30代女性がフリーターから正社員で就職するには?|職歴なし・独身・実家暮らしはやばい?

30代フリーター女性が就職するには?|職歴なし・独身・実家暮らしはやばい?

  • 『30代女性でフリーターから正社員で就職するにはどうすればいいの?』
  • 『30代で職歴なし・独身・実家暮らしで将来が不安…』

こういった不安を持っていませんか?

30代でフリーターだと、将来経済的に困るリスクも大きく、年々就職するハードルが高くなっていくため、なるべく早く就職活動を始めることをおすすめします

とはいえ、30歳でフリーターから就職するのは、若い人材や正社員経験がある人材との競争になるので、普通に就職活動をするとうまく行かないことが多いです。

しかし、一人で就職活動をするのではなくプロの力を借りることや、未経験で始めやすい業界や職種を選ぶことで、正社員としての内定を獲得できる確率が格段に上がります!

この記事ではその方法を詳しく紹介していくので、最後まで読んで就職活動に活かしてみてください。

フリーターから正社員就職を目指すなら、就職エージェントで応募書類の添削や面接対策を行ってもらうと選考に通過しやすくなりますよ

フリーターに強いおすすめの就職エージェント

悩んだらまずはこの2社に登録しよう!

関連記事:フリーターに強い就職エージェントおすすめ22選|正社員就職に役立つのはどれ?
関連記事:女性におすすめの転職エージェント22選|特徴・評判を徹底比較

30代のフリーター女性で職歴なし・独身・実家暮らしはやばい?

30代でフリーターだとやばい理由1:職歴なしだと就職・復帰が厳しい

一度も正社員として就職したことがないと、結婚して専業主婦になるつもりが彼氏と別れるなどの理由で結婚できなかった場合、離婚した場合、親の援助が受けられなくなった場合など、就職したいと思った時に就職するのが困難になります。

なぜなら、年を重ねるにつれて、就職するハードルが高くなっていくからです。

以下の厚生労働省による調査から、30代後半以降の非正規雇用者の正社員転換率が下がっていることが分かります。

背景としては、企業は30歳で職歴がない人材よりも、若い人材や正社員経験がある同年代の求職者を優先して採用するからです。

30代のフリーター女性でも積極的に採用している企業もあるので、多少責任が重かったりきつい仕事だったとしても、30代のうちに一度就職することをおすすめします。

正社員としての経験が2〜3年以上あれば、万が一転職したいと思ったときにその業務経験を活かして転職することも可能ですよ!

30代でフリーターだとやばい理由2:収入が不安定

フリーターは経営状況が悪化した時や大幅な人員削減が必要になった時にシフトを削られたり解雇されるリスクもあります。(実際に新型コロナウィルスの影響で休業・時短営業になり、収入が減少した人も多いのではないでしょうか。)

正社員であれば、法律によって雇用が保証されている上に、毎月一定額の給与が支給される上にボーナスや福利厚生を受けることもできます。

また、収入が不安定だと信用性が低く、ローンやクレジットカード、マンションやアパートを借りる際に審査に通過しにくいといったデメリットもあります。

30代でフリーターだとやばい理由3:生涯年収が低い・老後のリスク

フリーターの平均賃金は約1,337円で、ほとんど変化することはありません。

一方、正社員の場合年々賃金が上がっていくので、フリーターと正社員でもらえる賃金には大きな差があります

フリーターでギリギリの生活を続け、貯金ができないまま老後を迎えてしまうと、年金だけで生活するのは苦しくなり、老後も働き続けることになる可能性もあります。

30代だとまだ正社員で就職できるチャンスがあるので、なるべく早く就職活動を始めましょう

次は、職歴なし・正社員未経験のフリーターでも就職できるよう、就職活動のコツをお伝えします。

30代フリーターから正社員で就職するための就職活動のコツ

フリーターから正社員で就職するための就職活動のコツは、以下の3つです。
  1. 働く意欲があることをアピールする
  2. フリーター女性が就職しやすい業界・職種を狙う
  3. 転職エージェントを活用する

ポイント1:働く意欲があることをアピールする

企業側はフリーターを採用する際に、継続して働けるのかや責任感を持って働いてくれるのかを懸念します。

なので、①フリーターから正社員で就職したいと思った理由②応募先の企業を選んだ理由③入社後成し遂げたいこと・将来の目標などを話すと働く意欲があることをアピールできますよ。

就職を希望する理由の例
  • アルバイトより責任のある仕事を任せてもらいたいから
  • 専門性の高いスキルが身につく仕事がしたいと思ったから
  • やりたいことが見つかり、正社員として長期的に働きたいと思ったから

こういった、正社員として働くことに意欲的であることをうまく伝えられると、選考に通解しやすくなりますよ。

ポイント2:フリーター女性が就職しやすい業界・職種を狙う

30代で正社員就職を目指すなら、30代で職歴なしでも積極的に採用している業界・職種で仕事を探すと就職確率が上がりますよ!

