ゲーム業界に未経験から転職するのは難しい?3つのコツを解説!

  • ゲーム業界に未経験から転職するのは難しいの?
  • 転職を成功させるにはどうすすればいい?

と思っていませんか?

近年、ゲーム業界への未経験者からの転職者は増加傾向にあるため、転職は無理ではありません。また、特殊な資格などを必要としない点で採用の間口は広いと言えます。

ゲーム業界について十分に研究をし、戦略的に転職に臨めば未経験者でも採用される可能性は高いでしょう。

この記事では、ゲーム業界への転職の3つのコツを解説するので、未経験からゲーム業界に転職したいという方はぜひ最後まで読んでみてください!
この記事を書いたのは

吉武 和哉

業界歴20年のゲームプランナー兼WEBライター。数多くのゲームタイトルの企画制作に携わり、現在は某有名IPの運営にプランナーとして参画。WEBライターとしても活動中で、これまでに培った経験や体験をもとにゲーム業界に関する様々なノウハウや最新情報などを発信中。

    ゲーム業界に未経験から転職するための3つのコツ

    ゲーム業界に未経験から転職するための3つのコツ

    ゲーム業界に未経験から転職するためのコツ1:志望動機を具体的に説明できるようにしておく

    コツの1つ目は、ゲーム業界への転職志望理由を具体的に説明できるようにしておくことです。

    例えば「ゲームが好きだから」だけでは志望理由として薄く、採用担当者の印象に残りません。

    自身が考えるゲーム業界で働くことの魅力や、ゲーム業界における今後の将来性、ゲーム業界でどう成長していくべきかというキャリアプランを明確に伝えられるようにしておきましょう。

    プレイしたゲーム名、プレイ時間、やり込みの度合いなどを具体的にアピールできると、「ゲームが好き」であることのことに理解されやすくなります。

    ゲーム業界に未経験から転職するためのコツ2:ゲーム業界のトレンド把握と研究をしておく

    コツの2つ目は、ゲーム業界についてのトレンド把握と研究をしていることです。

    ゲーム業界を志望するからには、業界把握と研究は必須です。この点が不足していると採用担当者との話が噛み合いません。

    今、人気があるゲームを5タイトルぐらいについては、開発会社名や自身の見解を述べられること、実際に数時間程度プレイしておくと良い印象をもたれやすくなるでしょう。

    ゲーム業界には専門用語がたくさんあります。特に売上分析などで必要となるKPIについてはDAU、ARPU、ARPPUなどの基本的なものがどんな指標であるかを勉強しておくことをおすすめします

    ゲーム業界に未経験から転職するためのコツ3:強みを具体的に説明できるようにする

    コツの3つ目は、前職の仕事の自身の強みを具体的に説明できることです。

    自分にとっては前職において自然にできることでも、業界が変わると「珍しいスキル」として評価されることが多いのです。

    一見、ゲームとは関係のなさそうな知識や経験も、ゲーム業界の人間にはそもそも発想できない物事の考え方である場合が多く、レバレッジの効いた新しいアイデアを生む土壌となります

    例えば、接客業であればどんなサービスがお客様に喜ばれたか、サービス業ではどんなサービスが売上を効果的に上げるかなどゲーム業界には無い提案が評価されます。

    ゲーム業界未経験者におすすめの職種

    ゲーム業界未経験者でも職種によって採用基準が異なります。前職での経験やスキルを活かせる職種を選ぶと転職がしやすいです。

    スキルに自信がないという方は、デバッガーとして1〜2年経験を積むのがおすすめです。なぜなら、未経験でも比較的採用されやすく、ゲーム業界未経験というポイントを最短でクリアできるので、ゲーム業界での転職もしやすくなるからです。

    デバッガーとしての経験を積みながら、デザインやプログラミングを学習し、デザイナーやプログラマーを目指すのも一つの手です。

    ゲームプランナープランナーは企画書や仕様書などを作成することが多いので、Officeソフト、チャットツールなどの習熟は必ず求められます。
    ゲームデザイナーデザイナーは商用デザインをなんらかの形で作成した経験が有利です。また、開発工程によって採用基準が変わるので、複数のデザインツールの使用経験があるとよいでしょう。
    ゲームプログラマープログラマーは各種プログラム言語習得に加え、UnityやUnreal Engineなどのゲーム開発ツールの理解度が重要視されます
    デバッガーデバッガーは多数のゲームプレイ経験と、小さなことでもこまめに連絡できる姿勢が求められます。

