単独で求人情報を集めることは至難の業です。

そのため、エグゼクティブ向けの転職エージェントやスカウト型の転職サイトなどを複数併用するといいでしょう。

これらを利用することによって応募書類の添削や面接対策サポートも受けられ、非公開求人の中から希望条件と合う企業を紹介してもらえますし、企業情報収集にも有益です。

五十嵐美貴 / キャリアコンサルタント
五十嵐美貴 / キャリアコンサルタント

また、気になる企業には、エージェントを通じて企業との「カジュアル面談」を設定してもらい、社風や経営理念などとのマッチ度の確認に役立てるのも一案です。

経営幹部の転職活動のコツ3:希望条件に優先順位をつける

経営幹部クラスの転職では、報酬、役職の責任と権限、仕事内容、労働時間、福利厚生など企業側から提示されている条件や、企業の将来性、社風、企業理念、企業規模などと、あなたの求める条件や価値観とのすり合わせをすることが重要です。

その上で、絶対に譲れないもの、ある程度妥協してもいいものを明確にし、優先順位をつけるといいでしょう。

経験と実績を重ね、その貢献度に見合ったポストや高収入を得てくると、相手企業に求める条件も高くなりがちですが、あれもこれも満たそうとこだわりが多くなるほど転職のハードルは高くなり、なかなか採用に至らない可能性があります。

五十嵐美貴 / キャリアコンサルタント
五十嵐美貴 / キャリアコンサルタント

ときにはこだわりを捨てて、柔軟性も持たせることが転職成功への近道になることでしょう。

経営幹部の転職活動のスケジュール、進め方

経営幹部の転職となれば、企業側が求める能力、経験、人物像もハイレベルになるため求人自体が少ないうえに、エグゼクティブ層の要望も当然高くなるため、お互いが満足する出会いに至るまでは容易ではありません。

従って、企業側も求職者側もお互いに慎重に吟味するため、通常の転職以上に採用までは時間を要する場合が少なくありません。

また、企業にとっては経営に携わる重要なポジションのため、本人の同意を得た上でリファレンスチェックを行う場合もあります。

入社した場合は、上司が社長だったり、同僚が役員の場合があることから、面接は最初から経営トップ層と行われる可能性があります

五十嵐美貴 / キャリアコンサルタント
五十嵐美貴 / キャリアコンサルタント

面接に加えて、お互いをよく知り合うために会食もセッティングされるケースも多いようです。

経営幹部の転職エージェントの活用のポイント

経営幹部の転職エージェントの活用のポイント1:キャリアの棚卸をしておく

転職エージェントに経験を詳細に伝えることで、よりスキルマッチ度が高い求人の紹介を受けることができます。

そのため、転職エージェントの面談前にキャリアの棚卸しをしておくことが重要となります。

特に経営幹部層の方はたくさんの経験があるため、事前に職務経歴書を作成して面談前にエージェントの方に共有しておくとスムーズに進められます。

経営幹部の転職エージェントの活用のポイント2:事業の方向性・経営課題を教えてもらう

経営幹部の採用は、企業が抱える課題を解決するために行われるため、転職活動では、これまでの経験を活かしてその課題をどう解決できるのかアピールすることがポイントとなります。

そこで、転職エージェントから企業について詳しい情報を得ることが必要不可欠となります。

特に企業の経営層や人事責任者と密に連携をとっている転職エージェントでは、事業の方向性や経営課題など、求人票だけでは分からないことまでヒアリングしていることがあります。

転職エージェントからより詳細な情報を得ることで、選考対策がしやすくなり、選考の通過率も格段に上がります。

転職エージェントの使い方の流れ

転職エージェントの使い方の流れ1:面談の日程調整

電話で日程調整をしているイメージ画像

転職エージェントに登録後、面談の日程調整が行われます。

平日夜間や土日に面談を受け付けていることが多いため、在職中の方もご安心ください。

転職エージェントの使い方の流れ2:履歴書・職務経歴書の作成

応募書類を作成しているイメージ画像

転職エージェントの面談前か面談後に履歴書・職務経歴書をメールで提出します。

面談前に履歴書・職務経歴書を作成しておくと、担当者が経歴を把握しやすく、スムーズに進めることができます。

転職エージェントの使い方の流れ3:面談

転職エージェントと面談しているイメージ画像

面談では、経歴、転職理由、転職活動の状況、中長期のキャリアプラン、希望条件などについて話します。

面談前に経歴の棚卸や希望条件の優先順位などを決めておくといいでしょう。

転職エージェントの使い方の流れ4:求人応募

求人を選んでいるイメージ画像

面談でヒアリングした内容をもとに、転職エージェントの担当者が求人を紹介します。

経営幹部の転職の場合、スキルや条件がマッチする求人はかなり限られてくるため、紹介数が少ない傾向があります。

担当のエージェントから新しい求人が出たタイミングにも求人を送ってくれるため、定期的にメールをチェックするようにしましょう。また、複数社の転職エージェントに求人紹介を依頼しておくことで、より多くの求人の中から選ぶことができます。

