フリーターからの正社員就職で聞かれる面接質問例・回答例|面接対策・就活のコツを解説!

フリーターからの正社員就職で聞かれる面接質問例・回答例|面接対策・就活のコツを解説!

  • 『フリーターからの正社員就職を目指す場合、面接では何を聞かれるの?』
  • 『就職で聞かれる質問への回答例や選考通過のコツを知りたい』

結論から言うと、フリーターの就職面接では、「継続して働く意欲があること」「希望職種の仕事ができること」「社会常識があること」をアピールするのがポイントです。

この記事では、具体的な質問例と回答例、選考に通過するためのコツをお伝えするので、これから面接を受けるフリーターの方は参考にしてみてください。

記事を読み進める前に...

フリーターから正社員就職を目指すなら、転職エージェントで面接対策を行ってもらうと選考に通過しやすくなりますよ

以下の記事で、おすすめの転職エージェント7選と、転職エージェントを利用するメリットを詳しく解説しているので、就職を成功させたい方は読んでみてください。

あわせて読む:フリーター向け転職エージェントおすすめ7選|正社員就職に役立つのはどれ?

フリーターからの正社員就職で必ず聞かれる質問例

しろくま先生

フリーターの面接で聞かれる質問には、以下のようなものがあります。
フリーターの面接で聞かれる質問例
  • どうして就職せずにフリーターとして過ごしてきたのですか?
  • 就職しようと思ったきっかけは何ですか?
  • 弊社に応募した理由は何ですか?
  • 長所を教えて下さい
  • 最後に質問はありますか?

フリーターの面接において重視されることは、「正社員として働く意欲があるか」「社会人としてのマナー・常識があるか」「希望職種の仕事ができるか」です。

なので、 熱意を感じられる回答を心がけ、敬語・丁寧な言葉遣いできちんと受け答えをすることが重要です。

しろくま先生

では、具体的な質問例・回答例を紹介します。

面接質問例1:どうして就職せずにフリーターとして過ごしてきたのですか?

フリーターの面接では、必ずフリーターになった経緯を聞かれます。

フリーターになった経緯を聞くことで、これまでの経歴や人柄を知るだけでなく、長期的に働くことが可能かどうかや、責任感を持って働いてくれるかを確認します

フリーターになった経緯を誤魔化したり、嘘をついたりすると不信感を持たれてしまうので、正直に話しましょう。

フリーターになった理由の回答例
  • 本当にやりたい仕事を見つけるためにアルバイトで経験を積んでいた
  • 出産・子育て・家族の介護が忙しく、正社員として働くのが難しかった
  • 資格を取得するために正社員にならずに勉強していた
  • 高校・大学卒業後に留学をしていた
  • 自分の夢を追いかけていた

私の場合、様々な仕事を経験してみたいと思い、フリーターになったことや、職場の人間関係が良く、業務は多忙でも充実した毎日を過ごせたことを話しました。

面接質問例2:就職しようと思ったきっかけは何ですか?

面接で就職を決意したきっかけや目的を聞くことによって働く意欲があるか、正社員として責任を持って仕事をしてくれるかを判断します。

なので、仕事に対して熱意が感じられる回答や、しっかりした印象を与える表現を意識したり、「アルバイトとして自分のできる仕事が増えていく中で」といった実体験に基づく前向きなエピソードを話すことがポイントです。

例に記載したように、同じ内容でも表現の仕方次第で、面接官の印象が大きく変わるので、言い方は工夫しましょう。

就職を希望する理由の例
  • ◯安定した収入を得られるように正社員になりたい
    ×給料が少なくやっていけない
  • ◯親に心配をかけているのが申し訳ないと思い
    ×親に言われて仕方なく
  • 学校で学んだことを活かしてより専門性の高い仕事をやってみたいと思ったから
  • 接客の仕事にやりがいを感じるようになり、正社員として長期的に働きたいと思ったから

私が「正社員への就職活動」を本格的に始めたきっかけは、派遣社員時代に経験した「派遣切り」が身近に起きたときでした

同僚が次々に解雇され、「いつ解雇されるか分からない」ことにいっそう不安を感じるようになったことを正直に話しました。

面接質問例3:なぜ弊社に応募したのですか?

