【例文付き】営業から事務職への転職理由・志望動機の答え方

【例文付き】営業から事務職への転職理由・志望動機の答え方のアイキャッチ画像

  • 面接で営業から事務職への転職理由や志望動機を聞かれたらどう答えればいいの?
  • 例文を参考に転職理由・志望動機の回答を考えたい

と思っていませんか?

橋本めぐみ/キャリアコンサルタント
橋本めぐみ/キャリアコンサルタント

この記事では、キャリアコンサルタントとして事務職への転職支援経験を持つ筆者が、営業職から事務職への転職理由・志望動機の答え方を例文付きで解説します。

この記事を書いたのは
プロフィール背景画像
プロフィール画像

橋本めぐみ

外資系航空会社・IT企業・不動産会社の事務を経て、キャリアコンサルタントとして17年間活動。 人材会社(大手独立系数社、電機メーカー)・独立行政法人・私立大学10校以上で大学生・大学院生(私立大学10校)・若年層(既卒者)・社会人(20代~60代)の就職・転職相談を経験。営業、IT、製造、販売、ホテル・ブライダル・飲食など幅広い領域の転職支援に携わる。さらに、2018年より家業である都内の理容サロンの経営を行っており、身だしなみも含めた支援も行う。 ■保有資格:JCDA認定 CDA(キャリアディベロップメントアドバイザー) 、国家資格キャリアコンサルタント

事務職に転職するなら…

土日祝休みの事務職求人を探したい方は20代の事務職への転職に特化した転職エージェントミラキャリに相談してみましょう!

ミラキャリは、4万件以上の豊富な求人の中からあなたにぴったりの求人を紹介や履歴書・職務経歴書の作成、面接対策まで丁寧にサポートしてもらえますよ。

未経験から事務職への転職成功確率を高める志望動機や自己PRの伝え方をアドバイスしてもらえるので、まずは無料相談してみましょう!

無料Zoom相談の予約はこちら

あわせて読む:事務職に強い転職エージェントおすすめ10選|求人数・特徴を徹底比較 

当サイトは、有料職業紹介(許可番号:13-ユ315371)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社かけるが運営しています。

営業から事務への転職理由の面接での答え方のポイント

営業から事務への転職理由の面接での答え方のポイントを説明する画像

転職理由の面接での答え方のポイント1:不満要素を伝えない

営業職は必ずノルマや数字への耐性が求められるため、ノルマや体力的・精神的負担を理由に事務職に転職したいと考える方が多い傾向がありますが、そのまま転職理由を伝えることはお勧めしません。

営業から事務職への転職理由では、自分は顧客のニーズに応えるためにどう努力し行動したかを伝え、事務職に立場を変えることで営業目線を理解している人材として活躍できることを強調します。

お客様やエンドユーザーの考えや想いを理解できているからこそ、現実的なサポートができる事を転職理由として伝えてみてください。

橋本めぐみ/キャリアコンサルタント
橋本めぐみ/キャリアコンサルタント

企業に理解して欲しい気持ちはあると思いますが、不満要素が強く伝わってしまうと、継続が難しい印象になりかねませんので、面接では前向きな発言で答えていくことを意識してください。

転職理由の面接での答え方のポイント2:ポジティブに変えて答える

面接における転職理由は、誠実に事実を伝えなくてはなりません。だたし、ネガティブな回答は避け、ポジティブ要素を取り入れて答えていきます。

例えば、「仕事を教えてくれず毎日同じことの繰り返しで成長実感が持てなかった」事が転職理由だった場合、そのまま答えると他責な印象を与えます。

行動や努力する必要があり、周囲と関係性を構築するべきだった反省点を伝え、今後はそのような状況を自分が作りださないように意識する事を伝えます。

転職理由の面接での答え方のポイント3:転職理由と志望動機をつなげる

転職理由は、シンプルに事実を答えるよりも、企業への志望動機に繋げて話すと志望度の高さや意欲に繋がります。

キャリアアップや環境を変えたい場合、転職理由を伝えてから業界の志望理由で方向性を明確にし、その中で感じた会社の魅力を段階的に伝えます。

橋本めぐみ/キャリアコンサルタント
橋本めぐみ/キャリアコンサルタント

入社後は、今までの経験を活かす事や知識を積極的に習得していく成長意欲を伝えていきましょう。

営業から事務職への転職理由の例文

例文

営業職で培った迅速な対応力と計画的に行動する力は、事務職の現場でも活かせると自負しています。実際、事務の方がスピーディな対応をしてくださることで、関わる職種の方々の生産性が上がっている現場を見たことがあり、私自身も助けられた場面も多くありました。計画的かつ迅速な対応力は、社内外の事務業務で発揮できると思い転職を決意しました。

