フリーターにおすすめの就職時期とは?就職活動はいつから始めるべきか徹底解説!

フリーターにおすすめの就職時期とは?就職活動はいつから始めるべきか徹底解説!

  • フリーターが就職しやすい時期ってあるの?
  • 就職活動はいつから始めるべきなの?

と思っていませんか?

結論を言うと、求人数は多くなるものの、同時に求職者の数も増え、倍率はさほど変わらないので、就職しやすい時期は特にありません

むしろ、時期よりも年齢によって就職の難易度は変わるので、就職したいと思ったタイミングでなるべく早く就職活動を始めることをおすすめします

この記事では、フリーターにおすすめの就職時期やスケジュール、就職活動の流れについて解説するので、就職を考えている方は読んでみてください!
転職エージェントの活用がおすすめ

ハタラクティブなら、学歴・経歴不問でフリーターから就職しやすい求人を紹介してくれます。

また、無料で履歴書・職務経歴書の添削、面接対策をサポートしてくれるので、はじめて就職活動をする方でも安心です。

無料相談ではあなたにぴったりの求人を紹介してくれるので、まずは無料相談してみましょう!

まずは無料相談してみよう!

あわせて読む:フリーターに強い就職エージェントおすすめ23選|正社員就職に役立つのはどれ?

フリーターにおすすめの就職時期とは?

フリーターが就職活動開始から入社までにかかる期間は平均3ヶ月であるため、3ヶ月の入社を目指して今から就職活動を始めるのがおすすめです。

フリーターから正社員で就職するのは、年々難しくなっていくため、なるべく早く就職活動を始めましょう。

30代以降は就職するハードルが上がる?

30代は、20代と比較すると就職するのが難しく、選択肢が限られています。なぜなら、企業は30代で職歴がない人材よりも、若い人材や正社員経験がある同年代の求職者を優先して採用するからです。

以下の厚生労働省による調査から、30代後半以降の正社員転換率が下がっていることが分かります。

30代だとまだ正社員で就職できるチャンスがありますが、年を重ねるにつれて、就職するハードルが高くなっていくのでなるべく早く就職活動を始めましょう。

フリーターが就職を考えるタイミング

フリーターが就職を考えるタイミング1:将来のことを考えて定職につきたいと思った時

21歳女性
21歳女性

フリーターの時、色んな職場を転々としたり、色んな経験をしたいからとたくさん職を変わって来たのですが、フリーターだと安定した収入を得られない、保証もちゃんとしてないと思って正社員就職しようと思いました。やりたいことが見つかってそれを仕事に生かしたいと思い、資格もいつか取りたいと思います。正社員になるとフリーターとは違ってメリットが多いし、入社してからすぐには正社員になれないですけど、将来のことを考えたら正社員が一番安定していると思いました。

24歳女性
24歳女性

フリーターとしてマクドナルドで学生時代からアルバイトをしていたので、それをそのまま続けてフリーターをしていたという状態でした。社会保険にもいれてもらっていたのですが、忙しい時などはたくさんシフトに入れたものの暇なときはカットされますし、正社員並みの労働時間でも給与はしれていたので、ずっと働いていてもお金もたまらないなと思いました。やはりこの先の人生のことを考えると賞与や退職金があり雇用が安定正社員がいいなということで転職することを決めました。

24歳男性
24歳男性

大学卒業後、フリーターとして様々な職種に就いていましたが安定した給与や福利厚生の観点が不安定な場所も多くそれらの点が将来への不安になっていました。またフリーターの場合は責任ある役職に就くことも少なく、転職を繰り返してしまいがちでした。そういったことから正社員就職を目指し、安定した給与や福利厚生を得ることで自身の生活面での不安要素を取り除きたいと思いました。正社員就職を経験し、安定した生活を手に入れることができたと思います。