    いずれの職種でも、iOS、Androidの両機種の使用経験があることが望ましいです。
    HRtable編集部
    HRtable編集部

    ゲーム業界に職種や仕事内容について詳しく知りたい方は、以下の記事も合わせて読んでみてください!

    ゲーム業界未経験者におすすめのスクール

    ゲームプランナーやゲームデザイナー、ゲームプログラマーを目指す方は、スクールで学習するのもおすすめです。

    ゲーム業界での実務経験がなくても、ゲーム業界に役立つスキルを学習したり、学んだことを活かしてゲームを企画・制作してみることは十分アピールできるので、転職活動でも有利になりますよ!

    ゲーム業界未経験者におすすめのスクール1:テックスタジアム

    テックスタジアム

    テックスタジアムは、ゲーム業界に特化した学習サービスで、「Unityコース」や「3DCGコース」「エフェクトデザイナーコース」「ゲームプランナーコース」「AIコース」「VRコース」など、ゲーム業界に役立つスキルを学べます。

    99,000円〜とお手頃な価格で2ヶ月間オンラインで学習することができるので、専門学校には通う余裕のない社会人にもおすすめです。

    ゲーム業界未経験者は、ゲーム業界に役立つスキルを学習したことや、制作物をアピールできるだけでも、かなり評価され、転職でも有利になります。

    また、修了後にも無料で就職サポートを行ってくれ、就職が決まればお祝い金がもらえるのも嬉しいポイントです。

    おすすめポイント
    • ゲーム業界に役立つコースが充実!
      • ゲーム制作における実績的なスキルが身に付く
    • 修了後もしっかりサポートしてくれる
      • 無料で就職サポートが受けられる!
      • 就職が決まれば授業料全額返金!実質無料で受講できる
    • 99,000円〜とお手頃な価格で受講できる
    • オンラインだから好きなタイミングで学習できる
    \まずは 無料相談をしてみよう!

    TECH STUDIUM公式サイト

    ゲームプランナーやゲームデザイナー、ゲームプログラマーを目指したい人におすすめです!

    ゲーム業界未経験者におすすめのスクール2:テックアカデミー Unityコース

    テックアカデミー

    テックアカデミーのUnityコースは、Unityを学習し、最短4週間でゲームアプリを開発できるようになる講座です。

    現役エンジニアがマンツーマンでサポートしてくれ、4つのゲームを開発し、公開まで行うため、制作実績として転職活動でアピールすることが可能です。

    ゲーム業界未経験でも、ゲームの制作実績があることで選考の通過率が格段に上がりますよ!

    また、コース修了後には転職サポートも行ってくれます。テックアカデミーはプログラミングスクールの中でも知名度が高く、企業からの信頼も厚いため、コースを修了していることでプラスの評価になることがあるのもメリットの一つです。

    未経験からゲームプログラマーを目指したい方は、ぜひテックアカデミーのUnityコースを受講してみてください。

    \まずは 無料体験をしてみよう!

    テックアカデミー Unityコース

    【職種別】未経験から転職するためのポイント

    ゲームプランナーに未経験から転職するためのポイント

    ゲームプランナーに未経験から転職するためのポイント

    ゲームプランナーにゲーム業界未経験で転職できても、すぐにゲームの企画やレベルデザインを任されることはありません。基本的な書類や仕様書の作成や簡易なデータ入力をまかされるのが一般的です。

    これらをこなすには基本的なOfficeアプリ(Word、Excel、PowerPoint)や、Googleアプリ(Googleドキュメント、スプレッドシート)を一定レベルで使いこなせることが必須となります。

    特にExcelでは基礎的な関数などは使いこなせることが前提になりますので、できる限り事前に復習しておいたり、磨きをかけておくと自信を持って転職に臨めます。

    ExcelではVBA、GoogleアプリではGASなどが扱えるとプランナーとしての評価が高いですので勉強しておくことをおすすめします。
    ゲームプランナーに未経験からなる方法を知りたい方は…

    以下の記事で、ゲームプランナーになる3つの方法について解説しているので、合わせて読んでみてください!

