接客業に向いてない…辞めたい!|おすすめの転職先・異業種への転職方法

接客業・サービス業に向いてない...辞めたい!|おすすめの転職先・異業種への転職方法

接客業に向いてない、辞めたいと考えていて、

  • 接客業を辞めてどんな仕事、職場に転職すべきなのか相談したい』
  • 『具体的な転職先や転職方法を知りたい』

と悩んでいませんか?

結論から言うと、接客業に向いてないと思うなら、別業界または別職種への転職を考えるべきですよ!

別業界・別職種への転職は、同業界同職種の転職よりも転職の難易度が高いので、転職の知識や経験を持った人に相談するのがおすすめです。

この記事では、接客業を辞めたいと感じる理由7選と接客業以外のおすすめの職種を紹介するので、接客業を辞めたい人は読んでみてください。
接客業を辞めることを検討しているなら...

接客業を辞めたいと感じているなら、転職のプロに無料相談してみてください。

話すことで考えが整理できたり、接客業を辞めるべきか、客観的な意見をもらえますよ。

まずは、転職支援実績が豊富なリクルートエージェントに相談してみましょう!

\まずは 無料相談をしてみよう!

接客業に向いていない人の特徴

まず、接客業に向いていない人の特徴を紹介します。

どれぐらいあてはまるか確認することで、接客業を辞めるべきか整理できますよ!

  1. イライラが顔に出てしまう
  2. コミュニケーションが苦手
  3. ストレス耐性が低い

接客業に向いていない人の特徴1:イライラが顔に出てしまう

接客業では、お客さんに対して笑顔で接し、お客さんを第一に考えなければなりません。

しかし、お客さんに対するイライラが顔に出てしまい、向いていないと感じる方も多いのではないでしょうか。

仕事が忙しい時やお客さんから嫌な言動をとられた時は特に笑顔で居続けるのは難しいです。

イライラしながら仕事をしても楽しくないですし、もっと楽しく働ける環境があるかもしれないので、一度自分がどんな仕事をしたいのか、どんな環境なら気持ちよく働けるのか考えてみたり、相談してみましょう。

接客業に向いていない人の特徴2:コミュニケーションが苦手

接客業で求められるコミュニケーションには、初対面の人と老若男女問わず話せることや、顧客と信頼関係を構築し、リピーターを獲得することなどが求められます。

また、スタッフ同士でも密なコミュニケーションをとり、チームワークを発揮して業務が円滑に進められるようにしなければなりません。

なので、コミュニケーションが苦手な人は接客業に向いていないと言えるでしょう。

ただし、コミュニケーション能力はどんな仕事においても必要なので、どんな人とのコミュニケーションなら得意か考えてみると、自分に合った仕事が見つかりますよ!

接客業に向いていない人の特徴3:ストレス耐性が低い

接客業では、お客さんから理不尽な要求やクレームを受けることや、スタッフ同志の人間関係に悩むことも多いです。

誰しもそういった状況下ではストレスを感じますが、受け流せるかどうかや、ストレスを上手く解消できるかは人によって異なります。

ストレス耐性が低いと、気づかないうちに身体を壊してしまう方もいるので、1人で抱え込まずに誰かに相談したり、お休みをとったり転職をすることも考えてみてください

もちろん、接客業の中でも客層や提供するサービスによってはそういったストレスが少ない職場もあるので、職場を変えるだけで悩みが解決できるかもしれないので、そういった求人を探してみるといいでしょう。
向いている仕事がわからない方は...

向いてる仕事がわからない、という方は、リクナビNEXTの適職診断を受けてみるといいですよ!

無料登録し、3分程度の診断をすることで、あなたの価値観や性格に合った求人を絞り込むことができますよ!

\まずは 無料登録して診断してみよう!

リクナビNEXTに無料登録する

接客業・サービス業を辞めたい理由7選

次は、接客業を辞めたいと感じるよくある理由を紹介します。

辞めたいと感じる理由を明確にすることで、接客業を辞めるべきか客観的な視点で考えることができますよ!