ポイント

以上の例文のように、営業経験としての強みと、事務の方を近くで見ていて感じたことをつなげることで、事務職への興味と挑戦する意欲を同時に伝えられます。

橋本めぐみ/キャリアコンサルタント
橋本めぐみ/キャリアコンサルタント

よく「興味がある」「魅力がある」というワードを使う方がいらっしゃいますが、事務職の何に興味があるのか・何に魅力を感じるかが伝わりづらいため、きっかけや体験を強みとつなげて書くと良いと思います。

営業から事務職への志望動機の書き方・答え方の3つのポイント

事務職への志望動機の書き方・答え方の3つのポイントを説明する画像

営業から事務職への志望動機の書き方・答え方のポイント1:なぜ事務職に就きたいのか

志望動機は、「事務職だったら早く帰れるし自分の生活スタイルに合う」などの自分目線で書いたり伝えたりするものではありません。

事務職を通して職場のサポート的存在として自ら取り組む力を鍛えたい、良好な人間関係の構築力を養いたいなど、「なぜ事務職なのか」の理由を伝える事が大切です。

橋本めぐみ/キャリアコンサルタント
橋本めぐみ/キャリアコンサルタント

企業は会社で力を発揮してくれると思える人材を採用し投資しますので、どこでもいい・早く帰れるなどの気持ちが見え隠れしては動機になりません。

営業から事務職への志望動機の書き方・答え方のポイント2:その企業の事務職として何を叶えたいか

どの企業にも事務職は存在していますが、時代と共に変化しています。DXの導入により簡易的な業務が改善できるようにするため、事務作業の効率化に力を入れていると思います。

そのような背景の会社で、対人業務の営業職から事務職に挑戦するためには、自ら学ぼうとする行動力と責任を持って業務を完遂する姿勢が必要です。

その企業の事務職として何が得られ、自分は何を叶えていきたいかを伝える事で、挑戦する意味を理解してもらえます。

営業から事務職への志望動機の書き方・答え方のポイント3:なぜその企業で働きたいのか

事務職に関わらず志望動機に必要なのが、「なぜこの企業なのか」という理由です。これは新入社員でも中途社員でも必要なワードになります。

面接で志望動機を聞く際には、「自社とマッチしているか」「入社後に意欲的に仕事に取り組んでくれるか」をみています。

そのため、企業研究として業界内の立ち位置や取引先の特性・扱っている製品・強みである事業などについて調べておく必要があります。

橋本めぐみ/キャリアコンサルタント
橋本めぐみ/キャリアコンサルタント

派遣社員や業務委託は業務を提供する事で対価を企業から頂くため、この企業で働きたいという理由は注目されにくいですが、正社員での転職の場合は企業への志望理由は必要です。

営業から事務職への志望動機のポイント・例文

例文

私は事務職を通してパイプ役の存在になる事を叶えていきたいです。貴社(御社)であれば様々な部署間とのやり取りも多いことから、営業で培った対話力が活かせると思います。部署内に留まることなくやり取りができる環境は、私にとって最適な就業環境であり、事務業務を進める上で成長できると感じています。

ポイント

以上の例文のように、事務職として入社後どう行動・成長したいかを想像した上で応募した事を伝えます。

「叶える」というワードは行動や成長を想像できるため、何を叶えたいかを明確に伝えてみましょう

また、他部署とのやり取りがあるというような、業務上のオペレーションの特徴を掴んで伝える事で、行動できる部分が見えてきます。そのため、求人情報をしっかりと見て特徴を掴んでみることが大切です。

HRtable編集部
HRtable 編集部

面接対策が不安な方は、無料で求人の紹介から書類選考、面接の対策を行ってくれる転職エージェントを活用するのがおすすめです!

転職エージェントでは、自分では気づいていない強みを引き出し、企業にうまくアピールする方法をアドバイスしてくれますよ!