    ゲームデザイナーに未経験から転職するためのポイント

    ゲーム業界未経験のデザイナーが求められるのは画力と計画性です。

    画力を認めてもらうにはポートフォリオを制作しておくことが必須です。pixivや各種SNSへの投稿歴があればそれを提示するのも良いでしょう。商用化された作品やホームページがあればなおさら強いアピールになります。

    また、それらのポートフォリオの制作に要する日数なども提示できると評価が上がります

    ここでの評価は「制作が速いこと」ではなく、「自身で制作時間を管理できていること」です。多少遅いようでも「この時間があれば仕上げられる」という基準を提示できるとディレクターはスケジュールを格段に設定しやすくなるためです。

    原画を任されるようになるには、少なくとも5年以上のキャリアを要します。しかし、キャリアを積んで原画担当できるようになると報酬の桁が変わります。

    ゲームプログラマーに未経験から転職するためのポイント

    ゲームプログラマーに未経験から転職する際のポイントは、ゲームでなくてもいいのでアプリやウェブサービスなどを自身で作成した経験を持っていることです。

    前職でプログラムしたものが商用利用されている場合は評価が格段に上がりますので積極的にアピールしましょう

    商用利用が無くても自身で制作したものがある場合はGitにアップロードして公開するのも高く評価されます。また、ゲーム開発にGitは欠かせませんので、その習熟度が評価されます。

    ゲーム業界でないと習得が難しいプログラミングなども多数存在します。自分で作ってみたいゲームの仕組みなどについてまとめておくと、採用担当者に良い印象を持たれます。

    デバッガーに未経験から転職するためのポイント

    デバッガーに採用される一番のポイントは「どれだけゲーム慣れ」しているかです。

    具体的にはキャラクターの成長のさせかた、効率のよいイベント周回のコツ、ガチャの種類などに馴染みがあるかということです。

    どんなゲームにも遊び方には共通しているルーチンがありますので、たくさんのゲームをプレイしたことがあると、自身の経験則としてゲーム上でのおかしな挙動、不可解な点に気づきやすくなるのです

    デバッグはある程度完成しているゲームのテストプレイがメインとなる場合と、開発中のバージョンチェックを都度行う場合があり、後者がよりゲーム開発現場に近い業務となります。将来を見越したキャリアプランを考えているのであれば後者のデバッグを選択することが望ましいです

    ゲーム業界未経験者が狙うべき会社

    ゲーム業界未経験者が狙うべき会社の特徴

    ゲーム業界で募集が多く出ているのは、従業員数が200人前後の中小ゲーム開発会社です。待遇面などを鑑みた上で、多くの企業にエントリーすることが採用への近道となります。

    その中でもおすすめは版権もののゲームを手掛けている会社です。

    漫画、アニメ、ライトノベルなど既に多くのファンを獲得している作品のゲームである場合、ある程度の売上げが見込め、業績が安定しているからです。

    開発中、運用中のどちらのフェーズででもこれらのタイトルに参画することができると、他のタイトルでは得られない貴重な経験を多く積むことができるでしょう。

    版権もののタイトルでの業務経験は、他のゲーム会社への転職時にて大いに評価されるポイントになります。
    HRtable編集部
    HRtable編集部

    未経験からゲーム業界に転職するには、転職エージェントを利用するのをおすすめします。

    ゲーム業界未経験者向けの求人を紹介してくれるだけでなく、選考書類の添削や面接対策を行ってくれるので、選考通過率が格段に上がりますよ!

    ゲーム業界未経験者におすすめの転職エージェント

    ゲーム業界未経験者におすすめの転職エージェント
    1. リクルートエージェント
      大手総合型転職エージェント!大手企業に強い!
    2. G-JOBエージェント
      正社員はもちろん、リモート、週3勤務、派遣・業務委託の求人が見つかる!
    3. doda
      いろんな業界の求人を紹介してもらい、選択肢を広げたい人におすすめ!