よくある接客業に向いていない、辞めたいと感じる理由は以下の7つです。

  1. お客さんの態度にイライラする
  2. 職場の人間関係が面倒くさい
  3. 激務で疲れる
  4. 急な出勤・残業が多い
  5. 土日や祝日に休みが取れない
  6. 給料が安い
  7. 仕事の将来性がない

接客業を辞めたい理由1:お客さんの態度にイライラする

お客さんの態度にイライラする

接客業ではお客さんの態度にイライラすることも多いのではないでしょうか

仕事とはいえ人間なので、人のほんの些細な言動にイライラしてしまうのは当然です。

また、接客業では

  • 店内で騒ぐお客さんに注意をする
  • 理不尽なクレームへの対応をする

といったストレスのかかる仕事をしなければいけない場面もあります。

人に対してイライラすることの少ない、接客業以外の仕事を希望して転職する方も多いです。

接客業を辞めたい理由2:職場の人間関係が面倒くさい

人間関係が面倒くさい

接客業では、他の従業員と一緒に仕事をするため人間関係が面倒くさく、イライラすることや気疲れすることも多く、ストレスが溜まりやすいです。

仕事が忙しい時はピリピリとした雰囲気になったり、少しのミスがあるだけで冷たい態度を取られるといったこともあります。

また、仕事の合間や勤務時間外にも職場の人に対して気を遣わなければならないので人間関係が面倒です。

特に女性が多い職場では悪口や噂話をするお局様や派閥などがあり、人間関係の悩みを抱える方も多いです。

人間関係で辛い思いをしている、ストレスで身体を壊してしまいそうな時は、誰かに相談してみたり、転職することを考えてみましょう。

接客業を辞めたい理由3:激務で疲れる

ピークタイムや繁忙期などはお客さんの人数も多く、仕事が激務で疲れます

その上、接客業は人手不足であることが多く、仕事が忙しくてヘトヘトになって帰る方も多いでしょう。

さらに、長時間立ち仕事をすることで体力的にも疲れやすいです。

接客業は人手不足であることや立ち仕事であることから激務で疲れやすいです。

接客業を辞めたい理由4:急な出勤・残業が多い

接客業を辞めたい理由4:急な出勤・残業が多い

接客業では、人手不足であることやスタッフの欠勤や早退、シフトの変更なども多く、急な出勤や残業が発生しやすいです。

その上、上司や他のスタッフに気を遣うため、代行や残業への対応を断りづらいです。

接客業を辞めたい理由5:土日や祝日に休みが取れない

土日や祝日に休みが取れない

接客業では、土日祝日や早朝・深夜まで営業していることも多く、休みが不定期になりやすく、土日や祝日の休みや連休が取りにくいので辞めたいと感じる方も多いでしょう。

家族や友人と予定を合わせにくく、早朝や夜遅くまで仕事をすることで、生活リズムも狂いやすいです。

転職を検討するなら、休日や勤務時間もチェックするようにしましょう!

接客業を辞めたい理由6:給料が安い

接客の仕事は人手不足で仕事が忙しく、大変な仕事ですが、給料は他の職種と比べて安く、割りに合わないです。

さらに、接客業は他の業種と比べて給料が上がりづらい傾向があります。

厚生労働省による、令和2年賃金構造基本統計調査の結果は以下のようになっています。

接客業は特別なスキルが必要なく、簡単な仕事である反面、年収も上がり辛いです。

接客業を辞めたい理由7:仕事の将来性がない

仕事の将来性がない

接客業・サービス業の仕事は、ITや外国人人材に取って代わられやすく、将来性がないといえます。

接客の仕事は専門的な知識やスキルが必要ないため、他の業界や職種でも強みになるスキルが身に付かず、30代後半以降になると転職も難しくなってしまいます

給料も上がりづらく将来性もないので、接客業を辞めたいと思っているなら、なるべく早く転職することをおすすめします!
接客業を今すぐ辞めたい方へ

すぐに退職したいけれど、退職を言い出しにくい、契約上すぐに退職できない場合は、【退職代行ガーディアン】に相談してみましょう。

即日、職場に行くことなく退職することができますよ。

接客業に向いてない、辞めたいと思った時の対処法

接客業に向いてない、辞めたいと思った時の対処法
  1. 現職に残る
    • 担当業務を変えてもらう
  2. 別の接客業に転職する
    • 提供するサービス、客層を変える
    • 規模が大きい/小さい会社に転職する
    • 業界を変える
  3. 別の職種に転職する
    • 同業界の別職種に転職する
    • 未経験から始めやすい職種に転職する
    • 人手不足で採用ハードルが低い職種を狙う

接客業に向いてない、辞めたいと思った時の対処法1:現職に残る

現職に残る場合は、担当業務を変えてもらうなど、仕事内容や環境を変えられないか交渉してみるといいでしょう

例えば、飲食店の場合、ホールスタッフからキッチンスタッフに変えてもらったり、発注業務ややシフト管理、スタッフの育成など、接客以外の仕事を任せてもらえないか聞いてみてください。

他の仕事を経験することで、自分の得意なことや目指したい方向性が見えてくるかもしれませんよ!