27歳女性
27歳女性

大学卒業後、一番初めに就職した会社を体力面で限界だと感じやめたあと、ショップの店員としてふらふらしてたのですが、身体を壊しぎみだったので、身体に優しい仕事につきたいと思ったためです。かつ安定的にお給料と社会保障がある正社員を目指そうと思いました。私自身、女性なので将来、出産・育児のことを考えると、育休や時短制度などが実際にとることができる職種・業界に就職したいと思いました。また在宅勤務の実績のある会社も視野に入れて就職活動をしました。

26歳女性
26歳女性

一度新卒で入社したものの数年で退職し、実家でしばらくフリーターをしていました。その際、転職と同時に実家を出て一人暮らしをしたいと考えていました。一人暮らしをするなら、収入が安定した正社員就職がいいと考えました。初めての転職だったので大学時代の担当教授などにも相談しましたが、先生は転職のプロではないのでピンとくるものが得られませんでした。また転職と引越しを同時に考えるのは一人では難しいと思い、転職エージェントに相談することにしました。

フリーターが就職を考えるタイミング2:親に就職するよう言われた時

26歳男性
26歳男性

フリーターとして様々なアルバイトを行っておりました。しかしながら20代後半にもなりますと、親にも色々叱られました。自力で就職活動を行うことは非常に躊躇いがありましたので、転職エージェントを利用し、色々相談に乗っていただきながら事を進めてまいりました。今後の事も考えて正社員が安定的でよいということになりました。一人の社会人として自立していこうという思いで就職活動を行いました。後、なんとか内定を頂き、働き始めた次第です。

26歳女性
26歳女性

フリーターでしたが、親から最終通告を出され追い出されることとなったので、収入が必要なので、就職先を探しました。ひとり暮らしを始めれば、家賃や光熱費、生活費などでお金がかかるので、なるべく安定した正社員になった方がいいなと思ったことくらいしか理由はありません。契約社員だと歳月がくると契約を切られるか、延長にするかになると思いますが、そういうのも面倒なので福利厚生などがしっかりしている正社員の方がいいと思いました。

フリーターが就職を考えるタイミング3:追いかけていた夢を諦めた時

25歳男性
25歳男性

当時司法試験に合格し、弁護士になるという夢をかなえるためにフリーターをしながら勉強を続けていました。しかし、目標がそもそもかなり高いもので自分の身の丈に合っていなかったことや、期限を30歳までと決めていたこと。また当時新卒での就職が難しかったのに自分のようなフリーターが定職に就けるのか?30歳までの期限としながらも、このまま続けていたら定職に就けなくなるという思いから、正社員になるための就職活動を始めました。

フリーターが就職を考えるタイミング4:介護が落ち着いたタイミング

22歳女性
22歳女性

地元を離れて隣県の四年生大学に通っており四年生の時には就職活動をしていたが、家庭の事情(家族の介護が必要になった)で地元に戻ることになり、就職活動は途中で諦めるしかない状況となり、卒業後は地元でアルバイトをしながら家族の介護をしていました。アルバイトは自宅でもできる軽作業の派遣バイトを単発で行っていました。家族の介護をこのまま家で行っていくのは厳しくなったため施設にお願いする事になったので、正社員就職をすることにしました。

28歳男性
28歳男性

大学では情報工学の勉強をしていました。高校生の時に父親がなくなり、いわゆる母の手で育った典型的な母子家庭の男子学生でした。その母が病気になってしまい、その看病のために就職せずに、バイトをしていました。その母親が体調が上向きになり、施設に入ることになったので正社員就職を目指しました。其のまま、バイト先でバイト生から正社員も考えましたが、せっかく4年間勉強してきたことを無駄にしたくなかったので、関連の会社に入社しようと考えたのでした。

フリーターの就活の流れ

就活の流れは以下の4つの手順で行います。

就職が決まるまでの平均的な期間は3ヶ月程度ですが、1週間で入社が決まることもあれば、6ヶ月ほどかかることもあります。

いつまでに入社したいのか、アルバイトや派遣の仕事をしているのであれば、どれぐらいのペースで就職活動を進めるのかスケジュールを決めておきましょう。

あわせて読む:フリーターの就活期間はどれぐらい?正社員になるまでの流れを解説!