営業職からの事務職への転職におすすめの転職エージェント4選

HRtable編集部
HRtable編集部

営業職からの事務職に転職をするなら、以下の4つの転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントによって保有する求人は異なり、業界や職種、地域や属性などによって強み・弱みもあるので、複数社の転職エージェントに相談するのがおすすめです

営業職から事務職に転職するならおすすめの転職エージェント

営業職から事務職への転職におすすめ転職エージェント1:ミラキャリ

ミラキャリ

ミラキャリの公式画像

ミラキャリは、事務職への転職を考える20代向けの転職エージェントです。

4万件以上の求人から土日祝休みや残業少なめなど、希望に合わせた職場を厳選して紹介してもらえます。また、転職活動から入社後の悩みまでアドバイザーに無料相談することもできます。

書類準備や面接においても対策を一緒に練ってもらえるなど、事務職未経験の方へのサポートも充実しています。
未経験から事務職を検討している20代の方にはまず登録してみることをおすすめします!

こんな人におすすめ・土日祝休みの事務職へ転職したい
・経験豊富なキャリアアドバイザーに転職相談したい
求人数4万件以上(※2024年1月時点)
特徴20代の事務職へのキャリアチェンジに強い
エリア北海道、宮城県
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
愛知県、静岡県
大阪府、兵庫県、京都府
福岡県
メリット
  • 事務職へのキャリアチェンジ求人を多数保有
  • 経験豊富なアドバイザーによる転職サポートを受けられる
    • 職務経歴書・履歴書などの書類作成サポート、 独自に分析した企業情報の提供等の転職サポートをしてくれる
  • 最短で2週間で内定することも!

無料Zoom相談してみよう!

営業職から事務職への転職におすすめ転職エージェント2:アデコ

アデコ

アデコの公式HP画像

アデコは、37年の人財ビジネスの実績があり、事務職を中心とした派遣事業も運営しているため、事務職の求人情報が豊富です。

事務職や営業職、サービス、IT系の転職に強く、専任のコンサルタントが丁寧にヒアリングし、希望の仕事や働き方に合わせた求人を提案してくれます。

また、職場環境や制度など、企業HPや求人票だけでは分からない情報も伝えてくれるので、安心して転職先を選ぶことができます。

特徴事務・営業・サービス・ITに強い!
こんな人におすすめオフィスワークへの転職を検討している方
ワークライフバランスをとりやすい仕事を紹介してもらいたい
事務職の求人数354件
※2023年10月2日時点でサイト上に公開されている求人数
エリア全国
メリット
  • 事務職の求人情報が豊富
    • 37年の人財ビジネスの実績を持つアデコが運営
    • 女性ならではの転職先選びや転職活動のアドバイスがもらえる!
  • 職場環境や制度など詳しい情報を提供してくれる

無料相談はこちら!

アデコの求人の特徴

HRtable編集部
HRtable編集部

アデコは事務職を中心に一般事務から専門事務、営業、サービスIT系の求人を保有しています。

特に事務職の求人に強く、未経験歓迎の求人も見つかりますよ!

アデコが事務職を中心とした多様な職種の求人を保有していることを説明する画像

営業職から事務職への転職におすすめ転職エージェント3:えーかおキャリア

えーかおキャリア

えーかおキャリア

えーかおキャリアは、20代のフリーターや第二新卒の転職支援に特化した転職エージェントです。

未経験OK、学歴不問で応募できる求人を保有しているため、未経験から事務職への転職におすすめです。

専任のアドバイザーがマンツーマンで親身になってサポートしてくれるため、転職活動に不安を感じている方でも安心して利用できます。

特徴20代のフリーター・既卒・第二新卒特化
こんな人におすすめ・専任のカウンセラーがマンツーマンサポート
・安定して働ける職場を見つけたい
エリア関東・関西中心
メリット
  • 専任のカウンセラーがマンツーマンサポート
    • マッチする社風と職場環境を考慮し、企業を紹介してくれる
    • カウンセリングを通じて応募書類対策、 面接対策など幅広く就職・転職活動を徹底サポート

無料相談はこちら!

えーかおキャリアの口コミ

えーかおキャリア利用者
えーかおキャリア利用者

離職後、事務職希望で他のエージェントと関わってきましたがなかなか決まらず不安をかかえてましたが●●さんの明るい対応や丁寧なサポートのおかげで自分の将来性を改めて考え直すことができ、無事内定をもらえました。このまま職が決まらなかったらどうしようと不安でしたが蓮本さんに頼って良かったです。ありがとうございます。

(引用元:20代の就職/転職支援 えーかおキャリアのクチコミ

えーかおキャリアの口コミをチェックしたい方はこちら!