面接では、必ず志望理由が聞かれます。

その会社の商品が好き、その仕事をやってみたい、これまでの知識や経験が業務に活かせるといったシンプルな回答で構わないので、きちんと答えられるように準備しておきましょう。

より説得力のある志望動機を話せるようにするには、 ホームページを見て調べたり、実際にサービスを使ったり、店舗に訪れてみるようにしましょう。

志望理由の例
  • 御社の製品を普段から愛用しており、〇〇の販売をしたいと思ったから
  • 〇〇のアルバイトをしていたので、入社後に経験を活かせると思ったから

面接質問例4:長所を教えて下さい

企業は、長所や自己PRを聞くことで、企業が求めている人材であるか、仕事を難なくこなせるかを判断します。

なので、 企業が求める人柄・性格や、業務に役立つ知識やスキルをアルバイトなどの経験をもとにアピールしましょう。

企業がどんな人柄・性格の人を求めているかは、求人サイトの「求める人物像」「こんな人におすすめ」といった項目に書かれています。

アルバイトでどんなことを意識していたかや、どんな性格が活かされたかを話すことがポイントです。

長所の例
  • コツコツ学ぶ姿勢がある
    ➡︎アルバイトでお客さんに商品の良さをアピールできるよう、商品について勉強した
  • 協調性がある
    ➡︎アルバイトで業務を効率化できるよう、他のスタッフとコミュニケーションを取ることを意識していた
  • 傾聴力・コミュニケーション能力がある
    ➡︎アルバイトでお客さんがどんな商品を求めているかよく聞き、提案を積極的に行っていた

面接質問例5:最後に質問はありますか?

面接の最後には、求職者から企業に対して質問があるか聞かれます。

ここでは、具体的な業務内容や働く環境などについて聞きましょう。

また、面接官の方がなぜその会社に入社を決めたのか聞くのもおすすめです。

その会社の詳しい情報が得られたり、その入社理由への共感を示すことで、志望度が高いことをアピールすることもできます。

逆質問の例
  • 具体的にどんな仕事内容ですか?
  • 勤務時はどんな服装をすればいいですか?
  • 配属先はどんな候補がありますか?
  • 〇〇さんが御社に入社を決めたのはなぜですか?
注意

逆質問の際に、「質問は特にありません」と答えてしまうと、会社に興味がないと捉えられてしまうので、事前に2〜3個ほど質問を用意しておきましょう

また、年収や福利厚生、残業時間など、待遇に関することを聞いてしまうと、仕事に対する意欲がないと判断されマイナス評価となります

もし、待遇面のことを確認したいのであれば、転職エージェント経由で確認したり、内定をもらってから相談するようにしましょう。

逆質問で聞いてはいけない内容

  • 年収
  • 福利厚生
  • 残業時間

フリーターからの就職面接を突破するためのコツ

フリーターの就職面接のコツ1:意欲をアピールする

フリーターから正社員を目指す場合、意欲・チャレンジ精神が最も重視されるので、正社員として企業に貢献できることや将来の目標をアピールしましょう。

正社員は、アルバイトのように言われたことをこなすだけでなく、自ら考えて会社に貢献する行動をとることが求められます。

なので、アルバイトをしていたのであれば、売上や満足度を上げるために意識していたこと、主体的に取り組んだ経験をアピールすることが重要です

また、 正社員として就職後にどのような目標を持っているのかを明確に書くと意欲をアピールすることができますよ。

しろくま先生

自分が何の仕事をやりたいか、どういう働き方をしたいか考えるためには、自己分析を行いましょう

自己分析では、これまでの仕事で得られた経験・スキルや自分の好きなこと、得意なことを整理して、それを活かせる仕事について考えます。

そうすることで、自分が就職先でどんな強みを発揮できるのか、どんな仕事、職場環境で働きたいかなどが明確になります。

フリーターが就職するには、求人情報に自分を当てはめるのではなく、自分のやりたいことに沿った企業、活躍できる企業に応募し、これまでの経験や長所を上手くアピールすることが重要です。