    ゲーム業界未経験者おすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントは、業界最大手の総合型転職エージェントです。

    ゲーム業界の求人も豊富なので未経験OKの求人が見つかりやすく、大手企業とのネットワークも強いので、大手・有名企業に転職したいという方におすすめです。

    また、他の業界の求人もまとめて紹介してもらえるので、選択肢を広げることができます。

    求人の特徴
     #総合型 #大手・有名企業
    こんな人におすすめ

    ・ゲーム業界の大手・有名企業に転職したい
    ・ゲーム業界以外の求人も紹介してほしい
    ・ゲーム業界未経験OKの求人を探したい

    求人数
    ゲーム業界:5,100件
    ※2022年4月時点
    対応エリア
    全国
    メリット
    • 業界最大手の総合型転職エージェント求人数が豊富
      • 大手とのネットワークが強い
      • 他の業界の求人も紹介してもらえる
      • 未経験OKの求人も見つかる

    リクルートエージェントは、業界最大手の総合型転職エージェントです。

    ゲーム業界の大手・有名企業に転職したい、いろんな業界の求人を紹介してほしいという方は無料相談に申し込んでみてください!

    \まずは 無料相談をしてみよう!

    ゲーム業界未経験者におすすめの転職エージェント2:G-JOBエージェント

    G-GOB-Agent

    G-JOBエージェントは、ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

    正社員求人はもちろん、派遣、業務委託もあり、非公開求人も含めると求人数は3,400件上と業界トップレベルの求人数を保有しています。

    ゲーム業界未経験の方は、まずは派遣や契約社員としてゲーム業界での経験を積むのも一つの手です。ゲーム業界での経験があるかないかでも転職のしやすさが変わってくるので、1〜2年間派遣や契約社員で働き、正社員登用もしくは転職を目指すのもおすすめです。

    G-JOBエージェントでは、ゲーム業界の知識が豊富なエージェントがサポートしてくれるため、業界について詳しい情報を教えてもらえますよ!

    求人の特徴
     #ゲーム業界 #正社員 #派遣 #業務委託
    こんな人におすすめ

    ・ゲーム業界の求人を探したい
    ・業務形態に関わらずいろんな求人を探したい
    ・未経験からゲーム業界に転職したい

    求人数
    公開求人:約800件、3,400件以上(非公開含む)
    ※2022年4月時点
    対応エリア
    全国
    メリット
    • ゲーム業界の正社員・派遣・業務委託の求人が1,300件以上
      • 未経験からゲーム業界に転職したい、派遣から始めたいという人におすすめ
      • フリーランス・副業の案件を探したいといった方におすすめ
    • ゲーム業界転職における信頼できる転職エージェントNo.1!
      • ゲーム業界の知識が豊富なエージェントがサポートしてくれる

    G-Jobエージェントは、多様な雇用形態の求人があり、ゲーム業界の求人数がトップレベルです。

    ゲーム業界のいろんな求人を探したいという方は登録してみてください!

    \まずは 無料相談をしてみよう!

    G-Jobエージェントに無料相談してみる

    ゲーム業界未経験者におすすめの転職エージェント3:doda

    dodaHP

    dodaは、転職者満足度No.1の大手総合型転職エージェントで、ゲーム業界の求人や他の業界の求人を紹介してもらえます。

    レジュメ作成ツールやや企業からスカウトが届くスカウト機能などがあるので、まずは無料登録してみてください。

    求人の特徴
     #総合型 #大手・優良企業
    こんな人におすすめ

    ・ゲーム業界の大手・優良企業に転職したい
    ・ゲーム業界以外の求人も紹介してほしい

    求人数
    ゲーム業界:1,375件
    ※2022年4月時点
    対応エリア
    全国
    メリット
    • 大手・優良企業の求人が豊富選択肢を広げることができる
    • 便利な機能やイベントがある登録しておくと企業からスカウトが届く
      • 気軽に参加できるセミナーがある

    dodaは、転職者満足度No,1で、サポートが手厚いと好評です!