未経験歓迎の求人は、特別なスキルが必要なく、未経験でも始めやすい職種や人手不足で困っている企業が多い業界・職種が多いです。

以下の厚生労働省の調査から、フリーターから正社員に移行した女性の中で多い職業は、事務系の職業・販売店員・介護職・保育士・看護師などが多いことが分かります。

フリーター女性におすすめの仕事
参考:厚生労働省 若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③ 平成29年版「就業構造基本調査」より

以下の記事でフリーターからの就職におすすめの職種・就職先選びのポイントについて詳しく解説しているので、さらに正社員で就職しやすい仕事について詳しく知りたい人方は読んでみてください!

あわせて読む:フリーターから正社員になりたい人向け|就職におすすめの職種・就職先選びのポイント

就職しやすい求人を探すなら...

職歴なしでも就職しやすい求人を探すなら、フリーターの就職に特化したエージェントに登録するのがおすすめです!

「フリーター歓迎」「学歴・経歴不問」の求人が豊富で、フリーターから正社員での就職を目指す人に対して理解のある企業を紹介してもらえますよ!

  1. ハタラクティブ
    内定率80.4%!高卒・専門卒の20代〜30代の無職・ニートにおすすめ!
  2. 就職shop
    未経験OKの求人が10,000社以上!正社員経験なしの20代〜30代の無職・ニートにおすすめ!

ポイント3:転職エージェントを活用する

就職活動を始めないといけないと思っていても、自分一人ではなかなか就職活動に踏み切れない、求人選びや応募書類の作成が億劫でなかなか就職活動が進まないという方も多いのではないでしょうか?

転職エージェントに相談すると、求人の紹介や面接の日程調整や交渉を代わりに行ってくれたり、応募書類の作成や選考対策を一緒に行ってくれるので、就職活動をスムーズに進められます。

また、履歴書・職務経歴書の添削や本番さながらの模擬面接をしてくれるので、選考に通過しやすくなりますよ!

誰にも添削や面接のアドバイスをしてもらわずに一人で就職活動をすすめると、上手く企業にアピールすることができず、書類選考すら全く通らない可能性もあるので、プロのサポートを受けることをおすすめします。

転職エージェントを利用するメリット
  • 就職活動をスムーズに進められる
    • 正社員で就職しやすいおすすめの求人を紹介してくれる
    • 面接の日程調整・選考結果の連絡をしてくれる
    • 入社日の調整・条件面での交渉を行ってくれる
  • 選考の通過率が上がる
    • 簡潔に強みが人事に伝わる履歴書・職務経歴書の作成をサポートしてくれる
    • 本番さながらの模擬面接を行ってくれる

就職活動になかなか踏み切れないという方は、まずは転職エージェントに登録することから始めましょう。

担当者と一緒に就職活動を始めることで強制力が生まれ、就職に向けて行動を起こすことができますよ!

実は、転職エージェントによって紹介できる求人やサポートの強みが異なるので、どの転職エージェントを利用するかも重要です。

なので、次は30代のフリーターでも積極的に採用を行っている求人やフリーターの就職支援実績が豊富な転職エージェントを厳選して紹介します!