しろくま先生

「自分がやりたい仕事、長所が分からない」という方は、キャリアコーチングで相談してみるのもおすすめです。

キャリアコーチングの無料体験で自分のやりたいことを明確にしてから転職エージェントの面談を受けると話がスムーズにすすみますよ!

おすすめのキャリアコーチングサービス
  • ニューキャリア
    就職のプロによる独自のツールを活用した自己分析・キャリア設計ができる
  • ポジウィルキャリア
    心理学に基づいた自己分析・キャリア設計ができる
  • マジキャリ
    幼少期からの自己分析・性格診断ツールを使った自己分析・キャリア設計ができる

あわせて読む:無料体験できるキャリアコーチング5社|体験セッションの活用法を紹介

フリーターの就職面接のコツ2:企業分析をしっかり行う

企業分析とは、企業の事業内容や競合他社と比較した強み、社風などを調べ、分析することです。

企業について詳しく理解していないと、面接で志望動機を聞かれた時に上手く答えられず、志望度が低いと捉えられてしまいます

また、企業について詳しく調べていないと、入社後に期待していた業務内容や社風・条件と異なることに気づき、早期離職にも繋がってしまいます。

面接に通過するためでなく、長期的に働ける企業を見分けるためにも企業分析を行いましょう。

しろくま先生

企業分析をどうすればいいのか分からない…という方は、次に紹介する転職エージェントに相談するといいですよ!

フリーターの就職面接のコツ3:転職エージェントを活用する

転職エージェントは、就職・転職支援を行ってくれるサービスで、 無料で面接対策や模擬面接を行ってくれたり、企業分析に役立つ情報を教えてもらえるので、初めての就職活動で不安な方、フリーターから正社員で就職できるか不安な方でも安心できますよ!

転職エージェントのサポート内容
フリーターにおすすめの就職エージェント
  1. リクルートエージェント
    求人数・転職実績No.1!20代〜50代のフリーターにおすすめ!
  2. DYM就職
    最短1週間で内定可能!面接に進みやすいで受けられる!20代〜30代のフリーターにおすすめ!
  3. ハタラクティブ 
    内定率80.4%!高卒・専門卒の20代〜30代のフリーターにおすすめ!
  4. doda 
    転職満足度No.1!20代〜40代のフリーターにおすすめ!
  5. 就職Shop
    未経験OKの求人が10,000社以上!正社員経験なしの20代〜30代のフリーターにおすすめ!
  6. マイナビジョブ20’s 
    20代に信頼される転職エージェントNo.1!20代〜30代のフリーターにおすすめ!
  7. ウズキャリ既卒 
    就職内定率86%・定着率96.8%!選考対策をしっかりサポートしてほしい20代フリーターにおすすめ!

あわせて読む:フリーターにおすすめの就職エージェント7選|正社員就職に役立つのはどれ?

しろくま先生

転職エージェントは具体的にどんなメリットがあるの?という方に向けて、フリーターが転職エージェントを利用するメリットをお伝えします。

フリーターが転職エージェントを利用するメリット

しろくま先生

転職エージェントを利用するメリットは、以下の4つです。
  1. フリーター向けの求人を紹介してもらえる
  2. 書類選考に通過しやすくなる
  3. 面接対策をしてくれる
  4. 企業に直接アピールしてくれる

それぞれのメリットについてお伝えします!

