フリーターにおすすめの職種・就職先選びのポイント|正社員になりたい人必見!

フリーターからの就職におすすめの職種・就職先選びのポイント|正社員になりたい人必見!

  • 『フリーターから正社員になりたいけれど、どんな職種がおすすめなの?』
  • 『就職先はどうやって選べばいいの?』

こういった疑問を持っていませんか?

結論から言うと、フリーターが職歴なし・正社員未経験で就職するなら、 特別なスキル・資格が必要ない職種や求人数が多い業界・職種がおすすめです。

この記事では、フリーターから正社員になりたい人に向けて、就職におすすめの職種・就職先の選び方のポイントを紹介します。

最後まで読めば、自分に向いている仕事や就職先の候補が分かり、就職のための準備を進めることができますよ!
記事を読み進める前に...

転職エージェントに相談すると、業界・職種について詳しく教えてくれたり、求人の紹介や選考対策を行ってくれますよ!

以下の記事で、おすすめの転職エージェント7選と、転職エージェントを利用するメリットを詳しく解説しているので、転職エージェントのサポートを受けたい方は読んでみてください。

あわせて読む:フリーターにおすすめの就職エージェントおすすめ7選|正社員就職に役立つのはどれ?

フリーターから正社員になりたい人におすすめの職種

フリーターから未経験で就職しやすいおすすめの職種は主に以下の5つがあります。

採用人数が多く設けられている職種を選ぶと就職しやすいですよ!

フリーターにおすすめの職種
  • 営業職|求人数が多く、未経験から挑戦しやすい!
  • 接客・販売職|アルバイトでの経験が活かされやすい!
  • エンジニア|高収入を目指せる!
  • 介護職|求人数が多く、学歴・経歴不問で採用してもらえる!
  • 工場作業員|人と話すのが苦手な人におすすめ!

フリーターからの就職におすすめの職種1:営業職

営業職は商品やサービスを売る仕事です。

営業職は、ほとんどの企業で必要な職種であり、求人数が多いので、未経験でも採用してもらいやすいです。

営業職と一口に言っても新規顧客にアプローチする新規開拓営業や、既存の顧客に対するルート営業、お客様が来たところで商品やサービスの紹介を行う内勤営業など、業界や商品によっても異なります。

営業の種類によっても向き不向きがあるので、事前に仕事内容や条件などを調べたり面接の際に聞いておくことが重要です。

営業職のメリット
  • 求人数が多く、学歴・経歴不問で採用されやすい
  • インセンティブがある企業もあり、給与を上げやすい
  • 汎用性のあるスキルが身に付くため、転職しやすい
営業職のデメリット
  • 企業によっては厳しいノルマがある

営業職の求人を探すなら、リクルートエージェントに登録するのがおすすめです!

未経験で応募可能な営業職の求人が1万3千件以上あり、無料の求人紹介・選考対策サポートが受けられますよ!

リクルートエージェント公式サイト

あわせて読む:営業職に強いおすすめの転職エージェント5選|求人数・特徴を徹底比較

フリーターからの就職におすすめの職種2:接客業・販売職

接客業・販売職は、業務内容がそれほど難しくなく、未経験でも採用されやすいのでおすすめです。

しかし、職場によってはハードな仕事であったり、土日祝日に休みが取りにくい、夜遅くまでかかるところもあります。

なので、実際に職場を客として見に行ってみたり、転職エージェント経由でもいいので、残業はどれくらいあるのかなど、就業環境に関してはしっかりと事前に確認しておきましょう。

接客業・販売職のメリット
  • 学歴不問・未経験でも採用されやすい
  • アルバイトの経験が活かされやすい
  • 営業時間が決まっているので残業が少ない
接客業・販売職のデメリット
  • 体力的に厳しいところもある
  • 営業時間によっては不規則な生活になる、夜遅くまで働く日がある

飲食業界の求人を探すならアイティーケーに登録するのがおすすめです。

飲食業界の求人を豊富に取り扱っており、選考対策のアドバイスがもらえますよ!

フリーターからの就職におすすめの職種3:エンジニア・プログラマー

エンジニア・プログラマーは求人数が多く、将来性のある職種なのでおすすめです。

エンジニア・プログラマーは平均年収443万円と高めで、スキルアップをすることでさらに高収入を目指すことが可能です。

プログラミングのスキルやITの知識がなくても、学習サポート付きの就職支援サービスもあるので、安心できますよ。

エンジニア・プログラマーのメリット
  • 需要が高く、将来性がある
  • 人手が不足しているため、学歴・経歴不問で採用してもらいやすい
  • 高収入を目指せる
エンジニア・プログラマーのデメリット
  • IT業界は変化することが多く、勉強することが多い
  • 業務が忙しく、休日出勤や残業が発生しやすい

未経験からエンジニア・プログラマーを目指すなら、GEEK JOBに登録するのがおすすめです。

無料で学習サポート・就職支援が受けられますよ!