30代フリーター女性におすすめの転職エージェント3選

30代のフリーター女性におすすめの転職エージェントは以下の3つです。
1.ハタラクティブ 2リクルートエージェント3.就活エクスプレス
リクルートエージェント
特徴内定率80.4%!
高卒・専門卒の正社員就職に強い
求人数・転職実績No.1
未経験歓迎の求人・地方の求人が豊富!
30代以上の人向けの就職支援サービス
こんな人におすすめ書類選考・面接対策
手厚いフォローをしてほしい

たくさん求人を紹介してほしい東京都で就職を希望する
30〜54歳の非正規雇用者
対応エリア関東・関西・中部・九州全国東京都

転職エージェントは、2〜3社登録するのがおすすめです!
就職した人の7割以上の人が2〜4社の転職エージェントを利用していますよ。
複数社への相談がおすすめ

迷ったら相談すべき転職エージェント

複数社に相談するメリット

  1. たくさんの求人を比較検討できる
  2. 相性のいい担当者と出会いやすい

あわせて読む:30代フリーター・高卒におすすめの転職エージェント5選|正社員就職に役立つのはどれ?

では、それぞれの特徴や口コミを詳しく紹介します!

30代フリーター女性におすすめの転職エージェント1:ハタラクティブ

ハタラクティブ
求人の特徴
#20代 #既卒 #フリーター #第二新卒 #未経験OK #優良企業 #高卒・専門卒
こんな人におすすめ

・高卒・専門卒の20代〜30代のフリーター
・アルバイト・派遣から正社員に就職したい
・未経験OKの優良企業を紹介してほしい
・正社員経験なし、正社員経験が3年未満

求人数
3,000件以上
※2021年7月時点
対応エリア
関東・関西・中部・九州
メリット
  • 内定率80.4%!
    • 希望する企業別の書類選考対策、面接対策を行ってくれる
  • 正社員未経験OKの求人が3,000件以上
    • 利用者の45%が高卒・専門卒。学歴・職歴に自信がなくても就職できる
  • 求人の詳しい情報、職場の雰囲気まで詳しく教えてくれる
    • 独自の取材で得た情報をもとにおすすめの求人を紹介してくれる

ハタラクティブは、選考対策が手厚く、内定率80.4%と高い実績があります。

正社員未経験OKの優良企業を紹介してもらえるので、まずは無料面談してみましょう!

30代フリーター女性におすすめの転職エージェント2:リクルートエージェント

リクルートエージェント
求人の特徴
#20代 #30代 #40代 #50代 #未経験OK 
こんな人におすすめ

・20代〜50代
・たくさん求人を紹介してほしい
・スピーディーに就職活動を進めたい

求人数
総求人数:約30万件以上
※2020年8月時点
対応エリア
全国
メリット
  • 求人数・転職実績No.1
    • 業界トップの20万件以上の求人、累計41万人以上の転職実績
  • 経験豊富なアドバイザーによるスピーディーなサポートが受けられる
    • 職務経歴書・履歴書などの書類の添削、 独自に分析した業界・企業情報の提供、 志望企業への推薦など様々な就職サポートをしてくれる
    • スピード感のあるサポートに定評がある

リクルートエージェントは、求人数が業界トップで、未経験OKの求人が見つかります。さらに、選考対策など、スピーディーに就職サポートを行ってくれます。

いろんな求人から探したい、なるべく早く就職先を決めたいという30代のフリーター女性におすすめです。

30代フリーター女性におすすめの転職エージェント3:就活エクスプレス

求人の特徴
#30代 #40代#未経験OK #既卒 #フリーター #東京
こんな人におすすめ

・東京都で仕事を探したい30代〜54歳の非正規雇用者
・30代から未経験で始められる仕事を探したい

対応エリア
東京都
メリット
  • 東京都の30代職歴なしでも積極的に採用している会社を紹介してもらえる!
  • 東京都から委託されている団体が運営しているから安心!
  • 5日間の集中講座で内定獲得のポイントを学べる
  • 書類選考なしの合同面接会がある!

就活エクスプレスは、30歳〜54歳の非正規雇用者向けの転職エージェントです。

無料で相談や集中講座の受講、書類選考なしの合同面接会に参加できるので、まずは相談してみてください!