接客業に向いてない、辞めたいと思った時の対処法2:別の接客業に転職する

接客業に向いてないと感じる理由によっては、接客業の職種は変えずに提供するサービスや客層、業界、会社の規模などを変えるだけで自分が働きやすい仕事、環境に巡り会えるかもしれません

接客業での経験やスキルがそのまま活かせるため、転職もしやすいです。

他の接客業に転職する場合は、接客業のどういうところに魅力を感じているか、どんな人、サービスの接客に携わりたいかを明確にしてみてください!

接客業に向いてない、辞めたいと思った時の対処法3:別の職種に転職する

接客の仕事が苦手、体力的に厳しいという場合は、別の職種への転職を検討してみてください。

接客業よりも人とのコミュニケーションが少ない職種や、座り仕事がメインの職種、成果を上げて高い報酬が得られる職種などがあり、仕事内容を変えるだけで悩みが解決できるかもしれませんよ!

あわせて読む

接客業の経験・スキルのアピールの仕方や転職活動について詳しく知りたい方は、以下の記事を読んでみてください。

あわせて読む:接客業しかしたことないけど転職できる?接客業からの転職方法を解説!

別の職種に転職するなら、接客での経験が活かせる職種や業務知識が活かせる同業界の別職種、未経験歓迎で募集している職種などがおすすめです。

次は接客業からのおすすめの転職先を紹介します。

接客業に向いてない人におすすめの転職先

接客業に向いてない…と思う方におすすめの転職先は、以下の4つです。

  1. 事務
  2. 営業(メーカーなど)
  3. コールセンター
  4. 別業界の接客業

では、それぞれ詳しく説明していきます。

接客業に向いてない人におすすめの転職先①|事務

接客業が肉体的に厳しいという方は、事務職での転職を目指すことをおすすめします

事務だと立ち仕事はほとんどなく、体力的にはかなり働きやすい環境です。

但し、事務職も未経験だとしてもらえる機会も多くはないので、複数の転職エージェントは登録して多くの会社を受けることが重要です

また、自分の経験の中で、事務職に活きる経験をしっかりと伝えたり、自分がいる業界における事務職を目指すというのも一つの手です

飲食店に勤務しているなら飲食店の本社勤務を目指す、ホテルに勤務しているならホテルの事務職を目指すというように、同業界の事務職をだと転職確率を上げやすくなります。

なぜなら、接客業の事務職においては現場経験がある方を求めている会社もあるためです。

転職確率を上げるためにも、転職エージェントに相談して転職しやすい事務職、自分の希望に合った事務職の求人案件を紹介してもらいましょう。

事務系の職種への転職なら、管理部門に特化した転職エージェントMS Japanに登録して求人情報を探してみましょう!

あわせて読む:事務職に強いおすすめの転職エージェント5選|求人数・特徴を徹底比較

接客業に向いてない人におすすめの転職先②|営業

接客業から未経験の職種に転職するなら、メーカー(飲料水・食品、アパレル、日用品、自動車、家電)の営業もおすすめです。

メーカーの営業は、既存の顧客に定期的に訪問を行うルート営業や固定の企業や顧客に商品やサービスを販売する渉外・外商などの仕事があります。

接客業として働いている業界のルート営業なら、転職の成功確率も上がります。

なぜなら、現場で働いていた経験を求める企業が多いからです。

なので、スーパーで働いているのであれば、飲料水、食品メーカーのルート営業に、家電量販店での勤務経験があるなら家電メーカーで働くなど、同業界で探してみましょう。

ただし、会社や担当顧客によっては、飛び込み営業や厳しいノルマがあったり、土日祝日の対応が必要になることもあります

そういった詳しい情報を知るためにも、転職エージェントに相談してみましょう。

リクルートエージェントは、転職エージェント大手で、営業の求人がたくさんあるので、登録してみましょう!

あわせて読む:営業職に強い転職エージェントおすすめ5選|求人数・特徴を徹底比較

接客業に向いてない人におすすめの転職先③|コールセンター

接客業で身につけたコミュニケーションスキルを活かすという意味ではコールセンターでの仕事もオススメです。

コールセンターの仕事内容は、お問い合わせや申込みなどへの電話対応を行ったり、商品やサービスを売り込むためにお客様に電話をかけるなど、座ったままでできる仕事がほとんどです。

なので、人とコミュニケーションをする仕事自体は好きなんだけど、体力的に接客業を続けていくのが難しいという方に向いています

また、コールセンターの仕事は慢性的に人手不足なので採用の確率は、事務職よりも高いと言えます。

コールセンターの仕事に向いているか不安…という方は、まずはスマホでもできる高収入在宅バイト「コールシェア」で休みの日などの空いている時間で試してみるといいですよ!