あわせて読む:エンジニア未経験向けおすすめの転職エージェント5選|求人数・特徴を比較

フリーターからの就職におすすめの職種4:介護職

介護職は需要が高い上に人手不足で困っている職種であり、学歴・経歴不問、資格不要で積極的に採用を行なっているので就職しやすいです。

介護の仕事(施設で就業の場合)は、無資格から就業でき、働きながら国家資格である介護福祉士を目指すことも可能です。

資格取得のためのサポートを受けられる施設もあり、資格手当を得て給料を上げることもできますよ!

介護職のメリット
  • 学歴・経歴・資格不問で採用してもらいやすい
  • 働きながら資格の取得が可能
  • 地方でも求人が豊富
介護職のデメリット
  • 力仕事も多く、体力が必要
  • 夜勤があるため、不規則な生活になりやすい

介護職の求人を探すなら、介護職に特化した転職エージェントかいご畑に登録するのがおすすめです!

6,000件以上の全国の求人を保有しており、 職種についての詳しい情報を教えてもらえる上に、14万円相当の介護資格が実質0円で取れる「キャリアアップ応援制度」もあります。

フリーターからの就職におすすめの職種5:工場作業員

工場作業員の仕事は、特に資格や特別なスキルが必要ないため、未経験から始められるものが多い上に、高収入で福利厚生が充実した案件もあるのでおすすめです。

また、工場の正社員はシフト制が多いので、自分の都合に合った時間帯、勤務日に働ける上に、残業が少ないというメリットもあります。

1人で黙々と作業をすることが多いので、人と話すのが得意でない人にもおすすめです。

工場は、汚い、危険、きついというイメージがあるかもしれませんが、食品工場での仕事や梱包作業などもあり、扱う製品や仕事内容を選べば、清潔な環境で安全に働くことができますよ。

工場作業員のメリット
  • 1人で黙々と作業できる
  • シフト制で休日・勤務時間の融通が利きやすい
  • 高収入で福利厚生が充実した案件もある
工場作業員のデメリット
  • 単純作業が多いため、飽きやすい
  • 立ち仕事や力仕事もあり、体力が必要

工場作業員の正社員を目指すなら、コウジョウ転職に登録するのがおすすめです。

工場の求人に特化した無料の就職支援サービスで、高収入・高待遇の求人を紹介してもらえますよ!

コウジョウ転職の公式サイト

フリーターからの就職におすすめの職種6:施工管理

施工管理は、建物の建設現場、道路工事、インフラ工事の現場を監督する仕事で、資格なしで未経験から就職しやすい職種です。

給与や待遇が良く、入社後に施工管理技士などの国家資格を取得すると年収を上げることもできますよ!

施工管理のメリット
  • 国家資格を取得して年収を上げることも可能
  • 成果報酬が発生する場合もある
  • 後世に残る建物・インフラを作ることにやりがいを感じられる
施工管理のデメリット
  • 肉体労働が多く、体力的に厳しい
  • 高年齢の人が多く、上下関係が厳しい

施工管理の仕事を探すなら、建設業界に特化した転職エージェントRSG Construction Agentに登録するのがおすすめです。

業界・企業の詳しい情報や選考対策を行なってくれますよ!

RSG Consulting Agentの公式サイト

でも、やっぱり正社員で就職できるのか自信がないです…どうすれば就職活動が上手くいくようになりますか?

フリーターからの就職を成功させるには、企業選びが重要ですよ!

これから紹介するポイントをおさえておくことで、就職できる確率が高まるだけでなく、後悔のない就職先選びができますよ!

フリーターの就職先選びのポイント

フリーターの就職先選びのポイント1:高望みしすぎない

フリーターの就職先選びのポイントは、高望みしすぎず、とりあえずいろんな企業の選考を受けて、就職してみることです。

なぜなら、多少業務の責任が重かったり、少しきつい職場でも、一度企業で正社員として働いてみることで、正社員経験があると言えるからです。

このままフリーターで居続けるよりも、業務の知識や経験があることで転職がしやすくなり、今よりもいい条件の企業に入社できる可能性もありますよ!