就活エクスプレス公式サイト

30代のフリーター女性におすすめの就職エージェントの紹介は以上です。

30代フリーター女性におすすめの転職エージェント

より多くの求人から自分に合う企業を見つけるためにも、7社の中から2〜3社に登録してみてくださいね!
複数社への相談がおすすめ

迷ったら相談すべき転職エージェント

複数社に相談するメリット

  1. たくさんの求人を比較検討できる
  2. 相性のいい担当者と出会いやすい

30代フリーター女性におすすめの職種

30代フリーター女性におすすめの職種は以下の3つです。
  1. Webデザイナー
  2. カスタマーサクセス
  3. 宅建士

30代フリーター女性におすすめの職種1:Webデザイナー

Webデザイナーは、未経験からの転職やフリーランス・副業として在宅の仕事の仕事がしやすく、女性に人気の職種の一つです。

デザインのセンスがないと厳しい?と思うかもしれませんが、Webデザインは独創的なデザインではなく、ユーザーが見やすく、使いやすいデザインが求められます。

見やすいデザイン、使いやすいデザインにはルールがあるため、デザインのルールの勉強や経験を積むことで、未経験からWebデザイナーになることは可能です

ただし、スキルが求められる仕事なので、独学・もしくはスクールでデザインの基礎やデザインツール”Photoshop”や”Illustrator”を使った作品の作り方、コーディングの基礎の学習や、デザイナーや講師によるフィードバックを受けてデザインスキルを磨いていく必要があります。

未経験からWebデザインを学習し、再就職するには大体3ヶ月〜1年ぐらいかかると考えておいた方がいいでしょう。

Webデザイナーの仕事内容やWebデザイナーになるために必要なスキルについて詳しく知りたい方は、以下の記事を読んでみてください!

あわせて読む:WEBデザイナーの仕事とは?業務内容と必要スキル5選を紹介!

デザインについて学なら...
Webデザイナーを目指すなら、SHElikesがおすすめです。

オンラインもしくは対面で27職種のレッスンを定額で学び放題です。

女性専用のWebスクールなので通いやすく、同じように学習する仲間と切磋琢磨しながらスキルアップできます。

\まずは 無料体験を受けてみよう!

SHElikes公式HP

[PR]

未経験からWebデザイナーに転職するなら、未経験歓迎の求人が豊富な転職エージェントを活用するのがおすすめです!

以下の記事で、未経験歓迎の求人が豊富な転職エージェントを紹介しているので、あわせて読んでみてください。

あわせて読む:未経験からWebデザイナーになりたい人向け!おすすめの転職エージェント

30代フリーター女性におすすめの職種2:デジタルセールス

デジタルセールスとは、オンラインで分業・協業型で営業を行う職種で、インサイドセールス、フィールドセールス、 カスタマーサクセスの3つの種類があります。

IT商材やSaaSは今後も成長が期待されており、将来性のある仕事である上に、経験者が少ないことから専門性を高めることで市場価値を高めることができます。

デジタルセールスでの経験を活かして、企画職やマーケティング職のキャリアを積むことも可能です。

また、オンラインでできる仕事なので、リモートワークができる企業も多く、女性が子育てと両立しながら働きやすいです

MEMO

こんな人におすすめ

  • データの分析が好き
  • リモートワークができる仕事がしたい
  • 企画・マーケティングスキルを身につけたい

アピールできるスキル・経験

  • 営業職・接客業での経験
  • Excel、Word、PowerPoint

デジタルセールスの求人を探すなら、デジタルセールスの求人に特化した転職エージェント、マーキャリNEXT CAREERがおすすめです!

無料相談はこちら!

30代フリーター女性におすすめの職種3:宅建士

宅建士(宅地建物取引士)の資格は、土地や不動産の売買、賃貸契約の際に、重要事項の説明や契約書への記入・確認などを行う仕事です。

受験資格はないため誰でも挑戦でき、国家資格の中でも比較的取りやすいです。

宅建士資格の難易度
  • 受験資格:誰でも受験可能
  • 試験頻度毎年1回、10月の第3日曜日
  • 合格率:17.9%(令和3年10月)
  • 平均勉強時間300〜500時間

(参考:一般財団法人[不動産適正取引推進機構」

宅建士の資格は、不動産業界や金融業界でニーズが高いため、転職でも有利になりやすく、資格手当が支給される会社もあるので取っておいて間違いない資格です。

まずは不動産業界や金融業界に転職し、働きながら宅建士を目指すのもおすすめです!

不動産業界に転職するなら、不動産業界専門の宅建jobエージェントがおすすめです!

無料相談はこちら!

宅建士の資格勉強をするなら、ユーキャンの宅建士講座を受けてみてください!

資格取得にはユーキャンがおすすめ!

ユーキャンの宅建士講座を受講する

資格を取得して手に職をつけたい方は、以下の記事でおすすめの職業や資格を紹介しているので、あわせて読んでみてください!