メリット1:フリーター向けの求人を紹介してもらえる

転職エージェントに相談すると、就職先の希望、これまでの経験やあなたの強みに合わせて、フリーター向けの求人を紹介してくれます

特にフリーターの就職に特化したエージェントは、「フリーター歓迎」「既卒歓迎」の求人をたくさん持っており、フリーターに対して理解のある企業を紹介してもらえるので、通常の求人で応募するよりも書類選考に通過しやすくなりますよ

また、転職エージェントは、転職サイト上には公開されていない、登録者だけが知れる良い条件の求人があります

なので、1人で就職活動を始めて自分で求人を探すよりも、多くの求人の中から効率よく、自分に合った求人を探すことができますよ

しろくま先生

フリーター向けの求人の中から希望に合った求人を選んで応募することで、選考に通りやすく、自信を持って志望理由をアピールできるようになりますよ!
フリーターに特化した転職エージェント
  1. マイナビジョブ20’s
    20代に信頼される転職エージェントNo.1!20代〜30代のフリーターにおすすめ!
  2. DYM就職
    満足度90%!最短1週間で内定可能!正社員経験なしの20代のフリーターにおすすめ!
  3. ハタラクティブ
    内定率80.4%!高卒・専門卒の20代フリーターにおすすめ!
  4. 就職shop
    未経験OKの求人が10,000社以上!正社員経験なしの20代〜30代のフリーターにおすすめ!
  5. ウズキャリ既卒
    就職内定率86%・定着率96.8%!選考対策をしっかりサポートしてほしい20代フリーターにおすすめ!

メリット2:書類選考に通過しやすくなる

フリーターで働いていて、初めて就職活動をする場合、正社員採用に向けた履歴書、職務経歴書を書いたことがない方も多いのではないでしょうか?

職務経歴書では、これまでの職歴と業務で工夫してきたこと、就職後に活かせるスキル・強みをアピールします。

誰にも添削やアドバイスをしてもらわずに一人で書いて応募すると、上手く企業にアピールすることができず、書類選考すら全然通らないということも起こり得ます

だから、転職エージェントに履歴書や職務経歴書の添削をしてもらったり、アドバイスをもらうことが重要です。

転職エージェントの担当者が、アルバイトでの経験や性格を分析して、あなたが気づいていない強みを引き出した上で、企業に評価されやすい内容に添削してくれます。

そうすることで、企業にとって魅力的な内容に仕上がり、選考に通過しやすくなりますよ!

しろくま先生

転職エージェントで応募書類の添削をしてもらうことで、通常だと書類選考に通過しないところにも通る可能性がありますよ!

メリット3:面接対策をしてくれる

転職エージェントでは、選考に通過するように面接対策までしてくれます

面接で聞かれる内容やマナー・注意点を教えてくれたり、本番さながらの模擬面接を行ってくれるので、初めての就職活動でも安心できますよ。

また、転職エージェントは企業の人事担当者からどんな人材を求めているかヒアリングをしているので、企業毎の評価のポイントを踏まえたアドバイスがもらえます

企業の面接相手に合わせて、どういう発言をすると相手の反応が良いか、どんなポイントで評価するかといった傾向や対策を教えてくれることもありますよ。

面接対策をしっかりサポートしてもらうことで、面接で上手くアピール出来るようになり、選考に通過しやすくなります

しろくま先生

慣れない面接でも、練習をすることで、本番でも落ち着いて面接に臨むことができますよ!

メリット4:企業に直接アピールしてくれる

実は、転職エージェントと企業の責任者の付き合いが深い場合は、その信頼関係を元にあなたの良さを企業側にアピールしてくれることで選考に通りやすくなることもあるんです

フリーターの方が就職活動をする際には、企業側は入社後に活躍するポテンシャルがあるのか、責任を持って仕事をしてくれるか、長期的に働いてくれるのかを懸念します。

転職エージェントの担当者は企業と直接やり取りをするので、こういった懸念点を払拭してくれたり、書類では伝わらないあなたの強みを伝えてくれたりします

しろくま先生

正社員未経験でも、担当者が企業にプッシュしてくれるで、選考に通過しやすくなりますよ!