コールシェアは登録から稼働までを全て在宅で行うことができる上に、希望に合った仕事をスキマ時間にできますよ。

初心者でも始めやすいお問い合わせ対応から、報酬単価が高いアポイント獲得の仕事まであります。

まずはどんな仕事があるか登録して探してみましょう!

接客業に向いてない人におすすめの転職先④|他の接客・サービス業(飲食・小売)

接客業に向いてないと感じる理由によっては、別の会社・業界の接客・サービス業への転職もおすすめです。

たとえば、

立ち仕事が体力的にしんどいのであれば、座って仕事ができる受付の仕事に変えてみる。

夜遅くまで仕事をするのが辛い、残業時間が多いなら、閉店時間が早い、残業が少ない業界の接客・サービス業に変える。

お客様とのコミュニーケーションが苦手なら、自分が話しやすい客層のお店に変える。

といったように、接客・サービス業でも職場によって大きく変わります。

一方で、職場の雰囲気や働き方は求人サイト上の情報からは判断しにくいため、しっかりと見極めて転職をすることをオススメします

実際に職場をお客として見に行ったり、転職エージェント経由でもいいので残業はどれくらいあるのかなど、就業環境に関してはしっかりと事前に確認しておくのが良いでしょう。

飲食業の接客・サービス業に転職するなら、飲食業界に特化した転職エージェント【アイティーケー】がおすすめです!

特化型だからこそ分かる、飲食業界の転職情報を知ることができるので、まずは登録してみましょう!

接客業・サービス業からの転職でよくある質問Q&A

転職について相談したい時は誰に相談すればいいですか?

転職について相談するなら、プロに相談ができるキャリアコーチングと転職エージェントがおすすめです

家族・友人には愚痴を聞いてもらったり、背中を押してもらうことはできますが、転職経験がない限り具体的なアドバイスをもらうことができません

また、上司や同僚に相談する場合は、辞めようとしていることを職場の人に知られて職場に居づらくなってしまったり、引き止められ、転職活動をすることすら難しくなる可能性も出てきます

信頼できる担当者を見つけたり、いろんな意見を聞くためにも、複数の転職エージェント、キャリアコーチングに相談することをおすすめします。

複数社への相談がおすすめ

迷ったら相談すべき転職エージェント

迷ったら相談すべきキャリアコーチング

複数社に相談するメリット

  1. いろんな意見がもらえる
  2. 相性のいい担当者と出会いやすい

あわせて読む:おすすめの転職相談サービス7選|転職したいなら誰に相談すべき?

円満退社するために気を付けるべきことはありますか?

円満退社するためには、退職のルールを守ったり、業務の引き継ぎ、お世話になった人に挨拶をきちんとすることが重要です。

円満退社するためにすべきこと
  • 就業規則で定められた期日までに退職の申し出、手続きを済ませる
  • 業務の引き継ぎを丁寧に行う
  • お世話になった上司や先輩に挨拶をする
  • 取引先に挨拶・後任の紹介をする
  • 直接伝えられないクライアント・社内の人に挨拶メールを送る

接客業・サービス業を辞めたいならまずは転職エージェントに相談しよう!

サービス業・接客業を辞めたい、きついと思ったらまずは転職エージェントに転職すべきかや転職先について相談するようにしましょう。

辞める決心がつかなくても、転職エージェント、キャリアコーチングに相談すれば転職活動を始めるきっかけとなり、転職に向けて一歩前に進むことができますよ!

おすすめの転職エージェント、キャリアコーチングは以下の6社です。
  1. リクルートエージェント
    転職支援実績が豊富なプロに相談ができる!
  2. doda
    大手・優良企業の求人を紹介してもらえる!
  3. ポジウィル キャリア
    生き方やキャリアの相談、転職サポートを受けて転職を成功させたい人におすすめ!
  4. マジキャリ
    自己分析やキャリア設計のサポート、転職のプロに相談をしたい人におすすめ!
  5. ニューキャリア
    就職・転職のプロによる独自のツールを活用した自己分析・キャリア設計ができる
  6. mentors
    中長期のキャリア設計・転職について気軽に相談できる!

まずは、求人数・転職支援実績No.1のリクルートエージェントに登録しましょう!

リクルートエージェント公式サイト

接客業からの転職に役立つ、以下の記事もあわせて読んでみてください!