あわせて読む:女性が手に職をつけるには?30代から目指せる職業・資格5選

実は、知っておくと就職活動を効率よく進められ、希望の会社に入社できる確率が高まる方法があるんです!次は、具体的な転職活動の手順とその方法を解説していきます。

30代フリーターから正社員で就職するまでの就職活動の流れ

まず、就職活動開始から入社までの大まかな流れを説明します。
  1. 転職サイト・転職エージェントで求人を探す
  2. 応募する企業を選ぶ
  3. 応募する企業に履歴書・職務経歴書を提出する
  4. 書類選考通過後、企業との面接を受ける
  5. 内定獲得・入社の準備

就職が決まるまでの平均的な期間は3ヶ月程度ですが、1週間で入社が決まることもあれば、6ヶ月ほどかかることもあります。

いつまでに入社したいのか、アルバイトや派遣の仕事をしているのであれば、どれぐらいのペースで就職活動を進めるのかスケジュールを決めておきましょう。

次は、就職活動に必要な事前準備について説明します。

就職活動に必要な事前準備

まず、就職活動に必要なアイテムを揃えたり、平日に面接が受けられる時間を確保したり、身だしなみを整えるといった就職活動の準備をしましょう。

就職活動で事前に準備すべきこと
  • 履歴書・職務経歴書・証明写真を用意する
  • スーツ・シャツ・靴・鞄を用意する
  • 平日に面接が受けられるようにアルバイトのシフトを調節する
  • 長い・爪を切り、身だしなみを整える
  • 落ち着いた髪色にする

では、具体的な就職活動のやり方を紹介していきます。

おすすめの就職活動のやり方

STEP1:転職エージェントに登録する

まず、求人を探すために、転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントは、無料で利用できる就職・転職支援サービスで、おすすめの求人の紹介や選考対策をしてくれるので、初めての就職活動を経験する人の心強い味方となってくれますよ。

転職エージェントのサポート内容

転職エージェントは、総合型の転職エージェント1〜2社と、フリーター特化型の転職エージェントを2〜3社登録するのがおすすめですよ。
30代フリーター女性におすすめの転職エージェントの選び方

幅広い業界・職種の求人を抱える総合型の転職エージェントは、求人数が多く、多様な地域・業界・職種の求人が見つかりやすいので、必ず登録しておきましょう

特化型の転職エージェントは、フリーター・ニート向けの求人を持つ転職エージェントや特定の業界・職種の求人に特化した転職エージェントなどがあります。

特化型の転職エージェントに登録すると、よりご自身の状況や希望する職種に合った求人が見つかる上に、就職・転職実績が豊富なので、就職のコツや企業の詳しい情報などを教えてもらえますよ

フリーターから未経験で正社員での就職を目指す場合、職種や勤務地の希望によっては、紹介できる求人がないといった理由で、相談・求人紹介・選考対策などのサービスを利用できないことがあります

転職エージェントによって保有する求人がそれぞれ異なるので、複数社に登録しておくとあなたに合った求人を紹介してもらえる確率が上がりますよ

フリーターにおすすめの転職エージェント

総合型

  1. リクルートエージェント
    求人数・転職実績No.1!20代〜50代のフリーター・ニートにおすすめ!
  2. doda
    転職満足度No.1!30代〜40代のフリーター・ニートにおすすめ!

特化型

  1. ハタラクティブ
    内定率80.4%!高卒・専門卒の20代〜30代のフリーター・ニートにおすすめ!
  2. 就職shop
    未経験OKの求人が10,000社以上!正社員経験なしの20代〜30代のフリーター・ニートにおすすめ!
  3. 就活エクスプレス
    東京都で就職したい30歳〜54歳の非正規雇用者向けの転職エージェント!

あわせて読む:フリーター向け転職エージェントおすすめ7選|正社員就職に役立つのはどれ?