すべての希望条件を満たす求人はほとんどないため、条件に優先順位を決めて、なるべく複数社の求人に応募することがポイントです。

書類選考の結果の連絡は1週間〜2週間程度で来るので待ちましょう。

転職エージェントの使い方の流れ5:面接の日程調整

日程調整のイメージ画像

書類選考に通過後、面接の候補日を2〜3ほど転職エージェントに提示し、日程調整を行います。

この際、転職エージェントとの模擬面接のスケジュールも空けておくといいでしょう。また、複数社の面接を予定している場合は、志望度が高い企業を優先的に受け、なるべく近い日程に設定するのがおすすめです。

なぜなら、内定承諾の期限が定めている企業が多いため、第一志望の会社の選考結果が出る前に別の会社から内定が出て、内定承諾するか辞退するか決めなければならなくなるからです。

内定承諾の提出期限は企業により様々ですが、1ヶ月以内としている企業もあれば、1週間以内、2週間以内としている企業もあります。

志望度が高い企業の面接日を早めに設定し、他の会社はなるべく期間を空けずに面接の日程を組むといいでしょう。

転職エージェントの使い方の流れ6:面接対策

面接日が決まったら、面接を受ける企業ごとに面接対策を行います。

転職エージェントは、企業がどんな人材を求めているのか詳細な情報や過去の面接でどんなことを聞かれたのか、といった情報を提供してくれます。

また、本番宛らの模擬面接を行ってくれ、話し方や表情、姿勢なども客観的に見て指摘してくれます。

転職エージェントの使い方の流れ7:面接

面接をしているイメージ画像

通常2〜3回面接が行われることが多く、経営幹部の場合は会食やカジュアル面談を行う企業もあります。

転職エージェントによっては、面接に同席することもあり、面接のフィードバックを受けることもできます。

転職エージェントの使い方の流れ8:内定・条件交渉

内定をもらって喜んでいるイメージ画像

面接に通過すると内定の連絡が来ます。オファー面談が行われることもあり、労働条件や入社意思のすり合わせを行います。

転職エージェントは、自分から言い出しづらい年収や条件面の交渉も行ってくれます。必ずしも希望が通るとは限りませんが、企業にとって魅力的な人材であれば調整してくれることもあります。

条件交渉をするためには、面接でしっかりと入社後活躍できることをアピールすること、複数社から内定を獲得することがポイントです。

経営幹部の転職に関するよくある質問Q&A

転職エージェントは複数登録・掛け持ちしてもいいですか?
転職エージェントは複数登録・掛け持ちしても問題ありません。それぞれの転職エージェントから希望条件に合う求人の紹介が受けられるので複数社の登録をおすすめします。ただし、多くの転職エージェントに登録しすぎると連絡の手間が増えたり重複応募してしまう可能性があるため、最終的には1〜2社に絞るのがおすすめです。
転職エージェントとの面談は何を話しますか?本音を伝えてもいいのでしょうか。
転職エージェントとの面談では、経歴や転職を考えている理由、転職先の希望について話します。希望に合う求人を紹介してもらうためにも、なるべく本音で話すことが重要です。
転職エージェントと相性が合わない時はどうすればいいでしょうか。
転職エージェントの担当者と相性が合わない場合は、別の担当者に変えてもらうようメールなどで伝えるといいでしょう。もしくは、他の転職エージェントの利用も検討してみてください。
転職エージェントにサポートを断られたときはどうすればいいでしょうか。
転職エージェントにサポートを断られる理由は、紹介できる求人がないからです。希望の求人に対して経験が不足している場合や、希望年収が高い、希望する勤務地の求人が少ないなどのケースが考えられます。そのため、希望条件を緩める、もしくは希望の求人に強い他の転職エージェントを利用してみてください。
転職エージェントとの面談はオンラインでも可能ですか?対面で行われますか?
転職エージェントによって異なりますが、ほとんどのエージェントではオンラインでの面談が可能です。近くに面談拠点があり、対面でのサポートを希望する場合は対面での面談も可能です。
転職エージェントとの面談では何を準備しておけばいいでしょうか。
転職エージェントにより異なりますが、履歴書・職務経歴書の準備、希望条件の整理をしておくとスムーズでしょう。
転職エージェントとの面談の服装は自由ですか。スーツを着た方がいいでしょうか。
転職エージェントとの面談は基本的に服装自由なので、私服でもスーツでも構いません。しかし、アパレル販売員で転職を考えている場合は、普段の服装で面談する方がキャリアアドバイザーの方にあなたの趣味や嗜好性を伝えやすく、あなたに合うブランドや企業を紹介してもらえるのでおすすめです。

経営幹部の転職には転職エージェントを活用しよう!

経営幹部に強いおすすめの転職エージェント、転職活動のコツ、進め方を紹介しました。

経営幹部の求人は非公開であるため、経営幹部クラスの転職に強い転職エージェントを複数社活用するのがおすすめです。

今回紹介した6社は、経営幹部の転職支援実績も豊富なので、無料相談してみてください!

おすすめの転職エージェント