フリーターの仕事と正社員への就職活動を両立させるのは大変なので、必ずアルバイト先や派遣会社にその旨を伝えて、勤務時間を調整してもらいましょう!
WEBサイトから就職エージェントに登録する
転職エージェントに登録

登録フォームに従って、プロフィールや最終学歴、職務経歴、希望条件を入力していきます。

たくさんの求人を見つけるために、就職エージェントは、総合型の就職エージェント1〜2社と、特化型の就職エージェントを2〜3社登録するのがおすすめです!

フリーターにおすすめの就職エージェント

総合型

  1. リクルートエージェント
    求人数・転職実績No.1!20代〜50代のフリーター・ニートにおすすめ!
  2. doda 
    転職満足度No.1!30代〜40代のフリーター・ニートにおすすめ!

特化型

  1. キャリアスタート
    内定率86%!徹底した選考対策をしてほしい人におすすめ!
  2. ハタラクティブ 
    内定率80.4%!高卒・専門卒の20代〜30代のフリーター・ニートにおすすめ!
  3. 就職shop
    未経験OKの求人が10,000社以上!正社員経験なしの20代〜30代のフリーター・ニートにおすすめ!
担当者と面談の日程調整をする
担当者と面談の日程調整

メールや電話で担当者から連絡が来たら、面談の日程調整を行います。

早くて当日、遅くても3営業日以内に担当者から連絡が来るので待ちましょう。

この間に、以下の内容について考えておくと面談がスムーズに進みますよ!

面談前に考えておくべきこと
  1. 業界・職種
    (例:食品業界、事務職、営業職など…)
  2. 働き方
    (ワークライフバランスをとりたい、在宅・時短勤務など…)
  3. 長期的なキャリアプラン
    (専門スキルを磨きたい、管理職を目指したいなど…)
  4. 勤務地の希望・転勤の有無
  5. 年収
担当者との面談
担当者との面談

経歴や希望条件のヒアリングを行います。

このときに希望の条件や優先順位・これまでの経験やスキルを整理しておくと、話がスムーズに進み、希望の条件や活かせるスキルに合った求人を紹介してもらうことができますよ!

面談で話す内容
  • 現在の状況
  • 就職しようと思ったきっかけ
  • 業務経験やフリーター期間の活動
  • 将来やりたいこと・ありたい姿
  • 希望する業界・職種・条件
求人を紹介してもらう’
求人を紹介してもらう

希望に合った求人を紹介してもらいます。

希望の条件がすべて揃う求人は限られているので、譲れない条件の1つ〜3つ決めてたくさん紹介してもらいましょう

※応募するかどうか、その場で即答する必要はありません。

求人選びでチェックすべきポイント
  • 基本情報(企業理念、設立年度、従業員数、所在地など)
  • 社長のあいさつ
  • 求める人物像
  • IR情報
  • SDGsの取り組み
  • どんなサービスを提供しているか
  • 仕事の内容
  • 給与
  • 休暇・休業制度・福利厚生
  • 残業時間
  • 転勤の有無

働くうえで大切にしたい「価値観」には例えば、仕事を通じて成長したい、蓄財のために働きたい、裁量度の高い仕事をしたい、専門性を高めたい等々があります。

企業の採用ページや口コミサイトをチェックして、希望通りの仕事内容・条件かどうか、自分の価値観に合うかをチェックしましょう。

企業の口コミ・評判をチェックするなら…

口コミをチェックするなら以下のサイトがおすすめです。

無料登録することで、選考の情報や社員のリアルな口コミが見れますよ!

  • 転職会議
    選考に関する口コミ、残業時間、平均年収、退職理由などリアルな口コミが見れる転職サイト
履歴書や職務経歴書の添削

納得のいく求人をご自身で選んで、履歴書・職務経歴書を作成します。

フリーターから就職を目指す場合、転職市場の状況や条件によっては選考に通過することすら難しい場合があるので、なるべくたくさん応募してみましょう!