どの転職エージェントに登録するか迷ったら、まずはリクルートエージェントとDYM就職に登録しておきましょう。

転職エージェントへの登録から求人紹介までの流れは次のようになっています。
  1. サイトに登録
  2. 面接の日程調整
  3. オフィスまたは電話・オンラインで相談・求人紹介

ホームページから基本情報をサイトに登録したのちに、担当者から連絡が来るので、面談の日程調節を行います。

早くて当日、遅くても3営業日以内に担当者から連絡が来るので待ちましょう。

担当者との面談までの間に、就職活動の軸の決定・自己分析、応募書類の作成を行いましょう。

STEP2:就職活動の軸を決める・自己分析をする

就職活動の軸とは、企業選びや仕事選びの自分なりの基準のことです。

業界・職種・条件などの基準を設けておくことで、応募先を効率よく絞ることができたり、志望理由を話す際に役立ちます

就職活動の軸は、以下の項目について考えて決めてみてください。

就職活動の軸を決める際に考えるべきこと
  1. 業界・職種
    (例:食品業界、事務職、営業職など…)
  2. 働き方
    (ワークライフバランスをとりたい、在宅・時短勤務など…)
  3. 長期的なキャリアプラン
    (専門スキルを磨きたい、管理職を目指したいなど…)
  4. 勤務地の希望・転勤の有無
  5. 年収
POINT
就職活動の軸を決める時に考えたことは、面接時に役立つだけでなく、転職エージェントに話すと就職意欲が伝わり、サポートの優先度を上げてもらえますよ

サポートの優先度が上がると以下のようなメリットがありますよ。

  • 早く返信をしてくれる
  • 一部の人だけに紹介される優良求人を紹介してくれる
  • 選考対策を時間をかけて丁寧に行ってくれる

自分が何の仕事をやりたいか、どういう働き方をしたいか考えるためには、自己分析を行いましょう

自己分析では、これまでの仕事で得られた経験スキルや自分の好きなこと、得意なことを整理して、それを活かせる仕事について考えます。

そうすることで、自分が就職先でどんな強みを発揮できるのか、どんな仕事、職場環境で働きたいかなどが明確になります。

フリーター・ニートが就職するには、求人情報に自分を当てはめるのではなく、自分のやりたいことに沿った企業、活躍できる企業に応募し、これまでの経験や長所を上手くアピールすることが重要です。

「自分がやりたい仕事、長所が分からない」という方は、キャリアコーチングで相談してみるのもおすすめです。

キャリアコーチングの無料体験で自分のやりたいことを明確にしてから転職エージェントの面談を受けると話がスムーズにすすみますよ!

おすすめのキャリアコーチングサービス
  • マジキャリ
    幼少期からの自己分析・性格診断ツールを使った自己分析・キャリア設計ができる
  • ポジウィルキャリア
    心理学に基づいた自己分析・キャリア設計ができる

あわせて読む:無料体験できるキャリアコーチング5社|体験セッションの活用法を紹介

STEP3:応募書類の作成

次は、自己分析で分かった自分の強みをもとに、職務経歴書を作成しましょう。

転職エージェントとの面談の際に、キャリアアドバイザーが選考に通過しやすいように職務経歴書の添削を行ってくれるので、「初めての就職活動でうまく書ける自信がない…」という人でも安心できますよ。

職歴がないフリーターの場合、職務経歴書にはアルバイトでの業務・売上などの成果・意識していたことなどを書きましょう。

職務経歴書に書く内容
  • 職務要約
    どんなアルバイトをどんな役割で行ってきたか概要を記載
  • 職務経歴
    具体的な業務・成果(売上など)・意識していたことを記載
  • 自己PR
    アルバイトなどの経験に基づく自分自身の強みと就職後活かせるスキルをアピール

あわせて読む:フリーターから正社員を目指す人向けの職務経歴書の書き方|職歴なしの職務要約・自己PRの方法【例文・見本付】

dodaに無料登録すると、スマホ・PCでガイドに沿って入力するだけで簡単に職務経歴書を作成できるツール”レジュメビルダー”が使えるので、試してみてください!
dodaのレジュメビルダー
無料登録してレジュメビルダーを使ってみよう!

STEP4:転職エージェントとの面談

転職エージェントの面談では、だいたい1〜2時間ぐらいで以下のような内容を話します。

面談で話す内容
  • 現在の状況
  • 就職しようと思ったきっかけ
  • 学生時代やフリーター期間の活動
  • 将来やりたいこと・ありたい姿
  • 希望する業界・職種・条件

これまでの経験についてキャリアアドバイザーに話すことで、自分では気づかない強みやスキルを明確にしてくれ、あなたの性格や価値観、強み、就職先の希望をもとに就職活動のアドバイスがもらえます。