    登録するとレジュメ作成ツールやスカウト機能が使えるので、無料登録してみてください!

    \まずは 無料相談をしてみよう!

    ゲーム業界に強い転職エージェントをもっと知りたいという方は、以下の記事も合わせて読んでみてください!

    ゲーム業界に未経験から転職するまでの手順

    自己分析
    自己分析

    まず、なぜゲーム業界に転職したいのか、どんなゲームの開発・運営に携わりたいのか、どんなキャリアを目指したいのか、どんなスキルを転職後に活かせるかなど、自己分析をしてみましょう。

    自己分析をしっかりしておくことで、転職先選びの軸や企業へのアピールポイントが明確になり、企業選び・選考対策などがスムーズにできますよ!

    一人での自己分析が不安な方は…

    一人での自己分析に限界を感じている、客観的な意見をもらいたいという方は、【マジキャリ】のキャリアコーチングを受けてみるのがおすすめです!

    プロがあなたの強みや価値観を引き出して、自己分析やキャリア設計をサポートしてくれるので、選考でのアピールの仕方や今後のキャリアプランが明確になりますよ!

    無料相談を受けるだけでも有益なアドバイスがもらえるので、まずは体験してみてください!

    \まずは 無料相談をしてみよう!
    求人選び
    求人選び

    転職サイトでの検索や転職エージェントによる紹介で求人を探します。気になった求人を3〜10社ほど選んで応募するのがおすすめです

    求人を選ぶ際は求人票や企業のコーポレートサイトから以下の情報をチェックしておきましょう!

    求人選びでチェックすべきポイント
    • 希望の職種・業務内容
    • 事業内容(コンシューマーゲーム、スマホゲーム、RPGゲームなど)
    • 会社の種類・規模(デベロッパー、パブリッシャー、大手、ベンチャーなど)
    • 制作実績
    • 勤務地(自宅から〇〇分以内、転勤の有無など)
    • 勤務時間・制度(残業時間〇〇時間以内、在宅勤務OKなど)
    選考書類の作成・応募
    転職活動の手順3:応募

    応募する企業が決まったら、履歴書や職務経歴書、企画書やポートフォリオなど、選考に必要な書類を作成します。

    それぞれの求人内容に合わせて志望動機や自己PRを考えて履歴書や職務経歴書を書きましょう。

    転職エージェント経由で応募する際は、担当者に添削してもらい、企業が採用したい!と思うような内容に仕上げることで書類選考の通過率が上がりますよ!

    ゲーム業界の志望動機・自己PRのポイントを知りたい!例文を参考にしたいという方は、以下の記事も合わせて読んでみてください!

    面接
    転職活動の手順4:面接

    書類選考に通過したら、面接を受けます。通常、一次面接、二次面接、最終面接と3回行われます

    転職エージェント経由で応募する場合、担当者が本番さながらの模擬面接をしてくれたり、面接対策資料をもらえるので、活用するのがポイントです!

    想定される質問に対する回答を考えておくと、当日に落ち着いて答えることができますよ!

    ゲームプランナーの転職面接で考えておくべき質問例
    • 志望動機
    • 自己PR
    • 現職・前職での経験
    • 入社後成し遂げたいこと
    • 好きなゲーム
    • 応募先企業のゲームをプレイしたことがあるか
    内定
    転職活動の手順5:内定

    面接を通過したら、企業から内定の連絡がきます。

    ゲーム業界に未経験から転職する人へのアドバイス

    ゲーム業界はデジタル産業の中でも花形といえる魅力的な業界で、今後の成長も期待されています。

    腰を据えてじっくりとキャリアを積めばそれだけ高い評価と報酬を得ることも可能です。チャレンジしがいのある業界ですので、ゲームが好きであれば迷わず飛び込んでることをおすすめします

    他の業界でも通用するような高度なPCスキルが身につく点にも注目です。

    ゲーム業界に転職するなら、転職エージェントを活用するのがおすすめです!以下の記事でゲーム業界に強い転職エージェントを紹介しているので、あわせて読んでみてください!