早ければ3日、だいたい1〜2週間程度で選考結果が出ます。

選考の通過率を高めるために、担当者に応募書類の添削、面接対策を行ってもらいましょう。

履歴書・職務経歴書に書く内容

履歴書

  • 氏名・住所・生年月日・連絡先
  • 学歴・経歴高校から現在までの学歴・経歴を記載
  • 免許・資格保有している免許・資格を記載
  • 志望動機応募先企業への志望動機を記載
  • 本人希望欄入社時期や勤務時間などの希望があれば記載

職務経歴書

  • 職務要約どんなアルバイトをどんな役割で行ってきたか概要を記載
  • 職務経歴具体的な業務・成果(売上など)・意識していたことを記載
  • 自己PRアルバイトなどの経験に基づく自分自身の強みと就職後活かせるスキルをアピール
職務経歴書は自動作成ツールを活用しよう

dodaに無料登録すると、スマホ・PCでガイドに沿って入力するだけで簡単に職務経歴書を作成できるツール”レジュメビルダー”が使えるので、試してみてください!

dodaのレジュメビルダー

無登録して試してみよう!

面接

企業に来社もしくはオンラインで面接を行います。

就職エージェントでは事前に選考のポイントや過去の選考情報を提供してくれたり、本番宛らの模擬面接を行なってくれますよ!

面接で聞かれる内容
  • 自己紹介
    氏名、簡単な経歴、現在のアルバイトなどの活動、今後やりたいことなどを1分または3分程度で紹介
  • 就職活動を始めたきっかけ
    フリーターとして過ごしてきた理由、就職を希望するようになった経緯など
  • 志望動機
    企業の魅力を感じた点、入社後やりたいことなど
  • 自己PR
    アルバイトなどの経験に基づく自分自身の強みや、就職後その強みを活かしてどんな活躍ができるかなど
  • 今後のキャリアプラン
    入社後にどんなことを成し遂げたいか、どうキャリアアップしたいかなど

自分の魅力をうまく伝えたり、質問に対してきちんと受け答えができるようにするためには、練習をすることが重要です。

面接当日は、企業のオフィスまたはオンラインで面接を受けます。スーツを着て、身だしなみを整えて面接に向かいましょう。

条件・入社日の調整

最終面接に通過すると企業から内定連絡がきます。

条件や入社日の調整をして内定を承諾します。年収などの自分からは言い出しにくい条件面の調整も行ってくれます。

あなたの希望をしっかりと伝えておきましょう。

あわせて読む:フリーターの就職活動のやり方がわからない人必見!流れ・進め方を徹底解説!

最後に、フリーター・ニートからの正社員就職でよくある質問にお答えします。

フリーター・ニートからの正社員就職でよくある質問Q&A

質問1:フリーター・ニートから就職しやすいおすすめの職種はありますか?

フリーター・ニートは特別なスキルが必要なく、未経験でも始めやすい職種や人手不足で困っている企業が多い業界・職種だと就職しやすいです。

具体的には、以下のような業界・職種があります。

正社員で就職しやすい業界・職種
  • 業界
    • 製造業
      機械・医薬品・食品・木製品などの生産工程に携われる!
    • 飲食業
      学歴・経歴・年齢に関わらず就職しやすい
    • IT業界
      成長企業で働ける!
  • 職種
    • 営業職・販売職
      人と話すのが好きな人におすすめ!
    • 接客・サービス業
      接客のバイトをしてきた人、笑顔で接客ができる人におすすめ!
    • 介護職
      介護施設での勤務なら無資格で就業できる!働きながら資格の取得も可能
    • エンジニア職
      パソコン作業がしたい人におすすめ!
    • タクシー・配送ドライバー
      運転が好きな人におすすめ!
    • 現場作業員
      社会の基盤づくりをするやりがいのある仕事ができる!
業界・職種別おすすめの転職エージェント・おすすめ記事

業界・職種には向き・不向きがあるので、詳しい業務内容やどんな人に向いているかなどを転職エージェントに相談するといいですよ!