しろくま先生

転職エージェントを利用するメリットは以下の4つです。
  1. フリーター向けの求人を紹介してもらえる
  2. 書類選考に通過しやすくなる
  3. 面接対策をしてくれる
  4. 企業に直接アピールしてくれる

しろくま先生

転職エージェントを利用すると、難易度が高いフリーターからの就職を成功させることができるので、まずは登録してみましょう!
フリーターにおすすめの転職エージェント
  1. リクルートエージェント
    求人数・転職実績No.1!20代〜50代のフリーターにおすすめ!
  2. マイナビジョブ20’s
    20代に信頼される転職エージェントNo.1!20代〜30代のフリーターにおすすめ!
  3. DYM就職
    満足度90%!最短1週間で内定可能!正社員経験なしの20代のフリーターにおすすめ!

しろくま先生

最後に、フリーターの就職面接でよくある質問に答えていきます。

よくある質問Q&A

質問1:面接のときはどんな服装を着ればいいですか?

面接時は基本的には、スーツを着用しましょう。

私服可、服装自由といった場合は、オフィスカジュアルな服装でも構いませんが(ジーンズやTシャツなどの普段着は不可)、スーツを着用するのが無難です。

アパレル系の企業やベンチャー企業などでセンスや人柄を見る場合など、「スーツ不可」や「あなたらしい服装で」と指定されている時は私服を着用しましょう。

また、不真面目な印象や不潔な印象を持たれないために、服装・髪や爪などの身だしなみにも注意が必要です。

面接時の服装・身だしなみ

服装

  • 黒・グレー・紺色の無地のスーツにシャツ
  • 男性は無地やストライプ、小紋柄のネクタイ
  • 黒・茶色・紺色の無地・革製でA4サイズのバッグ
  • 黒・紺色の靴下、肌色のストッキング
  • 控えめな色の革靴・パンプス

身だしなみ

  • スーツやシャツにシワや汚れがないか
  • シャツの襟・袖のボタンをきちんと留める
  • 髪の毛は清潔感のある長さに切る・結ぶ
  • 髪色は落ち着いた色にする
  • 爪は切り、ネイルを外す

質問2:面接には何分前に着いておけばいいですか?

面接会場には10分〜15分前には着いておき、5分前〜10分前に受付をするのが理想的です。

当日、道に迷って遅刻しないよう、最寄り駅から会場までの行き方や所要時間を確認しておきましょう。

もし遅刻しそうになった場合は、なるべく早く連絡するようにしましょう。

注意
遅刻することはもちろんもこと、早すぎる到着も担当者の仕事を中断させてしまったり、基本的なマナーがないと判断されてしまうので、5〜10分前に受付ができるように調整しましょう。

面接対策は転職エージェントに相談しよう!

この記事では、フリーターからの正社員就職で聞かれる質問例・回答例と選考通過のコツを解説してきました。

面接では、企業分析や面接練習といった事前準備が重要なので、転職エージェントに相談し、企業分析に役立つ情報を教えてもらったり、本番さながらの模擬面接をしてもらうことをおすすめします。

また、転職エージェントのサポートを受けることで、初めての就職活動でも安心できる上に、選考を有利に進めることができますよ。

フリーターにおすすめの転職エージェント
  1. リクルートエージェント
    求人数・転職実績No.1!20代〜50代のフリーターにおすすめ!
  2. マイナビジョブ20’s
    20代に信頼される転職エージェントNo.1!20代〜30代のフリーターにおすすめ!
  3. DYM就職
    満足度90%!最短1週間で内定可能!正社員経験なしの20代のフリーターにおすすめ!

あわせて読む:フリーター向け転職エージェントおすすめ7選|正社員就職に役立つのはどれ?

しろくま先生

リクルートエージェントは、求人数が業界トップで、未経験OKの求人が見つかります。さらに、選考対策など、スピーディーに就職サポートを行ってくれます。

無料でサポートが受けられるので、まずは登録してみましょう!

リクルートエージェントで無料相談する

しろくま先生

あなたの就職活動が上手くいくよう応援しています!