20代女性の転職面接にふさわしい服装とは?ポイント・注意点を解説!

  • 20代女性の場合、面接ではどんな服装が適切なの?
  • 面接に何を着ていけばいい?

と思っていませんか?

面接での服装によって第一印象が決まるので、面接では重要なポイントとなります。

20代女性の面接での服装のポイントや注意点を画像付きで解説するので、「面接に何をきていけばいいのか分からない」という方は参考にしてみてください!
記事を読み進める前に...

20代女性が事務職への転職を目指すなら、転職エージェントで応募書類の添削や面接対策を行ってもらうと選考に通過しやすくなりますよ

以下の記事で、おすすめの転職エージェント10選と、転職エージェントを利用するメリットを詳しく解説しているので、転職を成功させたい方は読んでみてください。

あわせて読む:女性におすすめの転職エージェント10選|特徴・評判を徹底比較

20代女性の面接での服装のポイント注意点

20代女性の面接でのスーツのポイント・注意点

20代女性の面接でのスーツ
20代女性の面接でのスーツのポイント
  • スーツの色は紺・グレーなどのベーシックなカラーのスーツ
  • 柄は無地や細いストライプ
  • ジャケット襟付きが無難

20代女性の面接でのスーツの色は、紺、グレー、ベージュなどのベーシックなカラーが無難です。

色味によって印象が異なるので、業界や職種、会社の雰囲気などに合わせてみてください。

例えば、「できる女性」という印象を出したいのであれは紺色や濃いグレー、若々しく、華やかな印象を演出するなら柔らかい色味のベージュなどを選んでみてください。

20代女性の面接でのスーツの注意点
  • リクルートスーツ、白い襟付きのシャツは避けるのが無難

既卒・第二新卒の転職の場合はリクルートスーツでも違和感はないですが、20代の女性の場合、リクルートスーツや白い襟付きのシャツを着てしまうと、新卒っぽい印象になり、「新人」「頼りない」といった印象を持たれてしまうので避けるのが無難です

迷った方は、無地の紺色のテーラードジャケットを着ておくと間違いないですよ!

20代女性の面接でのインナー

面接のインナー
20代女性の面接でのインナーのポイント
  • シンプルで清潔感があるブラウス・カットソー
  • 襟が開いたブラウスや襟のないブラウス・カットソー
  • 色はパステルカラー(ピンク、水色、ミントなど)やベーシックなカラー
  • 透け感が少ないものが無難

スーツの中には、無地のブラウスまたはカットソーを着ましょう。

インナーの色や素材、襟の形などによって、印象が変わるので、自分自身のイメージや会社や業界・職種の雰囲気などに合わせてみてください。

インナーの色は、顔の印象を明るく見せてくれる、ピンクや水色、ミントカラーといった淡い色や白がおすすめです。

20代女性の面接でのスカート/ズボン

20代女性の面接でのスカート・ズボンのポイント
  • スカート・ズボンはどちらでも可能(業界・職種の雰囲気や好みに合わせてOK)
  • ジャケットとセットのものが無難
  • スカートの丈は立っている状態で膝が隠れる長さ

スカート・ズボンはどちらでも構いません。

営業職など、アクティブな印象を与えたい場合や「テキパキと仕事ができる」といった印象を与えたいときはズボンを履くのがおすすめです。

スカートの長さは、立った状態で膝が隠れる長さが適切です。

迷った時は、ジャケットとセットのスカートを履いていくといいですよ!

20代女性の面接での靴

面接でのパンプス
20代女性の面接での靴のポイント
  • ヒールは3〜5cm程度
  • 太いヒールはNG
  • サンダル・スニーカーはNG
  • 柄の入ったパンプスはNG
  • カジュアルなスエードなどの素材はNG

ヒールは歩きやすく、スタイルアップできる3cm〜5cmのヒールで、色は黒や紺色、ベージュなどの落ち着いた色がおすすめです。

カジュアルな印象のスエード素材やストラップつきのパンプスは避けた方がいいでしょう。

迷ったら黒や紺色の3cm〜5cmのストラップなしのパンプスを履いておくといいですよ!

20代女性の面接での鞄

面接の鞄
20代女性の面接での鞄のポイント
  • A4ファイルが入るサイズ
  • 紺色や黒、ベージュ
  • 床や椅子に立てられる鞄

20代女性の面接時の鞄は、黒や紺色で、床や椅子に置けるものが無難です。

大きいブランドロゴがついているものや柄のものなど、派手な鞄は避けておきましょう。

「服装自由」の場合の20代女性の面接での服装の注意点

ベンチャー企業やアパレル企業・エンタメ業界、クリエイティブ職の場合は、「服装自由」の時もあります。

その場合は、その会社の人の普段の服装に合わせるか、オフィスカジュアルを着ていくのがいいでしょう

ただし、上下セットのスーツでなくても構いませんが、ジャケットは必ず着用するようにしましょう

「服装自由」の場合のスーツ

オフィスカジュアルの場合は素材やジャケットの種類にも注意しましょう。

レザー素材やデニム素材、ノーカラーのジャケットはカジュアルすぎる印象なので、避けておきましょう。

NGな面接服装の例

「服装自由」の場合のインナー

「服装自由」「オフィスカジュアル」の場合は、柔らかい素材のプラウスやカットソーを着ておくと無難です。

少しカジュアル感や洗練された大人な印象を与えたい時は、ストライプ柄のブラウスを着るのもおすすめです。

営業職・コンサルタントにおすすめの服装

営業職では、成果に貢献できることが求められ、外回りの仕事など活動的な仕事であるため、パンツスタイルなどがおすすめです。

クライアント企業の雰囲気や営業スタイルなどに合わせて、スーツの色やブラウスの色を工夫してみてください。

金融業界・経理職・公務員におすすめの服装

金融業界・経理職・公務員におすすめの服装

金融業界や経理職や公務員は、お金の管理や大事な資料の作成や管理を行う仕事なので、業務を正確に行うことが求められます。

なので、真面目さや誠実な印象を与える服装がおすすめです。

ネイビーや濃いグレーやスーツに、オフホワイトのブラウスやカットソーなどを合わせると「きちんとした印象」を与えることができますよ!

20代女性は服装に気をつけて好印象を与えよう!

この記事では、20代女性の面接での服装のポイント・注意点を解説しました。

服装の色は基本的には紺色やグレーをベースとし、明るく、清潔感のあるインナーにタイトスカートやパンツを履いておくと無難です。

また、面接では服装だけでなく、事前準備や想定される質問への回答を準備しておくことが重要です。

面接対策に役立つ、以下の記事も読んでみてください!