そして、ヒアリングした内容をもとに、あなたの希望と企業が求める人柄・スキルがマッチする求人を紹介してくれます

面談当日に紹介してもらえることもあれば、後日求人票を送ってくれる場合もあります。

STEP5:応募する求人を選ぶ

転職エージェントで紹介してもらった求人や転職サイトで見つけた求人の中から応募する求人を選びます。

企業の採用ページや口コミサイトをチェックして、希望通りの仕事内容・条件かどうかをチェックしましょう。

求人を選ぶ際にチェックすべきポイント
  • 基本情報(企業理念、設立年度、従業員数、所在地など)
  • どんなサービスを提供しているか
  • 仕事の内容
  • 給与
  • 休暇・休業制度・福利厚生
  • 残業時間
  • 転勤の有無
POINT
フリーターや職歴がない人の場合、正社員で就職することが難しく、希望の条件が全て揃う企業から内定がもらえる確率は高くないので、譲れない条件を1つ〜2つほど決めて選び、たくさん応募するといいですよ!

口コミをチェックするなら以下のサイトがおすすめです。

無料登録することで、選考の情報や社員のリアルな口コミが見れますよ!

おすすめの口コミ・評判サイト
  • 転職会議
    選考に関する口コミ、残業時間、平均年収、退職理由などリアルな口コミが見れる転職サイト

書類選考に応募後、通常1週間以内に選考結果の通知が来るので待ちましょう。

STEP6:面接対策・面接

書類選考に通過したら、面接のための練習を行いましょう。

転職エージェント経由で応募すると、模擬面接や、企業毎の選考基準に合わせた対策をしてくれますよ。

面接では主に以下の内容について質問されます。

自分の魅力をうまく伝えたり、質問に対してきちんと受け答えができるようにするためには、練習をすることが重要です。

面接で聞かれる内容
  • 自己紹介
    氏名、簡単な経歴、現在のアルバイトなどの活動、今後やりたいことなどを30秒〜1分程度で紹介
  • 就職活動を始めたきっかけ
    フリーター・ニートとして過ごしてきた理由、就職を希望するようになった経緯など
  • 志望動機
    企業の魅力を感じた点、入社後やりたいことなど
  • 自己PR
    アルバイトなどの経験に基づく自分自身の強みや、就職後その強みを活かしてどんな活躍ができるかなど

あわせて読む:女性が面接で聞かれる質問例7選|面接突破のコツを例文つきで解説!

あわせて読む:フリーターからの正社員就職で聞かれる面接質問例・回答例|面接対策・就活のコツを解説!

面接当日は、企業のオフィスまたはオンラインで面接を受けます。スーツを着て、身だしなみを整えて面接に向かいましょう。

フリーターとして過ごしてきた理由について聞かれたら...

働く意欲があるか、正社員として責任を持って仕事をしてくれるかを判断するために、フリーターとして過ごしてきた理由を聞かれる場合もあります。

「フリーターとして過ごしてきた経緯」と「就職しようと思ったきっかけ」をセットで答えるといいですよ。

フリーターとして過ごしてきた経緯の例

  • 本当にやりたい仕事を見つけるためにアルバイトで経験を積んでいた
  • 出産・子育て・家族の介護が忙しく、正社員として働くのが難しかった
  • 自分の夢を追いかけていた

就職しようと思ったきっかけの例

  • このままフリーターでいることに焦りを感じ、将来のためにも正社員として長く安定的に働きたいと思ったから
  • 学校で学んだことを活かしてより専門性の高い仕事をやってみたいと思ったから
  • 接客の仕事にやりがいを感じるようになり、正社員として長期的に働きたいと思ったから

あわせて読む:フリーターからの正社員就職で聞かれる面接質問例・回答例|面接対策・就活のコツを解説!

STEP7:内定・入社準備

選考に通過し、内定がもらえたら、勤務開始日の調整や入社準備を行います。

自分からは言い出しにくい給与や条件面の交渉も転職エージェントが代わりに行ってくれますよ。

あわせて読む:フリーター・ニートから就職したい人向け|就職活動の流れ・やり方を解説

最後に、30代のフリーター女性の正社員就職でよくある質問にお答えします。

30代フリーター女性の正社員就職でよくある質問Q&A

質問1:フリーターの就職におすすめの資格はありますか?