あわせて読む:えーかおキャリアの口コミ

あわせて読む:えーかおキャリアの評判・利用者の体験談を紹介!

営業職から事務職への転職におすすめ転職エージェント4:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材業界大手のリクルートが運営する転職エージェントです。

求人数・転職支援実績が豊富で、企業の職場環境や社風などの詳しい情報、過去の選考情報などを提供してくれます。

たくさんの求人を紹介してくれるため、豊富な求人の中から自分に合った求人を選びたい方におすすめです。

  • いろんな求人の中から自分に合ったものを紹介してほしい
  • 幅広い業界・職種の求人を紹介してほしい
求人数各種事務・受付・秘書の求人:12,229件
※2023年10月2日時点でサイト上に公開されている求人数
エリア全国
メリット
  • 転職実績が豊富!
  • 経験豊富なアドバイザーによるスピーディーなサポートが受けられる
    • 職務経歴書・履歴書などの書類の添削、 独自に分析した業界・企業情報の提供、 志望企業への推薦など様々な転職サポートをしてくれる

無料相談してみよう!

リクルートエージェントの利用者の口コミ

30代前半女性
30代前半女性

希望職種が「事務職」だったので、そもそもリクナビ・doda・マイナビでの検索を行っていた。この3社ともに「事務職」での求人は多かったものの、dodaは経歴が大手経験者でないと受からなさそうな求人内容であった。マイナビは、提案なども多くきたものの無関係なものもあり、自分の希望とはマッチしなかった。その点、リクナビはベンチャー企業上がりの私でもマッチする大手企業・中小企業の求人が多くあったため、応募がしやすかった。かつ希望した内容でのDMも送ってくれていたため、検索もしやすかった。ただメッセージの量が多かった点・大手企業より中小企業が多いので希望年収が未達になる点については、ちょっと難点ではあった。

「事務職」事務職自体の求人はかなり多かった。一般事務は少ない気がしたが、経理事務や営業事務の数は多かった気がする。ただ年収については、希望よりも低い求人の方が多かった気がするが、その分休みが多かったり、残業が少ない傾向がある気がする。

(引用元:HRtable独自のアンケートより)※HRtableが実施したアンケートの一部を掲載しています。

27歳女性
27歳女性

インターネットで未経験OKの事務職を探していたところリクルートエージェントの求人に魅力的な案件をいくつか見つけ、転職エージェントに登録するに至りました。

20代後半で事務職に未経験からチャレンジすることについて、もう遅いかな、ちゃんとできるかなという不安がありました。

魅力的なお仕事に応募してもきっと受からないと不安でいっぱいになった時もありましたが、転職エージェントから何度もお電話をいただき、お仕事の紹介や面接で通りやすいポイント、アピールできる点を相談させていただいたりたくさんアドバイスをいただきました。結果的に自分で納得のいく転職ができ、本当に心強かったと感謝しております。

(引用元:HRtable独自のアンケートより)※HRtableが実施したアンケートの一部を掲載しています。

リクルートエージェントの口コミをチェックしたい方はこちら!

あわせて読む:リクルートエージェントの口コミ

HRtable編集部
HRtable 編集部

今回紹介した4社以外にも、業界や職種、属性などに特化した転職エージェントもあります。以下の記事でまとめて紹介しているので読んでみてください。

例文をもとに営業職から事務職への転職理由・志望動機を考えてみよう!

この記事では、営業職から事務職への転職理由・志望動機の答え方を例文付きで解説しました。

志望動機を履歴書に書く際や面接で転職理由・志望動機を答える際には、以下のようなポイントがあります。

転職理由・志望動機のポイント

転職理由のポイント

  • 不満要素を伝えない
  • ポジティブに変えて答える
  • 転職理由と志望動機をつなげる

志望動機のポイント

  • なぜ事務職に就きたいのか伝える
  • その企業の事務職として何を叶えたいか伝える
  • なぜこの企業で働きたいのかを伝える
HRtable編集部
HRtable 編集部

転職エージェントを活用すれば、面接で想定される質問への回答方法のアドバイスなど転職活動をサポートしてくれるため、ぜひ活用してみてください。

以下の記事で事務職に強い転職エージェントを紹介しているのであわせて読んでみてください。

あわせて読む:事務職に強い転職エージェントおすすめ10選|求人数・特徴を徹底比較