あわせて読む:フリーター就職におすすめの職種6選|就職先選びのポイントを解説!

質問2:フリーター・ニートの就職におすすめの資格はありますか?

フリーター・ニートの就職には、保育士や栄養管理士など、資格が必須である職業の資格がおすすめです。

なぜなら資格を持っていることで、仕事の選択肢が広がるからです。

資格を取るなら
資格を取って仕事に活かしたい方は生涯学習のユーキャンで資格講座を受けることをおすすめします! 100種類以上の資格講座があるので、まずは公式HPであなたに合った資格講座を探してみてください。

ただし、資格が必須ではない職業の場合は、資格を取ることよりも、まずは派遣やアルバイトで始めてみることをおすすめします。

なぜなら、資格よりも実務経験が重視されるからです。

例えば、簿記の資格を持っていても、未経験で経理職に就職するのは難易度が高いです。しかし、経理に近い一般事務などの経験があれば、有利になることがあります。

なので、まずは近い領域の仕事を派遣やパートで始めてみるといいでしょう。

派遣の仕事を始めるなら、マイナビスタッフがおすすめです!

業界大手で求人数が多いので、まずは登録してどんな募集があるのか見てみましょう。

質問3:フリーター・ニートで職歴がなくても職務経歴書は必要ですか?

職歴がない場合も職務経歴書は必要です。

職務経歴書が必要ない場合もありますが、職務経歴書を用意しておくと、面接では伝わらない自分の魅力をアピールすることができますよ

アルバイト経験があるのであれば、アルバイトの業務内容や心がけていたこと、売上などの数値化できる成果などを書いてみましょう。

あわせて読む:フリーターの職務経歴書の書き方|自己PRの例文・ポイントを紹介!

質問4:フリーターであることは選考で不利になりますか?

フリーターであること自体が選考で不利になることはありません。

正社員として働く意欲があること、基本的な社会常識やマナーがあることをアピールできれば採用してもらえますよ。

もちろん、面接では、フリーターになった経緯を聞かれるので、フリーター期間に何をしていたかや就職を希望する理由をきちんと話せるようにしておくといいですよ。

あわせて読む:フリーターからの正社員就職で聞かれる面接質問例・回答例|面接対策・就活のコツを解説!

フリーターの就職活動は今すぐ始めよう!

この記事では、フリーターにおすすめの就職時期について解説しました。

フリーターの就職活動は、時期によって難易度は変化せず、年を重ねるごとに就職が難しくなっていくので、なるべく早く就職活動を始めることをおすすめします

就職活動には平均3ヶ月程かかるので、3ヶ月後に就職することを目指して就職活動を始めましょう

就職活動の第一歩として、まずは以下の転職エージェントに登録しましょう。

フリーターにおすすめの転職エージェント

総合型

  1. リクルートエージェント
    求人数・転職実績No.1!20代〜50代のフリーター・ニートにおすすめ!
  2. doda 
    転職満足度No.1!30代〜40代のフリーター・ニートにおすすめ!

特化型

  1. ハタラクティブ 
    内定率80.4%!高卒・専門卒の20代〜30代のフリーター・ニートにおすすめ!
  2. 就職shop
    未経験OKの求人が10,000社以上!正社員経験なしの20代〜30代のフリーター・ニートにおすすめ!

どのエージェントに登録するか迷って方は、最大手のリクルートエージェントと、フリーターに特化した転職エージェント、ハタラクティブに登録しておきましょう!

無料相談はこちら!

HRtable編集部
HRtable編集部

ここで紹介した転職エージェント以外から自分にあった転職エージェントを探したい方は以下の記事も合わせて読んでみてください!

あわせて読む:フリーターに強い就職エージェントおすすめ23選|正社員就職に役立つのはどれ?