フリーターの就職には、保育士や栄養管理士など、資格が必須である職業の資格がおすすめです。

  1. 簿記2級
  2. 宅地建物取引士
  3. 保育士
  4. 介護職員初任者研修
  5. 医療事務

それぞれの資格の詳細や活かせる仕事について知りたい方は、以下の記事を読んでみてください。

あわせて読む:30代で人生やり直したい女性・男性におすすめの資格5選

資格を取るなら
資格を取って仕事に活かしたい方は生涯学習のユーキャンで資格講座を受けることをおすすめします! 100種類以上の資格講座があるので、まずは公式HPであなたに合った資格講座を探してみてください。

ただし、資格が必須ではない職業の場合は、資格を取ることよりも、まずは派遣やアルバイトで始めてみることをおすすめします。

なぜなら、資格よりも実務経験が重視されるからです。

例えば、簿記の資格を持っていても、未経験で経理職に就職するのは難易度が高いです。しかし、経理に近い一般事務などの経験があれば、有利になることがあります。

なので、まずは近い領域の仕事を派遣やパートで始めてみるといいでしょう。

派遣の仕事を始めるなら、マイナビスタッフがおすすめです!

業界大手で求人数が多いので、まずは登録してどんな募集があるのか見てみましょう。

質問2:フリーターで職歴がなくても職務経歴書は必要ですか?

職歴がない場合も職務経歴書は必要です。

職務経歴書が必要ない場合もありますが、職務経歴書を用意しておくと、面接では伝わらない自分の魅力をアピールすることができますよ

アルバイト経験があるのであれば、アルバイトの業務内容や心がけていたこと、売上などの数値化できる成果などを書いてみましょう。

あわせて読む:フリーターから正社員を目指す人向けの職務経歴書の書き方|職歴なしの職務要約・自己PRの方法【例文・見本付】

質問4:フリーターであることは選考で不利になりますか?

フリーターであること自体が選考で不利になることはありません。

正社員として働く意欲があること、基本的な社会常識やマナーがあることをアピールできれば採用してもらえますよ。

もちろん、面接では、フリーターになった経緯を聞かれるので、フリーター期間に何をしていたかや就職を希望する理由をきちんと話せるようにしておくといいですよ。

あわせて読む:フリーターからの正社員就職で聞かれる面接質問例・回答例|面接対策・就活のコツを解説!

質問3:子持ちで就職・転職は難しいですか?

小さいお子さんがいる方は、家族や託児施設などと協力して子育てと両立できることをアピールできれば就職・転職できますよ!

近年、時短勤務や在宅ワークが増えてきていることから、それが可能な就職先を選んだり、仕事と子育てを両立しやすい環境を整えることで就職・転職しやすくなりますよ

また、お子さんが小さくて、実家や託児施設に預けたり夫と分担することが難しければ、まずはパートや派遣で働き、お子さんが大きくなってから正社員に就職するという手もあります。

あわせて読む:子持ちで正社員は無理?育児・子育て中のママの就活のコツを解説!

質問4:フリーター・ニートであることは選考で不利になりますか?

フリーター・ニートであること自体が選考で不利になることはありません。

正社員として働く意欲があること、基本的な社会常識やマナーがあることをアピールできれば採用してもらえますよ。

もちろん、面接では、フリーター・ニートになった経緯を聞かれるので、フリーター・ニート期間に何をしていたかや就職を希望する理由をきちんと話せるようにしておくといいですよ。

あわせて読む:フリーターからの正社員就職で聞かれる面接質問例・回答例|面接対策・就活のコツを解説!

就職活動のコツをおさえれば30代でフリーターの女性でも正社員で就職できる!

この記事では、30代フリーターの女性が正社員で就職するための就職活動のコツを紹介してきました!

30代は職歴なし・未経験でも積極的に採用している企業もあり、正社員として就職できる年代です。

企業に自分の魅力をアピールすること、就職しやすい業界・職種に応募することで、安定した収入が得られる職業に就くことことができますよ!

就職活動をする際には、以下の3つのポイントを意識してみてくださいね!

  1. 働く意欲があることをアピールする
  2. 就職しやすい業界・職種を狙う
  3. 転職エージェントを活用する

まずは、求人数が多く、30代のフリーター女性向けの求人が見つかりやすいハタラクティブ、リクルートエージェント/strong>に登録しましょう!
\まずは 無料相談をしてみよう!

あなたが就職できるよう応援しています!