どんな仕事も責任が伴い、きつい部分もあるので、理想を求めすぎず、まずは就職してみることをおすすめします。

フリーターの就職先選びのポイント2:自分の性格や志向に合った職種を選ぶ

就職しやすく、長期的に働ける就職先を選ぶには、自分の性格や志向に合った仕事・職場を選ぶことがポイントです。

仕事内容が性格に合わなかったり、体力的に厳しいと、企業からも採用されにくく、就職できたとしても長期的に働くことが難しくなります。

また、業界や職種によっても職場の雰囲気は変わり、職場の人間関係が原因で辞めることになる場合もあるので、馴染みやすいかどうかも重要です。

自分がどんな仕事に向いているかや、どんな就職先の候補があるか知りたい方は、次に紹介する転職エージェントに相談するのがおすすめです。

フリーターの就職先選びのポイント3:転職エージェントを活用する

フリーターから初めて就職活動をするのなら、転職エージェントに相談し、 就職のプロに就職先選びのアドバイスをもらったり、おすすめの求人を紹介してもらいましょう。

転職エージェントは、無料で利用できる就職・転職支援サービスで、おすすめの求人の紹介や選考対策をしてくれるので、初めての就職活動を経験するフリーター・ニートの心強い味方となってくれますよ。

転職エージェントのサポート内容

フリーターからの就職におすすめの転職エージェントは、未経験歓迎の求人が豊富な以下の3つがおすすめです。
フリーターにおすすめの転職エージェント
  1. リクルートエージェント
    地方の求人や学歴・経歴不問の求人が豊富!まずは登録しておくべき転職エージェント
  2. DYM就職
    満足度90%!最短1週間で内定可能!正社員経験なしの20代のフリーターにおすすめ!
  3. ハタラクティブ
    内定率80.4%!高卒・専門卒の20代フリーターにおすすめ!

最後に、フリーターからの正社員就職でよくある質問にお答えします。

フリーターからの正社員就職でよくある質問Q&A

質問1:フリーターの就職におすすめの資格はありますか?

フリーターの就職には、保育士や栄養管理士など、資格が必須である職業の資格がおすすめです。

なぜなら資格を持っていることで、仕事の選択肢が広がるからです。

資格を取るなら
資格を取って仕事に活かしたい方は生涯学習のユーキャンで資格講座を受けることをおすすめします! 100種類以上の資格講座があるので、まずは公式HPであなたに合った資格講座を探してみてください。

ただし、資格が必須ではない職業の場合は、資格を取ることよりも、まずは派遣やアルバイトで始めてみることをおすすめします。

なぜなら、資格よりも実務経験が重視されるからです。

例えば、簿記の資格を持っていても、未経験で経理職に就職するのは難易度が高いです。しかし、経理に近い一般事務などの経験があれば、有利になることがあります。

なので、まずは近い領域の仕事を派遣やパートで始めてみるといいでしょう。

派遣の仕事を始めるなら、マイナビスタッフがおすすめです!

業界大手で求人数が多いので、まずは登録してどんな募集があるのか見てみましょう。

質問2:フリーターで職歴がなくても職務経歴書は必要ですか?

職歴がない場合も職務経歴書は必要です。

職務経歴書が必要ない場合もありますが、職務経歴書を用意しておくと、面接では伝わらない自分の魅力をアピールすることができますよ

アルバイト経験があるのであれば、アルバイトの業務内容や心がけていたこと、売上などの数値化できる成果などを書いてみましょう。

あわせて読む:フリーターから正社員を目指す人向けの職務経歴書の書き方|職歴なしの職務要約・自己PRの方法【例文・見本付】

フリーターの就職先選びは転職エージェントに相談しよう!

この記事では、フリーターから正社員になりたいけれど、どんな職種がおすすめなの?という方に向けて、フリーターの就職におすすめの職種を紹介してきました!

職歴なし・正社員未経験で就職を目指すなら、特別なスキル・資格が必要ない職種や人手不足で悩んでおり、求人数が多い業界・職種だと就職しやすいです。

さらに職種についての詳しい情報を知りたい、具体的にどんな求人があるのか知りたいという方は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェント経由で企業に応募すると、選考対策や企業に直接アピールしてくれるので、一人で就職活動をするよりも選考の通過率が上がりますよ。

まずは、求人数が多く、フリーター向けの求人が見つかりやすいリクルートエージェント、DYM就職に登録しましょう!
\まずは 無料相談をしてみよう!

DYM就職で無料相談してみる

あなたの就職活動がうまくいくよう応援しています!